ママのための悩み解決サイト
バウンサーって必要?購入のメリットと選び方

バウンサーって必要?購入のメリットと選び方

定番の育児グッズとも入れるバウンサー、購入しようか迷っているママも多いかと思います。種類が多くてどれを選べばよいかわからない場合もありますよね。バウンサーはどのようなときに便利なのでしょう。購入前に知っておきたいポイントと、ママたちに人気のバウンサーについてご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

バウンサーってどんなもの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

バウンサーとは

赤ちゃんやママの動きにあわせてゆらゆらゆれる椅子をバウンサーと呼びます。出産準備の一つとして用意しているご家庭も多いのではないでしょうか。

前後左右にゆれるバウンサーや、上下にゆれるバウンサー、電動でゆれるタイプの商品などがあります。移動しやすいようキャスター付きのバウンサーもあるので、用途にあわせて選んでみてもよさそうですね。

バウンサーが役立つ時期

バウンサーは首がすわる前から使える商品が多く、新生児の時期から役立つ育児グッズです。赤ちゃんの側についていたいけれど、一日中布団の中で過ごすわけにはいきませんよね。リビングにバウンサーがあれば、日中は赤ちゃんをバウンサーに預けることができるでしょう。

一人座りができるようになったら、背もたれを起こしてベビーチェアやソファとしても活躍してくれます。ベルトがついている商品なら、安心してお座りさせてあげられますよね。疲れたらそのまま背もたれを倒して、お昼寝場所としてもよいかと思います。

バウンサーは月齢の低い時期から幼児期にかけて、長く活躍してくれる育児グッズのようです。

バウンサーはこんなときに役立つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

バウンサーがあるとどのようなときに便利なのでしょう。あると役立つ理由をご紹介します。

赤ちゃんを抱っこできないとき

家事や体調を崩したときなど、抱っこしたくてもできない場合もありますよね。なれない抱っこで腕が疲れ、つらいと感じるママもいるかもしれません。バウンサーはママの代わりに赤ちゃんをあやしてくれる、便利な育児グッズです。

赤ちゃんがぐずるとき

バウンサーの適度な揺れで、赤ちゃんの気持ちが落ち着く場合もあうようです。ぐずって困ったときはバウンサーを利用してみてはいかがでしょうか。ママの抱っこと同じような揺れにこだわっている商品もあるので、赤ちゃんが気持ちよく使えそうなバウンサーを探してみてもよさそうですね。

寝かせる場所がないとき

外出先で赤ちゃんの席がない、そんな場合もあるかと思います。帰省で長期滞在するときなど、ずっと抱っこしているとママも赤ちゃんも疲れてしましますよね。コンパクトに持ち運びできるバウンサーなら、赤ちゃんが過ごす場所にも困りません。夜は布団やベッドで寝るのが原則ですが、日中はバウンサーを利用しながら過ごすことができるでしょう。

別室に移動したいとき

赤ちゃんのお世話をしつつ家事をしているママは、部屋の移動も多いですよね。キッチンでご飯を用意したい、洗濯物を干しに行きたい、バウンサーは家の中の「ちょっとの移動」を楽にしてくれる育児グッズです。赤ちゃんの様子がわかるので、安心して家事ができるのではないでしょうか。

バウンサーを選ぶ際のポイント

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

バウンサーはたくさんの種類がありますが、何を基準に選べばよいのでしょう。購入前に確認したい選ぶポイントをご紹介します。

持ち運びできるか

帰省先などの外出先でも使うなら、持ち運びしやすいバウンサーがよいでしょう。パタンと簡単に折りたためる商品や、折りたたんだ後に収納する専用の袋がついている商品もあります。いつどこで使用する予定があるか、具体的に考えられるとよいかと思います。

機能が充実しているか

バウンサーにはさまざな機能がついています。特に電動式のバウンサーは、揺れの種類まで細かく調整できる場合が多いようです。ベルトはついているか、リクライニングの調整はどこまでできるか、キャスターはついているかなど、事前に欲しい機能をはっきりさせておくと後悔しないバウンサー選びができるでしょう。

洗濯しやすいか

赤ちゃんは吐き戻しが多かったり、汗をたくさんかきやすい時期でもありますね。シートやクッションは、水洗いできた方がより便利かもしれません。いつでも気持ちよく過ごせるよう、お手入れ方法も確認できるとよいでしょう。

デザイン

部屋のインテリアにもなじみやすい、色やデザインにこだわったバウンサーを選んでみてもよいでしょう。機能も見た目もすてきなバウンサーなら育児をもっと楽しめるかもしれません。部屋に置きたくなるような、お気に入りの商品を見つけてみてはいかがでしょうか。

おすすめ!人気バウンサー5選

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

数あるバウンサーの中から、ママたちに人気のバウンサーを厳選してご紹介します。

カトージ イージーリクライニングバウンサー

カトージ KATOJI イージーリクライニングバウンサーNewYorkBaby 03340

¥ 10,582

(2018/5/8時点)

月と星のマスコットが印象的な【イージーリクライニングバウンサー】は、前後にゆれるタイプのバウンサーです。背もたれにある調整レバーをひくと簡単にリクライニングでき、角度は4段階に調整可能。ねんねの時期はゆりかごとして、一人座りの時期にはベビーチェアとして使用できます。
トイバーやホロは簡単に着脱できるので、使い方によって調整しやすいのではないでしょうか。畳んでしまえる収納袋もついているので、外出先でも使いやすい優れものです。

