【助産師解説】妊婦の時からできる「乳カス」(乳垢)ケア方法と原因

【助産師解説】妊婦の時からできる「乳カス」(乳垢)ケア方法と原因

妊娠中や産後に、乳カス(または乳垢)と呼ばれる乳頭部分に白いカスのようなものができた経験があるママは多いようです。乳カスは、入浴前にご家庭にあるものを使えば、簡単に取り除くことができます。乳カスの掃除方法と必要な道具について、この白いカスの正体とともにお伝えします。


この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

乳カス(乳垢)のお掃除の仕方

乳頭に白い塊やカスがくっついていると、つい気になってしまう人も多いのではないでしょうか。乳カスは無理に取ろうとはせず、適切なケアをして取り除いてあげましょう。
ここからは、乳カスのお掃除で必要な道具と手順をお伝えします。妊娠中はもちろん授乳中でも、乳カスが気になったタイミングで試してください。

乳カス(乳垢)のお掃除で用意するもの

ラップ、コットンパフ、オイルの3点です。オイルには、オリーブオイル、馬油、ベビーオイルなど様々なタイプがありますが、基本的にはオリーブオイルをおすすめしています。

ステップ① オイルを塗る

乳頭全体にオイルを染み込ませたコットンで覆うように当てて、その上からラップで覆ってパックします。オイルの量が少ないと乳カスに染み渡りませんので、オイルは十分な量を使うようにしましょう。

ステップ② パックした状態でしばらく待つ

乳カスがオイルでふやけるのを待つため、10〜15分を目安にパックします。ラップの上から下着をつけても汚れませんし、パックはズレませんので、パックしたまま普段どおり過ごせます。

パックする時間は、乳カスのたまり具合とふやけ方を見ながら調整しましょう。

ステップ③ オイルごと洗い流す

パックを取り去り、そのまま入浴します。パックしていた部分は、全身と同じようにお湯やソープを使用して洗います。乳カスを落とそうとゴシゴシこすったりする必要はありません。くれぐれも傷つけないよう、優しくケアを行いましょう。

1回で落ちきれなかった場合は、また後日オイルパックをしてみてください。

乳カス(乳垢)の基礎知識

妊娠後期や出産後に乳首にできる乳カスは何なのか、赤ちゃんが口に含んでも大丈夫なのかと不安に思うことでしょう。ここから先は、乳カスの正体と乳カスと乳腺炎の関連などについて説明します。

乳カス(乳垢)とは「母乳や垢(アカ)」

妊娠16〜22週ごろに入ると、乳房の中では生まれてくる赤ちゃんのために母乳が作られ始めます。妊娠期間中は、妊娠を維持するホルモンの作用を受けて、母乳が出ないような仕組みになっています。しかし、人によっては妊娠中に母乳が乳頭からにじみ出てくることもあります。乳カスとは、出産に先立って作られた母乳に、皮脂、角質など様々なものが混じり合ってできたものと言えるでしょう。

特に陥没乳頭の場合は、陥没した部分に乳カスがたまりやすいです。陥没乳頭の場合は、乳頭のケアや乳カスの掃除方法について、かかりつけの産婦人科もしくは助産院で相談されることをおすすめします。

ケアをしないとどうなるの?

乳カスがあることで、衛生的な問題や乳腺炎につながる可能性を心配される方もいると思います。

乳カス自体は悪いものではないので、必要以上に心配することはありません。ただ、乳頭は赤ちゃんの口に入る部分なので、乳カスがあるならお掃除を含めた乳頭のケアをおすすめします。ママによっては乳頭に極力触れないようにしていることで、授乳の時に乳カスが溜まっているケースもありました。妊娠中から清潔を保ち、やさしくケアできるといいですね。

なお、以前は乳カスが乳腺炎の原因になるとされていましたが、現在では根拠がないと言われています。

いつからいつまでケアが必要?

乳カスのたまり方には個人差があります。たまりやすい人でも、気になった時にお掃除するくらいの頻度でいいでしょう。

なお、出産後に乳頭の清潔を保つため、授乳前の清浄綿での乳頭の清拭は不要です。

授乳中の乳首まわりの清拭について、詳しくは以下の記事を参考にしてください。
▶︎乳首の周りのブツブツは?授乳前に清拭した方がいい?

早産気味の人は医師に相談を

妊娠中、乳カス掃除ついでに乳頭マッサージをする人もいますが、乳頭への刺激がもとでオキシトシンが分泌されお腹が張るので注意しましょう。切迫早産と診断されている人などが乳頭マッサージをしたい時は、まずはかかりつけの医師に相談してください。

妊娠中の乳首マッサージについて、詳しくは以下の記事を参考にしてください。
▶︎乳首マッサージで母乳は出るようになる? やり方と注意点

まとめ

乳カスは、妊娠16〜22週以降のママの乳頭にできやすい白いカスです。乳カスは母乳や皮脂など様々なものが混じり合ってできたもので、そのままでも健康上問題はありません。ただ、乳頭はいずれ赤ちゃんが口に含む部分ですので、オイルを使って定期的にお掃除し、清潔を保つことをおすすめします。乳カスの掃除ついでに乳頭マッサージをしたいのであれば、医師や助産師に相談の上、お腹の張りに気をつけながら行いましょう。切迫早産の人などは、かかりつけ医に相談し指示を仰ぎましょう。

