ママのための悩み解決サイト


学資保険に入るメリットとデメリット。選ぶポイントやオススメ商品は?

学資保険に入るメリットとデメリット。選ぶポイントやオススメ商品は?

子供の将来の教育資金を考えた時に、自分たちで貯金をするのか学資保険に加入するのかを迷うご家庭も多いのではないでしょうか。はたして学資保険は必要なのか? それとも必要ないのか? 学資保険加入のメリットとデメリットをご紹介します。


学資保険の積立金額の目安は〇〇万円!教育資金の平均金額はいくら?

学資保険の積立金額の目安は〇〇万円!教育資金の平均金額はいくら?

毎月決まった額の保険料を払い続ければ、子供が契約時に決めた年齢になった時に、祝い金や満期金として保険金を受け取れる学資保険。もちろん学資保険だけで教育費のすべてが賄えるわけではありませんが、入っていると安心という方も多いのでは。ところで、教育資金はいくらぐらい準備しているご家庭が多いのでしょうか。


学資保険の満期受け取り時期はいつがベスト?受取人や税金などを解説

学資保険の満期受け取り時期はいつがベスト?受取人や税金などを解説

何かとお金のかかる子育て。学資保険で教育資金の準備をしているご家庭は多いかと思いますが、満期金の受け取り時期はどんな時期にしている方が多いのでしょうか。今回は気になる学資保険の受け取り時期について解説していきます。


学資保険は出産前に加入すべき?生まれる前と生まれた後での違いを解説

学資保険は出産前に加入すべき?生まれる前と生まれた後での違いを解説

子供の将来にかかる教育資金を考えた時に、学資保険を思い浮かべる方も多いと思います。最近では出産前から加入できる学資保険もあるようですが、出産前と後どちらのタイミングで加入するのがベストなのでしょうか。子供の誕生月によって最適なプランを考えてみましょう。


学資保険の加入率はどれ位?「入った理由・入らない理由」を聞いてみた

学資保険の加入率はどれ位?「入った理由・入らない理由」を聞いてみた

子供の保険でまず思い浮かぶのが学資保険ではないでしょうか。実際に学資保険へ入っている家庭はどのくらいの割合なのでしょうか?!学資保険に入った人、入らなかった人、それぞれの意見を参考にしながら、学資保険の必要性を考えてみましょう。


専業主婦に人気のパートランキングBEST5

専業主婦に人気のパートランキングBEST5

結婚や出産を機に退職し、新たに仕事を探す時、独身の頃とは選ぶ基準が変わってきますよね。就業時間や給与、場所や環境など、家庭のことも考えて選ばなくてはいけないので慎重になってしまいます。そこで今回は、同じ専業主婦の方から支持を集める人気のパートについて、詳しくご紹介していきたいと思います。


働くママが仕事と育児を両立しやすいタイムスケジュールとは?

働くママが仕事と育児を両立しやすいタイムスケジュールとは?

仕事と育児の両立に成功している働くママ(ワーママ)のタイムスケジュールが気になりませんか?子育て中、ご飯支度など家事とお仕事をこなすのは本当に大変!でも工夫次第で想像以上にうまくいくことも。生き生きした働くママのブログもよくあります。求人活動中のママや悩みに直面中のママに向けて、ちょっとしたコツをお教えします。


教育費無償化でも学資保険は必要?! 絶対に知っておきたい国の教育支援

教育費無償化でも学資保険は必要?! 絶対に知っておきたい国の教育支援

子供が産まれて親になると、教育費がどのくらいかかるか気になる方も多いのではないでしょうか。具体的に我が子にいくらかかるかというところまで、しっかりシミュレーションしておきたいものです。そこで、教育費にも大きく関わる国の支援をまずはご紹介したいと思います。


育児手当とは?知っておくべき種類や金額、申請方法を紹介

育児手当とは?知っておくべき種類や金額、申請方法を紹介

子供が生まれたら早速チェックしたいのが、育児手当です。一度ももらったことがない方にとって、わからないことばかりでしょう。育児手当、児童手当、育児休業給付金など、似たような言葉が多くあるため、それらの違いを紹介します。もっとお得に利用できるものがないかチェックしてみましょう。


パートも確定申告でお金は戻ってくる? やり方・必要な書類は?

パートも確定申告でお金は戻ってくる? やり方・必要な書類は?

