教育 教育
2022年03月01日 06:31 更新

ピアノを習う子は減っている? 今、最も人気が高い習い事は【子どもの習い事に関するアンケート】

国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」が、「子どもの習い事に関するアンケートを実施した結果、最も人気が高かったのは、「水泳」でした。一方、「ピアノ・エレクトーン」は年々習う子どもが少なくなっている傾向にあるようです。また、習い事を始めた年齢は3歳が最も多いという結果になりました。

アクトインディ(東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、いこーよユーザー414名を対象に、「子どもの習い事に関するアンケート」を実施しました。

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、子育て層の約8割が利用しており、全国 89,000 件以上の施設情報や 60,000 件以上の口コミを掲載しています(2021 年 11 月現在)。

「現在、子どもにどんな習い事をさせているか?」と質問しました。最も多かったのは「水泳」で30%、次いで「英語」、「体操」、「学習塾・公文」、「ピアノ・エレクトーン」と続いています。

過去のアンケート結果と比べても、「水泳」は不動の1位で、それ以外の4つと合わせてトップ5に入っている習い事の傾向は過去5年間で変わりません。しかし、5年前の2017年に調査した際は2位だった「ピアノ・エレクトーン」は、毎年少しずつ割合を減らし、今年は5位にまで低下しています。

「学習塾・公文」も割合が減っているように見えますが、「その他」の一部として今回特に多く自由回答であがってきている「通信教育」(3%)を足すと学習に関する習い事自体はそれほど減少していません。

次に、この春から新しく子どもに始めさせたい習い事について質問しました。現在やらせている習い事と順位は変わらず、「水泳」が最も多く、「英語」、「体操」などが続いています。

最も人気が高かった「水泳」の理由としては、あらゆるスポーツをする際の基礎体力作りにいいから、喘息治療などの健康促進のため、中学の内申に響くからなど多岐に渡っていました。

続いて、習い事を始めた年齢について質問しました。

3歳が最も多く、運動神経の発達や絶対音感等の獲得の観点などから、始めるなら3歳くらいからと思っている保護者が多いということがわかります。また、水泳や英語は0歳からやっているというお子さんも少なくなく、特に英語に関しては赤ちゃんの頃から英語に接してネイティブスピーカーのように英語を習得してほしいと期待する保護者の思いが背景にあるようです。

さらに、子どもに習い事をさせたい理由を質問したところ、最も多かったのは「子ども自身が好きだと思うことをやってほしい」で、次いで「好きだと思えることや夢中になれることをみつけてほしい」、「得意なことをみつけて自信をつけてほしい」でした。

子ども自身が好きだと思えること、夢中になれること、得意なことをみつけることで、まずは子どもに楽しいと思ってもらいたい、その上で努力する大切さや達成感を実感し、自己効力感や自己肯定感が育ってくれたらという保護者の思いが表れているようです。

また、順位としては低めですが、「家庭や学校以外の大人と触れ合うことで社会性を身につけてほしい」という回答も3割を超えており、いろいろな分野の先生から家庭や学校では経験できない多くのものを学んでくれたらという保護者の期待も垣間見られました。

その他、各習い事を始めた理由を自由回答から紹介します(一部抜粋・編集)

水泳

・今後他にスポーツをするとしても基礎になる体力作りになると思うので

・アトピーと喘息があったので水泳をやった

・泳ぐのが苦手で学校のプールを嫌がったから

・中学で試験がある

・学校だけでは泳げない。水泳が得意になる事で本人に自信を持ってもらうため

・有事に命を守るため

体操

・ストレス発散、情緒安定、礼儀やマナーを学べるから

・家では跳び箱や鉄棒など教えられないから

・どんどん体力がついていく中で、遊びの延長で楽しく運動能力を伸ばしてあげたかったから

・感覚統合の助けになるから

ダンス・チア等

・体を動かす楽しさを感じてほしいから(ダンス)

・珍しく本人が強く希望したので(チア)

・可愛い衣装と綺麗な動きに本人が魅了されて、やり始めた(フラダンス)

その他運動

・チームで力をあわせること、勝つことへの執着心、喜びをしってほしいため(サッカー)

・持久力強化(ラグビー)

・体幹、バランスの力を養い、頭をよく使うスポーツなので、考える力を養います(ボルダリング)

ピアノ・エレクトーン

・音楽を楽しめる様になってほしい

・リズム、音感を養う

英語

・将来の選択幅を増やすため

・コミュニケーションの壁を感じないように

・ネイティブな発音を身につけさせたかったから

・将来役に立つと思うし、世界は広いということを知ってもらいたくて

・英語の耳は6歳までに作られると聞いたので

・英語、子どものうちから触れておくことで小学校に上がった時に苦手意識なく取り組めそうだから

学習塾・公文

・小学校入学までに学習習慣を付けたいと思った、その前段階で教室に通うという事に慣れてほしいと思った

・学校の勉強についていけるよう、予習できるよう

・算数を得意にする

そろばん

・指先を使うので脳の発達、計算力もはやくなるので自信をつけてほしくて

・計算力をつけてもらいたいから

プログラミング等

・きっかけはゲームからでしたが、子どもが興味を示して夢中になって取り組んでいたから。スクラッチ、ビスケット、教育版マインクラフト、Koov、マイクロビットなど色々な教材に触れて子どもにしっくりくる物を選んでいます(プログラミング)

・ものづくりと考えることが好きな子供なので(ロボット)

お絵かき

・こどもが絵を描くのが好きで、親以外の大人(絵の先生)とじっくり過ごすのがいい経験だと思うから

回答者全体の414サンプルの内訳

【アンケート調査概要】
調査の方法:Web上のアンケートフォーム
調査の対象:いこーよユーザー
有効回答数:414件
調査の期間:2月7日~17日

いこーよURL:https://iko-yo.net

(マイナビ子育て編集部)

  • 本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

PICK UP -PR-

関連記事 RELATED ARTICLE

新着記事 LATEST ARTICLE

PICK UP -PR-