ママのための悩み解決サイト

わだ小児科クリニックに関する記事


【医師監修】生後3カ月になった赤ちゃんの4つの特徴とは?

【医師監修】生後3カ月になった赤ちゃんの4つの特徴とは?

生後3カ月は赤ちゃんがいちじるしい成長を見せる時期。体重は生まれた頃のほぼ2倍になり、縦抱っこが安定するくらい首もすわってきます。今回は、赤ちゃんの発育目安と特徴、育児のポイントと、この時期に知っておきたい予防接種についてご紹介します。


【医師取材】水疱瘡(みずぼうそう)の予防接種。受ける時期・回数・副反応は?

【医師取材】水疱瘡(みずぼうそう)の予防接種。受ける時期・回数・副反応は?

水疱瘡(みずぼうそう)=水痘(すいとう)の予防接種は、2014年の10月から、定期接種になりました。ここでは、定期接種で受けられる対象年齢や、予防接種の効果や副反応、大人になってからでも予防接種を受けたほうがいいのか、紹介していきます。


【医師監修】2種の熱性けいれん・てんかんの違いとは? 予防と対処法

【医師監修】2種の熱性けいれん・てんかんの違いとは? 予防と対処法

熱性けいれんとは、発熱とともにけいれんなどの発作を起こす、子どもに多い病気です。けいれんの症状は激しく、はじめてけいれん発作を見たママやパパが動揺してしまうのも無理はありません。2015年に日本小児神経学会によって改訂された、熱性けいれんの診療ガイドラインに沿って、熱性けいれんについての基本的な情報を紹介します。


【医師監修】RSウイルス感染症の検査方法は? 保険適応や検査後の治療について

【医師監修】RSウイルス感染症の検査方法は? 保険適応や検査後の治療について

子どものほとんどがかかるRSウイルス感染症は、感染力が高いため発症すると、保育園や幼稚園をお休みしなければなりません。感染の可能性がある場合は病院で医師の診察・検査を受けましょう。ここでは、病院で行われるRSウイルスの感染の検査方法を紹介します。


【医師監修】うちの子に黄疸が!知っておきたい新生児黄疸の原因と治療

【医師監修】うちの子に黄疸が!知っておきたい新生児黄疸の原因と治療

肌や白目が黄色っぽくなる「黄疸」(おうだん)。自然に治らないケースもあり、その場合は適切な治療しないと危険です。今回は、赤ちゃんの黄疸について、その原因と治療法などをご紹介します。


【医師監修】自然界で最強の毒素を出すボツリヌス菌。赤ちゃんにハチミツは絶対NG

【医師監修】自然界で最強の毒素を出すボツリヌス菌。赤ちゃんにハチミツは絶対NG

たとえ加熱しても、1歳未満の赤ちゃんにハチミツは与えてはいけません。今回は漫画の『もやしもん』や大人が打つボトックス注射でもお馴染みの猛毒ボツリヌス菌についてお伝えします。乳児ボツリヌス症の症状、感染経路や潜伏期間、治療方法など、乳幼児のママの必須知識が満載です。


【医師監修】生後1ヶ月!赤ちゃんの成長と8つのトラブル対処法

【医師監修】生後1ヶ月!赤ちゃんの成長と8つのトラブル対処法

産まれた時は頼りなく感じた赤ちゃんも、この頃になるとふっくらと丸みをおびた体つきになってきます。授乳時以外に起きている時間も少しずつ増え始めますね。ママは赤ちゃんとの生活にだいぶ慣れる頃ですが、不安や悩みが増えてくる時期でもあります。生後1ヶ月の赤ちゃんの発育目安と育児のポイント、よくある不安についてご紹介します。


【医師監修】RSウイルス感染症になったらお休み? 子どもの欠席期間・登園許可証について

【医師監修】RSウイルス感染症になったらお休み? 子どもの欠席期間・登園許可証について

多くの子どもがRSウイルスにかかるため、パパ・ママは、子どもが感染したときの対処方法を知っておくと安心です。また、仕事をしている方であれば保育園の登園についても気になりますよね。ここでは、子どもがRSウイルス感染症を発症したときの症状や対処方法、完治までの流れを紹介します。


【医師取材】ノロウイルスの感染力・経路は? 大切な4つの予防法

【医師取材】ノロウイルスの感染力・経路は? 大切な4つの予防法

ノロウイルスは、毎年秋から冬にかけて流行するウイルスで、感染すると、吐き気や嘔吐、下痢などの症状をもたらします。ここでは、このノロウイルの感染経路や、ノロウイルスの感染症の予防する方法などをご紹介していきます。