【助産師解説】クーイングってなに?現れる時期と理由、しないときの対処法

【助産師解説】クーイングってなに?現れる時期と理由、しないときの対処法

赤ちゃんの発育のひとつといわれるクーイングとは、具体的にどのようなものなのでしょうか? 現れる時期やクーイングをする理由、しないときの考え方について助産師が詳しく解説します。


赤ちゃんがクーイングするのはなぜ?

Getty logo

発達段階のひとつに「クーイング」と呼ばれる声出しがあるということを、見たり聞いたりしたことがあるママも多いと思います。言葉はよく聞くけれど、クーイングって具体的にどんなこと?なぜするの?と、疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

クーイングとは、機嫌がよいときに赤ちゃんが発する「アー」「ウー」「クー」といった声を指すしぐさです。これは、声帯など声を出す器官が発達することで出るようになる声で、大人が言葉を発するときとは違い、口や唇の動きとは連動しない形で発せられます(口を閉じた状態でもクーイングの声が出る)。

それまで多く聞かれていた「激しい泣き声」などとは違う、クーイング特有の優しい声色に、愛おしさとともに成長を感じることでしょう。赤ちゃんもこの「自分が発する声」を楽しんでいるという見方もあります。

クーイングをする時期と親の対応は?

では、クーイングは一般的にいつ頃から見られるのでしょうか? クーイングが始まったらやってみたいことも知っておきましょう。

始まる時期には個人差が

クーイングは、一般的には生後2~3ヶ月頃に見られることが多いとされています。

ただし、クーイングをする時期には個人差があるので、早い子では生後1ヶ月で始まることもありますし、逆に遅い場合は3ヶ月になってもクーイングしないということも。 “一般的”といわれる時期や他の子と比べ多少遅い成長だったとしても、発達のスピードと過程は赤ちゃんそれぞれです。クーイングをしない以外にも気になることがあれば、不安を一人で抱えるのではなく、小児科で医師に聞いてみると安心でしょう。

クーイングが始まったら一緒におしゃべりしてみよう

では、赤ちゃんがクーイングをし始めたら、どうすればいいのでしょうか。おすすめは、「クーイングでのおしゃべり」です。

例えば、赤ちゃんが「クー」というような声を発したら、赤ちゃんに目線を合わせて、ママも「クー、クーって言ったのね。お話上手ね~」と真似しながら返します。その際の声は、少し高めのトーンだとなおいいでしょう。

いわゆる言葉と言葉による「会話」ではないですが、これも貴重な「赤ちゃんとのコミュニケーション」「声のキャッチボール」です。育児で大変な毎日かとは思いますが、ママや周囲の大人も是非楽しんで、クーイングでのコミュニケーションを行ってみてください。

クーイングをしない・急になくなった……こんなときはどうする?

いつまで経ってもクーイングが見られない、これまで見られたのに急にしなくなってしまった、という場合は、何か問題があるのでしょうか? 発達が気になるときの対処法もあわせてお伝えします。

クーイングをしなくても異常ではない

結論から言うと、クーイングをしなかったとしても、すぐに発達の異常を疑うことはありません。というのも、赤ちゃんによってはクーイングをしないまま、その段階を飛び越えて喃語(なんご:「ばぶ」など、乳児期の赤ちゃんが発する2つ以上の音からなる声)を話し始める子もいるからです。

ずりばいやハイハイ、つかまり立ちなど、他の発達においてもそうですが、中には段階が前後したり、飛び越えて次のステップに行ってしまう場合もあります。成長の仕方やスピードには個人差があるので、母子手帳や育児書などで目にする、いわゆる“一般的”といわれるステップや目安だけにとらわれすぎないようにしましょう。

また、クーイングの持続期間が短いと突然しなくなったと感じることもあるかもしれませんが、どれぐらい続かないとおかしいといった期間もないので、これについても特に心配することはありません。クーイングは始まりや続く時期、その有無についても個人差が大きいものです。しないからと発達の遅れや異常などを心配しすぎないでくださいね。

クーイングをしないときは何か対策をすべき?

