【弁護士監修】モラハラ妻の危険度チェックリスト! もしかして私も? 法的リスクと対処法を確認

【弁護士監修】モラハラ妻の危険度チェックリスト! もしかして私も? 法的リスクと対処法を確認

夫が頼りない。だからつい声を荒らげてしまったり、嫌味を言ってしまったり……。こんなわたし、もしかして「モラハラ妻」になってる? 夫婦の離婚相談を多く受ける弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の代表弁護士、中里妃沙子先生に、妻から夫へのモラハラの実態と、モラハラ妻にならないためのポイントを教えていただきました。


「モラハラ」とはいったいどんな行為?

「モラハラ妻、もしかしてわたしのこと?」ギクッとしたあなた、どういう場合に「モラハラ妻」になるのか、「モラハラ妻」だとしたらどういう問題やリスクがあるのか、確認しておきましょう!

「モラハラ」とは、上司や夫などの立場が強い方から、部下や妻など弱い者に向けて行われるもの、というイメージがある人も多いかもしれません。でも、妻から夫へのモラルハラスメントも、成立するんです。

「モラハラ」とは? モラルハラスメントの定義を知ろう

モラルは「道徳」。ハラスメントは「嫌がらせ」。

つまり、「モラハラ」とは、道徳的、倫理的、精神的にダメージを与える嫌がらせのことを言います。夫から妻へのモラハラ、妻から夫へのモラハラ、どちらも成立します。

また、「モラハラ」はセクハラやパワハラと同じように、どんな行為を「嫌だ」と感じるかが受け取り手により異なります。このため、「これをしたらモラハラです」と区切ることが難しいのも特徴です。

被害者も加害者も「モラハラ」に気づかず泥沼化⁉

ハラスメントかどうかの線引きが難しいということは、加害者側も「自分がモラハラをしている」という自覚を持ちにくいということ。

さらに、モラハラ加害者は、威圧的な言動で被害者を支配します。支配されてしまったモラハラ被害者は「こんな目に合うのは、自分が劣っているから仕方ない」と、あたかも自分に責任があるかのように錯覚してしまいます。

そのため、被害者側からはSOSを出しにくく、どんどんモラハラがエスカレートし、周囲が気づいたときには、家族崩壊、暴力沙汰など、大きな問題に発展してしまっていることも多いのです。

妻から夫へのモラハラはとくに表面化しにくい

一般に、家庭内のことは外からわからないもの。だから、配偶者間でのモラハラは、表面化しにくく、エスカレートしやすいといわれています。

加えて、男性である夫は、妻からのモラハラを誰にも相談しない傾向があり、モラハラ妻の実態は、なかなか外からは見えないようです。

内閣府による「男女間における暴力に関する調査」[*1]では、身体的暴行だけでなく、心理的攻撃や経済的圧迫といったいわゆる「モラハラ」にあたる行為までを含めて調査しています。平成29年の調査では、女性の約3人に1人、男性の約5人に1人は、配偶者から被害を受けたことがあり、被害を受けた女性の約6割は相談しているが、男性の約7割はどこにも相談していない、という結果が出ています。

妻からのモラルハラスメントは増えている!?

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
実感としては、モラハラ妻に関する夫からの相談は増えています。また、夫婦の双方が「モラハラ被害を受けている」と主張するケースも、多くなっています。双方からよくよく話を聞いてみると、ただの口ゲンカの延長だった、なんてこともあるのですが。

口が立って、勝気なところがある妻は、夫から「モラハラ妻」と言われがち。そんな風に思われるのは、妻にとっても損なんです。自分に勝気なところがあるという自覚があるなら、正論で夫に言い返してしまいたくなる気持ちをぐっとこらえて、3回に1回くらいの反論に留めると、ちょうどよくバランスが取れるかもしれませんね。

モラハラは、当事者が問題を自覚しにくいという厄介な特徴があります。少しでも「モラハラしているかも?」という不安があるなら、おおごとになる前に、相手を傷つけそうだなと感じる言動は極力控えるようにしましょう。

わたしの「モラハラ妻」危険度チェックリスト

自分が「モラハラ妻」になっていないか、考え始めてソワソワしてきたという方もいらっしゃるかもしれません。まずは、簡単に、あなたの「モラハラ妻」危険度をチェックしてみましょう。

以下の行動パターンにあてはまるものはいくつありますか?

