ママのための悩み解決サイト
赤ちゃんが大好きなオーボール!その種類やおすすめを紹介

赤ちゃんが大好きなオーボール!その種類やおすすめを紹介

オーボールは日本だけではなく、世界でも人気の高い赤ちゃん用のおもちゃです。いくつも種類があるので、成長に合わせて買い替えることも出来ます。一番人気なのはベーシックタイプですが、他にもいくつか種類があるので、今回はどんなオーボールがあるのかを紹介します。


日本ではもちろん、世界で最も人気のある赤ちゃん用のボールブランドです。名前は知らなくても、見たことがある人は多いはずです。今回は赤ちゃんが大好きなおもちゃ、オーボールについて紹介します。

オーボールとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

忙しいママにとって、子供をあやすことに時間をかけるのはなかなか難しいです。そういう時には、赤ちゃんが好むおもちゃの力を借りましょう。中でもオススメしたいのが「オーボール」です。

オーボールは、全体が荒い網目状になっている柔らかいボールです。力の弱い赤ちゃんでも握りやすく、簡単につぶれてすぐに元に形が戻るのが最大の特徴と言えます。しかも、弾力性がありながら跳ねすぎないのでどこに行ってしまったか、と考えなくていいのも魅力の1つではないでしょうか。

色々な種類があるオーボール

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

オーボールと言っても、1つの形を指すわけではありません。ベーシックなボール型以外にも種類はたくさんあるので、赤ちゃんの成長や興味に合わせて買い替えてあげるといいかもしれません。その種類ごとに、赤ちゃんが興味を示すような特徴があるので、いろいろ見比べてみてはいかがでしょうか。

オーボール ラトル

オーボール ラトルは基本のオーボールにカラカラと音のするラトル機能がついたタイプです。動物のキャラクターを取り入れたもの、吸盤がついていてテーブルにくっつけてくるくると回すタイプ、ダンベル型など「オーボール ラトル」はさまざまなものがあるので、赤ちゃんの好みに合わせて用意することが出来ます。

オーボール カートイ

生後3カ月から使うことが出来る車型のおもちゃ、それが「オーボール カートイ」です。車輪がラトルになったタイプです。このカートイシリーズには「ゴーグリッパーズ」というものがあり、柔らかく変形するオーボールの素材と網目を上手くデザインに取り込んでいます。2016年に初登場してから、多くの赤ちゃんに愛用されています。

オーボール バストイ

オーボール バストイは名前の通り、お風呂で遊べるシリーズです。色鮮やかな配色のものがおおく、握りやすい形状なので赤ちゃんもお風呂で楽しむことが出来て、他のオーボールよりもお手入れがしやすいのも特徴の1つです。

人気のオーボールをご紹介

オーボールは、赤ちゃんに適した特徴から初めてのおもちゃに選ぶママも多いようです。しかし、オーボールはいくつも種類があるので、どれを買えばいいか悩む人も少なくありません。こちらでは、特に人気の高いオーボールを紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

オーボール ベーシック

オーボール ベーシック

¥ 638

(2018/2/27 時点)

やはり、オーボールと言えば「オーボール ベーシック」です。柔らかくて弾力性のあるボールなので、直径9cmで、赤ちゃんの手にもちょうど良い大きさです。柔らかい素材のため、当たっても痛くなく、ファーストボールとして赤ちゃんに与えるのに最適です。どんなオーボールにすればいいか悩む人が多い中、まずはお試しのような感覚でファーストボールに選ぶという口コミも少なくありません。

オーボール フットボール

オーボール フットボール レッドホワイト

¥ 1,296

(2018/2/27 時点)

フットボール型のオーボールです。変則的な跳ね方や転がり方で特徴的で、赤ちゃんも飽きにくい工夫がされています。ハイハイや歩けるようになると、オーボール フットボールを追いかけて遊ぶことも出来るので、対象年齢は新生児からですが、ハイハイし始めたり歩けるようになってからの方が楽しめるのではないでしょうか。

オーボール ラトル

オーボール ラトル ピンク

¥ 991

(2018/2/27 時点)

オーボール ラトルは握る、振る、転がす、のすべての動きに連動しています。そのたびにカラカラと可愛い音が出るように鳴っています。網目の3カ所にカラフルなビーズが入っていて、赤ちゃんの興味を引くような工夫がされています。オーボール本体の接合面も、接着剤を使用していないので、赤ちゃん特有の噛んだり舐めたりしても安全な仕組みになっています。そういう面でも、安心して赤ちゃんに与えられるという口コミもあります。


オーボール オーシェイカー

オーボール シェイカー

¥ 864

(2018/2/27 時点)

ダンベル型のラトルシェイカーです。ハンドル部分のラトルの量が和に、小さなオーボールがついています。ダンベル型なので握りやすく、振って音を出す、ボール部分を噛む、などさまざまな遊びに対応しています。振って遊ぶタイプですが、音は控えめなので思いきり振ってもうるさく感じさせません。

定期的に消毒を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

オーボールは、赤ちゃんが噛んだり舐めたりするため、定期的に消毒をしなければいけません。そのまま放置しておくと、ばい菌が付いたままのものを口に含んでしまうので気をつけましょう。ただ、オーボールをレンジで加熱するような消毒はやめましょう。溶けたりねじれるなどの変形をしてしまう場合があるからです。消毒方法は、抗菌ウェットティッシュで拭きとる、中性洗剤で洗うなどしましょう。

まとめ

赤ちゃんのおもちゃは、忙しいママの強い味方です。そのため、赤ちゃんが飽きないおもちゃを選ぶ必要があります。オーボールは、赤ちゃんの興味を引くタイプが多いのでオススメです。価格も高価すぎるということはないので、比較的用意しやすいのではないでしょうか。忙しいママだからこそ、おもちゃで赤ちゃんの気を引いて家事などを済ませてしまうようにしましょう。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。