ママのための悩み解決サイト
妊娠中も必須のおりものシート!妊婦さんに人気の種類は?

妊娠中も必須のおりものシート!妊婦さんに人気の種類は?

心も体もデリケートになりがちな妊娠中は、おりものの変化に悩む妊婦さんも多いでしょう。以前からおりものシートを愛用している方も、これからの使用を検討している方も、自分の肌に合ったおりものシートを利用してみることで妊娠中のストレスを軽減できるかもしれません。今回は妊婦さんにおすすめのおりものシートについて紹介していきます。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

妊娠中でもおりものシートを使うべき?

Getty logo

そもそも、妊娠中はおりものシートを使うべきなのでしょうか?まずは妊婦さんのおりもの事情について見ていきましょう。

妊娠中のおりものの変化

おりものは女性ホルモンの影響を受けているため、生理周期がなくなる妊娠中は以前とおりものの状態も変化します。個人差はありますが、妊娠中は多くの妊婦さんが、おりものがサラサラした状態になったり臭いが少なくなったりと、以前と異なるおりものの変化に気づくようです。

おりものシートがあると便利

妊娠中は女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が活発になり、エストロゲンの作用でおりものの量が増えます。そのため、おりものシートをつけることで下着の汚れを防いだり不快感を感じずに済むため、妊娠中の女性は日常生活の中でおりものシートを利用すると便利でしょう。

ナプキンでも代用できる?

わざわざおりものシートを購入しなくても、妊娠中は自宅に余っているナプキンを代用すればいいのでは?と思う妊婦さんもいるかもしれません。しかし、ナプキンとおりものシートは吸収力の差に違いがあり、ナプキンの方が吸収力が強いのですが、ナプキンは経血の吸収に優れ、おりものシートはおりものの吸収に優れているというそれぞれ素材の性質が異なります。

妊婦さん自身が気にならなければナプキンで代用してもよいかもしれませんが、その場合は長時間の着用には注意し、肌がデリケートな人は布ナプキンで代用してみるのもおすすめです。

汚れ・臭い回避!正しいおりものシートの使い方

Getty logo

以前からおりものシートの使い方に慣れている人も、そうでない人も、肌が敏感になりがちな妊娠中は正しいおりものシートの使い方を意識した方がよいでしょう。

こまめに取り替える

先ほど述べたように、妊娠中はおりものの量も増え肌質にも変化が出てくるため、以前より下着内がムレやすく雑菌が繁殖しやすい状態になっています。かゆみや炎症など、肌がかぶれないようにするためにも、最低でも1日に2〜3回はおりものシートを取り替えるようにしましょう。その他にも夏場や自身が気になった時など、常にこまめにおりものシートを取り替えることを意識することで、汚れや臭いの回避にも繋がるようです。

服装にも気をつける

妊娠中におりものシートを利用する場合は服装にも気をつけましょう。肌を密着させるようなレギンスやスキニーデニムといった服装は避け、スカートなど通気性のよい服装を心がけることで下着内がムレにくくなります。また、締め付けの強い下着の着用もなるべく避けるようにすることで、肌トラブルを防ぐことに繋がります。

妊娠中のおりものシートの選び方

Getty logo

妊娠中のおりもの変化や、おりものシートの使い方を理解しても、最近では様々なメーカーから色々な種類のおりものシートが販売されているため、どのようなおりものシートを選べばよいか悩んでしまう妊婦さんもいるでしょう。妊娠中はどのようなポイントに気をつけておりものシートを選べばよいのでしょうか?

肌触りにこだわっている商品を選ぶ

肌がデリケートな妊娠中に、肌触りの悪いおりものシートを着用しているとストレスに繋がります。おりものシートは肌に直接触れるものだからこそ、肌触りにきちんとこだわった商品を選ぶようにしましょう。

今まで大丈夫だった妊婦さんも、妊娠をきっかけに肌が化学繊維に反応してしまうケースもあるようです。そのような場合は化学繊維が使用されていない、オーガニックコットン素材などでできているおりものシートを選ぶようにした方がよいでしょう。

通気性にこだわっている商品を選ぶ

妊娠中はただでさえ肌トラブルが多くなりがちなので、肌がかぶれないようにするためにも、おりものシートは通気性がよいものをおすすめします。最近では使い捨てのタイプから使い回しのできる布タイプのものまで、通気性を売りにしたおりものシートがたくさん販売されています。自身の肌に合ったおりものシートを利用して、下着内を清潔に保つことを意識しましょう。

妊婦さんにおすすめのおりものシート

Getty logo

それでは実際に、妊婦さんにおすすめのおりものシートにはどのようなものがあるのでしょうか?妊娠中の女性から人気を集めているおりものシートに着目し、各商品の違いを見比べていきましょう。

ソフィ Kiyora(きよら)フレグランス

ソフィ Kiyora(きよら)フレグランス

¥ 246

(2018/03/12 時点)

ソフィのKiyora(きよら)フレグランスは、やさしいローズの香りなどその日の気分に合わせて香りを選べるのが特徴のおりものシートです。全面通気性シートを使用しているため着用中もムレにくく、パッケージの可愛らしさも人気を集めている理由の1つです。

サラサーティ 2枚重ねのめくれるシート

サラサーティ 2枚重ねのめくれるシート

¥ 780

(2018/03/12 時点)