□夫に対して威圧的な態度に出てしまう
□理想の夫になって欲しくていろいろ要求する
□夫のことを無視してしまう
□夫をコントロールしたくなる
□養ってもらって、または、夫の方が多く稼いで「当たり前だ」と思っている
□夫の言い分に、正論で返してしまう
□子どもの前で、夫(パパ)の文句を言う
□「もっと稼いでこい」「能なし」などと言ってしまう
□家庭内で自分が1番正しいと思っている
□夫に対し、暴力をふるったり物を投げつけたりする

【チェックの数は0】→「モラハラ妻」ではありません

あなたに「モラハラ妻」の要素はありません、安心してください。

むしろ、「わたし、モラハラ妻になってないかな?」と振り返って考えられる、やさしく思いやりのあるパートナーといえるでしょう!

【チェックの数が1〜3】→「モラハラ妻」の疑いあり

「これ、よくやっちゃっているかも……」と、当てはまるものが1つでもあれば、あなたは「モラハラ妻」の疑いあり。チェックの入っている数が多いほど、危険度は高くなります。思い当たる節があれば、すぐに態度をあらためて!

ただし、ケンカのはずみなどで、突発的にリストにあるような言動をしてしまっただけならば、よくあること。そこまで神経質に考えなくて大丈夫です。

また、自分がどんなに「モラハラしちゃったかも?」と不安に思っても、夫がなんとも思わなければ、ハラスメント行為にはなりません。夫とのコミュニケーションをよくとって、相手を傷つけていないか、思いやるようにしましょう。

【チェックの数が4〜6】→「モラハラ妻」への黄色信号!

あなたの中には、「モラハラ妻」の芽が育ってきています。とくに、チェックリストにあるようなことを日常的に繰り返している場合は要注意。モラハラ加害者は、男女問わず「外面がいい」という特徴が指摘されていますが、あなたはどうですか?

モラハラをしているかもと気になる人は、夫があなたの前でどんな様子でいるのか、じっくり観察してみましょう。あなたの顔色をうかがう素振りを見せたり、あなたの前で自信がなさそうな様子だったら……実は、心理的に追い詰められているのかもしれません。あなたのふだんの言動をあらためる必要がありそうです。

【チェックの数が7〜10】→残念ながらあなたは「モラハラ妻」の可能性大

残念ながら、今のあなたは「モラハラ妻」である可能性が高いです。

でも、自覚したのだから、まだ大丈夫。今すぐ、モラハラをやめる努力を始めましょう。まずは、自分が自覚なくモラハラをしていたことを夫に謝罪し、「変わりたい」と思っていることを誠心誠意伝えるのです。

モラハラをしてしまう理由はさまざまですが、もしかしたらあなた自身も、身近な誰かからモラハラを受けてきていて、愛情表現が苦手なのかもしれません。そんな自分自身を強く責めるよりも、前向きな対処方法をとっていきましょう。

モラハラを自覚したら、どうしたらいいの?

自分が「モラハラ妻」だと自覚したら、それを克服することに挑戦しましょう。必要に応じてカウンセラーなど専門家に頼る手もあります。

また、繰り返しになりますが、モラハラは自覚しにくいのが、怖いポイント。ですから、自覚できたあなたは、それだけで、自分の悪い点を認めることができる、とても勇気のある人です。夫や家族に「モラハラを克服したいから、もしモラハラだと感じたら指摘してほしい」と伝えましょう。

そして、ズバリと指摘されても、カッとしないこと! ひと呼吸おいて、「冷静に」「穏やかに」と心の中で唱えてから、自分の気持ちを言葉にしていきましょう。

「暴力をふるったり物を投げつけたりする」にチェックが入った人は、今すぐSTOP!

どんな場合であっても暴力はいけません。一般に、男性よりも女性は力が弱いとはいえ、暴力を正当化することには絶対にならないのです。

とくに、「女性は男性よりも弱い」と強く思っている人、女性としての被害者意識が強い人は、男性へ暴力をふるうことに抵抗感が薄くなりがちなので、要注意。妻から夫への暴力がエスカレートして、夫を殺害してしまったという事件も起きています。

暴力は犯罪です。今すぐ、やめましょう。

ママからパパへ、モラハラがはじまるきっかけ二大パターン

子どもができると、妻のなかでの夫の優先度が下がる、なんてことはよく言われますね。

だからといって、パパにモラハラなんてしないママは大勢いるのですが、モラハラが始まりやすいタイミングがあらかじめわかっていれば、「モラハラ妻」化することも避けやすいはず。

