つい言いがちな「さっさとして!」がダメな理由『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』Vol.6

つい言いがちな「さっさとして!」がダメな理由『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』Vol.6

「ちょっとまって」「これにしたら?」子育て中に、ついこんな言葉を使っていませんか? 実はそれって子どもの自己肯定感を下げてしまう悪魔の口ぐせなんです。白崎 あゆみ・著『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』(マキノ出版)より、親子の自己肯定感を高める天使の口ぐせを実際にあったエピソードとともにご紹介


著者プロフィール
白崎あゆみさん
1981年6月27日、福井県鯖江市生まれ。
上智大学外国語学部フランス語学科卒業後、アビームコンサルティング株式会社を経て、NRO北陸放送でアナウンサーとして10年勤務。出産後はコーチングに転向。マザーズコーチングスクール認定マザーズティーチャー取得後、実績の高さから講師育成トレーナーとなる。TSC認定プロフェッショナルコーチの資格も取得し、コーチングセッションや保育園・幼稚園・こども園向けのナーサリーコーチングなどを行うほか、大手企業で管理職向けコーチング研修やエグゼクティブコーチングを提供している。

白崎あゆみ公式サイト:https://ayumishirasaki.com

<<『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』の紹介記事を最初から読む>>

【促し方のお悩み】やるべきことを早くやってほしい

小学校に通い始めたばかりのりゅうたさん。慣れない新生活はなかなか大変なようです。帰宅して、リビングに入ってくると、ランドセルを放り投げて、だらしなく横たわってしまいました。
キッチンからその様子を見ていたお母さんは、やるべきことを後回しにしているのが気に入りません。そして夕食の準備をしながら、「もうダラダラしないでよ」「プリントは? 連絡帳は? 宿題は? さっさとして!」と声をかけました。
しかし、りゅうたさんは寝転がったまま、動こうとしません。

悪魔の口ぐせ



「さっさとして!」

天使の口ぐせ



「おかえり! 疲れたでしょ?」

就学前と就学後では、子どもたちの生活は大きく変わります。学校では勉強が大事で、緊張感もあり、ぐったりしてしまうのも無理はありません。
一方、お母さんは学校での子どもの姿を知らないので、帰宅後の疲れている様子がだらしなく見えてしまうのでしょう。

家での片付けや宿題を促すのなら、だらしなさを指摘するよりも、疲れたことを受け止めてあげるほうが効果的です。ですから、子どもが帰宅したら目を合わせながら「おかえり! 疲れたでしょ?」と声をかけるといいですね。この一言で、子どもは学校でのがんばりを認めてもらえたのだと感じて、心が満たされます。それで初めて、自発的な行動に移せるのです。

中高生の子どもでも毎日の出来事をよく話してくれるという家庭では、もちろん本人の性格や環境にも大きく左右されますが、家族が帰宅した際は目を合わせて「おかえり」「ただいま」と言い合う習慣が共通していました。今やっていないとしたら、家族で習慣を見直す良い機会かもしれません。

<<『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』の紹介記事を最初から読む>>

次回の内容は……?

先に帰るふりはNG!【帰りたがらないときの促し方】についてお届けします。

書籍『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』について

子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ

¥ 1,540

(2021/03/11 時点)

★こんな〝悪魔の口ぐせ″使っていませんか?
「何回も言ったよね? 」「こっちにしたら? 」「ちょっと待って」

★無意識に使いがちな悪魔の口ぐせをへらし、天使の口ぐせを増やせば、子どもも親も自己肯定感が高まる

ふだんの口ぐせを変えるだけで、子どもたちの心への響き方だけでなく、お母さんが見る世界も大きく変わります。
何気なく使っている言葉が、親と子の自己肯定感を低下させる「悪魔の口ぐせ」ではないか、確かめましょう。
本書では、お母さんが口にしがちな「悪魔の口ぐせ」を、実際の事例を参考に紹介します。
そして、そのような場合に口にするといい「天使の口ぐせ」を、具体的に示しています。「こんな言葉がけもあるんだな」と、参考にしてください。

(文:白崎 あゆみ『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ 』(マキノ出版)より/加筆修正:マイナビ子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


藤本美貴さんが第三子を妊娠中に榊原郁恵さんからもらった金言「今になってすごくその言葉の意味が分かる」

藤本美貴さんが第三子を妊娠中に榊原郁恵さんからもらった金言「今になってすごくその言葉の意味が分かる」

タレントで三児の母である藤本美貴さんが、「子供を産みたいけど仕事との両立をどうしよう」と悩んでいる20代女子に向けて、結婚・出産経験を語る動画を公開。自身の考えを存分に語りました。


