ママのための悩み解決サイト
B型ベビーカー人気ランキング!「軽量・おしゃれ・安い」商品を紹介

B型ベビーカー人気ランキング!「軽量・おしゃれ・安い」商品を紹介

ベビーカーは日本のSG安全基準により、A型ベビーカーとB型ベビーカーの二種類に分けられています。重量感があるA型ベビーカーに比べて、コンパクトで軽く、小回りがきくB型ベビーカーはセカンドベビーカーとしても人気。今回はB型ベビーカーの特徴とおすすめ商品をまとめてご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

B型ベビーカーのメリットや選び方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いつから使える?B型ベビーカーの使い方と特徴

生後1カ月の新生児期から使えるA型ベビーカーに対し、B型ベビーカーは首や腰が据わった生後7カ月ごろから3歳ごろまで、メーカーによっては最大4歳まで使えます。SG安全基準で定められたリクライニング機能は100度以上ですが、リクライニング機能はなくても良しとされています。

安いのに軽くてコンパクト!B型ベビーカーのメリット

重量感があって安定した走行ができるA型ベビーカーと違って、B型ベビーカーはなんといっても軽いのが最大のメリット。かつ、コンパクトで持ち運びがしやすく、小回りもきくので比較的狭い道も通りやすいのが魅力です。

電車や移動が多く、片手で子どもを抱っこしてもう片方の手でベビーカーをたたんで持ち運ぶことが多いママや、収納場所が狭い場合はコンパクトなB型ベビーカーが便利ですよ。

抱っこ紐と比較!要らないママも・・・

生後間もない時は、お出かけもあまりできなかったり、赤ちゃんもベビーカーにあまり慣れてくれなかったりして、「抱っこ紐で出かけた方が楽だった」「抱っこ紐やスリングで十分事足りた」というママも意外と多いようです。

しかし、生後半年を超えて赤ちゃんの体重も増えてくると長時間抱っこ紐ででかけるのは体が辛くなることも……。そのタイミングで、A型ベビーカーよりも安価で軽いB型ベビーカーの購入を検討するママも多いようですね。

速報!B型ベビーカーの最新ランキング

B型ベビーカーの購入を検討しているママに、人気モデルを選りすぐってご紹介します。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

生後1カ月から使用可能なB型ベビーカー

■コンビF2plus AF

コンビ Combi ベビーカー F2plus エフツープラス AF パシフィックブルー(BL) 【対象月齢:1カ月~36カ月頃】

\37,800 ~

(2017/10/24 時点)

なんとこのベビーカーは、フルリクライニングでき、生後1カ月から使用可能なベビーカー。押したり回したり多段だりと、いろんな操作を片手でこなせるスマートさに、B型ベビーカーにA型ベビーカーのメリットをプラスした魅力的な商品です。

■アップリカ スティック〈2014年モデル〉

Aprica (アップリカ) ハイシートベビーカー スティック トゥルーレッドRD 片手開閉タイプ (ショルダーストラップ付き)

¥18,389 ~

(2017/10/24 時点)

こちらも生後1カ月から利用が可能なベビーカー。重さは5.7kgと他のものより値が張りますが、使用期間が長いのが嬉しいですね。色もエメラルドグリーンやバレンシアオレンジなど、とってもカラフルでおしゃれ。ベビーカーもおしゃれに魅せたいママに。

軽量のおすすめベビーカー

■アップリカ マジカルエアー

Aprica (アップリカ) 軽量ベビーカー マジカルエアープラス AC トリコロールネイビーNV 92544 ハイシート3.5kg 【高剛性リジカルフレーム + ワイドタイヤ + 容量20Lビッグバスケット付】 ※3年保証登録可

¥29,160 ~

(2017/10/24 時点)

B型ベビーカーの中でも人気が高いのがこちらの商品。軽量モデルと呼ばれているベビーカーは4kg前後なのが一般的ですが、このマジカルエアーはなんと2.8kgと驚きの軽さ!

力のない女性でもラクラク片手で持ち運べます。また、B型ベビーカーには珍しい、赤ちゃんの安全を守るフロントバー付き。人気なのも納得のベビーカーです。

■コンビF2 AF

コンビ Combi ベビーカー F2 AF フレイムレッド(RD) 【対象月齢:7カ月~36カ月頃】

¥19,800 ~

(2017/10/24 時点)

コンビのB型ベビーカーの中でも人気の商品。片手でスムーズに押せるハンドルで、曲がりにくい道もさくさく通れ、ストレスフリーに走行できるB型ベビーカー。

軽さも3.7kgと魅力的な軽さで、赤ちゃんを日光やホコリから守るハイシートタイプです。

おしゃれなデザインにこだわりたい

ベビーカーといえば、長年、コンビ・アップリカが2大巨塔でしたが、ここ最近おしゃれママの間でぐんぐん所持率がUPしているのが、海外ベビーカーブランド「クイニー」。街で見かけて気になっていたママも多いはず。話題の「クイニー」のベビーカーについて特徴を紹介します。

■クイニージャズ

クイニー Quinny 【日本正規品保証付】 ジャズ Yezz3.0 ボールドブルー 3輪ベビーカー 旅行用ベビーカー 軽量

¥32,400 ~

(2017/10/24 時点)

ばっと目をひく華やかなデザイン。一見ファッション性重視で機能性を軽視しがちな見た目ですが、タイヤは予想以上に押しやすく、走行もスムーズ。その理由は高精度のペアリングが内蔵されているから。人とは被りたくないママにぴったりのベビーカー。

