【医師取材】「HTLV-1ウイルス」って何? 赤ちゃんに感染するの?影響は?

【医師取材】「HTLV-1ウイルス」って何? 赤ちゃんに感染するの?影響は?

日本全国で108万人の感染者がいると推定されている「HTLV-1ウイルス」。赤ちゃんに母乳から感染するウイルスについて知っておきましょう。


母乳から感染する白血病のウイルス?

Getty logo

※画像はイメージです

HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)とは

ヒトT細胞白血病ウイルス-1型(Human T-cell Leukemia Virus type 1:頭文字を取って「HTLV-1」)は、白血球の1つである「Tリンパ球」に感染して、成人T細胞白血病を引き起こすウイルスです。感染しても自覚症状はなく、感染者の約95%は生涯病気を発生することはありません。

国内に108万人前後の感染者

我が国におけるHTLV-1の感染者は、平成20年度の厚生労働省の調査で約108万人と推定されています。これは、日本の総人口の約1%で、B型肝炎やC型肝炎の感染者数と大きな差はなく、決して少ない人数ではありません。

HTLV-1ウイルスに感染するとどうなるの?

95%は病気にならない

「HTLV-1に感染したらどうなっちゃうの?」……そんな心配を感じる方も多いでしょう。ほとんどの場合、HTLV-1に感染しても特別な症状は出ません。ウイルスに対する抗体はできますが、ウイルスが体から排除されることはなく、ずっと「無症候性キャリア(感染しているが症状がない人)」として生きていくことになります。

そして、このキャリアの約95%は、生涯に渡ってHTLV-1に起因する病気を発症することはありません。残りの約5%の人は、個人差はありますが多くは感染から長い月日が経ってから、成人T細胞白血病などの病気を発症することが知られています。

発症する可能性のある病気

HTLV-1感染者が発症する可能性のある病気は、主に次の3つです。

■成人T細胞白血病
HLTV-1感染が原因で発症する病気のほとんどが、成人T細胞白血病です。感染者の4~5%が発症すると言われています。多くの場合、潜伏期間は40年以上。全身のリンパ節の腫れ、肝臓や脾臓の肥大、全身倦怠感などの様々な症状がみられ、免疫機能が低下するので、深刻な感染症にかかる可能性もあります。急性型、リンパ腫型、慢性型、くすぶり型の4タイプがあり、病気が進行する早さや症状が異なり、それによって治療の進め方も違います。

■HTLV-1関連脊髄症
HTLV-1関連脊髄症はHLTV-1キャリアの約0.3%に発生すると言われています。HTLV-1ウイルスに感染したTリンパ球が脊髄に入ってしまい、慢性的な炎症を起こすことが原因で、脊髄の神経が損傷してしまうことが起きるようです。症状としては、下肢の麻痺や排尿障害などが起きます。有効な治療法はまだ開発されていません。非常にまれな病気で患者さんは全国で約3,000人と推定されています。

■HTLV-1関連ぶどう膜炎
HTLV-1関連ぶどう膜炎は、HTLV-1感染が原因で眼の「ぶどう膜」に慢性炎症を起こす病気です。ステロイドによる治療がよく効きますが、再発するので、継続的に治療を行うことが重要です。HLTV-1キャリアの約0.1%が発症すると言われています。

感染していたら妊娠・出産はできないの?

HTLV-1に感染していても妊娠には影響がありませんし、産まれてくる赤ちゃんに先天異常などのリスクはありません。HTLV-1キャリアであっても妊娠や出産は可能です。ただし、次に述べるように、母乳を介した母子感染のリスクがあるため、感染予防のため母乳による育児が制限されることは、知っておきましょう。

HTLV-1ウイルスの予防法

感染経路は主に3つ

HTLV-1が感染する経路には、次の主に3つがあります。

・母子感染……主に母乳を介して母から子に感染します
・性行為による感染……主に男性から女性への感染です
・輸血による感染

※1986年以降、献血された血液の検査が行われているため、現在、輸血による新たな感染の報告はありません。

※消毒が不十分な器具を用いたピアスの穴開けなどで感染する可能性はあります。

赤ちゃんへの感染を防ぐ

HTLV-1感染の検査は妊婦の標準的検査項目に含まれています。母子感染は主に母乳を介して起こりますので、ママがキャリアであった場合、母乳の飲ませ方に制限がでます。いずれも感染リスクをゼロにすることはできませんが、感染予防策として挙げられるのは次の3つです。

