コリコリっと新食感! 意外と使える冷凍こんにゃく活用法

コリコリっと新食感! 意外と使える冷凍こんにゃく活用法

冷凍保存には向かないと言われていたこんにゃくですが、近頃では冷凍することで、別物に代わるその食感に人気が出ています。新しい食感の食材として、魅力たっぷりの冷凍こんにゃくに今回は注目してみました!


こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

プルンプルンとした独特のコシと弾力が魅力のこんにゃく。刺身こんにゃく、田楽やおでん、豚汁や炊き込みご飯などなど、日本の食卓にはよく登場する馴染み深い食材ですよね。我が家の次男も昔からこんにゃくが大好き。料理に入れるときは多めに入れてね! と言うほどです。

そんなわけで、常時こんにゃくを何袋もストックしている我が家ですが、うっかり賞味期限が過ぎてしまったりすることも。開封しなければ、常温で保存期間も長めなため、つい気が緩んでしまいがちなので、しっかり気を付けて管理しなくてはいけません。

もっと言うと、割安だからと1kg入りの大袋を購入することもあって、1回に使いきれない分の保存方法も問題です。水を交換しながら冷蔵保存すれば意外に長く保存できますが、実はもっといい保存方法があったんです。

こんにゃくって冷凍できる?

こんにゃくは90%以上が水分で、残りのほとんどは食物繊維。低カロリーの食品としてダイエットにもよく使われますよね。古くから「胃のほうき」などと呼ばれ、胃腸をきれいにしてくれる食材として用いられてきました。

水分が多い食材は、凍って解凍した場合に、水分が抜けてしまうとスカスカになって食感が大きく変わってしまいます。90%以上の水分でできているこんにゃくは、冷凍することによって食物繊維しか残らなくなり、まったくの別のものに変貌してしまいます。そのため、こんにゃくは冷凍保存には向かないといわれてきました。

変貌したこんにゃくは、プルンプルンの食感とは違う、コリコリとした噛み応えのある食感に代わります。実はこの食感こそが、こんにゃくの新しい魅力として注目されています。

冷凍したこんにゃくがおいしく調理できれば、保存ももっと手軽にできるようになります。大袋を開封して、残ってしまったこんにゃくも、すぐに使いきれなくても大丈夫! それどころか、冷凍こんにゃくのおいしさに目覚めて、このためにわざわざ冷凍する人もいるくらいなんです。

冷凍こんにゃくの作り方

こんにゃくを冷凍するときは、使いやすさを考えることが大切です。普段料理する際にも、こんにゃくはアク抜きが必須の食材です。冷凍するときにもあらかじめ茹でてアク抜きをしてから冷凍するようにします。こうしておけば、解凍してすぐに使うことができます。

アク抜きしたら、使いやすい形にカットします。料理によって形が変わりますが、ご家庭ごとによく使う形にしておくと便利です。冷凍するときに水分が出てカチカチになるため、バラ冷凍は向いていません。1回使う量ごとにラップで包んでおくと取り出しやすくなります。小さめのフリーザーバッグに1回分入れてしまうのならラップで包まなくてもOKです。

後はフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。金属バットの上に置くと速く冷凍できます。

さすが90%以上が水分のこんにゃく。水分が後からかなり出てきます。氷のようにカチンコチンになります。冷凍保存は1ヶ月を目安に使うようにしましょう。

冷凍こんにゃくの解凍方法

多くの冷凍食材は、使うときに凍ったまま加熱調理しますが、冷凍したこんにゃくは、解凍してから使います。これは、しっかり水分を抜くため。自然解凍や水に浸けて解凍します。電子レンジ加熱するとカラカラになるためレンジ解凍は向きません。

