忙しいワーママの味方!時短フライパンで朝食やお弁当づくりをもっと楽しく。

忙しいワーママの味方!時短フライパンで朝食やお弁当づくりをもっと楽しく。

朝のお弁当作り、仕事を終えてバタバタと子どもをお迎えに行った夜、さっとテーブルに出してあげたい休日ランチ……。働くママは忙しく、やはりどうしてもバタバタしてしまいがち。なるべく効率よく、ストレスフリーに過ごしたい!と思う方は、料理のパートナー「フライパン」を見直してみてはいかがでしょうか?


料理がラクに?時短で探すフライパンの基準

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

フッ素・ダイヤモンド……進化しているフライパン加工

今、最も一般家庭に普及していると言われているのはフッ素加工のフライパン。フッ素樹脂をコーディングすることで、フライパンの表面の滑りが良くなり、調理中に食材がくっついてしまうことを防いでくれるため、後片付けがラクにできるのがメリットです。しかしそんな便利なフッ素加工のフライパンですが、「熱」「摩擦」に弱く、耐久性が低かったのが難点でした。それをカバーできるようアップデートされたのが、フッ素樹脂に混ぜてコーディングし、弱点をカバーするダイヤモンドコーティングやマーブルコートなどの比較的新しいフライパン加工。最近人気のダイヤモンドコーディングは、フッ素加工樹脂に硬い粒子の人口ダイヤモンドを混ぜたものですが、耐久性が優れていて、食材がくっつきにくくお手入れがラク! と愛用するママが増えています。

お弁当づくりが楽しくなる進化型フライパン

食材がくっついてはがれたり、焦げ付いて後片付けに時間がかかったりと、そんなストレスを和らげてくれるダイヤモンドコーディングのフライパンですが、それとはまた別のベクトルで大助かりなのがなんと仕切りつきのフライパン! テレビや雑誌でも何度か取り上げられたことがあるので、見たことがあるママも多いのではないでしょうか?

フライパンの中に仕切りがついていて、ひとつのフライパンで同時に複数の調理をすることが可能な商品で、特に、ひとつひとつのおかずの量が少ないお弁当作りや朝ごはんづくりなどに大助かりです! 卵焼きを作りながら同時にウインナーを炒める……なんてことも簡単にできるので、朝の調理タイムが一気に楽しく、快適になりますよ。

アーネスト センターエッグトリプルパン

センターエッグトリプルパン A-75753

¥ 4,588

(2017/12/22 時点)

縦にふたつの仕切りが入ったタイプ。真ん中でちょうどいい大きさの卵焼きも簡単に作れます。

とりぷるぱん キッズパーティ

とりぷるぱん キッズパーティー KS-2759

¥ 2,688

(2017/12/22 時点)

朝ごはんの定番・目玉焼きも綺麗に作れる仕分けフライパン。細かい作業が多い朝ごはんづくりも、このフライパン一個で完結します。

時間がない夜はフライパンをうまく活用して時短!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ワンパン料理ならインスタ映えも◎

仕事とお迎えを終えて、バタバタと家に帰ってきたけれど、「今日に限って作り置きおかずもない!」そんな日は、フライパンひとつでさくっと作れる「ワンパン料理」がおすすめ。別茹でが必要そうなパスタだってふたつに折ってしまえばフライパンひとつで作れますし、深めのフライパンなら煮物もOK! また取っ手が取り外せるタイプのフライパンだと、そのまま食卓に出してしまっても良いですね。熱々をキープできるし、さらにスキレットタイプのフライパンならフォトジェニックな食卓に早変わりします。

アルミホイルを活用して焦げつき防止

「なるべく洗い物の負担を減らしたい」という方には、アルミホイルを使った調理テクを試してみてはいかがでしょう?市販のフライパンでも利用可能なアルミホイルをフライパンに敷き、肉や魚を焼いて、焼けたらホイルをポイッと捨てるだけ。面倒な魚のグリルも簡単に作れて、フライパンを水洗いするだけでOKなのが嬉しいですね。

まとめ

今回紹介したもの以外にも、オムライスが綺麗に作れる専用フライパンなどがあり、かゆいところに手が届く感覚で、フライパンの世界はどんどん進化しています。毎日使うものだからこそ、快適に使えるアイテムを揃えたいですよね。フライパン料理はパンやスイーツも作れて奥が深いので、ぜひ試してみてくださいね!

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

この記事のライター

kurasso編集部の中の人です。
家事の時短・効率を重視しつつ、空いた時間で子どもとの時間(あと自分時間も)を充実させたい!!と切望。
働くママに役立つノウハウをどんどんお届けして、あわよくば自分の家の悩みを一緒に解決したいと、目論見中です。