約3人に1人が20代後半から妊活をスタート。既婚男女の実態が明らかに

約3人に1人が20代後半から妊活をスタート。既婚男女の実態が明らかに

ロート製薬は「妊活」に対する知識・理解の普及を目的として、全国の10代から60代の男女24,992人を対象とした「妊活」に対する意識調査を行い、その結果を「妊活白書2019」として公開しました。


「妊活白書2019」

厚生労働省が2019年12月24日に発表した人口動態統計の年間統計で、日本人の国内出生数は864,000人となり、前年比5.92%減と急減しました。90万人を下回る結果は、1899年の統計開始以来初めてです。これは晩婚化や未婚率の上昇が影響していると考えられますが、その一方で妊活に積極的に取り組んでいる人も増えています。

「妊活白書2019」では、妊活は夫婦ふたりだけでなく、困ったときに相談できる周囲の存在も重要ではないかと考え、親や行政・会社との関わりについての意識や実態も調査しました。

妊活をスタートした年齢は平均「32.1才」。やや早期化傾向にあることが判明

2018年の「32.3才」に対し、やや早期化。特に20代後半(25~29才)の割合が、2018年は23.4%だったのに対し、2019年では28.6%に上昇。約3人に1人の割合で、20代後半に妊活を始めていることがわかりました。

一方で、35才以上の男女の場合、20代から妊活に取り組んでいるのは1割にも満たない結果に。男女ともに、年齢が上がるほど妊活開始年齢が遅い傾向がうかがえます。

既婚男女の半数近くが「夫婦で積極的に妊活」。一方で、取り組み意識には男女差が

妊活に対して「夫婦ともに積極的」(49%)が最多という結果に。2018年と比較しても、少し増加傾向に。ただし、男女で比較すると、女性のほうが妊活への意識は高く、パートナーよりも「自分は積極的」だと回答した女性が7割いました。

また、男女ともに年齢と比例して、パートナーが「積極的にかかわってくれない」と感じる割合が上昇する傾向です。

加えて、妊活意識の差がある夫婦ほど、妊活中に精神的ストレスを感じており、特に女性がストレスをより多く感じている一方で、男性は、3人に1人が「パートナーの精神不安定」をつらいと感じた経験があると回答しました。

周囲への協力要請、親への相談も1割程度。周囲とのコミュニケーションが次の課題に

既婚男女のうち、「妊活に対して周囲への協力を要請した」人は1割程度。また、「親と妊活についての会話をした」経験がある人は約2割という結果になりました。

妊活については「家族みんなで取り組むもの」というイメージが最多でしたが、一方で大事なトピックスだからこそ、周囲への協力や相談には慎重になっていることがうかがえます。

理想の妊活サポートは会社は「時間の融通」、行政は「金銭的なサポート」が最多

会社の妊活サポートに関して、既婚男女の8割近くが「制度がない/わからない」と回答。利用した経験はまだ1割程度となりました。

理想の妊活サポートについても調査したところ、会社の場合は「休み・時間変更がとりやすい環境」(19.1%)、「勤務時間短縮・在宅ワークなどの自由な働き方の容認」(18.3%)など、仕事と妊活が両立できる環境への要望が高いことがわかりました。

また、自治体に対しては、行政・自治体の妊活サポートをリサーチした経験があるのは、2割弱。理想のサポートは、「金銭的なサポート」(38.9%)が圧倒的多数という結果に。妊活のハードルの最多は「金銭面」という結果と照らし合わせても、妊活を継続するには費用的な負担ということが大きいことがうかがえます。

若年層の結婚・出産希望時期がやや早期化傾向に

若年男女の結婚希望年齢の平均は「29.4才」。2018年の平均「29.7才」と比較すると、やや早期化傾向に。特に、20代後半(25~29才)での結婚希望が2018年の38.5%から、2019年は41.4%にまで伸張しました。

また、第一子の出産希望年齢は、平均「30.9才」。こちらも、2018年の「31.0才」よりもやや早期化傾向に。結婚希望年齢と同様に、20代後半(25~29才)を希望する人が増加し、2018年の29.3%から、2019年は32.5%と伸張し、約3人に1人が20代後半での出産を希望していることがわかりました。