確定申告といえば、所得額を申告して所得税を納めるものですが、場合によっては納め過ぎた税金が戻ってくることもあります。今回は、確定申告の方法や用意するべき書類など、確定申告についての情報をまとめました。


子供一人にいくらかかる?知っておきたい学習費総額と学資保険の仕組みを紹介

子供一人にいくらかかる?知っておきたい学習費総額と学資保険の仕組みを紹介

子供が生まれて気になることのひとつが、将来の教育費ではないでしょうか。子供1人に対して、どのくらいのお金が必要なのか? 教育費の積み立てを学資保険でするとしたら、月々の支払いはいくら位になるのか? 今回は子供の教育費の目安と、学資保険の仕組みや目標額について紹介していきます。


赤ちゃんができたら考える保険。学資保険や生命保険などそれぞれの違いは?

赤ちゃんができたら考える保険。学資保険や生命保険などそれぞれの違いは?

生命保険について考えるタイミングは人それぞれ。今回は、妊娠が分かったら最優先にやっておきたいことや、気になる学資保険や生命保険の違い、加入時に気をつけたいことを紹介します。「勧められるがまま保険に入ったけれど、よく考えたら必要ない保障がいっぱい付いていた」なんて後悔のないように、最低限の知識は身に付けておきましょう。


子供の入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子供の入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子供の急な発熱や体調不良には、ハラハラドキドキしてしまいますね。集団生活に入ると、流行りの病気をもらう機会や、ケガをすることもあるかもしれません。 そこで考えたいのが、子供の病気やケガに備えた保険です。子供の医療保険にはどのようなものがあるか、ご紹介します。


子供がやりがちなトラブルに備えられる 個人賠償責任保険とは

子供がやりがちなトラブルに備えられる 個人賠償責任保険とは

元気な子供たちは、ついつい遊びに夢中になって、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。個人賠償責任保険は、そんな日常生活での思いがけないトラブルに、幅広く対応してくれる家計の強い味方です。今回は、個人賠償責任保険の補償の範囲と、加入の仕方についてご紹介しますね。


扶養範囲内で損しない主婦の年収金額とは?

扶養範囲内で損しない主婦の年収金額とは?

配偶者がいる主婦の方が働くにあたって最も注意を払う必要があるのが、扶養の範囲内で働くのか否かという問題です。というのは、主婦が配偶者の扶養から外れてしまうと、課税などの面倒な問題が持ち上がってくるからです。 それでは、主婦の方が扶養の範囲内で働く際に必要な税金や社会保険の基礎知識についてご紹介して行くことにしましょう。


ふるさと納税の控除額はいくら?簡単に計算できる方法を紹介

ふるさと納税の控除額はいくら?簡単に計算できる方法を紹介

ふるさと納税を利用したいと思っても、控除される金額がわかりにくいと感じる人もいるでしょう。実際の控除額は簡単な計算式を利用する方法や、シミュレーションサイトを利用する方法があります。今回は、確定申告と併せてふるさと納税の控除額に関して解説いたします。


ふるさと納税は確定申告が必要?税金控除の仕組みやメリットを紹介

ふるさと納税は確定申告が必要?税金控除の仕組みやメリットを紹介

ふるさと納税はお得と聞いたことがある方でも、その仕組みを詳しく理解していない方が多いのではないでしょうか。何となく難しそうと思わずに、ふるさと納税の仕組みを理解して、お得に節税対策してみましょう。これから取り入れる人が知りたいことを紹介します。


おすすめの子供向け自転車保険は?選び方や保険各社の特徴を紹介

おすすめの子供向け自転車保険は?選び方や保険各社の特徴を紹介

子供が自転車に乗れるようになると検討したいのが自転車保険です。加害者として相手に怪我をさせてしまった場合にも、物にぶつかってケガをするなど自損事故の場合にも自転車保険に加入していると得られるメリットがあります。子供の万が一に備える自転車保険についてご紹介します。


子供の怪我の保険はどれがおすすめ?保障内容やポイントをそれぞれ紹介

子供の怪我の保険はどれがおすすめ?保障内容やポイントをそれぞれ紹介

「うちの子はケガが多くって……」という方へ。事故やケガに備える「傷害保険」があるのをご存じでしょうか? 今回は、傷害保険と医療保険の違いや、いくつかの障害保険を例にとって補償内容を比較してご紹介します。


子供に共済は必要?おすすめの商品を徹底比較

子供に共済は必要?おすすめの商品を徹底比較

子供の医療保障の選択肢として、共済を検討している方もいるのではないでしょうか。共済は、掛け金が手頃なわりには、手厚い保障があるとして人気があります。子供の共済の必要性や、それぞれの共済ごとの違いについて、考えてみましょう。