離乳食の納豆を使ったおやき!おすすめ理由と注意点【管理栄養士監修】

離乳食の納豆を使ったおやき!おすすめ理由と注意点【管理栄養士監修】

納豆は大豆が原料なので、たんぱく質を補いたい時に便利な食材です。ただ、そのままでは食べにくいので、おやきにすると食べやすくなります。今回は納豆を取り入れる時のポイントをご紹介します。


この記事の執筆者
夏目千恵子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
地域で離乳食講習会、育児相談を行っている他、離乳食から小学生までの、家庭で実践できる無理のない食のアドバイスを心がけた活動をおこなう。
Blog

「夏目千恵子 先生」記事一覧はこちら⇒

この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
一般社団法人母子栄養協会HP

「川口由美子 先生」記事一覧はこちら⇒

離乳食のおやきいつからOK?

今や離乳食の定番とも言えるおやき。赤ちゃんにはいつごろから食べさせられるのでしょうか。

基本的に離乳食の中期から

おやきは手づかみ食べにおすすめしたい食材です。手づかみ食べは離乳後期(9〜11ヶ月)から始まることが多いのですが、手づかみ食べに興味が出てきた離乳中期(7〜8ヶ月)からも食べさせることができます。

与える際は丸呑みしないように、噛みちぎれるようなかたさにしたり、大きさに注意をしてあげましょう。

入れる具材は時期によって変えましょう

おやきの具材には決まりはありません。赤ちゃんの口腔内の発達に合わせたかたさ・大きさに調整をした具材を用意するとよいでしょう。

離乳食の納豆おやきおすすめレシピ

おやきの具材には決まりはありません。赤ちゃんの口腔内の発達に合わせたかたさ・大きさに調整をして具材を用意するとよいでしょう。

【離乳中期】じゃがいもと納豆おやき

■材料(約1回量)
・じゃがいも 1/2個
・ひきわり納豆 小さじ2
・油 少々

■作り方
① よく洗って芽をとったじゃがいもは電子レンジ(600W)で2分ほど加熱をしてやわらかくする
② ①のじゃがいもの皮をとってつぶし、ひきわり納豆を入れてさらにつぶしながら混ぜて、薄い楕円形のまとまりを作る
③ フライパンを熱したら油をひき、両面焼いて焼き色を付ける

Kさん
じゃがいもはおやきのベースとして使いやすい食材です。
細かくした納豆をまとめやすくするので、おすすめしたい組み合わせの一つです。

【離乳後期】おやつに最適!手づかみ納豆おやき

■材料(約1回量)
・じゃがいも 1/2個
・ひきわり納豆 小さじ2
・ミックスチーズ 小さじ1/2

■作り方
① よく洗って芽をとったじゃがいもは電子レンジ(600W)で2分ほど加熱をしてやわらかくする
② ①のじゃがいもの皮をとってつぶし、ひきわり納豆、刻んだミックスチーズを入れてつぶしながら混ぜ、薄い楕円形のまとまりを作る
③ フライパンを熱し、両面焼いて焼き色を付ける

Kさん
チーズを入れてじっくりと焼くことで、チーズの良い香りが出て、納豆の気になる匂いを抑えられそうです。

【離乳完了期】しらす入り納豆おやき

■材料(作りやすい分量)
・木綿豆腐 90g
・しらす 小さじ1
・ひきわり納豆 小さじ2
・片栗粉 小さじ1(まとまらない場合は、様子見で増やします)

■作り方
① しらすを湯通しして水切りして刻む
② 豆腐は水切りをする
③ ①・②・ひきわり納豆・片栗粉をつぶしながら混ぜて、薄い楕円形のまとまりを作る
④ フライパンを熱し、両面焼いて焼き色を付ける

Kさん
しらす、納豆、豆腐はたんぱく質の多い食材ですが、カルシウムもとれる組み合わせです。野菜と一緒に食べられるといいですね。

離乳食の納豆おやきの注意点

納豆のおやきをつくるときの注意点は3つあります。

アレルギーには注意して

納豆は大豆が原料となります。大豆アレルギーはそれほど多くはありませんが、ありえることではありますので、最初に食べるときには注意が必要です。

最初からいろいろな食材と混ぜず、まずは納豆だけを少し試してから納豆おやきをあげると安心です。また、大豆アレルギーとは別の納豆アレルギーというものもありますが、乳児においては多くありません
また、おやきにすることで口の周りにつきやすくなることもあり、そのままにしておくとかぶれてしまうこともあります。手づかみすると、手や口の周りなども汚れますので、食べた後はしっかり拭き取りましょう。

ねばりが出ないような工夫を

納豆はそのままだと粘りがあります。手づかみ食べの際、粘りが強いとあちこちについてしまって大変なことになってしまうこともあります。じゃがいもやごはんと合わせて焼くと、粘り気が気にならないようにできますが、それでも食べるのが大変という場合は納豆に事前にお湯をかけて粘り気をとるといいでしょう。

