リピーターおすすめ! 業務スーパーでリピ買いしている冷凍食品と活用方法

リピーターおすすめ! 業務スーパーでリピ買いしている冷凍食品と活用方法

毎日の食事とお弁当づくり。食費と日々の手間を抑えるために、業務スーパーの冷凍食品が活躍しています。今回はアレンジしやすくて、リピ買いしている商品について、ご紹介いたします。


こんにちは。ライフオーガナイザー®/冷凍生活アドバイザーの佐藤美香です。

この一年で家で食事する機会が増えました。中学・高校生のいるわが家では、家での食事の他に、毎日のお弁当も……。夫も今はお弁当を持っていくため、毎日3つのお弁当を作ります。

夕飯の残りを活用したいところですが、3人分のお弁当のおかずは、なかなかの量。残り物だけではまかなえません。かといって、食費が増えるのも避けたい……。

そこで、活躍してくれるのが業務スーパーの冷凍食品! お弁当のおかずや、普段の食事に、とても便利に使っている冷凍食品をご紹介いたします。

リピ買い①フライドポテト(ストレートカット)

5人家族のわが家では、「ファストフードで軽く食事♪」なんてときでも、4000円近くかかります。そのため子供たちの大好きなポテトは、自宅で作ることも多いです。

業務スーパーのフライドポテト(ストレートカット)は、1kg210円(税込み)と激安! 心強い味方です。

パッケージには、トースターやフライパンで焼くなどの調理方法の記載はなく、油で揚げるよう書いてあります。最初は、油で揚げるのは面倒と思い、他店の商品を購入したりもしていました。ですが、1度に食べる量が多いため、1kgも1~2回で食べ終わります。

トースターで何度も焼くよりも、揚げる方がずっと早いので、最近は油で揚げるのも面倒に感じなくなりました。塩コショウ、コンソメ、ケチャップなど、その日の気分で味も変えています。

また、多めに揚げて、おやつや翌日のお弁当おかずにすることも。ポテトのままお弁当に入れることもあれば、少しアレンジするときもあります。

写真は、業務スーパーで購入したミートドリアソース(160g・税込み84円)をフライドポテトにかけて、チーズをのせて、トースターで焼いています。ボリュームのあるおかずに変身です。

リピ買い②彩りサラダ野菜ミックス

最近、冷凍庫にストックしているのは、彩りサラダ野菜ミックス(500g・税込み192円)。彩りサラダ野菜ミックスには、ブロッコリー・カリフラワー・マカロニ・黄パプリカ・赤パプリカが入っています。彩りがよい上、マカロニが入っているので、いろいろと使いやすいのです。

冷凍食材の管理がしやすいように、他のものと同じ保存袋に入れ替えています。最初から、野菜とマカロニが入っているので、サッとゆでて、マヨネーズと和えるだけでサラダになります。また、スープの具材としてもおすすめ。

朝、温かいスープがあるとホッとしますよね。とはいえ、忙しい朝に、お弁当とスープをそれぞれ作るのは大変です。

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、彩りサラダ野菜ミックスを多めにゆで、お弁当に入れる分だけ取り出したら、後はそのままスープにします。

写真は、コンソメとシチューの素、牛乳を足して作ったもの。お弁当には、お弁当カップにマヨネーズを入れて、その上に彩りサラダ野菜ミックスをのせました。

マヨネーズとしっかり混ぜてサラダにしようと思うと面倒ですが、下に入れるだけなら簡単。お弁当のフタも汚れません。これだけでお弁当の彩りがよくなるので助かります。

リピ買い③冷凍トマト(ダイスカット)

冷凍トマト(ダイスカット)加熱用(500g・税込み192円)も、大活躍です!

トマトを少しだけ使いたいときに、包丁とまな板を使うのって、面倒ですよね。

私は、トマトを切った後のまな板を洗うのが嫌いです(笑)。まな板に色がついたり、ドロッとしたりするのが苦手で、生のトマトを買うときは、包丁を使わないプチトマトばかり。

そのため、少しだけ使いたいときは、冷凍トマト(ダイスカット)を使います。使いたい量だけ使えるので、とても便利です。

写真は、ハンバーグのソースを作ったときのもの。ハンバーグを作り終わった後のフライパンで、冷凍トマトを炒め、ケチャップや中濃ソースを足して、ソースにしました。

この他にも、玉子焼きの具にしたり、スープに入れたりしています。わざわざ包丁とまな板を出して……と思うと面倒ですが、思いついてすぐに入れられる手軽さが、トマトの登場回数を増やしています。

※2021年5月現在、東日本(富山・長野・静岡以東)のみのお取り扱いとなります

まとめ

中には冷凍食品に、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。けれども、毎日すべてを手作りするのは難しい。日々の暮らしを無理なく続けていくために、便利なものを取り入れるのも大切です。

