ママのための悩み解決サイト
幼稚園の願書を出す時期はいつから? 入園までの流れと願書の書き方

幼稚園の願書を出す時期はいつから? 入園までの流れと願書の書き方

子どもに合った幼稚園を見つけたら、願書を提出しましょう。幼稚園の願書の書き方、志望動機と園の教育方針をすり合わせるコツなど、入園前に役立つ情報が満載です。さっそく見ていきましょう。


幼稚園入園までの流れを知りたい!願書配布はいつ?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

幼稚園は私立でも公立でも、必ず願書を提出しなければなりません。

説明会から入園までのスケジュールを確認

幼稚園は基本的に入園のタイミングが決まっているので、園側のスケジュールを早めに把握しておかなければなりません。園によって教育方針はかなり違うので、説明会や見学会で子どもの性格に合っているかどうか、確かめておく必要もあります。

入園の準備は前年度から始まるので、情報収集も欠かせないもの。見学会と説明会を随時開催しているところもありますが、決まった日時しか行わない園も。また、見学会と説明会を同時に開催することも珍しくありません。

・入園前年度の6月~9月 見学会
・入園前年度の9月~10月 説明会 願書配布スタート
・入園前年度の10月~11月 願書提出 書類選考や面接の実施 選考結果発表

見学会や説明会では子どもの性格と合っているか確認

子どもを通わせる幼稚園を決める時、見学会や説明会に出席するのは当たり前ですよね。ただ、実際に入園してから「事前に説明されていた教育方針とはちょっと違うな」、「子どもの性格と合わないかも…」と感じるケースもたまにあるようです。本当に満足できる幼稚園を見つけるためにも、見学会や説明会以外で園の雰囲気が分かるようなチャンスを見逃さないようにしましょう。

一番理想的なのは園の先生や同世代の子どもたちと直接交流できるプレ保育ですが、他にも園開放イベントや一日入園体験、幼稚園主催のバザーや季節のイベントなど、機会は色々あります。実際に通っている園児たちの様子、先生たちの接し方を見ることは、願書を提出する幼稚園を決める上でかなり参考になるはずです。楽しく通えるよう、子どもの性格に合った教育方針、雰囲気の幼稚園を選んであげましょう。

早い幼稚園は9月から配布!願書を貰える時期をチェック

具体的な日付は幼稚園によって異なりますが、どこでも大体同じ時期に願書の配布が始まります。早いところだと9月から配布し始めますが、一般的には10月から配布する幼稚園が大半です。記入や写真の準備もあるので、「入りたい!」と思える幼稚園が見つかったら、早い段階で具体的な願書の配布時期も調べておきましょう。

願書の配布方法は幼稚園によって異なり、幼稚園まで直接取りに行くところもあれば、インターネットでダウンロードできる幼稚園も。また、市区町村の窓口で配布されることもあります。

絶対受かる!幼稚園の願書の書き方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

希望すれば全員入園できる幼稚園もあるようですが、少人数制の園、人気の園だと書類選考や面接を行うことも。いざ願書を書く時、戸惑いやすいポイントに絞り、合格率が上がる書き方をお伝えします。

志望動機=幼稚園の教育方針かどうか確認

幼稚園が願書に志望動機の欄を用意するのは、園の教育方針と家庭の教育方針がズレていないかどうか、確かめるためです。同じ幼稚園でも、園によって個性を重視し、比較的自由に行動させるところもあれば、集団生活を厳しくしつけるところも。身体を動かす授業と読み書きの授業のどちらを重視するのか、園の方針によっても違います。幼稚園の目的は教育です。

ただ、最近はスケジュールを厳密に決めず、ほとんど自由時間にしている幼稚園もあります。小学校入学前に必要な勉強の知識を教えて欲しい、と希望して入園させたのに、遊び時間が多い園だとママも後からがっかりすることになるかも知れません。

子どもの性格と園の教育方針が合っているか、夫婦が理想とする教育方針と園の教育方針が一致しているか、じっくり考え、すり合わせてから志望動機欄を埋めましょう。「園の教育方針に賛同しました」と言う方向で記載します。