子を持つ女性が夫にモラハラしてしまいやすい二大パターンを、ケーススタディとして見てみましょう。

(1)ワンオペ育児&産後クライシスで夫への愛が薄れて……

出産後、急速に夫婦の関係が悪化する「産後クライシス」。とくに、産後の体調不良やホルモンバランスの乱れに、ワンオペ育児の不安と疲労が重なったりすると、妻から夫に対する不満や怒りが爆発しがちなことが知られています。

産後すぐは「非常時」と夫にわかってもらおう

産後しばらく、女性の身体は元には戻らず、ホルモンバランスの乱れから、メンタルも不安定になりがちな時期。また、目の前の赤ちゃんに必死になるので、夫に対する口調や態度を気にする余裕なんて、どこにもない、ということも多いです。

まずは、この事実を、夫に理解してもらうことが大切です。夫が、「この時期の妻は心身ともに限界の状態なんだ」とわかっていてくれれば、多少のことで「妻にモラハラされた!」などとは思わないはずだからです。

夫婦一緒の子育てで「モラハラ妻」発生を防いで!

産後すぐの、育児が一番大変な時期に、妻が「夫は一緒に子育てしてくれなかった」「夫は大変なことをみんなわたしに押しつけてきた」と感じてしまうと、その恨みを長く引きずってしまいがち。結果として、「産後クライシス」をなんとか乗りきった後も、夫への口調や態度がキツイままとなって、「モラハラ妻」化していくことも……。

「産後すぐ」という、子育ての最初のクライマックスを夫婦で一緒に乗り越えることは、あなたが将来的に「モラハラ妻」化しないためにも、重要なことなんです。どう夫婦一緒に子育てしていくかについて、できれば出産前から、夫婦でよく話し合っておきましょう。

出産で女性は心も体も満身創痍!! 夫婦で知っておきたい“産後”のこと #共働き夫婦の産後

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7498

出産が近づくにつれ赤ちゃんに会えるという期待が膨らむ反面、未知の世界「産後」に一抹の不安を覚える妊婦さんもいることでしょう。ここでは、産婦人科医の宋美玄先生による医学的な観点と実体験の両方を交えたコメントとともに、産後の変化をまとめました。夫婦で協力して子育てしていくために、妊娠中からできることは準備しておきましょう。

(2)思春期の娘と一緒に、夫を「粗大ごみ」扱い!

思春期になると、女の子はたいてい「パパがキモイ」などと言い出し、父親を避けるようになります。そんなとき、ママが娘と一緒になって夫を粗大ごみ扱いしてしまうのはNG。「モラハラ妻」のできあがりです。

両親間のモラハラを見せるのは子どもにも悪影響

娘が父親に嫌悪感を抱くのは、生物学上、似通った遺伝子が結びつかないようにするための防衛反応だとか。成長の過程で多くの女の子が通る道なので、あなた自身にも同じように、父親に反発した記憶があるかもしれません。

だからといって、子どもと一緒になって、母親が父親の尊厳を傷つけるような言動を続けたとしましょう。夫が傷つくことはもちろん、「不仲の両親の間で育った自分は、価値のない存在なのだ」と、将来的に子どもが自己肯定感を失ってしまうこともあるんです。

娘さんの成長や気持ちに寄り添うのは大事なこと。ですが、「あなたがパパのことをイヤでも、私は大好きよ」と、夫を大事にしている姿を見せる方が、結果的に子どもの成長にもよい影響をもたらしますよ。

子どもの父親への反発に、安易に同調しないこと

娘の場合だけでなく、息子に対しても関しても同じこと。子どもの父親への反発に、過度に寄り添って同調した結果、「モラハラ妻」となる危険に注意して。夫のためだけでなく、子どものためにも、大切なことです。

それが続くと訴えられる? STOP!モラハラ行為

「だって止められないんだもん」。そんな気持ちでモラハラ行為を続けていたら、法的なリスクがある場合も……。中里弁護士に聞いてみましょう。

手をあげる、物を投げるDV妻は傷害罪!

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
暴力は絶対にNGです。あなたは「モラハラ妻」というだけでなく「DV妻」にもなってしまいますよ。DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、「配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった者から振るわれる暴力」 [*3]のこと。妻から夫への暴力も、当然、これに含まれます。

「女性は力が弱いし、家族だからちょっとくらい叩いたっていいでしょ?」なんて甘えは通りません。暴力の程度によっては、傷害罪となってしまう可能性だってあります。慰謝料を請求されるかもしれないだけでなく、あなたが犯罪者になるということです。

もし、暴力の衝動を抑え切れないようなら、専門機関に相談することを真剣に考えましょう。

罵り続けたその言葉で、慰謝料請求されるかも!

