ママのための悩み解決サイト
働くママが仕事と子育て(育児)を両立するための11つのコツ

働くママが仕事と子育て(育児)を両立するための11つのコツ

仕事と育児の両立に成功している働くママ(ワーママ)のタイムスケジュールが気になりませんか? 子育て中、ご飯支度など家事とお仕事をこなすのは本当に大変! でも工夫次第で想像以上にうまくいくことも。生き生きした働くママのブログもよくあります。求人活動中のママや悩みに直面中のママに向けて、ちょっとしたコツをお教えします。


小さな子供を育てながら仕事をするのって、本当に大変ですよね。仕事をしていたら、家事をきちんとできなかったり、子供の話をゆっくり聞いてあげる余裕がなかったりなんてことも。でも、できないことばかり嘆いていても、何も始まらないですよね。大変な中でも仕事と育児を両方とも楽しんでいるママもいるし、バリバリ働きながら育児をしているママもいます。「今は働く時期じゃない」と決断するのも一つの解決策だけど、コツさえつかめば意外にも何とかなるものです。

仕事と育児の両立は可能?

Getty logo

仕事と育児の両立は可能です。ただ、独身のころと同じ働き方ができるかといえば、稀かもしれません。仕事と育児を両立させるためには、働き方を変えることが必要です。例えば子供を保育園や認定こども園などに預けて働くのであれば、お迎えに間に合うように仕事を終えなければなりませんし、保育園が休みの日には出勤できませんよね。

このように育児と仕事とのバランスをとっていかなければなりません。夫が休みの日にアルバイトをしたり、子供が昼寝をしている間に在宅ワークをしたりと、働き方を工夫するのも1つの手でしょう。

フルタイムorパート?働くママのタイムスケジュール例

Getty logo

育児と仕事を両立しているママたちを見ると、どこにそんな体力や時間があるのだろうと不思議にさえ思えてしまいますよね。でも、実際に上手に両立しているママたちのタイムスケジュールを見てみると、そんなに特別なことをしているわけではないことが分かります。ちょっとした時間の使い方や作業効率をアップさせる工夫で、意外と無理なく両立している方も多いです。ここでは上手く両立させているママたちの1日の時間割を具体的にご紹介します。夫が休みの日だけ働いたり在宅で働いたりしている方は、時間の使い方も個人差が大きいと思うので、子供を保育園などに預けて日中に外で働くママたちのタイムスケジュールを参考にしてみてくださいね。

時短やパートで働くママ

6:00  起床後、朝食の準備、洗濯を干す、夕食の下ごしらえ
7:30  朝食
8:00  子供を保育園に送ったのち、出勤
16:00 退社後、子供のお迎え 必要時には買い物
   (子供を公園に連れていったり、掃除をしたり)
18:30  夕食
19:30  お風呂 
20:00~21:00 子供を寝かし付ける(子供と一緒に明日の保育園の準備を済ませてから)
23:00  就寝(子供が寝てから就寝までは自分の時間)

フルタイムで働くママ

6:00  起床後、朝食の準備、洗濯を干す、夕飯の下ごしらえ
7:30   朝食
8:00  子供を保育園に送ったのち、出勤
18:00  退社後、子供のお迎え、帰宅して夕食の仕上げ
18:30  夕食
19:30  お風呂(ここで十分に子供とのスキンシップを)
20:00~21:00  子供を寝かし付ける(子供と一緒に明日の保育園の準備を済ませてから)
23:00  就寝(子供が寝てから就寝までは自分の時間)

働くママの仕事と育児を両立するための11のコツ

Getty logo

仕事と育児を両立させているママたちのタイムスケジュールを見て、どう感じましたか? 毎日がタイムスケジュール通りに進むわけでもないので、スケジュールから外れるとイライラが募るといった性格の方では計画を立てない方がうまく両立できたりもします。ただ、うまく両立している方にはいくつかの共通点があるので、これから働くというママや今働いているけどうまく育児とのバランスが取れていないと感じているママなどは、これからご紹介する「コツ」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

1.便利家電をフル活用する

仕事は手を抜けない、育児は手を抜きたくないとなれば、あとは家事にかかる労力をいかに減らすかで家族の暮らしやすさが決まってきます!

