【医師監修】水疱瘡(水痘)の症状や予防接種などについて

【医師監修】水疱瘡(水痘)の症状や予防接種などについて

「水疱瘡(みずぼうそう)」になると、学校を休ませなきゃいけないし、できればかからず乗り切りたい」と考えているママも多いと思います。お子さんが水疱瘡になった時の症状やリスク、予防方法はどうしたらいいのでしょう? 今回は水疱瘡のウイルスの潜伏期間からリスク、予防接種までご説明します。


この記事の監修ドクター
東京衛生病院 保田典子先生
筑波大学卒業後、国立国際医療研究センター等を経て、現職。子育て中のママ目線で親御さんが安心できる診療・ご説明を心がけています。なかなか短い診療時間では聞きにくい小児科医の知識や想いをブログやセミナーで発信しています。日本小児科学会、日本小児循環器学会、日本周産期新生児学会、女医+(じょいぷらす)所属。
★ママ小児科医が実践中!子供の健康と発達を伸ばす子育て http://ameblo.jp/kanoppe21/

水疱瘡ってどんな病気? 5つの疑問解消

Getty logo

※画像はイメージです

水疱瘡とはどんな病気なのでしょうか。症状や感染力、潜伏期間などについて見ていきましょう。

原因ウイルスは? 感染力はどれぐらい強いの?

水疱瘡は「水痘帯状疱疹ウイルス」というウイルスが原因で発症し、正式名称は「水痘(すいとう)」と言います。感染経路は、空気中にあるウイルスを吸い込んでしまう空気感染、くしゃみや咳で飛び散ったウイルスを吸い込んでしまう飛沫感染、手に付いたウイルスが体内に入る接触感染があります。

ウイルスの潜伏期間は?

潜伏期間とはウイルスが体内に侵入してから水疱瘡の症状を発症するまでの期間のこと。水疱瘡のウイルスの潜伏期間は2週間程度(10〜21日)です。

「感染力のある期間」はどのくらい?

水疱瘡は、潜伏期間中に「感染した」とママがわかるような症状はなく、子供では通常赤い小さな発疹が初発症状となります。発疹が出る1~2日前から、通常発疹が出た後4~5日程度でかさぶたに変化するまでのあいだは感染力があります。

水疱瘡の初期はどんな症状が出るの?

水疱瘡は顔や頭、首周り、胴体にかけて発疹が多数出現します。大人の場合は、発熱後1~2日で発疹が出ることがありますが、子どもではいきなり発疹ができます。赤い発疹は赤い皮膚の盛り上がりを経て水ぶくれに変わって、最後にかさぶたになります。発熱は2~3日ほど続き、多くの場合は38℃前後です。だるさ、食欲不振、頭痛などの症状が見られます。

発疹はまず頭皮、ついで胴体、手足にあらわれ、3日後ごろには発赤、水ぶくれ、かさぶたと3つの種類の発疹が同時に見られるようになります。見た目はあせもや虫刺されに似ていますが、徐々に発疹が膨らみ水疱になるのが水疱瘡の特徴です。この時期には、発疹が身体のあらゆるところに広がりさらに強いかゆみが出てきます。乳幼児は特にかきむしってしまいがちですが、かきむしると患部に雑菌が侵入してしまい、跡が残ってしまうこともあるのでかきむしらないように注意しましょう。

最後に水疱がだんだんかさぶたになり、はがれ落ちていきます。最初の発疹が出てから約6日程度で大部分はかさぶたになりますが、全てのかさぶたがはがれ落ちるまでには約3週間ほどかかります。

【医師監修】「とびひ」の正しい治療と注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/654

「とびひ」は皮膚感染症の一種です。一見「とびひ」のように見えても似ている病気もあります。 「とびひ」の原因や特徴、正しい対処法を知って、お子さんを病気から守りましょう!

水疱瘡に気を付けたい時期は?

水疱瘡は冬から初夏にかけて患者が増えますが、8月以降は減るという季節性があります。感染力が強いため、注意しましょう。

水疱瘡に感染したときのリスク

それでは水疱瘡に感染すると、どんなリスクがあるのでしょうか。合併症や特に気をつけた方がいい人はいるのか、紹介します。

新生児は重症化しやすい

生まれてすぐの新生児では重症になりやすく、特に妊娠中に水疱瘡にかかったママから生まれてきた赤ちゃんは注意が必要。なかでも出産5日前から2日後までにママが水疱瘡を発症した場合、生まれた赤ちゃんの30~40%が生後5~10日のうちに水疱瘡を発症し重症化することがあり、その死亡率は30%ともいわれています。

水疱瘡の合併症とは?

水疱瘡の合併症がひき起こされるリスクは年齢によって異なり、15歳以上と1歳以下で高くなります。合併症としては水疱瘡をかきむしることで細菌がつくことによる皮膚の二次感染、脱水、肺炎、中枢神経合併症などがあります。水疱瘡に合併する肺炎は、通常ウイルス性ですが、細菌性のこともあります。中枢神経合併症には無菌性髄膜炎から脳炎までさまざまですが、免疫機能が低下している場合に水疱瘡に感染するとこうした合併症により、生命の危険を伴うことがあるので十分な注意が必要です。

水疱瘡の予防接種は本当に効くの?