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
「妻からの精神的な苦痛を受け続けた」という男性が、妻から投げかかられていた言葉を長期にわたり録音していて、それを証拠にモラハラで慰謝料を請求したケースがあります。

裁判は証拠が命。モラハラは立証が難しいため、証拠集めには相当な努力が必要です。罵倒に耐えながら、その証拠集めをする夫……。想像を超える苦しみや悲しみがあったに違いありません。

「家族だから」「夫だから」と甘えずに、大事な人には温かな言葉で会話をするように心がけましょう。

わたしの稼ぎも多いけど、家計は夫が担って当然ですよね?

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
もし、あなたの方が夫より稼ぎが多いのに、家計に入れている金額が極端に少ないとしたら?

夫婦には、収入の大小に応じて、生活に必要な費用(=婚姻費用)を分担する義務があります(民法760条)。あなたの収入が多いにもかかわらず、「夫を立てて」というタテマエなどから、あなたが生活費の負担を免れている場合、夫から婚姻費用を請求されることはあり得ます。

金銭問題は「生活が困窮するほどの金額かどうか」がポイント!

もし、妻が家計を管理している家庭で、夫が「毎月のこづかいが少ないのは、妻の金銭的モラハラ行為だ!」と抗議してきた場合はどうでしょう。

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
夫婦間で金銭の問題が裁判上意味を持つのは、一般に、「生活が困窮するか否か」がボーダーラインになります。

家庭の経済状況はさまざまですが、一般に、おこづかいの金額が少ないせいで、夫の生活が困窮にするとは考えにくいです。それだけであれば、モラハラにはあたらないと判断されることが多いでしょう。

離婚をちらつかせて威圧したつもりが、逆に離婚へまっしぐら!

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
「あなたみたいなダメ夫とは、離婚してやる!」と言って、あなたが夫を抑えこんだつもりだとしたら、それって実は、法的には逆効果。不貞行為など、民法上に明文化されている離婚理由がない限り、離婚は原則、「したい人」よりも「したくない人」に決定権が委ねられるからです。

もしあなたが離婚したくないのに、夫をおびえさせたり、委縮させる意図で「離婚してやる」「捨ててやる」なんて言葉を日常的に口に出していたら、法的には夫側に離婚の決定権を渡してしまうことになるのです。

夫のほうも「離婚したい」と言えば、双方の合意が成立したとみなされ、離婚へまっしぐら。離婚を望んでいないのなら、その手の言動は避けて。

「わたし、モラハラ妻かも」と思ってしまった女性たちへ、中里弁護士からのアドバイス

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所,代表弁護士,中里妃沙子先生中里弁護士
精神的な暴力は目に見えないので、相手がどのくらい傷ついているかは、容易にはわかりません。そして、「モラハラ妻」になってしまったら、結果的にあなた自身も深く傷ついてしまうことでしょう。

夫から「モラハラ妻」と責められた女性は、「夫が怖いあまり、必死で抵抗してしまった」とよく言います。「女性の方が、男性より弱い」という社会通念があるせいか、自分を守ろうと強く出てしまい、結果、モラハラ気味になっていることが多いように感じます。

でも、夫婦関係においては、必ずしも「女性=弱者」ではないですよね。恐妻家、妻の尻にしかれている夫なんて、世間には山ほどいます。

だから、「男の人は強いんだから、これくらいは大丈夫でしょ?」という思いこみで行ったことが、あなたの想像以上に、夫にダメージを与えてしまっている場合もあるんです。

「わたし、モラハラ妻かも?」と自覚できたなら、問題は解決へと向かい始めています。明るい未来に向かって、行動をあらためていきましょう。

まとめ

モラハラの大きな問題点は、している方にもされている方にも自覚が難しく、エスカレートしてしまうことも多いこと。モラハラを自覚すること自体、「モラハラ妻」脱出への、とてつもなく大きな第1歩なんです!

