出産祝いのお返し「出産内祝い」のマナー・金額相場・おすすめアイテム

出産祝いのお返し「出産内祝い」のマナー・金額相場・おすすめアイテム

出産祝いをもらったら、「出産内祝い」をお返しする必要があります。送り方や、金額の相場、おすすめアイテムをご紹介しますので、内祝いを送る際の参考にしてください。お返しだけではなく、親戚やお世話になった方たちにご報告として内祝いを贈ってもかまいません。


出産祝いのお返しを贈ろう

Lazy dummy

出産祝いのお返し「出産内祝い」

出産後、1ヶ月ほどの間に、親戚や友人から出産祝いをいただいたかと思います。このお祝いに、お返しをすることを「出産内祝い」といいます。本来内祝いは、赤ちゃんが無事に誕生したことを喜び、ご報告するためのもの。お祝いをいただいていない方へ贈ってもかまいません。ただ、最近ではお返しの意味合いが濃く、一般的となっています。パッケージに赤ちゃんの名前を印刷したお菓子やお茶などを贈ったり、御礼のカードを添えるなどすると喜ばれます。

出産内祝いのマナー・金額相場

Lazy dummy

出産内祝いを贈る時期

出産内祝いを贈る時期は、赤ちゃんが生まれてから1ヶ月を少し過ぎたくらいがちょうどよいでしょう。遅くとも、2ヶ月以内には贈るようにしてください。お祝いをくださる方は、たいてい生後1ヶ月を目安に品物を贈ってくださいます。何を贈るかはやめに決めておき、1ヶ月後に発送できるように準備します。お祝い自体が遅く届くこともありますから、その場合はいただいた都度、返すようにします。お祝いが届いたときに、ラインやメール、電話で一言、感謝の気持ちを伝えておきましょう。
※記事作成参考サイトhttps://veramagazine.jp/article/baby-gift-return

出産内祝いの金額相場

相場は、いただいた品物の価格や現金の、1/3から半分程度です。1万円いただいたとすれば、3,000円から5,000円の品物を返せばいいわけです。あまり高価なものを贈ると、相手の好意をそのまま跳ね返しているようで、かえって失礼です。会社など、大勢からいただいた場合は、いただいた金額の半分程度の品物をお返ししましょう。お菓子やお茶といった、みんなでわけられるものが適当です。

のし・水引について

出産祝いにつけるのしは、「内のし」といって、包装紙の下につけます。品物に直接貼って、その上から包装紙で包むという形ですね。これは、控えめなお祝いの気持ちを表します。相手を祝うわけではなく、赤ちゃん誕生は自分たちの喜び事ですから、あくまで控えめに、ということです。水引は、紅白の蝶結びです。水引の上に、「内祝い」の文字を。下に、赤ちゃんの名前を書きます。読みにくい場合は、ふりがなをふってかまいません。

出産内祝いにおすすめのもの

Lazy dummy

カタログギフト

カタログギフトは、お祝いの額によってカタログを変えて送ることができるので個別対応に便利です。なにより、相手の欲しいものをもらってもらえるので、贈る側も悩まずにすみます。相手方がうっかり注文を忘れてしまっても、何かしら届くようになっています。

お菓子

おいしいお菓子は誰にでも喜ばれます。甘いものに限らず、相手が好みそうなものを選んで贈ってあげるとよいでしょう。多少好みがちがっていても、家族の誰かが食べたり、隣近所に配ったりできますから、処分に困るということはありません。会社などから大勢でお祝いをいただいたときは、お菓子の詰め合わせが重宝します。賞味期限がなるべく長いもので常温保存できるものを選びましょう。

せっけん・洗剤

せっけんや洗剤といった日用品は、いくつあっても困らない便利なものです。贈られた側も負担に思わず、消耗品なので後にも残らず、お祝い返しとしてはよい選択だといえるでしょう。単価は高くないので、詰め合わせを用意して贈ることをおすすめします。

タオル

せっけんや洗剤と同じく、タオルも無難ですがよい選択です。品質のよいものを選んで贈ると喜ばれます。お祝い返しの定番品なので、化粧箱に入ったブランド品がいくつもあります。お気に入りのブランドや今治など有名な産地のタオルを選んでみてもよいでしょう。

出産内祝いに適してないもの

Lazy dummy

刃物

刃物は切るものですから、「縁を切る」という連想につながります。出産内祝いとしては避けてください。赤ちゃんが生まれたお祝い品としては、鋭利な刃物は怖い印象ですね。

くし

くしは「苦死」につながります。日本人は、言葉をとても大切にしますから、こうした忌み言葉につながる音を持った品物は、お祝い品には向きません。上等な品物でもあまりよい印象がないので、避けましょう。

ハンカチ

ハンカチは一見よさそうに思えますが、漢字がよくありません。ハンカチは「手巾」と書きます。これは「手がきれる」という意味合いの音を持っていますので、刃物と同様にお祝い品としては避けたほうが無難です。タオルハンカチですと、素材がタオル地ですし、ふわふわした優しい印象がありますので、ぎりぎり許容できるといったところです。

