在宅ワークを快適にするための環境づくり! 専門家が教える3つのコツ

在宅ワークを快適にするための環境づくり! 専門家が教える3つのコツ

在宅ワーク(テレワーク)が世の中に浸透し、そのメリットを実感している人は多いと思います。その一方で、オン・オフの切り替えが難しいなど、在宅ワークならではの悩みも聞こえてきます。そこで今回は、そうしたお悩みに対して、快適な環境づくりのポイントを3つご紹介します。


こんにちは。ライフオーガナイザー®・クローゼットオーガナイザー®の原田ひろみです。

増え続けている在宅ワーク(テレワーク)という働き方。在宅ワーク中心の生活に慣れたという人もいれば、一方で、転職などで在宅ワークが始まったばかりという人もいるのではないでしょうか。長年通勤生活を送ってきたため、なんとなく不便や不都合を覚えながら働いている、という人もいるかもしれません。自宅ではなかなか仕事が進まないというお悩みはよく聞かれます。

集中して仕事をするためには、環境を整えることがとても大切になってきます。

在宅ワークの働き方のお悩み

通勤の必要もなく、場所や時間にとらわれずに仕事ができるのは、在宅ワークの魅力ですよね。しかし、フルタイムで毎日出勤する働き方と比べると以下のようなお悩みが多いようです。

・仕事とプライベートの切り替えが難しい。
・家族が家にいるときは仕事がはかどらない。仕事を中断せざるをえないこともある。
・一人だと集中力が続かない。
・ワークスペースを作る場所がない。

家で仕事をするときは、仕事のオンとオフの切り替えが難しかったり、時間管理も曖昧になりがち。そこで、快適な環境づくりのポイントを3つご紹介します。

(1)在宅ワークで必要なものをリスト化する

在宅ワークの環境づくりで、ぜひはじめにやっていただきたいことは、必要なものをリストに書き出すことです。

もちろんどこにワークスペースを作るかも大切ですが、仕事で必要なものは意外と多いものです。必要なものを把握していない状態で、先に場所だけ決めてしまうと、せっかく作業スペースを作ったのに必要なものが多すぎて狭くなったり、作業がしづらいなど、快適な仕事環境をつくることはできません。

たとえば、デスク、椅子、ライト、パソコン、キーボード、マウス、文房具、書類やファイル……。在宅ワークではリモート会議などもあるので、webカメラやマイク、イヤホンなども必要ですね。

さらに、書き出したリストを「常に使うもの」「時々使うもの」など使用頻度別にわけると、ワークスペースの配置を決める際に役立ちます。

小さいスペースしか確保できない場合は、毎日使うものだけ置くようにして、使用頻度が低いものはトレーなどにまとめて別の場所に置き、必要なときにだけすぐに取り出せる状態にしておくなど、臨機応変に対応することができます。

(2)ワークスペースはどこに作る?

次にどこをワークスペースにするかも大切ですね。使える部屋がない、仕事をするスペースがないということで悩まれる方も多いかもしれません。

ワークスペースの場所を決める際、在宅での仕事スタイル、ライフスタイルなども考慮して選んでみてください。

リビングやダイニングなどの共有スペースに作るのか、寝室などの別室にするのかは、空いている部屋の有無、家族の年齢、リモート会議の有無によっても変わってくると思います。

ダイニングテーブルを使ったり、リビングの一角にデスクを置き、ワークスペースにされてる方も多いですね。

実際に私もダイニングテーブルを利用したこともありましたし、リビングダイニングの一角にデスクを置いてワークスペースとして使っていた頃もありました。

実際にどのように使っていたかご紹介します。

リビングダイニングにワークスペースを作る

子供が小学校低学年までは、目が行き届くリビングダイニングをワークスペースにしていました。

広々と使いたいときは、ダイニングテーブルはとても便利です。しかし、家族との共有スペースでもあるため、食事の際に物を片づけたり、端に寄せたりする必要があり、一度中断してしまうとどうしても気が散ってしまいます。

そのためダイニングの壁側に幅120cm、奥行45cmのデスクを置いてワークスペースを作り、椅子はダイニングのものを併用しました。

専用デスクを作ったことで、仕事のオンとオフの切り替えがしやすくなりました。

また、リビングダイニングで仕事をしていて困ったことは、集中しづらいことでした。家族がいるとき、仕事中に話しかけられたり、テレビをつけられるとなかなか集中できません。

逆にメリットは、休憩時間にソファでゆっくり休めること。すきま時間に家事をすることもあります。

共有スペースであるリビングダイニングで仕事をするときは、特に仕事のオンとオフの切り替えを意識することで作業効率を上げるようにしました。

寝室など別室にワークスペースを作る

現在は、別室にワークスペースを作っています。

別室のメリットは、集中しやすいこと。

また、休憩に入る際はデスクをそのままの状態にできるので、作業に戻るときもスムーズですし、オンとオフの切り替えもしやすかったです。

リモートでオンライン講座などをする際も、周りの音などを気にすることがありません。

別室となるとスペースを確保するのが難しい場合もありますが、小さいスペースでもいいので空間を仕切ると集中しやすくなります。

わが家は室内物干しがある部屋の一部をワークスペースにしました。雑然としている中で仕事をすると集中しづらいですが、家具の配置を工夫して視線を切り分け、コックピットのようなスペースを作りました。

