帰りたがらない子どもが納得して帰ってくれる魔法の言葉って?『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』Vol.7

帰りたがらない子どもが納得して帰ってくれる魔法の言葉って?『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』Vol.7

「ちょっとまって」「これにしたら?」子育て中に、ついこんな言葉を使っていませんか? 実はそれって子どもの自己肯定感を下げてしまう悪魔の口ぐせなんです。白崎 あゆみ・著『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』(マキノ出版)より、親子の自己肯定感を高める天使の口ぐせを実際にあったエピソードとともにご紹介。


著者プロフィール
白崎あゆみさん
1981年6月27日、福井県鯖江市生まれ。
上智大学外国語学部フランス語学科卒業後、アビームコンサルティング株式会社を経て、NRO北陸放送でアナウンサーとして10年勤務。出産後はコーチングに転向。マザーズコーチングスクール認定マザーズティーチャー取得後、実績の高さから講師育成トレーナーとなる。TSC認定プロフェッショナルコーチの資格も取得し、コーチングセッションや保育園・幼稚園・こども園向けのナーサリーコーチングなどを行うほか、大手企業で管理職向けコーチング研修やエグゼクティブコーチングを提供している。

白崎あゆみ公式サイト:https://ayumishirasaki.com

<<『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』の紹介記事を最初から読む>>

【促し方のお悩み】帰りを促すために先に帰るふりをする

幼稚園で延長保育を利用した日はいつもより遅くなるため、ななみちゃんのお母さんは、仕事後に急いで迎えに行きます。
小さな弟もいるため一刻も早く帰りたいのですが、迎えに行くとななみちゃんはバッグを地面に投げ出し、園庭の鉄棒に猛ダッシュ。「3回だけね!」と言ったものの、3回が終わっても「やだ! もっと!」とななみちゃん。
お母さんは「先に帰るからね!」と言い捨て、背中を向けて先に帰る素振りを見せると、ななみちゃんは「待ってー!」と泣きながら追いかけてきます。

悪魔の口ぐせ



「先に帰るからね!」

天使の口ぐせ



「あと20秒遊べるよ」

子どもの帰りを促すのに、お母さんが苦戦するケースは数多く見られます。
ただ、先に帰ると言って、振り返らずに進んで行ってしまうお母さんの背中を、子どもはどんな心境で見ているのでしょうか。恐怖心? 疑い? いずれにしても、適切な対応ではありません。ななみちゃんは、初めてできた逆上がりを、お母さんに見せたかったのかもしれません。今日は友人と遊び足りなかったのかもしれません。

こんなときは、時間を正確に共有することで、お互いに余裕が生まれやすくなります。「10分だけ遊んで帰ろうね」と約束し、残り時間を見ながら「あと20秒遊べるよ」と、残り時間をその子が数えられる範囲で示してあげましょう。タイムチャレンジのような雰囲気になり、うまくいくことが多いでしょう。限られた時間で、猛ダッシュで遊ぶ姿にほほえましく感じることも。
また、お母さんの思う「早く」は何分に相当するのかも考えてみましょう。30分遅れるのは困るけれど、15分なら大丈夫だと具体的に判断することで、やみくもに「早く!」と焦っていた気持ちに、少し余裕が生まれます。

<<『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』の紹介記事を最初から読む>>

次回の内容は……?

「汚いよ!」の一言では説明不足…【触ってほしくないときの止め方】についてお届けします。

書籍『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』について

子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ

¥ 1,540

(2021/03/11 時点)

★こんな〝悪魔の口ぐせ″使っていませんか?
「何回も言ったよね? 」「こっちにしたら? 」「ちょっと待って」

★無意識に使いがちな悪魔の口ぐせをへらし、天使の口ぐせを増やせば、子どもも親も自己肯定感が高まる

ふだんの口ぐせを変えるだけで、子どもたちの心への響き方だけでなく、お母さんが見る世界も大きく変わります。
何気なく使っている言葉が、親と子の自己肯定感を低下させる「悪魔の口ぐせ」ではないか、確かめましょう。
本書では、お母さんが口にしがちな「悪魔の口ぐせ」を、実際の事例を参考に紹介します。
そして、そのような場合に口にするといい「天使の口ぐせ」を、具体的に示しています。「こんな言葉がけもあるんだな」と、参考にしてください。

(文:白崎 あゆみ『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ 』(マキノ出版)より/加筆修正:マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


フジ榎並大二郎アナが二週間の「男性育休」、赤ちゃん沐浴で「緊張するけど、愛おしいんだわ」

フジ榎並大二郎アナが二週間の「男性育休」、赤ちゃん沐浴で「緊張するけど、愛おしいんだわ」

フジテレビのアナウンサーが、9月18日から育児休業に入ったことを明かしています。期間はおよそ二週間で、次の出社日は10月4日だそう。榎並アナは2016年にモデルの有村実樹さんと10年の交際を経て結婚。今年8月26日に、第一子の誕生を公表していました。


小倉優子さん、1歳息子の食事に「危険」と指摘受けて訂正。「離乳食、気を付けます」

小倉優子さん、1歳息子の食事に「危険」と指摘受けて訂正。「離乳食、気を付けます」

タレントの小倉優子さんが9月16日、Instagramに投稿した食事の動画を一度取り下げ、離乳食での間違いを訂正して再投稿しました。小倉さんは小学3年生の長男・5歳の次男・1歳の三男を育てていて、いつも美味しそうな手作りご飯の写真をUPしています。何が間違いだったのでしょうか?