よろしければ、試してみてくださいね。冷凍食品を使うことで生まれた時間が、楽しい時間となることを願っています。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー(R)/リユースオーガナイザー(R)/冷凍生活アドバイザーの佐藤美香です。
・三姉妹(JK.JC.末っ子は4歳)の子育て中
・勉強の出来る子より、生活力のある子
・週末一気に仕込み、平日冷凍テクで乗り切る
・片づけやすい仕組みをご提案
・小さな子でも出来る片づけ、お手伝い
・目指すは手間を省いてやってる風
ブログ:https://aika-katazuke.com/blog
Webサイト:https://aika-katazuke.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/ckh_mi3/

関連するキーワード


料理

関連する投稿


レンジで簡単お助けメニューが完成!ハウスの「らくチンDELI」新登場

レンジで簡単お助けメニューが完成!ハウスの「らくチンDELI」新登場

ハウス食品は8月9日より、電子レンジを使うメニュー専用シーズニングの新ブランド「らくチンDELI」5種類を新発売します。カットした食材をレンジでチンして和えるだけで、手軽に1品完成します。


福田萌さん、中田敦彦さんのミスで「冷凍庫全滅」! 作り置き料理動画を公開

福田萌さん、中田敦彦さんのミスで「冷凍庫全滅」! 作り置き料理動画を公開

今年、一家4人でシンガポールへ移住した、福田萌さんとオリエンタルラジオ中田敦彦さん。福田さんはYouTubeチャンネルも新たにスタートさせ、毎週、現地の様子がわかる動画を投稿しています。7月25日に公開したお料理動画では、中田さんの痛恨のミスが明らかに。


ポイ活でお得に!松屋「テイクアウト限定夏休みファミリーセット」発売

ポイ活でお得に!松屋「テイクアウト限定夏休みファミリーセット」発売

松屋フーズは「松屋」で7月20日午前10時より、「テイクアウト限定夏休みファミリーセット」の発売と「おこさまプレート」の全店舗でも発売を発表しました。


子どもが喜ぶ「丸亀こどもうどん弁当」持ち帰り限定で新登場!

子どもが喜ぶ「丸亀こどもうどん弁当」持ち帰り限定で新登場!

丸亀製麺は7月21日より、“丸亀うどん弁当シリーズ”より子ども向けの「丸亀こどもうどん弁当」を、全国の丸亀製麺でテイクアウト限定にて販売します。


おうちで本格スパイシー!ロイヤルデリから「夏に食べたいアメリカン ハーブ&スパイシー」登場

おうちで本格スパイシー!ロイヤルデリから「夏に食べたいアメリカン ハーブ&スパイシー」登場

ロイヤルホールディングスが展開する家庭用フローズンミール「ロイヤルデリ」は、7月16日より、「夏に食べたいアメリカン ハーブ&スパイシー」の販売を開始します。


最新の投稿


【えっ! 吐いとるやん!!】娘の吐き戻しにパパうろたえる。しかしママは……

【えっ! 吐いとるやん!!】娘の吐き戻しにパパうろたえる。しかしママは……

Instagramで子育て漫画を発信されるこんぶだしさん。こんぶだしさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠中の尿の悩み|尿に混ざっている白い浮遊物の正体は?

【医師監修】妊娠中の尿の悩み|尿に混ざっている白い浮遊物の正体は?

健診の度に採尿をする妊娠中。何気なく尿をとって白い浮遊物を見つけると、何か異常があるのか、病気ではないか気になってしまいますね。ここではその浮遊物の正体や尿が白くにごる原因、考えられる病気について説明します。


【俺の子だもん】夫はごく自然に、当たり前に育児をする「1人の親」なんです

【俺の子だもん】夫はごく自然に、当たり前に育児をする「1人の親」なんです

Instagramで子育て漫画を発信されるシカさん。シカさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


お刺身パックはそのまま? 移し替える? 手抜き論争に終止符を!

お刺身パックはそのまま? 移し替える? 手抜き論争に終止符を!

夕飯で便利な、お刺身パックやお惣菜。特にお刺身パックは食卓が豪華に見えるうえに、手間いらず。大人も子どもも満足する一品ですが、気になるのは「盛りつけ」。パックから出す派と出さない派、双方の意見を聞いてみました。この際、「そのまま出すのは手抜き論争」にも終止符を打ち、堂々とお刺身やお惣菜を買いましょう!


【子どもの防犯クイズ】あぶない人にねらわれそうな子の特徴は?『いやです、だめです、いきません』Vol.5

【子どもの防犯クイズ】あぶない人にねらわれそうな子の特徴は?『いやです、だめです、いきません』Vol.5

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。




コストコ 買い物 専門家 100均 ダイソー