解凍したこんにゃくです。表面がしわしわになっているのが見てわかります。

コリコリ、プリプリした独特の感触になりました。

解凍後に必ずすることは、きつく絞って水分を抜くこと。冷凍前に茹でてアク抜きしてありますが、冷凍することで残っているアクが凝縮されています。このまま調理すると、こんにゃく臭さが強くなってしまうので、しっかり絞りましょう! 意外に中に水分が残っていて、ピュッピュッと飛び出してきます。

それぞれ絞り作業完了。細かくカットしたものは、すぐに水分を絞り出せますが、厚みがあるものはなかなか出ず大変です。

解凍後のこんにゃくはカットも簡単。使う用途に合わせて、調理する際にカットしたい場合には、大きめのまま冷凍すると使いやすいです。ただし、水分を抜くのに一苦労します。カットしてから絞った方が楽だと思うので、やりやすい方法でしてください。

厚みがあるまま冷凍した場合、均一にスカスカにならなかったりします。これはこれで食感が変わっておもしろい味わいになります。

冷凍こんにゃくの使い方

水分の抜けた解凍したこんにゃくは、かなり噛み応えのある食感になります。もともとカロリーの低い食材な上、よく噛まないといけない状態になるので、ダイエット食材としてはさらに優秀に(笑)。

噛み応えのある食感がお肉の食感に似ていると感じることもあって、お肉を減らして代用にかさ増しする使い方をしている方も多いようです。

コリコリした食感は、海藻や中華料理で使われるクラゲにも似ています。この食感がアクセントにもなっておいしいと、冷凍こんにゃくのファンになる人も。

スポンジ状になっているため、煮込まなくてもすぐに味が浸み込むようにもなります。時短料理に向いた食材になるので、使ってみるととっても便利。もともとのこんにゃくとは別物として、いろいろな料理に使ってみると、新しい味と出会えるかもしれません♪

冷凍こんにゃくを使ったレシピ

冷凍こんにゃくならではのおいしさもあります。ちょっとしたおつまみや、あと1品欲しいときなどに、冷凍こんにゃくがあるとすぐに作れる手軽さも◎。同じこんにゃくとは思えないくらいの変貌ぶりです。

冷凍こんにゃくのごま炒め

ごま油で香りよく炒めた冷凍こんにゃくです。嚙むたびにジュワッと味が染み、こんな短時間で仕上げたとは思えないほど。瑞々しさともっちりしたこんにゃくらしさも少し戻って、弾力と噛み応えはUP!

【材料 1~2人分】
・冷凍こんにゃく…150g
・ごま油…小さじ1
・砂糖…小さじ1
・醤油…小さじ1
・ごま…小さじ1~2
・かつお節…適量
・細ネギ…5cm

【作り方】
①冷凍こんにゃくを解凍して水気をしっかり絞る。
②ごま油を引いたフライパンに①を入れて、焼き色を付ける。
③全体に焼き色が付いたら、砂糖、醤油、ごまを加えて炒める。
④器に盛り付け、かつお節と小口切りにした細ネギをかけて完成。

今回は手でちぎったこんにゃくを使いました。大きさや切り方などはお好みで。かつお節と細ネギを絡めて食べるとおいしいです♪

冷凍こんにゃくのサクサクチップス

あのこんにゃくがチップスに。サクサクっと軽い食感に変身。おやつやおつまみにどうぞ。

【材料 1~2人分】
・冷凍こんにゃく…150g
・揚げ油…適量
・塩…適量

【作り方】
①冷凍こんにゃくを解凍して水気をしっかり絞る。
②お皿にこんにゃくを重ならないように広げて、ラップをかけずに電子レンジ600Wで6分程度加熱。
③揚げ油でカリカリに揚げ、塩を振って完成。

電子レンジのみで乾燥させる作り方もありますが、完全にドライ状態にならないとゴムのような食感になります。またドライになっても紙のようで、油で揚げて仕上げる方が格段においしいです。