自分を「ダメな妻だ」と必要以上に責める必要はありません。その分、夫にかける言葉や夫への態度を、意識して変えていきましょう。

この記事の監修者
中里妃沙子 弁護士
丸の内ソレイユ法律事務所 所長。東京弁護士会 所属。 離婚、相続、会社法務、労務管理、債務整理、交通事故、債権回収、賃貸借契約など幅広い分野に取り組むとともに、新聞、雑誌、テレビ、WEBメディアでも活躍。とくに離婚・男女問題については年間300件以上を法律事務所として受任し、豊富な実績を誇る。
◆丸の内ソレイユ法律事務所:http://maru-soleil.jp/
◆女性のための離婚相談:https://www.rikon-soleil.jp/

(文:暮らしのチームクレア 川口裕子/監修:中里妃沙子弁護士/漫画:ニタヨメ)

※画像はイメージです

参考文献
[*1] 内閣府男女共同参画局「男女間における暴力に関する調査 」https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/chousa/pdf/h29danjokan-gaiyo.pdf 
[*2] 内閣府男女共同参画局「ドメスティック・バイオレンス(DV)とは」https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/dv/index.html

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、弁護士に取材、および、その監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものです。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

【弁護士監修】モラハラとは? 意味と実例、家庭や職場で被害を受けたとき&見かけたときの対処法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8884/

モラハラ(モラルハラスメント)とは、家庭や職場で起こる精神的暴力や嫌がらせのこと。「そんなおおげさな……」と思っている人ほど、被害者になりがちって知ってますか? 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の代表弁護士、中里妃沙子先生による取材協力・監修のもと、モラハラの意味や範囲、具体例、対処法をがっつり解説します。

【弁護士監修】モラハラ夫の危険度チェックリスト! パターン別の特徴と対処法も

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8885

口が立つ夫にいつも一方的に責められていませんか? もしかしたらあなたの夫は「モラハラ夫」かも。女性の法律相談に多く対応する弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の代表弁護士、中里妃沙子先生による取材協力・監修のもと、夫のモラハラ危険度がわかる11項目のチェックリストと、モラハラだった場合の対処法をパターン別に解説します。

【弁護士監修】モラハラ夫と離婚はできる? 失敗しないための準備と方法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8898

夫からのモラハラに悩まされ、「離婚」の二文字が頭をよぎっているのに、離婚なんて無理だとあきらめていませんか? 「あなたさえその気になれば、離婚できますよ」と、女性の法律相談に多く対応する弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の代表弁護士、中里妃沙子先生は語ります。必要な準備やとるべき行動を解説していきます。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

最新の投稿


【子鉄スゴッ!】習ってない割り算を即答! その回答の導き方が子鉄らしかった

【子鉄スゴッ!】習ってない割り算を即答! その回答の導き方が子鉄らしかった

Instagramで子育て漫画を発信されるハナウタさん。ハナウタさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


おねしょの後処理がしんどい! 4児ママがやっている負担を軽くする工夫

おねしょの後処理がしんどい! 4児ママがやっている負担を軽くする工夫

子どもが成長するうえで、避けて通れないおねしょ。洗濯などの後処理の負担にイライラ・心が沈んでいませんか? 今回は4人の子供を持つママである筆者が、負担を軽くするために実践している工夫についてご紹介します。


【漫画】娘の体調不良より自分のこと!? 父親としてありえない行動に不信感『夫が娘の名前で不倫していました』Vol.3

【漫画】娘の体調不良より自分のこと!? 父親としてありえない行動に不信感『夫が娘の名前で不倫していました』Vol.3

夫のクズっぷりに全国の妻が震撼! 家事育児に無関心な夫はゲーム三昧で課金沼、極めつけは「娘の名前」でゲームのプレイヤー(女)と不倫!! 娘を大事にしない父親はいらないと、妻は反撃に出る――。Satsukiさん、乙葉一華さん『夫が娘の名前で不倫していました』(KADOKAWA)の内容を一部抜粋してお届けします。


【叱り方・ほめ方のお悩み】やる気を出してほしい『カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』Vol.10

【叱り方・ほめ方のお悩み】やる気を出してほしい『カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』Vol.10

子供が思うように動いてくれなくてイライラ! そんなとき、すぐにできて子どもがすんなり動いてくれるアドバイスが詰まった書籍が『カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』(ダイヤモンド社)。本書から抜粋した遊び心満載の育児のコツやハウツーをご紹介してきた連載、最終回です。


【ごはんたべにゃいー】夕飯拒否の娘、理由は「大きくなりたくない」

【ごはんたべにゃいー】夕飯拒否の娘、理由は「大きくなりたくない」

Instagramで子育て漫画を発信されるぴなぱさん。ぴなぱさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。