働くママが「忙しい朝に最も時間がかかってしまうこと」1位は?

働くママが「忙しい朝に最も時間がかかってしまうこと」1位は?

一正蒲鉾は、全国の働くお母さん200名に対して「朝の準備」に関する調査を実施しました。


7割以上の働くお母さんが「1日のうち1番時間がないのは“朝”」と回答!

「朝」、「昼」、「夜」のうち、 1番家庭で時間がないと感じるのはいつかという質問に対し、73.5%のお母さんが「朝」と回答しました。

忙しい朝、最も時間がかかってしまうこと第1位は「朝ごはんの準備」という結果に!

「朝」に時間がないというお母さんに、何に最も時間がかかっているか聞いたところ、「朝ごはんの準備」(33.3%)が1位となり、次いで「配偶者や子供の身支度」(32.7%)「洗濯や掃除などの家事」(24.5%)と続きました。

家族の身の回りの準備というお母さんとしての役割と、自分の身支度のどちらもしなければいけない大変さが伺えます。

働くお母さんの朝時間は平均「2時間」!そのうち、 朝ごはんの準備にかけられる時間は「18.4分」!

朝起きてから出勤するまでの時間は何時間ぐらいあるかという質問に対しては、約半数の49.0%の人が「2時間以上2時間30分未満」と回答し、全体の平均は2時間という結果となりました。

また、「理想の朝ごはんの準備時間はどれぐらいか?」という質問に対しては、平均18.4分という結果となりました。前日の作り置きや、マルチタスクなど、忙しいお母さんの工夫が垣間見ることのできる数字になり、忙しいお母さんを支える便利なレシピや食品が必要なことがわかります。

9割以上のお母さんが「時間がない」!  それでも 「家族には、野菜や栄養バランスのとれた朝ごはんを食べさせたい」と回答!

朝ごはんに関して、ほとんどのお母さんが「献立決めに苦労しワンパターンになってしまう」や「栄養バランスも大事だが、朝は時間がないので難しい」に「そう思う」と回答し、献立決めの苦労や時間がないことへの悩みを感じていました。

また、「温かい物を準備したくても面倒で冷たい物ばかりになってしまう」と回答したお母さんも6割以上いました。

一方、それでも「家族には、 野菜や栄養バランスのとれた朝ごはんを食べさせたい」と回答した人も同様に多く、理想の朝ごはんはあるが、現実的には難しく、働くお母さんは朝ごはんの準備に関してさまざまな悩みを抱えているということがわかりました。

また、時間と内容のどちらをより重視するかの質問に対しては、「時間重視派」が80.5%(※「時間」34.5%と「どちらかというと時間」46.0%の合算)で大多数という結果となりました。

「働くお母さんの朝の準備に関する調査」
対象:全国、20~50代、4歳から小学生以下の子供のいる働くお母さん
サンプル数:200名
調査手法:インターネット調査
期間:2019年10月12日~2019年10月14日

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


おやつで噛む練習「食べられる歯がため」4種が登場、お出かけにも便利に

おやつで噛む練習「食べられる歯がため」4種が登場、お出かけにも便利に

「エジソンママ」から、歯がため感覚でかじることができて持ちやすいスティック状の焼き菓子「食べられる歯がため」の4つの味が、4月上旬に発売されます。


【新型コロナウイルス】妊活・妊娠・授乳中の女性はどう過ごしている?

【新型コロナウイルス】妊活・妊娠・授乳中の女性はどう過ごしている?

ゲンナイ製薬は、「コロナウイルスで自重していること」について、妊活中・妊娠中・授乳中の女性を対象に意識調査を実施しました。


北海道のワイナリーが作った“天然素材のクレヨン”、SDGsを目指した取り組みへ

北海道のワイナリーが作った“天然素材のクレヨン”、SDGsを目指した取り組みへ

北海道・仁木町で運営する複合型ワイナリー「NIKI Hills ワイナリー」は、北海道の廃棄農作物を使った「NIKI Hills natural crayon」を開発、販売開始しています。


ストッケ、春の新作コレクションがオシャレ! 押さえておきたい5アイテム

ストッケ、春の新作コレクションがオシャレ! 押さえておきたい5アイテム

ベビー用品ブランド「ストッケ」の子ども用ハイチェア「トリップ トラップ」から、春の新作コレクションが、4月22日より順次発売されます。


春先の冷えに。おなかを優しく守る、オーガニックコットンの“薄手はらまき“が発売中

春先の冷えに。おなかを優しく守る、オーガニックコットンの“薄手はらまき“が発売中

ゲンナイ製薬は、オーガニックコットン衣類の新ブランド「プラスニド」を展開開始し、第一弾として、女性向けの薄手春用はらまき「あなたになじむ はるのはらまき」を3月初旬より販売しています。


最新の投稿


【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

新生児のうちは、十分にミルクを飲ませたはずなのに、あげてみたらどんどん飲んでしまうことがあります。ミルクの飲みすぎではないかと気になったり、何度も泣いてほしがっているように見えたらどうすればいいか、紹介します。


【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

つたい歩きをなかなか始めなかったり、逆に早くからつたい歩きを始める姿を見て、心配するお母さんお父さんもいることと思います。今回はつたい歩きを始める一般的な時期や、O脚との関係などについてお話します。


【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれても、体が小さめだと気になることが多いかもしれませんね。特に低出生体重児の場合は、育て方や今後の成長などに不安を感じることもあると思います。そこで今回は、「低出生体重児」とはどのようなものか、その原因や成長のしかた、育てるうえで気を付けたいことなどについて説明します。


【専門家監修】赤ちゃんにチーズはあげていい?離乳食期のチーズの注意点

【専門家監修】赤ちゃんにチーズはあげていい?離乳食期のチーズの注意点

たんぱく質やカルシウムが豊富で、種類も多いチーズ。おいしいだけでなく栄養価も高いことが知られていますが、ナチュラルチーズが好きという人も多いようです。そこで気になるのが「赤ちゃんはチーズが食べられるの?」ということ。離乳食期の赤ちゃんに向くチーズの種類やおすすめの調理法などについて知っておきましょう。


【医師監修】産後の子宮脱の症状は? 骨盤臓器脱を予防するためにできること

【医師監修】産後の子宮脱の症状は? 骨盤臓器脱を予防するためにできること

女性の骨盤の中にある臓器が腟から体の外に出てしまうことを「骨盤臓器脱(こつばんぞうきだつ)」と呼びます。「子宮脱」もその1つで、産後の靭帯などのゆるみが原因になります。今回は産後の子宮脱の症状などをまとめます。