クーイングが見られなくても、赤ちゃんにはいろんなタイミングでたくさん話しかけたり歌いかけてあげましょう。親との楽しいコミュニケーションは子供の発達を促します。赤ちゃんの方から声を出さなくても、親の言葉や歌に反応している様子が見られればコミュニケーションの基礎は発達していると見られます。

ちゃんと反応しているのかよくわからない……など、コミュニケーションの発達に不安があるときは、気軽にかかりつけの小児科や地域の保育士さんに相談してみましょう。専門の先生にアドバイスをいただければ、不安も解消されやすいと思います。

まとめ

クーイングは発達にともなう自然な現象で、赤ちゃんの発達段階のひとつとして見られます。始まったら、積極的に反応して初めてのコミュニケーションを楽しんでみましょう。とはいえ、クーイングは始まる時期や期間はもちろん、その有無についても個人差が大きいもの。なかなか始まらない、まったくしない……といった場合もあまり心配せず、たくさん話しかけたり歌いかけたりして反応を見てみましょう。不安がある場合は、かかりつけの小児科に相談してください。

この記事の解説助産師
佐藤 裕子先生
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:佐藤裕子先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


新生児から長く遊べる! 脳と全身の運動に「ニギュッテケッテ」登場

新生児から長く遊べる! 脳と全身の運動に「ニギュッテケッテ」登場

ピープルの乳児玩具「うちの赤ちゃん世界一」シリーズから、 「ニギュッテケッテ」が、5月中旬より販売されています。


【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

【アレルギー対応&栄養素配合】乳幼児向け、からだにやさしいソフトクッキーが発売

ベビー・子ども向けブランド「the kindest」から、初の子ども向けおやつ、ソフトクッキーが、販売開始されました。


【専門家監修】生後6ヶ月の離乳食はどう進める?2回食にはいつ進める?

【専門家監修】生後6ヶ月の離乳食はどう進める?2回食にはいつ進める?

生後半年を迎える赤ちゃん。この時期から離乳食を始めるというご家庭も多いことでしょう。そんな生後6ヶ月の離乳食について、要点をまとめました。


【専門家監修】離乳食は生後5ヶ月から始めるべき?スタートの目安は?

【専門家監修】離乳食は生後5ヶ月から始めるべき?スタートの目安は?

首がすわって、早い赤ちゃんでは寝返りができるようになる生後5ヶ月。このころになると気になるのが「離乳食をいつ始めるか」ではないでしょうか。今回は離乳食スタート時期の目安や序盤の離乳食の進め方などについて解説します。


【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量は?離乳食準備に果汁はあげる?

【医師監修】生後4ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量は?離乳食準備に果汁はあげる?

あやすと笑ったり、欲しいものがあったら手を伸ばすなど、外からの刺激に反応する様子が多く見られる生後4ヶ月の赤ちゃん。成長にともない起きている時間が多くなりますが、育児用ミルク(以下ミルク)の量はどのぐらいが適切なのでしょうか。


最新の投稿


アヲハタから「イチジク&ドライプルーン」「アップル&クランベリー」季節限定発売

アヲハタから「イチジク&ドライプルーン」「アップル&クランベリー」季節限定発売

アヲハタは8月18日より、発売50周年を迎えた「アヲハタ 55ジャム」シリーズから、「イチジク&ドライプルーン」と「アップル&クランベリー」の2品を秋冬季節限定で全国に出荷開始します。パンに塗るだけでなく、アイスクリームやスイーツにも使えるジャムです。


マクドナルド「本のハッピーセット」から期間限定絵本が登場、特別WEB公開も

マクドナルド「本のハッピーセット」から期間限定絵本が登場、特別WEB公開も

日本マクドナルドは7月17日より、ハッピーセットのプログラム「本のハッピーセット」から、絵本作家「もとやすけいじ」さんのオリジナル描き下ろし絵本「エレファントバス」と、「小学館の図鑑NEO」をもとに編集したミニ図鑑「科学の実験」が登場すると発表しました。


【専門家取材】妊娠すると増えるって知ってた!? できてしまったシミケアのウソ・ホント

【専門家取材】妊娠すると増えるって知ってた!? できてしまったシミケアのウソ・ホント

「妊娠したらシミが増えた!」「ケアしてるのにシミが改善しない……」妊娠をきっかけにシミで悩んでいる人も多いのでは? そんなあなたは、シミについての根本的な知識があいまいになっている可能性が大。そこで今回は、3児の母でもある美容家・田中愛さんに「シミケアのウソ・ホント」についてお話ししていただきました。


【ママ調査】妊娠してから、夫に変化はあった? #プレママ1年生

【ママ調査】妊娠してから、夫に変化はあった? #プレママ1年生

妊娠すると、心身ともに女性にはさまざまな変化が現れ、日々ママになる実感が湧いてくるでしょう。そんな妻の妊娠を目の当たりにする夫側には、何か変化が起きるのでしょうか? 妊娠後の夫の変化について、先輩ママたちに聞いてみました。


ブロッコリーを使った離乳食レシピ!茹での目安は?冷凍製品もOK?【管理栄養士監修】

ブロッコリーを使った離乳食レシピ!茹での目安は?冷凍製品もOK?【管理栄養士監修】

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「ブロッコリー」です。茹でる際の目安は?冷凍ブロッコリーでもいい? など、離乳食にブロッコリーを使う際の疑問にお答えいただきます。レシピは「ブロッコリーポテト」です!