【ママ調査】先輩ママが、妊娠中に気を付けていたことは?#プレママ1年生

【ママ調査】先輩ママが、妊娠中に気を付けていたことは?#プレママ1年生

医療が進歩したおかげで、多くの女性が安全に出産できるようになりました。しかし、油断は禁物。安全安心なお産をするためには、妊娠中から気をつけておきたいことがあります。そこで、先輩ママに、妊娠中はどんなところに気を付つけていたのか、アンケートを取ってみました。妊娠中の過ごし方の参考にしてください。


体調管理は大事!

Lazy dummy

体重増加に気を付けた

必要以上に太らないように気をつけた。

(36歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
甘いものや、カロリーが高いものを食べ過ぎない。

(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
体重が増えすぎないようにする。

(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
お医者さんから、「あまり体重が増えすぎないように」と言われていた人が多いようです。もちろん、赤ちゃんのためにはある程度の体重増加も必要なのですが、増えすぎるのも問題。妊娠中の体重管理は大変ですが、お医者さんに相談しながら上手にコントロールできるといいですね。

栄養を摂るようにしていた

葉酸の摂取。

(28歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)
鉄分摂取。

(40歳以上/団体・公益法人・官公庁事務系/専門職)
栄養の摂取。

(35歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)
妊娠前より食べるものを意識したり、栄養素を気にしたりしていたママが多く見受けられました。元気な赤ちゃんを産むためには、バランスのいい食事が欠かせません。ママとお腹の赤ちゃんのためにも、必要な栄養をしっかり摂取したいものです。

お腹を守る!

Lazy dummy

転ばないように気をつけた

歩くとき、転ばないようにした。

(30歳/金融・証券/事務系専門職)
かかとが高くない、歩きやすい靴をはく。

(33歳/小売店/販売職・サービス系)
自転車に乗らない。

(40歳以上/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

赤ちゃんがいるお腹を守るように気をつけた、という声が多く挙がりました。「妊婦は、かかとの高い靴を履かないようにしなさい」という注意はよく聞きますね。特に、お腹が大きくなる中期以降はバランスを崩しやすいので、かかとの高い靴は避けたほうが無難です。

刺激のあるものに気をつけた

刺身など、生ものを食べないようにしていた。

(34歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
お腹を壊しやすかったので、刺激の強い物は食べなかった。

(34歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

「生ものを食べないようにした」という回答が目立ち、食中毒などに気を使っていたママが多かったようです。紹介したコメント以外に、「塩分」を挙げていたママもちらほらいて、妊娠中は塩分控えめの優しい食事を心がけていたママもいました。

自分を大事に!

リラックスを心がけた

できるだけゆるい洋服。

(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
胸元が苦しくない服にして胃に負担をかけないようにしている。

(32歳/金融・証券/専門職)
ストレスをためないようにした。

(40歳以上/小売店/販売職・サービス系)

妊娠中は、ホルモンバランスが大きく変動し、ママの気持ちも不安定になりがちです。出産間際まで働く人も多く、職場や通勤でストレスを感じることもあるでしょう。着るものや心の持ち方を意識して、なるべく楽に、リラックスできる状態で過ごしたいですね。

体によくないことは避けるようにした

身体を冷やさないように冷たい飲み物は控えたり、腹巻きをしたりしていた。

(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
薬を飲まない。

(35歳/主婦)
カフェインの摂取量。

(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)
「体を冷やさないようしていた」という回答が多く挙がりました。腹巻でしっかりお腹を温めていたママもいたようです。 もし風邪を引いたとしても、妊娠中は薬の服用に注意が必要です。いつも飲んでいる薬でも、医師に服用してもいいかどうか確認するようにしましょう。

まとめ

妊娠中に気を付けていたことについて、先輩ママの声を聞きました。「ヒールは履かない」という意見のほかにも「生ものを避ける」「体を冷やさない」など、昔からよく言われる注意を守っていたママが多く見られました。栄養の摂り方や、薬の服用など、不安があれば医師に相談してみましょう。心も体も整えて、安心して出産に望めるよう、長い妊娠期間を楽しく乗り越えてください。