次に水疱瘡にかかるのを防ぐ方法の1つに予防接種があります。水疱瘡の予防接種についてみていくことにしましょう。最低限押さえたい接種対象や回数、副作用の最新情報をお伝えします。

予防接種の対象年齢、接種回数をチェック

水疱瘡にかからないためには、予防接種を受けておくことが重要です。水痘ワクチンは毒性を弱めた生ワクチンで、水痘ワクチンを1回接種することで重症の水疱瘡をほぼ100%予防でき、2回接種することで軽症も含めた水疱瘡の発症を予防できるといわれています。

2014年10月から水痘ワクチンが定期接種となり、その対象者は生後12ヶ月から36ヶ月まで(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日まで)の乳幼児です。接種回数は2回となっており、標準的には1回目の接種は生後12ヶ月から15ヶ月までの間、2回目の接種は1回目接種後3ヶ月から12ヶ月経過した時期に行うこととなっています。

また、成人で免疫がない人や水疱瘡のウイルスに対する免疫が低下した高齢者(⽔痘ワクチンは50歳を境に発症率が急増する帯状疱疹の予防効果もあるとされています)、妊娠を希望する女性とそのパートナーなどは、水疱瘡ワクチンの接種が勧められます(抗体検査の必要性や接種回数などはその人の状況により異なります。妊娠を希望する女性では、接種後2、3ヶ月は念のため避妊することが勧められています)。

なお、免疫のない人が水疱瘡患者に接触した場合でも、3日以内に水痘ワクチンを接種すると発症を抑えられたり、重症化しにくいといわれています。ただし、妊娠していることが明らかな方は接種できないため、妊娠の可能性のある方は医師とよく相談してください。接種の手続きや費用はかかりつけ医もしくは市区町村の保健センターに確認をしてください。

予防接種の副作用(副反応)は?

水痘ワクチンの副反応として、ごくまれにアナフィラキシー様症状、急性血小板減少性紫斑病(血小板が減少して出血しやすくなる病気)などを引き起こす場合があります。定期接種を受けて、万が一健康被害が生じたときは、救済給付の制度があります。詳しくはかかりつけの医師やお住まいの市区町村にご相談ください。

まとめ

Getty logo

水疱瘡は、空気、飛沫、接触感染してしまうため、家族の中で誰か発症すると、免疫を持たない人たちには感染する可能性が高いです。子育て中のママ・パパは、自分自身も水疱瘡にかかったことがあるのか、できるだけ早く確認しましょう。産まれて間もない赤ちゃんがいる家庭では、手洗い、うがいはもちろん、予防接種を受けることで重症化や合併症のリスクを低くしておく必要があります。知識を深め、予防対策に励むことで家族全員が健康に過ごせるようにしたいものです。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.07.30)

※記事の修正を行いました(2019.06.12)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】新生児の熱、何℃あったら受診?平熱はどのくらい?

【医師監修】新生児の熱、何℃あったら受診?平熱はどのくらい?

新生児の体温が高いと、熱があるのか、何かの病気ではないか心配になりますね。赤ちゃんは体が辛くてもそれを伝えることはできません。新生児の平熱や熱で受診する基準を知り、必要なときはすぐに受診するようにしましょう。


【医師監修】これって水疱瘡(みずぼうそう)!? 赤ちゃんがかかったときの症状と対処法

【医師監修】これって水疱瘡(みずぼうそう)!? 赤ちゃんがかかったときの症状と対処法

赤ちゃんに熱が出て発疹ができたときは「水疱瘡(みずぼうそう)」の可能性もあります。赤ちゃんがかかると重症化しやすいと言われています。また、感染力が強いので家族への感染も気がかりです。症状や受診、ホームケアのポイントなど対処法を知っておき、疑わしい場合も落ち着いて対処しましょう。


【医師監修】赤ちゃんが風邪のときお風呂はどうする? 熱など症状別対処法

【医師監修】赤ちゃんが風邪のときお風呂はどうする? 熱など症状別対処法

赤ちゃんが風邪をひいたときや熱があるとき、お風呂に入れて大丈夫なのか、悩ましいところですね。赤ちゃんの入浴について熱があるときや症状別の対処法を知って、体調が悪いときもできる限り清潔にしてあげましょう。


【医師監修】夏に要注意! 子供の虫刺され、虫の種類別症状や対処法

【医師監修】夏に要注意! 子供の虫刺され、虫の種類別症状や対処法

夏は楽しい野外レジャーの季節ですが、野山で虫に刺されることも多いもの。子供が刺されたときはどうしたらいいのでしょうか? つらいかゆみや腫れ、痛みなどの症状を和らげる対処法を知って、適切にケアしましょう。刺されないための予防法も紹介します。


【医師監修】新生児の湿疹の原因は? どうやってケアすればいいの?

【医師監修】新生児の湿疹の原因は? どうやってケアすればいいの?

赤ちゃんの肌はすべすべ……と思っていたら、新生児のうちから湿疹が! 気を付けてお手入れしているのに……と、ショックを受けたママ・パパは少なくないのでは。でも、湿疹は新生児に起こりやすい肌トラブルのひとつ。ここではその原因やケア方法を紹介します。


最新の投稿


【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

授乳というと横抱きのイメージですが、縦抱きでも授乳はできます。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さくて柔らか。首も腰も据わらずふにゃふにゃしているので、抱っこをするのにもドキドキしてしまいますね。そんな月齢が低い赤ちゃんでも縦抱きで授乳しても大丈夫なのか、どんな場合に向いているかなどを解説します。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。