【助産師解説】授乳中のアルコール(お酒)は大丈夫?飲酒量とタイミング

【助産師解説】授乳中のアルコール(お酒)は大丈夫?飲酒量とタイミング

気になる授乳中のアルコール(お酒)問題について、助産師が解説します。赤ちゃんへの影響やリスク、飲みたいときの方法や注意点についてのアドバイスを、ぜひチェックしてください。


「授乳中 アルコール摂取」についてわかること

<疑問1>授乳中のアルコール摂取はOK?

〜赤ちゃんへの影響とリスク〜

Getty logo

妊娠中のアルコールは厳禁とされていますが、授乳中もお酒はNGなのでしょうか? 「できれば避けたい」「アルコール摂取後に授乳まで時間を開ければ大丈夫」「少量なら大丈夫」など、さまざまな声が聞かれますが、本当のところはどうなのでしょか? 授乳中の飲酒による赤ちゃんへの影響やリスクについて考えてみましょう。

アルコールは母乳に移行する

まず事実として、お酒を飲むとアルコールは母乳に移行します。そのため、飲酒直後に授乳すると、赤ちゃんはアルコールを含んだ母乳を飲むことになります。

厚生労働省は「アルコールは授乳中の母乳に入り、乳児の発達を阻害します」としています[*1]が、どのくらいの量であれば母乳に移行しても安全という目安となるデータはありません。授乳中のアルコール摂取が赤ちゃんに与える影響やリスクについてははっきりしていないことが多いので、大きな問題はないと油断するのはよくありません。

少なくとも、授乳中に飲酒することによって赤ちゃんにいい影響を及ぼすことはないと考える方がよいので、がまんできるならば飲まないことに越したことはないでしょう。

授乳中の飲酒は母乳量にも影響?

Getty logo

飲酒は母乳量にも影響するとされています。

お酒を飲むことでプロラクチン(母乳分泌に関係するホルモン)分泌が抑制され、母乳の出る量やひいては授乳期間などにも悪影響を及ぼすと考えられています。

<疑問2>どうしても飲みたいときはどうすればいい?

〜授乳中の飲酒の注意点〜

赤ちゃんに多少の影響を与えることがわかっている授乳中の飲酒ですが、どうしても飲みたいときはどうすればいいでしょうか? 赤ちゃんに影響を与えない方法はあるのかなど、授乳中のアルコール摂取についての考え方や工夫、注意点をお伝えします。

飲酒後、授乳を避ける時間は?

Getty logo

アルコールの半減期(血中の濃度が半分になるまでに要する時間)は30分とされており、その5倍の時間(2時間半)が経つと体から無くなったものと考えられます[*2]。

しかしながら、飲む量はもちろんのこと、その日の体調や飲む人の体重など様々なことで、この時間は変化します。

以下、「授乳と飲酒」に関しての見解をご紹介します。

・米国小児科学会[*3]

アルコールは子どもの発達に悪影響を与える可能性があるため、アルコール飲料の摂取は最小限の量に抑えるべきである。

・日本産婦人科医会[*4]

乳汁中アルコール濃度は飲酒後2時間が高いとされ、飲酒後2時間以上あけて授乳することが推奨されている。

・日本産科婦人科学会[*5]

飲酒はプロラクチンを抑制するなど、授乳のパフォーマンス(分泌量や授乳期間など)を低下させる。また母体血液中のアルコールは乳汁に移行する。ただし蓄積されるものではなく、乳汁中アルコール濃度は飲酒後2時間をピークにその後低下してゆく。海外の勧告では母乳のメリットが人工乳に比して大きいため、飲酒したからといって授乳を忌避する必要はないとしているが、授乳までには飲酒後2時間以上あけることを推奨している。

・厚生労働省[*6]

妊娠・授乳中はノーアルコール:妊娠中の飲酒は胎児の発達を阻害し、胎児性アルコール症候群を引き起こすことがあります。またアルコールは授乳中の母乳に入り、乳児の発達を阻害します。