そこで頼りになるのが、便利な家電。例えば、食洗機を使えば毎食後の洗い物が機械任せで済みますし、ロボット掃除機などを購入すれば外出している間に床掃除は完了します。静音タイプの乾燥機付き洗濯機を使えば、夜のうちに洗濯と乾燥まで終わっているので干す手間もいりません。専業主婦の時には当然のように毎日していた拭き掃除なども、家にいる時間が短い分汚れにくいと考えて週末にまとめてするのもよいでしょう。

2.平日の料理は「時短」が鉄則

子育てしながら働いていると、平日にはなかなか買い物に行きづらく、手の込んだ料理も作れないもの。だからと言って「冷蔵庫に何も入っていなかった!」という状態を避けるためには、休日にスーパーに行った際にまとめ買いをし、作り置きしておくことが平日を乗り切るポイントです。作り置きができなくても、葉物野菜をレンチンしておいたり、肉や魚に下味をつけて冷凍しておいたりするだけでも、バタバタしがちな夕飯の準備が時短できます。

「休日も予定が入っていて忙しい」という人のために、宅配やネットスーパーを利用して買い物に行く手間を省く方法もあります。特に、宅配サービスの便利なミールキットは働くママにおすすめ。コープデリではカット済み食材や調味料がセットになった「ミールキット」、パルシステムでは「3日分の時短ごはんセット」「わが家の常備菜セット」などがラインナップされていて、献立に悩まずに10~20分程度の調理時間でバランスのいい食事を作ることができます。

3.朝型の生活がオススメ

朝早く起きて、1日にしなければならない家事の大半を済ませることができれば、仕事が終わって帰宅したあとも、気持ちにゆとりを持って過ごすことができます。特にフルタイムで勤務している場合には、仕事が終わって子供を迎えにいくとあっという間に夕飯の時間がきてしまうので、仕上げくらいで完成するように朝のうちに仕込みを終わらせておきたいものです。

カレーやシチューなどの煮込み系や煮物、炊込みご飯など、温めなおしても美味しく食べられる料理のレパートリーを増やしておきましょう。炒め物をするときには、野菜はもちろんカットしておき、調味料も合わせてから出勤します。揚げ物など手間のかかるレシピは、家族が揃う週末にとっておくことをオススメします。

4.パパに自立してもらう

ワーママのタイムスケジュールを見ると、“夫”という単語がまったく出てきませんよね。パパがママと同じくらい早くに帰宅してくれるならとても助かるのですが、パパは残業で夕飯は別に食べるといったご家庭も多いのではないでしょうか。

そのようなケースでは、パパに育児の協力をしてもらうのが難しくなるので、パパには最低限自分のことは自分でするというスタイルを実行してもらいましょう。遅く帰ってきた際には、自分で夕飯を温め食後は食器を洗ってもらったり、自分の洗濯物は自分でたたんでもらったりと、小さな家事でも子供の寝かしつけが終わった後のママの心理的負担を軽くしてくれます。

5.子供に手伝ってもらう


4歳以上の兄弟姉妹がいるのなら、洗濯ものをたたむ方法やお風呂掃除の仕方なども教えて、積極的にお手伝いをしてもらいましょう。初めのうちはママがした方が早いのにとイライラしてしまうかもしれませんが、長い目で見るとママを助けてくれる頼もしい存在になりますよ。子供が生活能力を身に付けるといった側面から考えても、自分でできることは自分でするように教えていきましょう。

6.祖父母に助けてもらう

働くママにとって、心強いのが祖父母の存在です。初めは「自分や夫だけで何とかしよう」と考える人も多いでしょうが、頼れる人がいるなら無理せずにお願いするのも、仕事と育児を両立するひとつの手段です。無理のない範囲で、保育園のお迎えをお願いする、急な熱が出たときにお願いする、といった対応をしてもらうだけでも、ママにとっては助かる存在になります。

7.優先順位をつける

「あれもこれもやろう」と考えていると、できなかったときにストレスになってしまいがち。まずは一日のスケジュールをしっかりと立てて、「今日やらなくてはいけないこと」と、「2~3日の間にやらないといけないこと」「1週間以内にやらないといけないこと」の区別をつけ、予定に優先順位をつけましょう。闇雲に目の前のことをこなすより、取捨選択して効率よく動いた方が、ママ自身のストレス軽減にも繋がりますよ。

8.ワーママ向けの地域のサポートも活用

自治体によって異なりますが、「保育ママ」や「ファミリーサポート」といった育児支援をしている地域もあります。残業や帰宅時の渋滞、電車遅延などのトラブルで保育園のお迎えに間に合わないといった場合でも、電話一本でお迎えを代行してくれるサービスもあります。また、保育園から習い事までの道を子供に付き添ってくれたり、サポーターのご自宅で子供を預かってくれたりする地域もあります。