辻希美さんの長女がインスタ開始、長男次男はYouTuberに。辻家が意識する子どもとネットの距離感

辻希美さんの長女がインスタ開始、長男次男はYouTuberに。辻家が意識する子どもとネットの距離感

4人のお子さんを育てる辻希美さんが自身のブログで、中学2年生の長女・希空(のあ)さんのInstagramスタートを告知。8月には10歳の長男・青空(せいあ)くんと8歳の次男・昊空(そら)くんが、YouTuberデビューを発表して動画制作を始めています。


紺野あさ美さん手作りプリンセスケーキの完成度がスゴイ! 長女と一緒にデザート作りも

紺野あさ美さん手作りプリンセスケーキの完成度がスゴイ! 長女と一緒にデザート作りも

8月に第三子を出産した、紺野あさ美さん。「3歳・2歳・0歳」とほぼ年子の育児に奮闘中でしたが、このほど長女が4歳の誕生日を迎えたそう。すると紺野さんは、長女にリクエストされた「プリンセスケーキ」を手作り! これが売り物のように見事な出来栄えです。


田中麗奈さん、ママチャリ初登園で疑問 ⇒ 「ヘルメットどうする問題」をママ友にリサーチ

田中麗奈さん、ママチャリ初登園で疑問 ⇒ 「ヘルメットどうする問題」をママ友にリサーチ

女優の田中麗奈さんが、9月21日にInstagramを更新。数日前に「ママチャリデビュー」を果たしたものの、ふとした疑問がわいてママ友にリサーチしたことがあると綴りました。


最新の投稿


頭の回転を速くする方法とは?鍛え方をご紹介

頭の回転を速くする方法とは?鍛え方をご紹介

仕事や家事が効率よくまわせず、「もっと頭の回転が速くなったらいいのに」と思ったことはありませんか?今回は、日常生活で実践できる「頭の回転を速くする方法」についてご紹介します。ぜひ毎日の習慣にしてみてください。


おしりふきケースおすすめ5選!選び方や必要性、メリットも紹介

おしりふきケースおすすめ5選!選び方や必要性、メリットも紹介

赤ちゃん育児に欠かせないおしりふきをより快適に使えるようにしてくれるのがおしりふきケース。ただ、「本当に必要?」「どのようなおしりふきケースがいいのかわからない」といった声も聞かれます。そこで今回は、おしりふきケースの必要性やメリット、選び方からおすすめのおしりふきケースまでまとめてご紹介します。


【漫画】そして、私は、夫を捨てた。『夫を捨てたい。』Vol.11

【漫画】そして、私は、夫を捨てた。『夫を捨てたい。』Vol.11

「好きだから結婚したはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。私は夫を捨てたいと思っている……」ギクリとするような言葉ではじまる、いくたはなさんのコミックエッセイ『夫を捨てたい』。この話題作から、衝撃のクライマックスにあたる4章「夫を捨てた日」を切り出して短期集中連載!


息子の友達が家に来すぎて困り果てたママ「おやつはもうたくさん出したよ」【息子の友達が勝手に家に! 子育てトラブル Vol.3】

息子の友達が家に来すぎて困り果てたママ「おやつはもうたくさん出したよ」【息子の友達が勝手に家に! 子育てトラブル Vol.3】

子どもが小学生になると、おうちに友達を呼んで遊ぶことも増えてきますよね。Instagramで子育て漫画を発信するたぷりく(@taprikoo)さんのお宅では、そのことでトラブルが起きてしまったのだそう。今回はたぷりくさんの体験談を短期連載でご紹介!『息子の友達が勝手に家に! 子育てトラブル 第3回』


30分でヘルシー3品! 蒸し鶏、パプリカマリネ、パスタスープ『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』Vol.3

30分でヘルシー3品! 蒸し鶏、パプリカマリネ、パスタスープ『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』Vol.3

子どものために体にいい食事を作ってあげたいけれど、毎日の料理は大変。そんなママ・パパにおすすめなのが、レンチンで簡単にできる作りおき。2児のママでもある管理栄養士・中村美穂さんの著書『<1歳半~5歳>子どもと食べたいレンチン作りおき』(世界文化社)から、幼児食のポイントと選りすぐりのレシピを紹介します!