まとめ~地域によってマナーも変わるので要注意

赤ちゃんが生まれたお祝いの返礼品としての「出産内祝い」。基本的には、相手が喜んでくれそうなものを贈るのが一番です。しかし、出産後にこうした気をつかうお祝い品を選ぶのは、意外とたいへんです。あまり凝ったものを考えずに、無難にまとめても失礼ではありません。また、緑茶などの返礼品は、お葬式の際にもよくつかわれるので、タブーとされている地域もあります。地元の風習など、事前に調べておくとよいでしょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】ギャラン反射はいつまで? おしりフリフリが見られる簡単な方法

【医師監修】ギャラン反射はいつまで? おしりフリフリが見られる簡単な方法

生まれて間もない赤ちゃんが、おしりを振るように動く「ギャラン反射」。赤ちゃん特有の原始反射のひとつですが、かわいい動きで話題になりました。そんなギャラン反射はいつまでするのか、どうすれば見られるのかまとめました。


【医師監修】赤ちゃんに水道水っていいの? ミルク用にも大丈夫?

【医師監修】赤ちゃんに水道水っていいの? ミルク用にも大丈夫?

赤ちゃんのミルクや離乳食などに、水道水を使っても大丈夫かどうか気になったことはありませんか? 今回は、日本の水道水の安全性や、臭いなどがした時の対策方法、水道水を使ったミルクの作り方についてお話します。


【医師監修】赤ちゃんが脱水症になりやすい3つの理由と気づくポイント

【医師監修】赤ちゃんが脱水症になりやすい3つの理由と気づくポイント

赤ちゃんがたくさん汗をかいたり、下痢や嘔吐が続いたりすると、気になるのが「脱水症」です。赤ちゃんは脱水症になりやすいといわれていますが、それはなぜなのでしょうか。そして、どのような場合に対処が必要なのでしょうか。


【医師監修】赤ちゃんの頭皮が乾燥でカサカサ! 適切なケアを教えて!

【医師監修】赤ちゃんの頭皮が乾燥でカサカサ! 適切なケアを教えて!

赤ちゃんの頭皮が、乾燥で「なんだかカサカサしている」ときはどうすれば良いのでしょうか? ここでは、赤ちゃんの頭皮がカサカサになる原因として考えられるものと、ケアするときのポイントについて紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの泣き声がつらい……赤ちゃんが泣く理由と対処法

【医師監修】赤ちゃんの泣き声がつらい……赤ちゃんが泣く理由と対処法

「赤ちゃんは泣くもの」と聞いてはいても、実際に泣かれるとママ・パパとしては落ち着いてはいられないですよね。ここでは、赤ちゃんはなぜ泣くのか、泣くことで心配はないのか、泣いたときはどうすればいいのかなど、赤ちゃんの「泣き」について解説します。


最新の投稿


【妊娠5ヶ月】産後の生活をパートナーと話し合う、育児と仕事両立の情報収集も #ワーママへの道

【妊娠5ヶ月】産後の生活をパートナーと話し合う、育児と仕事両立の情報収集も #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……?など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠5ヶ月編をお届けします。


離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

お家ではもちろん、外出先での食事にも便利な、離乳食用ハサミ。箸で切るよりも簡単に手早く食材が切れて、赤ちゃんを待たせません。この記事では、離乳食用ハサミの選び方やおすすめの商品についてご紹介します。


涙の数だけ強くなれ! 働くママが体験した愛おしくもほろ苦い“おっぱい川柳

涙の数だけ強くなれ! 働くママが体験した愛おしくもほろ苦い“おっぱい川柳

待望の我が子が無事に生まれてきてくれて、ひと安心……と思いきや、ひと息つく間もなく育児に追われる日々。とくに初めての出産・育児における「授乳」は、働くママたちの悩みの種のひとつではないでしょうか? 今回は、職場復帰後の働くママたちが実際に経験した、愛おしき“おっぱいエピソード”を川柳形式で紹介します。


離乳食の中期(生後7ヶ月・8ヶ月ごろ)の進め方は?モグモグ期(離乳中期)の量とかたさ 【管理栄養士監修】

離乳食の中期(生後7ヶ月・8ヶ月ごろ)の進め方は?モグモグ期(離乳中期)の量とかたさ 【管理栄養士監修】

離乳食にもだいぶ慣れてくる離乳中期は、どんな食材を、どのように与えていけばいいのでしょうか? 調理のポイントや新しい食材の取り入れ方など、この時期の離乳食の進め方と注意点について専門家がお伝えします。


【医師監修】寝返り返りはいつできる? できない場合の練習は?

【医師監修】寝返り返りはいつできる? できない場合の練習は?

寝返りをした状態からあお向けに戻る「寝返り返り」はいつごろできるようになるのでしょうか? できない場合、何か問題はあるのでしょうか? 始まる時期の目安やできない場合、練習は必要なのかなどについて説明します。