たいていのサービスは使いたい時にいきなり連絡をして使えるわけではありません。あらかじめ申請や面談をした上で登録が必要だったり、いつまでに予約をしておくなどといった決まりがあったりしますので、起こり得るトラブルに備えて、事前準備をしておきましょう。自治体の援助があるので比較的安価で利用できるサービスもありますし、働いていることの必要経費だと考えて万全の備えをしておきたいものです。

9.自分に合ったスタイルで働こう

子供がいるのですから、独身のように働けないのは当たり前です。その現実を無視して無理やり働き続ければ、自分も疲弊しますし、家族や子供にだって大きな負担がのしかかります。ただ、自分は子供がいるから、仕事も少な目で時間も早く帰って当然といった態度では、同じ職場で働く人たちが不満に思うのも当たり前ですよね。そういった点では、同じように小さな子供を育てながら働いているママたちがたくさんいる職場の方が、両立への理解は得られやすいかもしれません。

収入が多少減っても、今だけだからと時短勤務を利用したり、フルタイムで働いているのならパートへと働き方を変えたりするのも1つの方法でしょう。育児を主体に考えるのであれば、思い切って働き方をクラウドソーシングなどの在宅ワークに変えてみるのもよいのかもしれません。

10.子供との時間は「量」より「質」だと考える!

子供は3歳までは母親が育てないとかわいそうだとか、小学校に上がるまでは専業主婦がいいなど、育児と仕事を両立させようと頑張っているお母さんにとって耳の痛い話題もたくさんありますよね。仕事をしている母親にとって「子供がさみしい思いをしてかわいそう」といった批判は、とても辛いものがあるし、多くの方は今も悩みながら両立しているのではないでしょうか。

でも、働くと決めたからには、そんな声に悩むのではなく、自分の背中を子供に見せるつもりで頑張りたいものです。毎日つきっきりじゃないからこそ、子供と一緒の時間をより貴重に楽しもうとできるといった面もありますよね。

11.完璧にこなそうとしない

「毎日掃除する」「ご飯は手作りする」と自分にルールを課すと、忙しすぎていろいろなことが回らないとき、「どうしてきちんとできないんだろう……」と、自分を責めてしまうママもいるかもしれません。

そんなときは、「こんなに忙しいんだから、できなくて当たり前」「今日はひとつできたからよし」「これは、今日やらないといけないこと?」と考え方を変えてみましょう。夕飯は、ファミレスやお惣菜、冷凍食品を使ったって、OK。掃除も気になる箇所をササッと掃除して、あとは週末に回す。完璧主義を目指さずに、ハードルを下げて「今日はこれくらいでいいや」と割り切ることも必要です。

まとめ

Getty logo

いかがでしたでしょうか? 働くママが仕事とご飯支度などの家事、育児を両立させるのは、本当に大変です。子供の世話でへとへとになることも。外で働いていると、「あの人は子供が熱を出しても、おばあちゃんが迎えに行ってくれる」などど他のワーママさんと比べて、なんて自分は恵まれていないのだろうと悩んだりしてしまうものです。羨ましい環境と感じる働くママのブログも少なくありませんよね。でも、それぞれの家庭に人には言えない事情もあるでしょう。周りと比較するのではなく、自分と自分の家族に合った働き方を見つけていきましょう。
家事と仕事をうまくこなすコツ、両立に成功しているママのタイムスケジュールも参考に、悩みを少しずつ解消できれば良いですね。

職場復帰に関する記事一覧を読む

#働くママについてもっと見る!

働くママの家事時短術! 炊事・洗濯・掃除のテクニックは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1358

働くママは大忙し。仕事から帰れば家事や育児に追われ、時間のやりくりに苦労している方が多いのではないでしょうか。そんな働くママのために、今回は、炊事・洗濯・掃除の3つに絞って時短術をご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

知らないと損!働くママが会社で使える「5つの制度」って?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1359

待ち望んでいた妊娠! でも働くママの中には、「赤ちゃんができたのは嬉しいけれど、仕事と子育て両立できるのかな」と不安に思う人もいますよね。また、子供ができると何かと出費も多くなるもの。育児休業中の収入についても気になるところです。今回は、働くママをサポートするさまざまな制度についてまとめました。

働くママのスケジュールをチェック! 仕事と家庭を両立するコツは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1304

洗濯や掃除、料理など働くママがやらなければならない家事はたくさん。共働きで夫に家事のサポートをしてもらっている人でも、仕事と家庭を両立させながら子育てをするのは難しいでしょう。働くママ(ワーママ)のスケジュールをチェックしながら上手に時間を使うコツや利用できる制度もご紹介します。

家族総動員!? 働くママに立ちふさがる小1の壁、みんな不安なの?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/812