■クイニーザップ エクストラ2

クイニー ザップ エクストラ ストローラー/ レベル レッド (Quinny Zapp) [並行輸入品]

(2017/10/24 時点)

海外インポートのベビーカーと聞くと、大きくて折りたたみもしにくそうなイメージがありますが、この商品は独自の方法により、日本国内と同様のサイズ感まで折りたたむことが可能です。

お値段も海外インポートの中では非常にリーズナブル! 見た目の可愛さは随一なので、ファッション性を重要視するママにおすすめです。

西松屋一押しのB型ベビーカー

ママにはおなじみ、ベビー・マタニティの専門店「西松屋」。日常的にお世話になっている人も多いのでは? 実は、西松屋のプライベートブランドのベビーカーがあること、知っていましたか? これがかなりお得なんです。

近くに店舗がない!ネットでも買える?

西松屋のプライベートブランドのベビーカーは5,000円〜20,000円と非常にリーズナブル! 「早速見に行きたい!でも、近くに店舗がない……」という方はネットでも購入できますよ。

約5,000円のベビーカーも!バギーfanシリーズが人気

■SmartAngel バギーfanロングプラス

西松屋 SmartAngel スマートエンジェル バギーFANロングプラス

¥6,999 ~

(2017/10/24 時点)

西松屋プライベートブランドの「SmartAngel」。こちらのベビーカーは2016年グッドデザイン賞を受賞し、独自のフレームでよくやってしまいがちな折りたたみ時の指はさみをガード。税込7,000円以下で購入できるという驚きのプライスは、プライベートブランドならでは。タイヤもお大きく、安定した走行が可能です。

■SmartAngel バギーfanミッキーマウス

西松屋 SmartAngel スマートエンジェル バギーFANミッキーマウス

(2017/10/24 時点)

子どもが大喜びしそうなミッキーマウス柄のベビーカー! 日差しもきちんとガードできる丸型日よけ付き。こちらも約5,000円という驚きのプライスです。

西松屋なら日よけシェードなどグッズも揃う

ベビーグッズが多数揃う西松屋なら、日よけシェードや雨の日に欠かせないレインカバー、荷物をかけるベビーカー用ダブルフックなど、かけたおくるみを留めるブランケットクリップなど、ベビーカー周りのグッズもたくさん揃います。まとめて必要なものをお買い物できるので無駄がないのが嬉しいですね。

まとめ

最近では新生児から使えるA型ベビーカーに人気が集中しがちですが、ライフスタイル別に選べば、B型ベビーカーのほうが使いやすくて便利だったというケースも。

電車の利用頻度や家から外出先までの走行距離や環境を加味しながら、自分のライフスタイルにあったベビーカーを選んでくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


家族旅行にも!日本&海外の世界遺産スポット8選

家族旅行にも!日本&海外の世界遺産スポット8選

世界遺産を見に行きたいけど、子どもが大きくなるまで旅行はちょっと……と諦めてはいませんか? 家族旅行はもちろん、小さなお子様連れでも楽しめる世界遺産スポットもあります。今回、家族旅行に適した、日本と海外それぞれの世界遺産をご紹介します。


最新の投稿


子どもの入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子どもの入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子どもの急な発熱や体調不良には、ハラハラドキドキしてしまいますね。集団生活に入ると、流行りの病気をもらう機会や、ケガをすることもあるかもしれません。 そこで考えたいのが、子どもの病気やケガに備えた保険です。子どもの医療保険にはどのようなものがあるか、ご紹介します。


子どもがやりがちなトラブルに備えられる 個人賠償責任保険とは

子どもがやりがちなトラブルに備えられる 個人賠償責任保険とは

元気な子どもたちは、ついつい遊びに夢中になって、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。個人賠償責任保険は、そんな日常生活での思いがけないトラブルに、幅広く対応してくれる家計の強い味方です。今回は、個人賠償責任保険の補償の範囲と、加入の仕方についてご紹介しますね。


栃木の家族旅行向けアミューズメントは?人気スポット8選

栃木の家族旅行向けアミューズメントは?人気スポット8選

自然豊かで空気がおいしい栃木。牧場や動物園が多いので、自然や動物との触れ合いを満喫したい方におすすめの旅行地です。中でも、家族旅行にぴったりのスポットはどこでしょうか?小さいお子様連れに特におすすめしたい、栃木の代表的なアミューズメントスポットをご紹介します。


扶養範囲内で損しない主婦の年収金額とは?

扶養範囲内で損しない主婦の年収金額とは?

配偶者がいる主婦の方が働くにあたって最も注意を払う必要があるのが、扶養の範囲内で働くのか否かという問題です。というのは、主婦が配偶者の扶養から外れてしまうと、課税などの面倒な問題が持ち上がってくるからです。 それでは、主婦の方が扶養の範囲内で働く際に必要な税金や社会保険の基礎知識についてご紹介して行くことにしましょう。


ふるさと納税の控除額はいくら?簡単に計算できる方法を紹介

ふるさと納税の控除額はいくら?簡単に計算できる方法を紹介

ふるさと納税を利用したいと思っても、控除される金額がわかりにくいと感じる人もいるでしょう。実際の控除額は簡単な計算式を利用する方法や、シミュレーションサイトを利用する方法があります。今回は、確定申告と併せてふるさと納税の控除額に関して解説いたします。