ベビービョルン バウンサーバランスソフト

ベビービョルン 【日本正規品保証付】 バウンサーバランスソフト カーキベージュ 005026

¥ 13,608

(2018/5/8時点)

「バウンサーを使わないときはコンパクトに収納したい」そんなママには【バウンサーバランスソフト】がおすすめ。未使用時にはパタンと畳んで立て掛けておけるのが魅力です。前後に優しく揺れるバウンサーで、赤ちゃん自身の力で揺らすことも可能。首すわり前の生後1ヵ月から使えます。カバーは取り外して洗濯機で丸洗いもできるので、お手入れも簡単ですね。

カトージ ヌナ・リーフ

抱っこで横にゆらゆらされるのが大好きな赤ちゃんには【ヌナ・リーフ】はいかがでしょう。前後に揺れるバウンサーが多い中、優しく左右に揺れるバウンサーも大変人気があるようです。生後0ヶ月から3歳ごろまで使用できるので、子ども用チェアとしても使えます。少し押すだけでしばらく揺れが続くのは嬉しいですよね。スタイリッシュなデザインで、お部屋のインテリアにも馴染みやすいのではないでしょうか。

●カトージ ホームページ「nuna バウンサー Leaf ライラック」
https://www.katoji.co.jp/products-detail_1895.html

コンビ ネムリラAUTOSWINGプレミアムダッコプラス エッグショックン

抱っこしてゆらゆらしないと赤ちゃんが寝つけない場合もありますよね。ずっとあやしていられるよう、電動式のバウンサーを購入しているママも多いようです。【プレミアムダッコプラス エッグクッション】は赤ちゃんがすぐに眠れるよう、こだわって設計されました。揺れ幅は4段階に調整でき自動で15分間動きます。ふかふかのダッコシートプラスを使えば、ママに抱っこされている状態に近い環境を作れるようです。寝かしつけに苦労している、そんなママたちの強い味方になってくれるかもしれませんね。

●コンビ ホームページ「製品情報 ― コンビ ホワイトレーベル ネムリラ AUTO SWING プレミアムダッコプラス エッグショック」
http://www.combi.co.jp/products/chair/nemulila/

フォルスカ スクロールチェア

ファルスカ farska スクロールチェアプラス ダークブラウン ベージュ 746118

¥ 24,093

(2018/5/8時点)

大人になっても使い続けられる、おしゃれなバウンサー風ロッキングチェアもママたちに人気です。月齢の低い時期はバウンサーのように使い、離乳食を始める頃にはハイチェア、大きくなったらダイニングチェアと、子どもの成長に合わせて変形します。シンプルなデザインですが、頭を支えるクッションや5点式セーフティベルトも装備。安全面にも配慮されているので、ママたちも安心して使えそうですよね。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

バウンサーは様々な場面でママたちを助けてくれる、嬉しい育児グッズです。ママやパパ、赤ちゃんがより快適に過ごせるよう、ご家庭にあったバウンサーを見つけてみてはいかがでしょうか。

※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

国内屈指の観光都市として有名な長崎。ハウステンボスや世界遺産にもなった軍艦島、「1,000万ドルの夜景」と謳われる稲佐山公園展望台からの美しい眺めなど、行けば絶対にはずせないスポットが満載です。中でも、親子で楽しめる家族旅行におすすめのスポットをまとめました。


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


最新の投稿


映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

子どもが3歳をすぎると「一緒に映画館へ行きたい」と思うママやパパも多いのではないでしょうか。せっかく行くならおすすめ作品を鑑賞したいですよね。今回、幼児向け人気の映画作品や、幼児連れなら気になる料金や席、マナーについて調査。楽しく過ごすコツについてご紹介します。


映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

そろそろ子どもを映画館に連れて行きたい、1歳や2歳になると外出先の候補として考えるママもいるかもしれません。1歳児の映画館デビューは早いのか、料金の有無やマナーについて調査。子ども楽しみやすいディズニーなどのおすすめ映画とあわせ、ご紹介します。


映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

赤ちゃんを連れての映画館、子連れは周りに迷惑をかけてしまうからと避けている方もいるでしょう。入館禁止の有無やいつから映画を楽しめるのか、わからないこともありますよね。今回は子どもが映画を鑑賞しやすい年齢や子連れ向けのサービスなど、親子で映画を楽しむ秘訣についてご紹介します。


年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

上の子どもと下の子どもの年齢が離れている「年の差兄弟・姉妹」。10歳ほど離れていると、一方は小学校高学年、一方は生まれたばかりの赤ちゃんと、置かれた環境が全くちがうものになります。年の差兄弟のメリットやデメリット、子育てのポイントについてまとめました。


子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

テレビで放映される大家族シリーズや、子沢山の芸能人のニュースなどを見ると、幸せそうだと思いつつも「大変なのでは?」と思ってしまいますよね。毎日の子育てにお金のやりくりなど、子沢山の家族はどうしているのか気になるもの。今回は子沢山の家族のリアルやメリット、子育てのコツをご紹介します。