プリーツスカートのお手入れ方法と折り目を復活させる裏技

プリーツスカートのお手入れ方法と折り目を復活させる裏技

スカートのプリーツは、使用したり洗濯を重ねたりしているうちにだんだんと折り目がゆるくなってきてしまいます。スカートが広がってしまったように見え、ちょっと残念ですよね。そこで、プリーツスカートのお手入れ方法を解説。折り目を復活させる裏技とあわせてご紹介します。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

スカートのプリーツを崩さない洗濯方法

Lazy dummy

スカートを畳んだまま手洗い

スカートのプリーツをできるだけ崩さないためには、スカートを畳んだまま手洗いするのがおすすめです。

1. はじめにスカートを縦に三回折って、幅を狭くしてください。
2. 横に二つ折りします。
3. 大きな洗面器を用意してお湯をはります。お湯の温度は、衣類の洗濯表示をチェック。
4. 適切な量の洗剤を入れたうえで、よくかき混ぜます。
5. 洗面器のなかにスカートをいれます。洗浄液のなかにしっかりスカートを沈めた状態で、数十回押し洗いしてください。このとき、畳んだ状態が崩れないようにご注意を。
6. お湯をすべて捨てます。キレイなお湯を入れて、畳んだ状態が崩れないように注意しながら先ほどと同じように押洗いでしっかりすすいでください。
7. 軽く絞って脱水してください。洗濯機を使用する場合は、必ず洗濯ネットに入れて、30秒ほど脱水します。やりすぎないように注意してください。

プリーツを崩さない干し方

Lazy dummy

スカートのプリーツを崩さないためには、干し方も気を付けましょう。例えば、ハンガーにかけてしまうと型崩れする恐れがあり、美しいプリーツの状態を維持できません。

おすすめなのが、ピンチハンガーを使って筒状に干す方法です。数十個ピンチがついた大きなものがあれば、スカートをはいているときとほぼ同じような形状で干すことができます。プリーツが崩れにくいだけでなく、ある程度水分を含んだ状態で干すことで重みで引っぱられ、シワがつきにくいというメリットもあります。

なお、スカートは風通しがよく、直射日光が当たらないところに干すと◎。

プリーツスカートの上手なアイロン方法

Lazy dummy

スチームアイロンを浮かしてかける

プリーツスカートの素材によっては、洗い上がった状態を見てシワが気になる場合もあると思います。そんなときはアイロンがけが必要です。プリーツがたくさんついているので、一つ一つアイロンをかけるのはとても大変だし、失敗して変なシワができてしまう可能性もあります。

そこで、アイロンを浮かしてかけるという方法を取り入れてみてください。とくに繊細な生地を使用しているスカートの場合、直接生地にアイロンを接触させるとテカリが出てしまうことがあります。

それを防ぐために、スチームアイロンを浮かしながらかけ、あとは形を整えながら、完全に乾燥するまでそのままにしておけばOKです。

ハンガーにかけたままシワ伸ばし

Lazy dummy

ハンガーにかけたままスチームアイロンをかけるのも◎。

1. まずハンガーにスカートをかけ、ある程度、形を整えてください。
2. アイロンのスチームを噴射させます。このとき、裾を軽く引っぱりながら、折り目に沿って縦にスチームをかけてください。
3. そのまま完全に乾燥するまで放置します。

プリーツのラインに沿って、アイロンがけするときれいに行うことができますよ。アイロンは上から下へ滑らせるようなイメージで。

スカートのプリーツを復活させる裏技

Lazy dummy

市販のプリーツスプレーを使って

レオニス 折り目付けハンドスプレー

¥ 1,177

(2018/10/8時点)

折り目が消えてしまったプリーツも復活させることができます。もっとも一般的なのが、市販のプリーツスプレーを使う方法。

1. アイロン台に裏返しにしたスカートを置き、折り目付近に30cmほど離してプリーツスプレーを吹きかけます。
2. 生地にスプレーが浸透したらアイロンをかけます。
3. スカートを表に返して、表側からもアイロンがけ。
4. ハンガーにかけて落ち着かせたら完了です。

アイロンがけをするとテカってしまうこともあります。しっかりプリーツの折り目をつけるためには、アイロンをあてなければなりませんが、そのときに必ず当て布をするようにしましょう。

まとめ

洗濯の方法や干し方を工夫することで、スカートのプリーツが崩れてしまうのを軽減することができます。上手にアイロンがけしたり、折り目を復活させるテクニックを取り入れたりして、プリーツの形をキープできるよう工夫してみてください。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


洗濯

関連する投稿


アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

家事の中でもアイロンがけが大の苦手な筆者……。そんな筆者が出会った、アイロンをかけたくなってしまう素敵なアイロン台! 今回はそんなおすすめアイテムをご紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

家事の中でも面倒な「洗濯」。ですが、洗濯物を2つに分ける収納にしただけで、夫は洗濯が問題なくできるようになり、洗濯家事自体が時短になりました。家事シェアの手始めにもおすすめです。


限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

家族が増え子どもが成長し、洗濯や衣類収納の方法を適宜見直しています。衣類は、子どもの成長に伴いサイズが大きく、行動範囲が増えることで枚数が増えました。限られたスペースの中で、干す・収納するだけではなく、出し入れが楽で時短できる方法を考えます。お値段以上のニトリ商品は、強い味方。いくつか使ってみた感想をご紹介いたします。


【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

夫婦ふたりとも、見えないとストックしてある日用品類のことを忘れてしまうタイプ。そんな私たちの日用品の基本スペースは玄関です。幅26cm×高さ180cm×奥行き29cmの細長いスペースに収納しています。今回は、玄関の細長いスペースに消耗品を収納するメリットをご紹介します。


最新の投稿


七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

七五三…特別な日でも自由気まま!いいショット、なかなか撮らせてくれません

Instagramで子育て漫画を発信中のはなのさん。はなのさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

Instagramで子育て漫画を発信されるふくこさん。ふくこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「素敵!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。でも、ここまでくるには、実はいろいろあったそうで……。「嫁と姑」、その複雑怪奇(?)な関係をお届けします♪


【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。




専門家 コストコ 買い物 洗濯 掃除