・完全人工乳栄養……初乳を含めて母乳はまったく与えず、人工乳で育てます。
・短期母乳栄養……生後90日まで母乳を与え、その後、人工乳に切り替えます。
・凍結母乳栄養…搾乳し一度凍結した母乳を解凍して与えます。24時間以上凍結することによって母乳に含まれる感染リンパ球が破壊されます。

まったく母乳を与えない完全人工乳栄養で育てても、赤ちゃんの約3%は分娩時などに感染してしまいます。経胎盤感染、産道感染がある考えられるため、感染リスクはゼロにはなりません。また、キャリアのママが母乳を与えると、約18%の赤ちゃんに感染するというデータがありますので、感染リスクを下げるための対策はしっかりと行うことが重要です。

パートナーからの感染を防ぐ

HTLV-1は性行為でも感染すると言われています。性感染はコンドームの使用で予防できます。

まとめ

HTLV-1は感染しても95%は発病しないウイルスです。しかし5%が白血病を発症してしまうようですから、赤ちゃんへの母子感染はできるだけ避けたいですよね。妊婦さんは、かならず妊婦健診でHTLV-1抗体検査を受けてください。もしキャリアだったとしても、しっかり対策すれば赤ちゃんへの感染リスクは大きく下げることができます。まずは、正しい情報を知っておくことが大切です。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.20)

この記事の取材先ドクター
武田クリニック 武田寿之院長
当院では、出来る限り患者さんの目線になってお話を伺うことを大切にしています。
ささいなことでも何でも相談していただき、本当の意味での「家庭医」を目指しております。
http://www.nerima-med.or.jp/kikan/byoin/kobetsu_base.php?id=235/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連するキーワード


女性の病気・症状

関連する投稿


【医師監修】子宮がチクチク痛む原因は?子宮周辺が痛む主な要因

【医師監修】子宮がチクチク痛む原因は?子宮周辺が痛む主な要因

子宮のあたりがチクチク痛んで気になったことはありませんか? 子宮付近が痛む原因としてはいろいろなものが考えられるうえに、体が健康だったとしても痛むことがあります。今回は子宮付近が痛む原因についてお話します。


女性に人気・ライフカード Stellaの特典・ポイントシステム・申し込み方法

女性に人気・ライフカード Stellaの特典・ポイントシステム・申し込み方法

今回は、「ライフカード Stella」の詳細をチェック! 海外旅行のショッピングで充実のキャッシュバックが受けられ、国内外の旅行傷害保険が自動付帯。女性向けの健康サービスも付いたクレジットカードです。


女性が得する特典満載!オリコカード「オリヒメ」の特徴・特典まとめ

女性が得する特典満載!オリコカード「オリヒメ」の特徴・特典まとめ

今回は、高額な海外旅行保険、健康サービス、宿泊施設や飲食店の優待・割引サービスがついた、女性にうれしいクレジットカード「オリコカード「オリヒメ」」の詳細をチェックします。


【医師取材】花粉症の原因と症状、正しい対策・治療まとめ

【医師取材】花粉症の原因と症状、正しい対策・治療まとめ

くしゃみ、鼻水、目のかゆみ……。不快な症状で私たちを悩ませる「花粉症」。今回は、花粉症のメカニズムと症状、正しい対策方法や、病院での治療等についてご紹介します。


【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

【医師監修】おりもの検査でわかること 治療や対処法は?

おりもの検査では、おりものの状態、腟の炎症や性感染症の有無などがわかります。おりものの状態で気になることがあれば、ぜひ検査を受けてみましょう。


最新の投稿


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

妊娠すると、数週間に一度、妊婦健診を受ける必要があります。特に初めての妊娠は、ひとりで受診することを不安に感じ、旦那さんに付き添ってもらう人も少なくないようです。では実際、どれくらいの人が旦那さんと一緒に妊婦健診に行ったのでしょうか? 「行く」派と「行かない」派のエピソードも合わせてご紹介します。


離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

葉物野菜の定番、ほうれん草は離乳初期から取り入れられる食材です。今回は離乳食でも下処理のコツ(レンジ加熱OK? 塩茹でする?)などを解説します。初期・中期・後期、それぞれの時期の赤ちゃん喜ぶ離乳食レシピもお試しください。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。