働くママが絶対避けて通れない、子供の小学校入学。そのタイミングでの変化に対し、未就学児を持つママたちはどう考えているのでしょうか? 今回、リサーチしてみました!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


パナソニック×コンビ、子どもの安全&快適度UP「電動アシスト自転車」が登場

パナソニック×コンビ、子どもの安全&快適度UP「電動アシスト自転車」が登場

「パナソニック サイクルテック」と「コンビ」が共同開発した後子乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルームR」が、12月4日より発売されます。


メリットたくさん! 種類豊富なAmazonギフト券の使い方

メリットたくさん! 種類豊富なAmazonギフト券の使い方

Amazonでの買い物するときに、Amazonギフト券を使っていますか?「クレジットカードで買ってるから、わざわざAmazonギフト券は買わない」なんて人も多いのではないでしょうか。誰かに贈るギフトだけでなく、自分で使っても便利なAmazonギフト券について、今回は詳しく紹介していきます。


Amazonチャージはキャンペーンとコンビニのnanaco入金がお得!

Amazonチャージはキャンペーンとコンビニのnanaco入金がお得!

チャージタイプのAmazonギフト券は、贈り物用としてのギフト券だけではなく、「自分の支払いのためのAmazon内専用通貨」のように使う人も多いですよね。クレジットカードを使わず、残高が目でわかるので管理しやすいのも特徴です。


部屋干し実施世帯は84.8%。エアコンの「除湿」を活用して快適空間に

部屋干し実施世帯は84.8%。エアコンの「除湿」を活用して快適空間に

ダイキン工業では、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の共働き核家族世帯の男女400人を対象に、住宅内の空気の困りごとと(梅雨に増える)部屋干しに関する実態調査を行い、その結果を発表しました。調査は、インターネットを使い、2019年4月19日~4月20日に行われました。


【2018年サイバーマンデー】おむつの目玉セール品情報まとめ

【2018年サイバーマンデー】おむつの目玉セール品情報まとめ

おむつは重たいのでネットで買えると便利ですよね。たくさんあっても困らないので、サイバーマンデーでお得にゲットしてしまいましょう。 2018年のアマゾンサイバーマンデーは12月7日(金)18時から12月11日(火)1時59分(80時間)まで開催されます。


最新の投稿


サイズアウトした子ども服はスピーディに整理! 4児のママが教える管理収納法

サイズアウトした子ども服はスピーディに整理! 4児のママが教える管理収納法

サイズアウトした子ども服って、意外と邪魔で溜まりがちではないでしょうか? しっかりと管理して、タイミングよく手放す仕組みが出来上がれば、衣替えもグっと楽になるはず! サイズアウトした洋服をスピーディに手放せる3つのステップをご紹介します。


【時短家事】溜め込まないのがコツ! 一日たった2分でできる洗面所掃除法

【時短家事】溜め込まないのがコツ! 一日たった2分でできる洗面所掃除法

毎日家族が使う洗面所。水まわりはすぐ汚れてしまいがちですが、きれいに使いたいですよね。今回は、毎日たった2分でキレイになる洗面所掃除のやり方から、定期的に掃除をして気を付けるポイントまで紹介します。


【4児の母が指南】病院受付でのバタバタをなくす! 診察券の一括管理方法

【4児の母が指南】病院受付でのバタバタをなくす! 診察券の一括管理方法

兄弟が増えてくると、病院に連れて行くだけでも大変ですよね。そこで、4人の子どもと暮らす片づけのプロが実践する、診察券や保険証の管理方法をご紹介! 病院でスムーズに受付できる鍵は「一括管理」でした。


【医師監修】1歳半以降の夜泣きとその対策法4つ

【医師監修】1歳半以降の夜泣きとその対策法4つ

ぐっすり眠っていると思った赤ちゃんが、夜中に突然起きて泣き出す夜泣き。一般には、一時期のもので1歳~1歳半ごろになるとおさまることが多いといわれていますが、長く続くケースもあり、悩んでいるママも多いようです。今回は、1歳半以降の夜泣きについてまとめました。


姉妹でも全然違う! 収納スペースのこだわりポイント【専門家実例】

姉妹でも全然違う! 収納スペースのこだわりポイント【専門家実例】

同じ環境・同じ両親のもとで育った姉妹(兄弟)でも、性格や体格が違います。そのため片づけひとつとっても、それぞれこだわるところも違えば、楽な方法も違います。また、年齢によってできることや、好みも変わってきます。そこで今回は、わが家の高校1年生、中学1年生、3歳の三姉妹の収納スペースを例にご紹介いたします。


お金の悩みランキング


>>お金の悩みランキング