【医師監修】赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の特徴と対処法

【医師監修】赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の特徴と対処法

赤ちゃんの肌にブツブツができると、アトピー性皮膚炎かどうか心配するママはいらっしゃいますよね。「アトピー性皮膚炎の症状は?」「薬で治るの?」など、今回は、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の特徴や原因、および治療法などについてお伝えします。


アトピー性皮膚炎とは? 赤ちゃんに多い?

Getty logo

※画像はイメージです

アトピー性皮膚炎とは、痒み(かゆみ)のある特徴的な湿疹が、体の特定の場所に生じ、悪化と改善を繰り返す炎症性の慢性的な病気です。アレルギーや皮膚のバリア機能の低下に加えて、いくつかの要因が重なって発症すると考えられています。専門医の健診による全国規模の調査(平成12~14年度厚生労働科学研究)によると、アトピー性皮膚炎の全国平均有症率は、4ヶ月児が12.8%、1歳半児が9.8%、3歳児が13.2%、小学1年生が11.8%、小学6年生が10.6%、大学生が8.2%という結果となりました(健診総人数48,072人)。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の特徴

赤ちゃんのデリケートな肌に湿疹を生じさせる原因や病気はたくさんあります。ブツブツができたからといってもアトピー性皮膚炎とは限りません。あせも、とびひ(伝染性膿痂疹)、乳児脂漏性(しろうせい)湿疹など、それぞれ対処が必要ですので、医師・看護師・保健師などに相談してください。

アトピー性皮膚炎の場合は次のような特徴があります。

1)顔と頭の湿疹から始まる

乳児の場合、最初の湿疹は頭と顔に出て、その後、首から体幹と手足にひろがります。

2)ジュクジュクした湿疹

アトピー性皮膚炎の湿疹にはさまざまなタイプがありますが、赤ちゃんの場合、ジュクジュクして、かさぶたのある赤い発疹が多いです。

3)痒がる様子が見られる

痒みが強いのがアトピー性皮膚炎の特徴。赤ちゃんは「痒い」とは言えませんが、首や顔、手足を布団などにこすりつけるなどの仕草が見られます。

4)湿疹が2ヶ月以上続く

湿疹が一度できると良くなったり悪くなったりを繰り返します。乳児の場合は2ヶ月以上、それ以上の年齢では6ヶ月以上続くと慢性と考えます。

【医師監修】「とびひ」の正しい治療と注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/654

「とびひ」は皮膚感染症の一種です。一見「とびひ」のように見えても似ている病気もあります。 「とびひ」の原因や特徴、正しい対処法を知って、お子さんを病気から守りましょう!

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因・悪化因子

アトピー性皮膚炎の原因はまだ解明されていません。原因・悪化因子と考えられるものには多くのものがありますが、代表的なものとして2歳未満の場合は、食物、発汗・唾液、物理刺激(ひっかき)、環境因子、細菌・真菌が挙げられます。

1)食物

食物アレルギーがアトピー性皮膚炎を起こすきっかけになることがあります。ただし、食物アレルギーと関係ないアトピー性皮膚炎もありますし、原因となる食材もさまざまです。成長著しい赤ちゃんは必要な栄養をしっかり摂ることが大切なので、自己判断で特定の食材を避けたりせず、きちんとスキンケアを行うことが望まれます。食物アレルギーが疑われた場合、必要であれば検査して、医師の指示に従いましょう。

2)発汗・唾液

かいた汗は、痒みを発生させることがあります。発汗が多い時期にはかいた汗をそのままにせず、洗い流したり、濡れた柔らかいガーゼなどで拭き取ることをおすすめします。また、特に乳児の場合は唾液も悪化の因子になるため注意が必要です。

3)物理刺激(ひっかき)

痒みが特徴的なアトピー性皮膚炎では、過敏となった皮膚をひっかいてしまうことで傷がつくため、症状をさらに悪化させることにつながります。

4)環境因子

従来からアレルギー疾患の原因・悪化因子として知られているダニは、アトピー性皮膚炎でも悪化因子と考えられています。ほかに、花粉なども悪化因子となります。

5)細菌・真菌

アトピー性皮膚炎の悪化因子としてよく知られているのが、黄色ブドウ球菌です。カンジダ属やマラセチア属などの真菌感染も悪化因子の可能性があるとされています。

アトピー性皮膚炎を治すには?

アトピー性皮膚炎には、疾患そのものを完治させられる治療法は見つかっていません。皮膚の機能異常や外見を改善させるため、スキンケアが重要となります。スキンケアによっても、症状の改善が見られない場合には薬物療法が必要となります。

肌を清潔にして保湿・保護をする

症状を抑えるためには、肌を清潔に保ち、しっかりと保湿・保護をすることが大切です。肌についた汗や唾液、汚れを入浴やシャワーで落としましょう。汗をかく季節は回数を増やしてください。入浴後は保湿剤の中から使用感のよいものを選んで1日2回塗ります。

薬物療法

アトピー性皮膚炎の治療の薬としては、ステロイド外用薬と2歳以上であればタクロリムス軟膏が挙げられます。皮膚科で診てもらうと、症状に応じた強さの薬が処方されますので、医師に指示されたとおりに塗ってください。少し良くなったからと勝手に中止したり、少ししか塗らなかったりすると、結果的に症状が悪化したり治療が長引くことがあります。

まとめ

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の特徴、原因や悪化因子、薬による治療法などをお伝えしました。日頃のセルフケアも大切なので肌を常に清潔にして、乾燥させないようきちんと保湿剤でお手入れしてあげましょう。赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は成長するにつれて治る場合も多いので、きちんと医師の指示を守って、根気よく治療を続けましょう。

この記事の監修ドクター
なごみクリニック院長 武井智昭先生
慶応義塾大学医学部卒業後、平塚共済病院小児科医長を経てなごみクリニック院長。日本小児科学会専門医、指導医。臨床研修医指導医。インフェクションコントロールドクター(日本小児感染症学会)。現在、0歳から100歳までの「1世紀」を診療する医師として、家庭医として地域医療に従事しながら、メディア等での執筆・監修を多方面で行っている。

参考文献
日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018」
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopic_GL2018.pdf
日本皮膚科学会「皮膚科Q&A アトピー性皮膚炎」
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa1/index.html

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.20)

※記事の修正を行いました(2019.06.12)

乳児湿疹や子供の肌トラブル、“大切”な正しいケアは? 友利新先生に聞いてみた<前半>

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1519

スキンケアと聞くと、大人の女性の美容の話に思われがちですが、実は子供にとっても、とても大切なもの。肌のバリア機能が整っていない子供は、湿疹、アトピー、乾燥など、常に肌トラブルの危険性にさらされています。

アトピー性皮膚炎、産後からできる予防法は?&仕事と育児の両立のコツ 友利新先生に聞いてみた<後半>

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1520

子供のころのスキンケアは、一生のお肌を左右するもの。清潔に保つために「洗う」、バリア機能を維持するために「保湿する」という2ステップがとても大切です。そして、何より重要なのは習慣づけること。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


最新の投稿


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。