願書に具体的なエピソードを挟むのがコツ!長所と短所の書き方

願書に記入する情報は幼稚園によって異なりますが、長所、短所はどの園の願書でも記載するようになっているようです。

・長所の書き方の例

「明るい」、「優しい」などの表現に加え、その長所がよく伝わるような具体的なエピソードを挟むのがポイントです。「控えめな性格ですが、細かい大人用のパズルに毎日取り組む根気強い性格です」、「身体を動かすことが大好きで、毎日お気に入りの歌に合わせて踊っています」など、大げさにならないよう、リアリティ溢れるいつものエピソードを盛り込みましょう。

・短所の書き方の例

ネガティブなところだけを言いっぱなしにするのではなく、マイナス面もあるけれど改善するために頑張っていることを伝えるのが大事なコツの1つです。「よく泣きますが、笑うことも多く、感情表現が豊かです。泣いても泣き止むために自分で一生懸命気持ちを切り替えようと努力するところは、長所です」など長所とセットで説明できると矛盾がなくなり、性格が伝わりやすくなります。

家族写真も必要?願書の写真サイズは?

写真の準備もあるので、幼稚園の願書は早めに取り組みましょう。必要事項は1日で書くことができますが、写真は急に用意することができません。慌てて撮影すると子どもの自然な笑顔も引き出せず、ふくれっ面になることも。また、幼稚園によって、願書に貼る写真は本人の写真だけではなく、親子で写っている家族写真も添付するよう指示されることも珍しくありません。

「なんで家族写真が必要なの?」と疑問に感じるかも知れませんが、園としても園児と送迎するパパ、ママの顔を把握しておかなければならない事情があります。入園前に子どもと両親の顔を一致させるために、写真を2枚提出するよう指示するケースが多いようです。きちんとした幼稚園では、担任ではなくても、幼稚園に通う園児の名前を入園前から覚えるそうです。

先生方に早く覚えて貰うためにも、顔がはっきり写っている写真を選びましょう。写真サイズは幼稚園によって異なりますが、ほとんどの場合長方形で「3cm×4cm」、「5cm×6cm」と指定されることが多いようです。

並ぶ幼稚園ではプロに代行を頼んで願書を提出するママも!?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

倍率が高く、本当に限られた人数しか入れない幼稚園の場合、願書の受け取りや提出時に並ぶことも・・・。

先着順で受け付ける幼稚園は並ぶ可能性有り

受け取った願書の提出方法は、郵送で送る場合と幼稚園まで直接届けに行く場合の2通りあります。地域や幼稚園によっては、倍率が非常に高くなり、先着順で願書を受け付けるルールのところも。定員になり次第締め切る幼稚園だと、受付が始まる3時間、4時間前から並び、行列ができることも珍しくありません。また、願書提出時に手数料や入園料を支払うよう指示されることもあるので、事前に確認しておきましょう。

一般的な選考方法は4通り

幼稚園の選考方法は4通りあります。

■入園希望者全員面接&試験を行い、園の判断で合否を決定
■純粋に抽選で決める方法
■願書を早く出した順に入園を許可、定員に達したら受付終了(先着順)
■願書の配布自体、定員分しか配らない(願書=入園権利)

先着順、願書が入園権利になる幼稚園の場合、並ぶこともよくあります。名門と評判の有名幼稚園だと、2~3日前から並ぶケースもあるようです。行列が近所迷惑になるため、「寝袋禁止、テント禁止」の指令を出す園も。願書を配布する時期、提出する時期はもう涼しい季節なので、並ぶママ、パパも大変ですよね。幼稚園を選ぶ時は提出方法や競争率についても、確認しておきましょう。

願書提出の代行業者に頼むママも

願書の受け取りや提出が先着順の幼稚園だと、代行業者に依頼して並んで貰うママ、パパも少なくないようです。確かに働いているママ、子どもの世話を任せられる相手がいないママだと、受付の数時間前から並ぶのも現実的には厳しいハードルになります。

願書を代わりに書いてもらう費用は代行業者によって異なりますが、大体1時間3,000円ほどで願書代行をお願いできるケースが多いようです。どうしても入園を希望している幼稚園があり並ぶのはきつい時、代行業者に依頼することも選択肢の1つとして検討してみて下さい。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

