育児 育児
2022年11月01日 06:10 更新

「お弁当のピック」を挿したハンバーグを食べた1歳の子が、突然苦しみ出し…【親が知りたい子供の危険③】

身近なものが子供の安全を脅かすことがあります。しかし、前もって知っておくだけで防げる事故もあります。今回は「弁当用ピック」で起こった事故事例をお伝えします。運動会や遠足、家族でピクニックなど、お弁当の出番が増える季節。子供に食事を楽しんでほしいと工夫を凝らすことでしょう。しかしその中に危険なものが潜んでいたら……。

水曜日の昼前、公園で起きた「弁当装飾用ピック」の事故

※写真はイメージです

ある水曜日の午前中。Aちゃん(1歳7ヶ月・男児)は母親と3歳年上の姉と公園へ行きました。お弁当を広げ、食べている最中に事故が起きました。

突然苦しみ出したAちゃん…吐き出したハンバーグには血が

Aちゃんの隣にいたものの、母親の意識が4歳の姉に向いていたその時でした。Aちゃんが突然、苦しみ出したのです

母親は直接食べる様子を見ていませんでしたが、Aちゃんはハンバーグを食べた直後に苦しそうに声を詰まらせています(食べる前のハンバーグには飾りのためのピックが挿され、先端はハンバーグに隠れていた)。

母親はすぐに背部叩打をします。すると、点々と血液がついたハンバーグのかけらが出てきました。しかし、その後もAちゃんの機嫌の悪さは続き、飲み込む時に痛そうにしていたため、救急搬送されました。
---------------------------
※背部叩打法:窒息の恐れがある場合、異物除去のため背中を叩く方法

Aちゃんの「のどの奥」にお弁当のピックがあった

医療機関に到着した後、耳鼻咽喉科で咽頭内視鏡を使って見てみると、のどの奥に異物が確認されました。そこには、お弁当に使われていたピックがあり、キャラクターの飾り部分が食道内に挟まって動かない状態になっていたのです。

※写真はイメージです

爪楊枝の誤飲、50%以上の人が気づいていない

今回Aちゃんがハンバーグと一緒に飲み込んでしまったピックは、3cm程度の長さと横幅(キャラクターの装飾部分)も2cmあまりだったため、口が小さな幼児でも簡単に飲み込めてしまう大きさでした。

乳幼児向けの弁当には弁当用ピックは使わない

弁当用ピックとは形状が異なりますが、爪楊枝の誤飲をまとめた海外の調査では、50%の人が誤飲に気づかないものの、食道や腸に穴が空いたケースや、場合によっては命に関わるケースもありました[*2]。

親である私たちができることとして、まず赤ちゃんや幼児が食べるお弁当にはピックを使わないことが一番安全と言えます。また、小学生以上の子供のお弁当に使う際も、「お弁当にピックを使っているから、飲み込まないように気をつけてね」と注意を促すようにしましょう。

お弁当の時間、大好きなキャラクターを見て喜んでほしいという親心は十分理解できますが、何よりも子供が安心して食べられることが最優先ですね。

(文・構成:マイナビ子育て編集部/監修:矢富 正徳 先生)

この記事は、日本小児科学会の「Injury Alert(傷害速報)」を元に作成しています。

---------------------------
関連記事
▶︎フードが玄関の取っ手に引っかかり、4歳の女の子の首が…【親が知りたい子供の危険①】
▶︎お迎えの車の中、抗原検査キットの液を4歳の男の子が飲んでしまい…【親が知りたい子供の危険②】
▶︎折りたたみ式踏み台で乳幼児が指を挟む事故が相次いで発生、切断のケースも……。事故を防ぐために親が知っておきたいこと

この記事は、医療健康情報を含むコンテンツを公開前の段階で専門医がオンライン上で確認する「メディコレWEB」の認証を受けています

PICK UP -PR-

関連記事 RELATED ARTICLE

新着記事 LATEST ARTICLE

PICK UP -PR-