冷凍こんにゃくのから揚げ

次にご紹介するのは冷凍こんにゃくのから揚げです。こんにゃくのから揚げってあまり聞かないと思いますが……こんにゃくのテーマパーク「こんにゃくパーク」で食べた記憶が。冷凍こんにゃくで作ってみると、これが意外にもおいしくて子どもたちにも好評。

【材料 1~2人分】
・冷凍こんにゃく…150g
・片栗粉…大さじ1
・醤油…小さじ1~2
・にんにく…1/2片
・しょうが…1/2片
・水…小さじ1/2
・揚げ油…適量

今回は3cm角のサイコロ状にカットしたこんにゃくを使用しましたが、大きさや形はお好みでどうぞ。

【作り方】
①冷凍こんにゃくを解凍して水気をしっかり絞る。
②冷凍こんにゃくに片栗粉、醤油、すりおろしたにんにくとしょうが、水を加えて混ぜる。
③揚げ油でからりと揚げる。

通常鶏のから揚げだと、下味をつけるために15~20分程度調味料に漬け込むと思いますが、冷凍こんにゃくを使えばその時間は不要です。スポンジのような状態のため、すぐに調味料が浸み込むので時間を置かずに揚げ始められます。

から揚げにすると、鶏の皮部分のから揚げによく似た食感となり、知らなければこんにゃくとわからないかも。漬け込み時間なしでも味が染みてます。

まとめ

こんにゃくは水分が多いため、冷凍すると食感が大きく変わってしまう食材です。そのため、昔は冷凍保存できない食材とされていましたが、独特の食感が新しい魅力となって注目されています。海藻やクラゲのようなコリコリとした食感、肉のような噛み応えのある食感など、調理法によってもまた変わりるところもおもしろさとなっています。

もともと低カロリーな食材ですが、冷凍こんにゃくはさらに噛み応えも増して、ダイエット食材としてもおすすめ。色々な調理で、意外なおいしさを発見する食材ですよ♪

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

男の子3人、女の子1人の母。
自宅にてフラワーケーキ、キャラ弁教室を主宰。
料理、クラフト作り、ラッピングなどものつくりが大好きです。
生活に役立つ情報を発信したいと思います♪

ブログ:https://ameblo.jp/sanpiyomama/

関連するキーワード


料理 レシピ 冷凍保存

関連する投稿


【我が家のお助けごはん】野菜嫌いの息子が即完食でママ歓喜! にしき食品のレトルトカレー Vol.3

【我が家のお助けごはん】野菜嫌いの息子が即完食でママ歓喜! にしき食品のレトルトカレー Vol.3

子どもウケがよく、パパ・ママもラクちんでうれしいのが、外食、テイクアウト、コンビニや冷凍食品などのお助けごはん。この連載では、編集部をはじめとしたママたちが、親子でおいしく楽しめるお助けごはんを紹介します。ヘトヘトなときの参考にしてみて♪


【我が家のお助けごはん】丸亀製麺の釜揚げうどんは、お財布にやさしく子どもがペロリと完食! Vol.2

【我が家のお助けごはん】丸亀製麺の釜揚げうどんは、お財布にやさしく子どもがペロリと完食! Vol.2

子どもウケがよく、パパ・ママもラクちんでうれしいのが、外食、テイクアウト、コンビニや冷凍食品などのお助けごはん。この連載では、編集部をはじめとしたママたちが、親子でおいしく楽しめるお助けごはんを紹介します。ヘトヘトなときの参考にしてみて♪


ミツカンが家でできるSDGs「B面レシピ」を提案―「鍋つゆ」商品アレンジで食品ロス削減へ

ミツカンが家でできるSDGs「B面レシピ」を提案―「鍋つゆ」商品アレンジで食品ロス削減へ

Mizkan(以下ミツカン)は、食品ロス削減の日である10月30日から、家庭における食品ロス削減を目指す取組み「B面レシピ™PROJECT」をスタートします。まず、北海道庁とホクレン農業協同組合連合会(以下ホクレン)他と協力しながら、北海道エリアを中心に食品ロス削減を目指した情報発信を行います。