幼稚園の願書配布時期など、入園前に知っておきたい情報をお伝えしました。いつから配布するのか、提出する時期などは幼稚園によって違うので、事前に確認しておきましょう。願書と一緒に子どもの写真だけではなく、家族写真も提出するよう指示する園もあります。

志望動機は園の教育方針に沿う内容を選びましょう。願書配布や受付が先着順で並ぶ場合、代行業者に依頼するケースも。いずれにしても、子どもが喜んで通えるよう、性格に合った幼稚園を探してあげましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


教育の悩み 通園 幼稚園

関連する投稿


沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

沢山泣いた娘、年少最後の参観日【ママ女医と娘の○○な日常 vol.37】

4月に入園したうちの娘、もうすぐ年少組さんから年中組さんになります。泣いてばかりだった参観日、さあ最後はどうなるかな……?


乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

乳幼児期に食育は必要?保育園・幼稚園で行う食育活動の内容について

子どものしつけに取り入れたい食育。保育園や幼稚園ではどんな食育活動をしているのでしょう?食育とは何なのか、食育計画のねらいやゲームを使った伝え方など、ママも知っておきたい食育についてご紹介します。


子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事「バレエ」の効果や費用、メリットなどを詳しく解説

子どもの習い事で女の子に人気高いバレエ、習わせたいと思っているママも多いのではないでしょうか。バレエの効果や費用、いつから始めればよいかなど、いろいろ気になりますよね。レッスンは何をするのか、メリットやデメリットなどについてご紹介します


子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

子どもにサッカーの習い事をさせるメリット・デメリットは?

習い事として人気の高いサッカー、子どもに習わせたいと考えるママも多いようです。周りのママはいつからサッカーの習い事を始めているのでしょう。メリット・デメリットや女の子もできるのか、気になる月謝などの費用について調査しました。


幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

幼児教室って何するところ?習い事との違いや費用について

0歳から6歳の乳幼児を対象に、知育を目的とした多彩な授業を行っているのが幼児教室です。教室によってその内容はさまざまですが、コミュニケーション能力や自己表現、他者を思いやる気持ちなどの情操教育の面でも効果が期待できます。


最新の投稿


【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの?

免疫機能が未熟な子どもは、さまざまな病気にかかりやすいです。肺炎もその一つ。風邪などをこじらせてなる場合もありますが、マイコプラズマという細菌に感染して肺炎になるケースも多いです。いざというときに適切に対応できるよう、感染経路や症状、治療、予防法について知っておきましょう。


【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

【医師監修】生後2カ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

新生児の時期を経て、気が付けば赤ちゃんは生後2カ月に。この時期、どれぐらいまで大きくなり、どのような成長が見られるのでしょうか? 生後2カ月からできるようになることは? ここでは、生後2カ月の赤ちゃんの発育や生活について紹介しています。


【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

【医師監修】おむつ替えの基礎知識!替えるタイミング、回数、やり方、コツは?

赤ちゃんのおむつはどんなときに替えるのでしょうか。赤ちゃんの肌は敏感なのでむれてかぶれてしまわないか気になるひともいるでしょう。ここでは、おむつ替えのタイミング、回数、やり方、コツについて詳しく解説していきます。


【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

【医師監修】月齢別赤ちゃんの睡眠の特徴 まとまって寝るようになるのはいつ?

赤ちゃんは、夜中も構わず起きたり泣いたりするもの。そんな赤ちゃんのお世話をするママも睡眠不足になったり疲れてしまったり…。どうして寝てくれないの?いつになったらまとまって寝てくれるの?と、泣きたくなってしまうこともあるでしょう。今回は、赤ちゃんの睡眠の特徴や睡眠時間を整えるコツについてご紹介します。


【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

【医師監修】子どもがヘルパンギーナにかかった時の対処法は?

夏に流行するヘルパンギーナ、手足口病、プール熱(咽頭結膜熱)は、総称して「三大夏風邪」とも呼ばれています。どれも珍しい病気ではありませんが、小さいお子様がいるご家庭では、夏場によくかかる感染症として心配になりますよね。そんな夏風邪の一つ、ヘルパンギーナについて、詳しくご説明していきましょう!