具材は食べやすいように細かく

納豆の粒は軟らかいのですが、食べにくそうにしていたら納豆は細かく刻むと食べやすくなります。納豆は皮もありますが、ひきわり納豆は皮をとって小さく切ってあるので便利です。ひきわり納豆を使う方法もよいでしょう。

離乳食のおやきの保存方法

おやきは1回でたくさん作ってしまうこともありますよね。そんな時に知っておきたいのが保存方法です。

冷凍保存ができる

おやきを冷凍保存する場合は、1つずつラップで包みましょう。

解凍する場合は、ラップに包まれた状態にして、電子レンジでしっかりと加熱するまたは、フライパンで蓋をしてじっくりと加熱をするとよいでしょう。

数日で食べきれる量を作りましょう

冷凍保存をした場合は、時間が経つとおいしさが落ちてしまいます。1週間を目安に使い切れる量を作るとよいでしょう。

冷凍おやきで簡単アレンジを!

冷凍保存したものを解凍して、青のりやきなこを振りかけたり、チーズをのせて焼くなどすると、違ったおやきに早変わりします。

まとめ

おやきの具材には決まりが無いので、お好みの具材でアレンジができます。たんぱく質が足りない時に納豆は便利な食材です。ネバネバ、独特の匂いが気になる場合は、加熱をすることでこれらが軽減されます。小さく刻むとバラバラして食べにくいので、おやきにして焼き固めると納豆が食べやすくなるのでおすすめです。

(文:夏目千恵子 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


こだわりベビーフード「the kindest babyfood」がリニューアル、新価格で登場

こだわりベビーフード「the kindest babyfood」がリニューアル、新価格で登場

MiLは9月6日より、素材と栄養にこだわった “本当にやさしい” ベビーフード「the kindest babyfood」をリニューアルし、お求めやすい価格で発売します。


離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

身近な果物であるりんごは、甘酸っぱい味わいが老若男女問わず人気の食材。では、赤ちゃんはいつからりんごを食べられるのでしょうか? 離乳食でのりんごの下処理のコツ、加熱の必要性などを解説します。初期・中期・後期の離乳食レシピもご覧くださいね。


妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中はつわりの影響などもあり、食の好みが変化して辛いものが食べたくなる人も少なくありません。刺激の強い辛い食べ物はがおなかの赤ちゃんに影響があるのか気になりますよね。今回は妊娠中に辛い物を食べる際の注意点などを見ていきましょう。


妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊娠中は食の好みが変化して、無性に辛いものが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。辛いラーメンは塩分や油分に加えて香辛料の刺激も気になるところです。赤ちゃんへの影響や食べるときの注意点をまとめました。


妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊婦が積極的に食べた方がいいもの&控えた方がいいもの【管理栄養士監修】

妊娠すると食事の面で何か特別なことをしなければならないと考えがちですが、バランスの良い食生活を送ることが基本です。妊婦さんが知っておきたいことして、積極的に摂りたい食べ物と控えた方が良い食べ物があるのでご紹介します。


最新の投稿


保育園で号泣の息子、背後に現れた女の子は……【優しみ~(涙)】

保育園で号泣の息子、背後に現れた女の子は……【優しみ~(涙)】

Instagramで子育て漫画を発信されるゴメスさん。ゴメスさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


隣に寝ていたはずの息子がいない! その移動先は……【なんでソコで寝た?】

隣に寝ていたはずの息子がいない! その移動先は……【なんでソコで寝た?】

Instagramで子育て漫画を発信されるもりこさん。もりこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】産後のお悩み「アホ毛」。あるアイテムでカバーすればくたびれ感がなくなる!『おしゃれなママっていわれたい!』Vol.8

【漫画】産後のお悩み「アホ毛」。あるアイテムでカバーすればくたびれ感がなくなる!『おしゃれなママっていわれたい!』Vol.8

時間がないから、すぐ汚れちゃうから、子どもが最優先だから……そんな理由でおしゃれを諦めていませんか? 絶賛育児中の人気イラストレーター・あきばさやかさんによる子育て中のおしゃれのヒントがたくさん詰まった『おしゃれなママっていわれたい!』(マイナビ出版)。ママならではのおしゃれのコツをお届けします!


ヨーグルトを冷凍しても分離しない!! 上手な保存方法と活用レシピ

ヨーグルトを冷凍しても分離しない!! 上手な保存方法と活用レシピ

ヨーグルトはそのまま冷凍してもおいしさを保てませんが、ポイントを押さえると冷凍保存可能な食材です。ちょっとコツがいるヨーグルトの冷凍方法と、冷凍ヨーグルトの使い方をご紹介します。


ぐちゃぐちゃになりがちな衣類収納がスッキリ! 100均セリアで揃う整理整頓グッズ

ぐちゃぐちゃになりがちな衣類収納がスッキリ! 100均セリアで揃う整理整頓グッズ

衣類の入った引き出しやタンスは、最初のうちは綺麗に畳まれていた洋服も、出し入れするたびにぐちゃぐちゃになってしまいがち。今回は、我が家が購入してよかった100均セリアの便利グッズをご紹介しながら、衣類収納を見直していきたいと思います。