(3)在宅ワークスペースを快適にする工夫

キャスター付き収納棚で作業スペースを増やす

棚板にキャスターを取り付けて収納付きサイドテーブルを作りました。収納スペースには仕事の資料などを入れ、デスクの上に資料を広げられるスペースがないときは、サイドテーブルとして使っています。使わないときはデスクの下に収まるので機能的で作業効率が上がりました。

作業スペースが足りない場合は、サイドテーブルを活用することで解消する場合もあります。

パソコンの移動もラク! 取っ手つきスタンドバッグ

自立するバッグでフリーアドレス用バッグを作りました。無印良品の半透明の取っ手つきバッグ(現在では廃版)内に、キングジム「フリオ スタンドバッグ」を入れて家での移動用スタンドバッグとして活用しています。

リモート会議などで場所を移動したいときには、こちらのバッグにノートパソコン、資料など必要な物をまとめるだけで持ち運びも移動もラクにでき、とても便利です。

PC周辺機器のごちゃごちゃは「1BOX1アイテム」でスッキリ管理

PC周辺機器はコードが絡んだりとどうしてもごちゃごちゃしがちです。特にヘッドホンなどは、コードが絡まってすぐに取り出せなくて困った経験がありました。

少しでもスムーズに取り出せるように、PC周辺機器はすべて一緒に入れて管理せず、ヘッドホンだけ、外づけハードディスクだけなど1アイテムずつボックスにいれて取り出しやすくしています。

ちょっとしたことですが、出し入れがスムーズだと作業効率が上がりますよ。

まとめ

在宅ワークを快適に過ごすための環境づくりについてご紹介しました。仕事とプライベートの切り替えや集中力が続かない場合は、仕事のオンとオフ、時間のメリハリ、空間の区別なども意識してください。

仕事に集中できるように、少しでもストレスのない環境づくりを意識してみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®/クローゼットオーガナイザー®

兵庫県宝塚市在住。
■個人向けの洋服整理を中心としたご自宅お片付けサービス
■クローゼットなどの片づけセミナー
■スカーフ・ストールのアレンジレッスン開催など

幼稚園の保護者様、パナソニック大阪センター「くらしの大学」、大阪高島屋にて片づけにお悩みの方に向けて、のべ200名の方へ講師として片づけセミナーを開催。

特に、
・「何から始めたらいいかわからない」
・「すぐにリバウンドしてしまう」
・「片づける時間がない」
と一人では”できない”と悩まれている方に寄り添い、”一人一人に合わせたラクに片づく仕組みづくり”を提案しています。

日々、仕事や子育てに忙しく過ごしている女性たちの片付けの負担を減らし、やりたいことや趣味の時間に使ったり、楽しんでもらいたいと願い、サポートを行っています。

「簡単で誰でもマネがしやすい」といわれる収納術で、webメディアの収納コンテストなどで多数の金賞・銀賞を受賞(計7回)。

ホームぺージ:https://lifestylingroom.com/
ブログ:https://lifestylingroom.com/blog/

最新の投稿


【漫画】夫婦をやり直したくて始めた別居。けれどすぐに悪い予感が……『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』Vol.9

【漫画】夫婦をやり直したくて始めた別居。けれどすぐに悪い予感が……『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』Vol.9

この幸せがいつまでも続くと思っていたのに……。妻の裏の顔に驚愕! 不貞の証拠がゴロゴロ出てきて、もはや妻を愛せない。こんな人間に親権を渡してなるものか‼ サレ夫におこったドロドロの離婚劇が始まる――。ガマ太郎さん『妻が鬼畜不倫、僕は復讐することにした』(KADOKAWA)の内容を一部抜粋してお届けします。


「夫婦喧嘩をしない」「自然に親しむ」コロナ禍で新しく始めた家での習慣

「夫婦喧嘩をしない」「自然に親しむ」コロナ禍で新しく始めた家での習慣

コロナ禍で仕事のスタイルや生活スタイルが変わった人も多いでしょう。衛生面をはじめとして、新しい生活習慣が身に付いたという家庭もあるのではないでしょうか。アンケートから、みなさんがコロナ禍で始めた新しい習慣をご紹介します。


【漫画】夫は海外出張。孤独なわたしのもとに現れた突然の訪問者『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.26

【漫画】夫は海外出張。孤独なわたしのもとに現れた突然の訪問者『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.26

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


【漫画】仕事から逃げた。家庭からも逃げたい。自己嫌悪に陥る私に友がくれた言葉『母親だから当たり前?』Vol.8

【漫画】仕事から逃げた。家庭からも逃げたい。自己嫌悪に陥る私に友がくれた言葉『母親だから当たり前?』Vol.8

夫と娘と私、どこにでもいる平凡で幸せな家族。でも、義父母と敷地内同居を始めてから、押し付けられるさまざまな価値観に違和感を覚えて……。フツウの母親って、家族っていったい何? 龍たまこさん『母親だから当たり前?』(KADOKAWA)より、一部内容を連載でお届けします。


【鼻の穴からこんにちは!】とりたい母と俊敏な赤ちゃんの熾烈な攻防!!

【鼻の穴からこんにちは!】とりたい母と俊敏な赤ちゃんの熾烈な攻防!!

Instagramで子育て漫画を発信されるはるまるさん。はるまるさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。




コストコ 買い物 100均 ダイソー