粉ミルクで栄養プラス、電子レンジでできる秋の簡単レシピを雪印ビーンスタークが公開

粉ミルクで栄養プラス、電子レンジでできる秋の簡単レシピを雪印ビーンスタークが公開

雪印ビーンスタークはこのほど、大人のための粉ミルク「プラチナミルク for バランス」を使った料理・飲物を紹介するアレンジレシピWEBサイトをリニューアル。料理研究家・管理栄養士の村上祥子先生とコラボした秋の簡単レシピを掲載しました。


ブラウン マルチクイック 9 ハンドブレンダーがリニューアル発売

ブラウン マルチクイック 9 ハンドブレンダーがリニューアル発売

デロンギ・ジャパンは10月13日、ハンドブレンダーブランド「ブラウン ハウスホールド」より、最上位シリーズ「ブラウン マルチクイック 9 ハンドブレンダー」をリニューアル発売します。


最新の投稿


離乳食のうどんは冷凍保存が便利!ポイントと冷凍うどんを使ったレシピ【管理栄養士解説】

離乳食のうどんは冷凍保存が便利!ポイントと冷凍うどんを使ったレシピ【管理栄養士解説】

軟らかく茹でたうどんは赤ちゃんも食べやすく、離乳食の定番の食材の1つでしょう。いろいろな食材と相性のよいうどんがあると献立の幅も広がりますよね。うどんをよく使うならば、下ごしらえをして冷凍保存をしておくと調理の時短になるのでおすすめですよ。


離乳食の卵はこうやって冷凍しよう!ゆで卵・卵焼きの冷凍方法とレシピ【管理栄養士解説】

離乳食の卵はこうやって冷凍しよう!ゆで卵・卵焼きの冷凍方法とレシピ【管理栄養士解説】

赤ちゃんにはアレルギーのリスクのある卵ですが、栄養価が高いため離乳食に取り入れていきたい食材です。最初は少しずつ使っていくので、余りを冷凍保存したいと思う方もいるのではないでしょうか? そこで、卵の冷凍方法や冷凍した卵を使ったレシピをご紹介します。冷凍保存を活用して普段の離乳食にうまく卵を使っていきましょう。


離乳食の豆腐はどうすれば冷凍できる? ボソボソにならない方法と解凍時のコツ【管理栄養士解説】

離乳食の豆腐はどうすれば冷凍できる? ボソボソにならない方法と解凍時のコツ【管理栄養士解説】

豆腐は離乳食初期から使えるたんぱく質源の食材です。初期は食材をすりつぶしたりと調理に手間がかかりがちなので、離乳食を冷凍ストックしたいという方も多いでしょう。豆腐を冷凍するにはどうすればいいのでしょうか? 冷凍する際に気をつけるとよい点などを紹介します。


【助産師解説】新生児と添い寝は危険?正しい方法と13のチェックリスト

【助産師解説】新生児と添い寝は危険?正しい方法と13のチェックリスト

窒息や転落の危険があると言われている、新生児の赤ちゃんとの添い寝。どのようにすれば、安全に添い寝できるのでしょうか。今回は、新生児と添い寝するメリットに加えて、 そのリスクや注意点についてご紹介します!


赤ちゃんは飛行機にいつから乗れるの? 料金と機内サービス、耳抜きなどの注意点

赤ちゃんは飛行機にいつから乗れるの? 料金と機内サービス、耳抜きなどの注意点

家族旅行や帰省での飛行機の利用、赤ちゃんがいる家庭だといろいろと気になりますよね。そもそも搭乗は問題ないのでしょうか。赤ちゃんへの影響は? 特別な準備は? などなど、実際に利用するとなると心配や疑問がいろいろ出てきます。安心して赤ちゃんと一緒の空の旅を楽しめるためにお伝えしましょう。