たんぽぽ白鳥久美子さん「え? 母乳出ないの?」と言われイライラ。知人にも「母乳が嫌なのかもよ」と言われて……

たんぽぽ白鳥久美子さん「え? 母乳出ないの?」と言われイライラ。知人にも「母乳が嫌なのかもよ」と言われて……

昨年8月に第一子の女の子を出産した、お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子さんと、先輩ママであるクワバタオハラのくわばたりえさんがYouTubeで子育てママトークを行い、母乳育児の悩みなどを語り合いました。


【育児中のヒヤリハット】約半数の親が「危険性感じたことがある」 誤嚥リスクを感じる食べ物1位は?

【育児中のヒヤリハット】約半数の親が「危険性感じたことがある」 誤嚥リスクを感じる食べ物1位は?

千株式会社は1月25日、「誤嚥に関する保護者の意識調査」の結果を発表しました。同調査は未就学児、園・学校に通う子どもを持つ親135名を対象に、WEBアンケートで実施したものです。


冷凍・作り置きで簡単に! 200以上のラクうまレシピが掲載された『うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食』の予約開始

冷凍・作り置きで簡単に! 200以上のラクうまレシピが掲載された『うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食』の予約開始

学研プラスは1月25日、SNSで人気のうたまるごはんさんの初の著書『うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食』の予約を開始しました。


やしろ優さん第一子出産から5日でほぼ元の体重に「これからお寿司生活始まるけど笑」

やしろ優さん第一子出産から5日でほぼ元の体重に「これからお寿司生活始まるけど笑」

芸人のやしろ優さんが、第一子出産から5日を経て、産後初めて体重を計測したことをブログで報告。出産してもすぐには体重が戻らないことが多い中、やしろさんはすでに妊娠前とほぼ同じ体重に戻ったといいます。


最新の投稿


【漫画】これが噂の……終わりが見えない「やぁー!!」にパパげっそり『プニぱぱ双子絵日記』Vol.42

【漫画】これが噂の……終わりが見えない「やぁー!!」にパパげっそり『プニぱぱ双子絵日記』Vol.42

波乱の生活を送っていたはずが、気づいたら結婚&双子のパパに!? ぷにぱぱさんのブログ「プニぱぱ双子絵日記」から、家族愛つよめなパパによる双子育児エピソードをお届けします♪


誕生日に写真をアップしたいけど… SNSで個人情報を書き込むときの注意点『クイズでわかる 小学生からのネットのルール』Vol.2

誕生日に写真をアップしたいけど… SNSで個人情報を書き込むときの注意点『クイズでわかる 小学生からのネットのルール』Vol.2

ITジャーナリストの鈴木朋子さん監修で「クイズ法人カプリティオ」がクイズ制作を担当した『クイズでわかる 小学生からのネットのルール』(主婦の友社)は、小学生が知っておきたいネットのルールやマナーをクイズ形式でわかりやすく紹介した本。子どもにスマホやタブレットを与える前に、親子でネットの正しい知識を学びましょう!


結婚式の写真で違和感に気がついた子「娘ちゃん、出ておいでー」【召喚するの!?】

結婚式の写真で違和感に気がついた子「娘ちゃん、出ておいでー」【召喚するの!?】

Instagramで子育て漫画を発信されるn(えぬ)さん。n(えぬ)さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【篠田麻里子の毎日ドタバタです!】 Vol.3 まるで人間ルンバ! 娘に訪れた空前の“ポイブーム”

【篠田麻里子の毎日ドタバタです!】 Vol.3 まるで人間ルンバ! 娘に訪れた空前の“ポイブーム”

仕事、育児、家事、夫婦関係。どれも手探りで大変だけど、すべて大切なもの――新米ママの篠田麻里子さんが自分自身と家族のために日々奮闘する姿に迫る本連載。長女“めいちゃん”の成長の様子や、夫婦の役割分担、家事・育児の失敗談など、プライベートな生活をせきららに語ります。


【医師監修】妊娠31週の胎児とママの変化は?やっておくこと・気をつけたいこと3つ

【医師監修】妊娠31週の胎児とママの変化は?やっておくこと・気をつけたいこと3つ

妊娠8ヶ月末に当たる31週ごろは、おなかが張りやすくなり、ときどき子宮が痛むこともあります。また、大きなお腹で日常の動きがますます負担に感じられるようになってくるでしょう。周囲の人に協力してもらいながら、くれぐれも無理しないで過ごすようにしましょう。