【医師取材】3つの発達障害の症状と、そのサインとは?

【医師取材】3つの発達障害の症状と、そのサインとは?

脳の発達に関わる特性である「発達障害」。その障害のタイプは複数あり、症状も様々です。今回は3つに分類された発達障害の症状と、障害に気づくサインをご紹介します。


発達障害とは

Getty logo

※画像はイメージです

「脳の発達」に関連した先天的な特性

発達障害は、脳の発達に関連した先天的な特性によって周囲の人とのコミュニケーションにミスマッチが生じたり、社会生活に困難が生じている状態障害です。発達障害は現在、大きく次の3つに分類されています[※1]。

・自閉症スペクトラム障害(ASD) → 自閉症、アスペルガー症候群など
・注意欠如・多動性障害(ADHD)
・学習障害(LD)

日本での支援・取り組み

2005年4月、「発達障害者支援法」が施行されました[※2]。それまで、発達障害による症状は「やる気が足りない」「反抗的だ」など本人の気持ちの問題とされたり、親のしつけの問題などととらえられがちでした。しかし、発達障害者支援法は、発達障害を脳機能の障害と定義づけ、ライフステージに合わせたサポートが不可欠であると定めています。そして、学校のみならず、国や自治体、さらに私たち1人1人の理解と支援が責務であると述べています。

発達障害への理解は少しずつ広がり、しかるべき指導・サポート方法も用意されています。発達障害の子供を持つ家族は、専門家はもちろん担任の先生・スクールカウンセラーなどにも相談、支援を求めることができます。

すべての子供が生きやすく長所を伸ばせる社会をつくるために、子供を取り巻く数多くの人々の理解と連携が求められています。

3つの発達障害、それぞれの特徴

自閉症スペクトラム障害(ASD)

以前は、広汎性発達障害(PDD)という分類名で呼ばれていました。自閉症、アスペルガー症候群、そのほかの広汎性発達障害が含まれます。

自閉症スペクトラム障害は、社会的関係やコミュニケーションの形成が困難である障害です。こだわりの強さ(特定分野やものへの関心・興味が強い)、言葉の発達遅れなども特徴にあげることができます。100人に1~2人存在すると言われています。

注意欠如・多動性障害(ADHD)

ADHDは不注意(注意の欠如)、および、多動・衝動性を特徴とする行動の障害です。忘れ物が多い、ミスを繰り返す(不注意)、おしゃべりが止まらない、じっとしていられない(多動性)、約束を守れない、いらいらする(衝動性)などの症状・行動が現れ、学校生活などに困難が生じてしまいます。学童期の子供の3~7%にみられると報告されています。

学習障害(LD)

学習障害と聞くと、勉強全般が苦手といったイメージが浮かぶかもしれませんが、全般的な知的発達には問題がないのに、特定の事柄だけが困難である状態を学習障害と言います。おもに、読字障害(文字を読むのが苦手)、書字障害(文字を書くのが苦手)、算数障害(計算や推論が苦手)の3つに分類されます。2~10%ぐらいにみられると推定されています。

発達障害に気づくサイン

発達障害には、赤ちゃんの頃から症状が出て育児が思うようにいかずパパ・ママを悩ませるものもあれば、パパ・ママが気づかないまま子供自身が「自分はほかの子と違う」「生きにくい」などと感じるケースもあります。成長に伴って、また社会との関わりの変化に伴って、どんな場面で発達障害に気づくサインがあるかをまとめてみます。

自閉症スペクトラム障害(ASD)

子供は生後9ヶ月ごろから、人のマネをしたがるようになります。大人の動作や声をマネしたりするのは、周囲の人に興味を持っている証拠です。また1歳ごろになると「指さし」を始めます。手の届かない場所にあるものへの興味や欲求を大人に伝えるコミュニケーションです。

自閉症スペクトラム障害の子供は、1歳ごろに、人の目を見ることが少ない、指さしをしない、ほかの子供に関心を持たないという特徴を示し、これが最初のサインとなります。保育所・幼稚園などにはいるとでは集団行動が苦手だったり、お友だちとうまく関われないことも気づきのサインになります。

さらに思春期、青年期になってから、対人関係がうまくいかないこと、他人と違う自分に気づいて不安や悩みを抱え、自ら医療機関病院を受診する人もいます。

注意欠如・多動性障害(ADHD)

7歳までに、多動・衝動性、不注意のどちらか、または両方の症状が現れます。

集団生活での様々な決まり事に対応できず、授業中に席を離れる、しゃべりすぎる、順番を待てない、忘れ物が多い、勉強などでうっかりミスが多い、課題に集中し続けることができない、整理整頓が苦手などの症状がみられるようになります。

多動の症状は年齢とともに軽くなりますが、不注意、衝動性の症状は青年期まで、もしくは成人になっても続くと報告されています。

学習障害(LD)

学習全般ではなく、読む、書く、計算するなど、特定のことができないので、小学生になってすぐではなく、2~4年生になってからの成績不振がきっかけで障害が明らかになります。勉強をサボっているわけではないのに、みんなできることが自分はできないので、意欲や自信を失ってしまうことがあります。

まとめ

発達障害は、先天的に脳の発達が通常とは異なることによって現れます。様々なタイプがあり、症状や行動に個人差があります。それぞれの特性に合わせた治療や支援の方法がありますので、サインに気づいたら早めに専門医の診断を受けることが大切です。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.07.30)

この記事の監修ドクター
西條クリニック 西條朋行先生
徳島大学医学部卒業、日本医科大学付属病院精神神経科 病棟医長を経て、西條クリニック院長。新宿御苑前駅 徒歩1分にある、心療内科・精神科のクリニックです。
http://saijo.net

[※1]文部科学省ホームページ「特別支援教育について」
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/001.htm

[※2]文部科学省ホームぺージ「特別支援教育について 別紙1 発達障害の法令上の定義」
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/main/002/001.htm

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


最新の投稿


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。