若年男女の3人に1人が何かしらの妊活への取り組みを実施

将来、子どもを授かるために取り組みを行っている若年男女は約3割。妊活は、通院や治療だけではなく、日常的な取り組みから始めることができ、若年男女の中でも「カフェインを控える」(若年女性14.7%)や「カラダを冷やさない」(若年女性11.7%)、「適度な運動」(若年男性15.5%)といった、日常生活から始められる取り組みをしています。

さらに「情報収集」(若年男性9.6%、若年女性8.7%)を行うなど、積極的な行動をとっている傾向もみられました。

「妊活白書2019」
調査期間:2019年9月27日〜10月1日
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査対象
25~44才:既婚男女(子どもがいない、現在子どもを欲しいと思っている)800名
18~29才:未婚男女(子どもがいない ※妊娠中の人はのぞく)400名
45~69才:男女(25~44才の既婚の子どもがいる、孫あり・なしを半数ずつ)200名
調査主体:ロート製薬

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


おやつで噛む練習「食べられる歯がため」4種が登場、お出かけにも便利に

おやつで噛む練習「食べられる歯がため」4種が登場、お出かけにも便利に

「エジソンママ」から、歯がため感覚でかじることができて持ちやすいスティック状の焼き菓子「食べられる歯がため」の4つの味が、4月上旬に発売されます。


【新型コロナウイルス】妊活・妊娠・授乳中の女性はどう過ごしている?

【新型コロナウイルス】妊活・妊娠・授乳中の女性はどう過ごしている?

ゲンナイ製薬は、「コロナウイルスで自重していること」について、妊活中・妊娠中・授乳中の女性を対象に意識調査を実施しました。


北海道のワイナリーが作った“天然素材のクレヨン”、SDGsを目指した取り組みへ

北海道のワイナリーが作った“天然素材のクレヨン”、SDGsを目指した取り組みへ

北海道・仁木町で運営する複合型ワイナリー「NIKI Hills ワイナリー」は、北海道の廃棄農作物を使った「NIKI Hills natural crayon」を開発、販売開始しています。


ストッケ、春の新作コレクションがオシャレ! 押さえておきたい5アイテム

ストッケ、春の新作コレクションがオシャレ! 押さえておきたい5アイテム

ベビー用品ブランド「ストッケ」の子ども用ハイチェア「トリップ トラップ」から、春の新作コレクションが、4月22日より順次発売されます。


春先の冷えに。おなかを優しく守る、オーガニックコットンの“薄手はらまき“が発売中

春先の冷えに。おなかを優しく守る、オーガニックコットンの“薄手はらまき“が発売中

ゲンナイ製薬は、オーガニックコットン衣類の新ブランド「プラスニド」を展開開始し、第一弾として、女性向けの薄手春用はらまき「あなたになじむ はるのはらまき」を3月初旬より販売しています。


最新の投稿


かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

病院に行くときに持参することの多い医療証や診察券。みなさんはどのように収納されていますか? 今回は、いざ使うときにさっと取り出せる100均グッズを、実際に使ってみた感想とともにレポートしてみたいと思います。


シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

寒い冬から春にかけて旬を迎える水菜。そのままサラダにしたり、鍋に入れたりもできる便利野菜です。シャキシャキした食感と瑞々しさが特徴の水菜の、いろいろな食べ方やレシピを紹介します。


【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

新生児のうちは、十分にミルクを飲ませたはずなのに、あげてみたらどんどん飲んでしまうことがあります。ミルクの飲みすぎではないかと気になったり、何度も泣いてほしがっているように見えたらどうすればいいか、紹介します。


【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

つたい歩きをなかなか始めなかったり、逆に早くからつたい歩きを始める姿を見て、心配するお母さんお父さんもいることと思います。今回はつたい歩きを始める一般的な時期や、O脚との関係などについてお話します。


【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれても、体が小さめだと気になることが多いかもしれませんね。特に低出生体重児の場合は、育て方や今後の成長などに不安を感じることもあると思います。そこで今回は、「低出生体重児」とはどのようなものか、その原因や成長のしかた、育てるうえで気を付けたいことなどについて説明します。