できるだけ少なく飲もう

Getty logo

飲酒後から授乳までの間隔も重要ですが、飲む量にも注意が必要です。

同じ量のアルコールを飲んでも、体格によって母乳中の濃度は変わってきます。また、アルコールの代謝能力も個人差が大きいので、実際のところは何をどれぐらいなら飲んでも大丈夫と一概に言うことはできません。目安にとらわれず、どれぐらい飲むと酔ってしまうのか自分のアルコール量を知り、また、その時々の体調も考慮して、できるだけ少なく飲むよう努めることが大切です。

絶対的な数値ではなく、あくまでもひとつの目安となりますが、米国小児科学会では、授乳中のアルコールの許容範囲は0.5g/母親の体重(kg)としています。体重50kgの女性で計算すると、飲酒後2時間ほどでアルコールが体からなくなる主なお酒の量の目安は、以下のようになります。

・ビール(アルコール度数5%):350ml
・発泡酒(アルコール度数3.5%):350ml
・缶チューハイ(アルコール度数5%):350ml
・ワイン(アルコール度数 14%):100ml(グラス1杯はおよそ125ml)
・日本酒(アルコール度数 20%):80ml

まとめ

ママが摂取したアルコールは、母乳にも移行します。アルコールを含む母乳を飲んだときの影響やリスクについてはさまざまな見解がありますが、まだはっきりしたことはわかっていないので注意したいですね。授乳中は飲まないのがベストではありますが、どうしても飲みたいときは授乳中の飲酒によるリスクを理解したうえで、授乳までの時間や飲む量を考えましょう。結局は自身の判断にかかってくることになるので、飲酒するかどうかを決め、飲む際は注意点をしっかり守るよう努めることが大切です。

この記事の解説助産師
佐藤 裕子先生
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:佐藤裕子先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]厚生労働省「e-ヘルスネット 飲酒のガイドライン」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html
[*2]水野克己ほか「よくわかる母乳育児」(へるす出版) 日本産婦人科医会「妊娠中の飲酒について」
http://www.jaog.or.jp/lecture/10-%E5%A6%8A%E5%A8%A0%E4%B8%AD%E3%81%AE%E9%A3%B2%E9%85%92%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
[*3]米国小児科学会「「母乳と母乳育児に関する方針宣言(2012年改訂版)」のEXECUTIVE SUMMARY」(NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会翻訳)
https://jalc-net.jp/dl/AAP2012-1.pdf
[*4]日本産婦人科医会「妊娠中の飲酒について」
http://www.jaog.or.jp/lecture/10-%E5%A6%8A%E5%A8%A0%E4%B8%AD%E3%81%AE%E9%A3%B2%E9%85%92%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
[*5]日本産科婦人科学会「産婦人科 診療ガイドライン-産科編 2017」
http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_sanka_2017.pdf
[*6]厚生労働省「e-ヘルスネット 飲酒のガイドライン」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

「産後すぐに出る“初乳”は大事らしい」という知識を持っている人は少なくないようですが、なぜ大事なのか、いつまで出るものなのか、それ以降の母乳とはどう違うのか、となると「??」となってしまうものですよね。今回はそんな初乳にまつわるクエスチョンについて解説します。


【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

新生児の赤ちゃんはまだ母乳をうまく飲めない子もいますが、その理由はさまざまです。今回は「赤ちゃん、母乳をうまく飲めてない?」と思われるケース別に対処法を考えます。


【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

赤ちゃんは生まれてからしばらくの間、母乳や育児用ミルク(以下、ミルク)から栄養や水分を得て暮らしていきます。栄養方法を何にするかはママや赤ちゃんの状況によって変わってきますが、それぞれに悩みや疑問を持つものです。今回は、母乳メインのママ、ミルクメインのママ、混合(以下、混合)のママそれぞれのお悩みに答えます!


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。