(文:本河美佳/監修:坂田陽子 先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【助産師解説】赤ちゃんの吸いだこ〜唇にできる原因&対処法

【助産師解説】赤ちゃんの吸いだこ〜唇にできる原因&対処法

赤ちゃんの口元を見ると、「吸いだこ」と呼ばれる水ぶくれが破れた後のようなものができていることがあります。吸いだこはどうしてできるのか、このままにしていていいのかなど、心配になるママもいるかもしれません。ここでは吸いだこの原因と吸いだこを作らないための対処方法などを解説します。


【助産師解説】添い乳でげっぷは必要?添い乳の方法や注意点

【助産師解説】添い乳でげっぷは必要?添い乳の方法や注意点

母乳育児をしているママにとって、赤ちゃんと一緒に横になりながら授乳する添い乳はとても楽ですよね。一方で、添い乳をする際はいくつかの注意点もあります。また添い乳をした後げっぷはさせたほうがいいのかわからずお困りのママもいると思います。ここでは、添い乳とげっぷについて解説します。


【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

「断乳ってコツはあるの?」「断乳したいけど乳腺炎が心配」など、断乳についてより詳しく知りたい母乳育児中のママもいると思います。今回は、断乳と圧抜きの方法、断乳スケジュール、実施時の注意点などを解説します。


【助産師解説】「ラッチオン」のコツとは?母乳育児を検討中のママ必見!

【助産師解説】「ラッチオン」のコツとは?母乳育児を検討中のママ必見!

母乳を飲ませているとき、やたら乳首が痛いようでしたら「ラッチオン」に問題があるかもしれません。ラッチオンのコツと、赤ちゃんが上手く母乳を飲めているときのサインも解説します。


【助産師監修】タンデム授乳で上の子が太る?気持ち悪いと感じたときはどうする?

【助産師監修】タンデム授乳で上の子が太る?気持ち悪いと感じたときはどうする?

新しい赤ちゃんが生まれたけれど上の子もまだ小さい場合、2人の授乳をどうしようか迷うママも多いのでは? そんなとき、「タンデム授乳」という方法があります。今回は、タンデム授乳のやり方やメリット・デメリット、「気持ち悪い」と感じたときの対処法などを紹介します。


最新の投稿


意地悪な人の心理とは?仕返しはNG!なときの対処法

意地悪な人の心理とは?仕返しはNG!なときの対処法

あなたの周りに「意地悪な人だな…」と感じる人はいませんか? 意地悪な人といるのは基本的に不快なもの。どう付き合っていけばいいのか悩みますよね。今回は意地悪な人の特徴や心理を解説するとともに、意地悪なママ友の対処法についてご紹介します。


【漫画】辞めたかったけど……育休から復職してよかったこと『夫を捨てたい。』Vol.1

【漫画】辞めたかったけど……育休から復職してよかったこと『夫を捨てたい。』Vol.1

「好きだから結婚したはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。私は夫を捨てたいと思っている……」ギクリとするような言葉ではじまる、いくたはなさんのコミックエッセイ『夫を捨てたい。』。この話題作から、衝撃のクライマックスにあたる4章「夫を捨てた日」を切り出して短期集中連載!


もはや無痛じゃない!? お尻にボールをグリグリして耐え続ける産婦 【思ってたんとちがう! 無痛分娩レポ Vol.13】

もはや無痛じゃない!? お尻にボールをグリグリして耐え続ける産婦 【思ってたんとちがう! 無痛分娩レポ Vol.13】

はじめての出産は未経験だからこそ理想を思い描きますよね。Instagramで子育て漫画を発信するほかほか命(@hokahokainochi)さんもそんなおひとり。しかし実際の出産は……思ってたんと違う! 今回はほかほか命さんの無痛分娩の出産レポを短期連載でご紹介!『思ってたんとちがう! ドタバタ無痛分娩レポ 第13回』


【漫画】全身プチプラでも「着こなし」次第でおしゃれになれる!『おしゃれなママっていわれたい!』Vol.6

【漫画】全身プチプラでも「着こなし」次第でおしゃれになれる!『おしゃれなママっていわれたい!』Vol.6

時間がないから、すぐ汚れちゃうから、子どもが最優先だから……そんな理由でおしゃれを諦めていませんか? 絶賛育児中の人気イラストレーター・あきばさやかさんによる子育て中のおしゃれのヒントがたくさん詰まった『おしゃれなママっていわれたい!』(マイナビ出版)。ママならではのおしゃれのコツをお届けします!


意外と知らない人が多い!「幼児食の基本」『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』Vol.1

意外と知らない人が多い!「幼児食の基本」『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』Vol.1

子どものために体にいい食事を作ってあげたいけれど、毎日の料理は大変。そんなママ・パパにおすすめなのが、レンチンで簡単にできる作りおき。2児のママでもある管理栄養士・中村美穂さんの著書『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』(世界文化社)から、幼児食のポイントと選りすぐりのレシピを紹介します!