(マイナビウーマン子育て編集部)

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2020年10月27日~11月11日
調査人数:144人(22歳~40代までのママ)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【ママ調査】今だから言える「妊娠中の反省点」 #プレママ1年生

【ママ調査】今だから言える「妊娠中の反省点」 #プレママ1年生

先輩ママたちに、「今だから言える妊娠中の反省点」についてのアンケートを実施。いろいろな内容の反省が集まりました。妊娠中の方は、妊婦生活の参考にしてみてくださいね。


【ママ調査】戌の日参りのほっこり&残念エピソード集 #プレママ1年生

【ママ調査】戌の日参りのほっこり&残念エピソード集 #プレママ1年生

日本には昔から、「戌の日に神社へお参りして安産祈願をする」という習慣があります。戌が多胎で安産であることから、縁起をかついだ風習です。先輩ママにアンケートをして、思い出のエピソードを教えてもらいました。コロナ禍でなかなか参拝が難しい時期ですが、参考にしてみてくださいね。


【弁護士監修】妊娠中でも離婚はできる? 知っておくべき法律とお金のハナシ。

【弁護士監修】妊娠中でも離婚はできる? 知っておくべき法律とお金のハナシ。

妊娠中でもやむをえない事情で離婚を考えることもあるでしょう。妊娠中に離婚する場合のメリットとデメリット、生まれてくる赤ちゃんの戸籍、親権、養育費がどうなるのかなど、数多くの女性の離婚相談に応えてきた、弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の代表弁護士、中里妃沙子先生に、法律、制度、お金について教えてもらいました。


【漫画】妊娠後期はコロナで巣ごもり、そして担当医から爆弾発言が……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.6

【漫画】妊娠後期はコロナで巣ごもり、そして担当医から爆弾発言が……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.6

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、妊娠中は予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産、育児の記録をお届けします。


【漫画】妊娠を知って赤ちゃん返り? 年長の娘が不安定に…… 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.5

【漫画】妊娠を知って赤ちゃん返り? 年長の娘が不安定に…… 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.5

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、妊娠中は予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産、育児の記録をお届けします。


最新の投稿


【助産師解説】おっぱいが痛い!乳房や乳頭が痛い時の主な6つの原因と対策

【助産師解説】おっぱいが痛い!乳房や乳頭が痛い時の主な6つの原因と対策

授乳中におっぱいが痛くなるママは少なくありません。なぜ痛くなるのか、考えらえる主な4つの原因と対策について助産師さんにうかがいました。自分の痛みがどれに当てはまるのかを確かめ、原因に合った対応を心がけましょう。


【助産師解説】月齢別の授乳間隔の目安は?長い・短いときの原因と対策

【助産師解説】月齢別の授乳間隔の目安は?長い・短いときの原因と対策

赤ちゃんの授乳間隔はどれぐらい開ければいいの?という疑問に、助産師がお答えします。月齢別の目安時間と、長かったり短い場合の考えられる原因と対策についてもお伝えしています。


【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

母乳の分泌量がなかなか増えない、量が足りない……という場合は何が問題なのでしょうか? 母乳が出ないときの考えられる原因と主な対策について、助産師が解説します。母乳の分泌をよくするコツもチェックしてください。


【成長を実感】ドキドキの予防接種!娘の頑張りが健気でかわいい…!

【成長を実感】ドキドキの予防接種!娘の頑張りが健気でかわいい…!

Instagramで子育て漫画を発信されるあいさん。あいさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【お見事】赤ちゃんのヨダレ攻撃をかわすパパの反射神経がすごい

【お見事】赤ちゃんのヨダレ攻撃をかわすパパの反射神経がすごい

Instagramで子育て漫画を発信されるKitoさん。Kitoさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。