小さな子どもでもできる! キッチンで「ゆる家事シェア」

小さな子どもでもできる! キッチンで「ゆる家事シェア」

下ごしらえ、調理、食事の準備、洗い物、後片づけ……。キッチンは家の中でも、とりわけ忙しい場所。家事シェアで、少しでも楽にしたい。我が家では、3女にもお手伝いとしてお願いしています。我が家での実例をもとに、簡単なことから小さい子にも家事シェアをお願いしてみませんか?


こんにちは。ライフオーガナイザーの佐藤美香です。

調理前の下ごしらえは、包丁や火を使わずにできることが多いです。小さなお子様にも安心して任せられる! いくつかの例をご紹介いたします。

まずは、簡単な下ごしらえから!

Getty logo

プチトマトのヘタをとる

お弁当やサラダに大活躍のプチトマト。購入後すぐに使わない場合でも、雑菌の繁殖を防ぐため、ヘタをとって洗っておきましょう。

トマトは、へたをとって洗ってから保存するほうが、雑菌の繁殖を防げて長持ちする

ヘタをとるのは楽しいようです。ヘタをとった後、水洗いするところまで、お願いしています。いつの間にか、トマトの数が減っていますが……(苦笑)。そのうちスナップエンドウやいんげんのすじも、とってくれたら助かるなと思っています。

きのこをさく

Getty logo

えのき、しめじ、舞茸などのきのこ類は、調理の前にさく作業が必要ですが、地味に面倒……。お願いできると助かりますよね。多少かたまりのままのものがあってもOK! 調理する際に、箸などでほぐしています。

玉ねぎの皮むき

玉ねぎの外側の茶色い皮、剥くの大変ではないですか? 指の乾燥がひどいせいか、うまく剥けずイラッとします。子どもの方が向いているのか、私より早く剥けることも……。

調理は、楽にできる方法・道具・材料を選ぶ

下ごしらえも慣れてくると、もっと高度なことをやりたがるもの……。そこで、簡単な調理もお願いしてしまいましょう。工程を減らすことや、道具を使うことで、できることはグッと増えます。やりたいと思ったときに、どんどん覚えてもらえるといいですよね。

Getty logo

衣付け

通常フライを作るときは、小麦粉→卵→パン粉の順で衣をつけますが、作るまでの行程が多いと、小さなお子様には難しい。そこで、小麦粉・卵の2つの行程をマヨネーズに変更。具にマヨネーズを塗ったら、後はパン粉をつけるだけ。

フライの衣付けは、小麦粉・卵の行程をマヨネーズに変更するだけで楽になる

行程がひとつ減ると、床の汚れ具合も軽減できますよ。

(パン粉が散らばるのは良しとしましょう)

つぶす

ポテトサラダやコロッケを作る際のつぶす作業もお願いしやすいです。小さな手に、柄の長いマッシャーは扱いづらいので、小さめのマッシャーがあるといいですよ。わが家では、無印良品のマッシャーを使っています。

無印良品 ステンレス マッシャー 約幅5×長さ20cm

¥ 490

(2020/02/22 時点)

つつむ

餃子や春巻きの皮で、包む料理もいいですよ。具は形が崩れたり、はみ出したりしないものがおすすめ。

ししゃもを春巻きの皮で巻くだけなら、子どもにも簡単にできる

写真はししゃもを春巻きの皮で包んだもの。くるくる巻くだけなので、簡単です。

セット化で分かりやすく!

お子様も小学生ぐらいになると、簡単な料理をお願いすることもできます。その時に、材料や道具が見つからないからできなかったということがないように、分りやすくセットで収納しておくと安心です。

例えば、パスタとソースなどのように一緒に使う物は、セットにしておきましょう。

100均の書類ケースに、パスタの麺とソースをセットで入れると分かりやすい

写真は書類ケース。100均で購入したものです。ソース類は、奥行きのあるスペースや、深さのある引出しに入れると他の食品に埋もれてしまいがち。また、麺類は折れやすいので、一緒にケースにいれておけば、埋もれる・折れるも防げます。

また、あらかじめ切った食材をセットにしておくのもおすすめ。後は、お鍋に水と一緒に入れるだけ、のせて焼くだけにしておくと、ご飯づくりのハードルも下がります。ママが洗濯や掃除をしている間に、ごはんの準備をしてくれたらうれしいですよね。

例えば、こちらのセットがあれば、味噌汁やスープが作れます。

【時短朝食テク】多忙な朝にみそ汁・スープがすぐ完成! 冷凍活用アイディア

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7424

寒くなってくる季節、朝起きて朝ごはんの支度をするのがどんどんつらくなってきます。そんなときでも、スープ一杯・みそ汁一杯でからだをあたためたい! 朝の一杯がかんたんに作れるアイディアをご紹介します。活用するのは冷凍食材。朝から具だくさんスープが食べられますよ。

また、お休みの日にピザトーストでランチなんていうのもいいですね。

料理がグンと楽になる! 冷凍庫の活用術【時短家事テク】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6444

忙しい平日のために、休日にまとめ買いや作り置きをしておいて備えるご家庭も多いですよね。それだけで、気持ちに余裕ができ、忙しい平日には重宝します。今回は、わが家で、時短家事のために冷凍庫にいれて保存しているものについてご紹介します。どんな食材を冷凍しているのか、ぜひ参考にしていただけるとうれしいです。

使う食器を出し入れしやすい位置にセットしておくと、配膳や後片づけがお願いしやすくて便利です。置き場所は、こちらの記事を参考になさってください。

子どもがお片付け上手になれる! 収納の仕組みの4つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/6854

「自分のことは自分できるようになってほしい」と、子どもに対して願うママは多いのではないでしょうか? 身支度や片づけは、仕組み次第で、子どもの「自分でできる」を増やすことができます。忙しい子育て中、お子さんと一緒に「できた」を楽しめるといいですよね。

まとめ

子どもにお願いするのは、「時間がかかる」「危ない」など面倒に思うことも少なくありません。ですが、知らないことは、できるようになりませんし、横に並び一緒に作るのはとても楽しいものです。1人で頑張りすぎるより、少し肩の力をぬいて、ゆるくシェアしてみませんか?

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー(R)/リユースオーガナイザー(R)/冷凍生活アドバイザーの佐藤美香です。
・三姉妹(JK.JC.末っ子は4歳)の子育て中
・勉強の出来る子より、生活力のある子
・週末一気に仕込み、平日冷凍テクで乗り切る
・片づけやすい仕組みをご提案
・小さな子でも出来る片づけ、お手伝い
・目指すは手間を省いてやってる風
ブログ:https://aika-katazuke.com/blog
Webサイト:https://aika-katazuke.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/ckh_mi3/

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。




コストコ 節約