こちらのおりものシートの最大の特徴は、1つのシートが2回分使用できる作りになっているところです。汚れに気づいた時に上のシートをめくるだけで簡単に新しいシートに替えることができるため、カバンの中でかさばりがちなおりものシートの替えの持ち運びが少なく済みます。天然コットン100%でできているため、妊娠中の女性の肌に優しいのも嬉しいポイントですね。

ロリエきれいスタイル天然コットン

ロリエ きれいスタイル天然コットン

¥ 328

(2018/03/12 時点)

おりものシートは無香料にこだわりたいという妊婦さんには、こちらのおりものシートがおすすめです。こちらも天然コットン100%でできており、多くの妊婦さんから「着用中もかぶれない」と定評があるようです。厚手素材でできているため、おりものの量が多くなってしまう妊娠中には特に活躍してくれそうです。

まとめ

妊娠中はデリケートゾーンの肌トラブルなどに悩まされることもあるかもしれませんが、おりものシートを利用することで、肌トラブルを未然に防ぐことにも繋がりそうです。今回紹介したおすすめのおりものシート以外にも、自身で人気ランキングなどを調べて色々な種類の商品を試してみるのもよいかもしれません。自身の肌に合ったおりものシートを利用して、快適なマタニティライフを送れるとよいですね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

妊婦生活に関する記事一覧を読む

#マタニティウエアについてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


NY発のベビー&キッズブランドaden+anaisが六本木でスペシャルイベント開催

NY発のベビー&キッズブランドaden+anaisが六本木でスペシャルイベント開催

aden+anais(エイデンアンドアネイ)は5月31日(金)、パーソナル・トレーナーの池澤 智さんをゲストに迎えたスペシャルイベントを、六本木アカデミーヒルズで開催します。


【医師監修】妊婦の腰痛の原因と対処法、効果的なストレッチ・体操

【医師監修】妊婦の腰痛の原因と対処法、効果的なストレッチ・体操

腰痛は多くの妊婦さんが経験するマイナートラブルのひとつです。妊娠中に腰が痛くなる原因、予防のためにできること、改善が期待できるストレッチや体操についてお伝えします。少しでも日常を快適に過ごすためにお役立てください。


【医師監修】つわりはいつから?  治まるまでの期間とピーク時期の対処法

【医師監修】つわりはいつから? 治まるまでの期間とピーク時期の対処法

妊娠初期の妊婦さんを悩ませる不調の一つに、「つわり」があります。多くは妊娠16週ごろ までに自然に治まりますが、症状や期間には個人差があり、自分に合った方法で対処することが肝心です。つわりの時期を上手に乗り切る秘訣を探ってみました。


【医師監修】切迫早産って何?早産になるのはいつから?原因や症状、赤ちゃんへの影響について

【医師監修】切迫早産って何?早産になるのはいつから?原因や症状、赤ちゃんへの影響について

流産が起こり得るのは妊娠22週未満まで。これ以降心配になってくるのが切迫早産や早産ではないでしょうか。これらはどのような場合に起こり、赤ちゃんへはどのような影響があるのでしょうか。今回は早産と切迫早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響などを詳しく説明します。


【医師監修】切迫流産とは?症状と原因、流産との違い

【医師監修】切迫流産とは?症状と原因、流産との違い

無事に元気な赤ちゃんを産みたい!と思うママさんにとって気になる「切迫流産」。流産とは違うというけれど、どう違うのでしょうか。 今回は切迫流産について、流産との違い、症状、原因などを詳しく説明します。


最新の投稿


【医師監修】新生児のおむつかぶれ。原因と対処法を紹介

【医師監修】新生児のおむつかぶれ。原因と対処法を紹介

新生児のママたちが心配するおむつかぶれ。赤ちゃんが辛い思いをしないよう、事前にかぶれないための対策を知っておきたいですよね。他の皮膚の病気との違いやなど、分からないことはいろいろあります。今回は「カビも原因に?」「ワセリンで治る?」など気になる疑問に答えていきます。


5月26日はパシフィコ横浜の「やってみる。こDoもフェス」でスライダー体験

5月26日はパシフィコ横浜の「やってみる。こDoもフェス」でスライダー体験

5月26日(日)、0歳〜小学校低学年の子どもを対象としたイベント「やってみる。こDoもフェス」が、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催されます。ストライダーを使用したコンテンツをはじめ、ものづくりや体験教室、親子で楽しめるコンテンツなど、チャレンジの場が提供されます!


【助産師解説】パパ見知りをするのはなぜ?解消するための4つの心がけ

【助産師解説】パパ見知りをするのはなぜ?解消するための4つの心がけ

子どもが急にパパ見知りをし始めたのはなぜ? 始まりやすい時期や理由について助産師が解説します。パパ見知り解消する言葉の掛け方、おもちゃの使い方、NGなタイミングなどのアドバイスも、併せてご覧ください。パパ、落ち込まないで!!


【助産師解説】赤ちゃんが寝返りするのはいつ?目安時期と練習、注意点

【助産師解説】赤ちゃんが寝返りするのはいつ?目安時期と練習、注意点

赤ちゃんが寝返りを始める時期や、遅いときの対応について助産師が解説します。寝返りをしたがるような様子が見られたときのサポートや注意点についてもお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。


【助産師解説】赤ちゃんがお座りするのはいつ頃?練習の必要は?

【助産師解説】赤ちゃんがお座りするのはいつ頃?練習の必要は?

赤ちゃんがお座りを始める一般的な時期は? 遅いと心配? 練習は必要? このような不安や疑問に助産師がお答えします。お座りをし始めた頃のサポート方法と注意点もチェックしてください。