静かな叱り方こそが効果的! 江戸時代で実践していた、子供への接し方

静かな叱り方こそが効果的! 江戸時代で実践していた、子供への接し方

歴史エッセイストの堀江宏樹さんが江戸時代の子育てについてお届けする第3弾!今回は、仕事と子育ての両立について、です。


Lazy dummy

現代日本では「イクメン」という言葉が、子育てに積極的な男性という意味でよく使われるようになりました。
しかしこれは逆に、子育てに積極的ではない男性のほうがまだまだ多い……という厳しい現実を反映しているのかもしれません。そもそも日本では「男性は外で働き、女性は家を守る」というような生き方こそが伝統的かと思いきや、江戸時代の男性はまるで逆でした。

交通手段が基本的に徒歩しかなかった当時、職住隣接は基本中の基本。
とくに庶民は一家で同じ仕事をしていることが多いので、子供を背負ったり、手を引いて仕事場に連れていくのは普通のことでした(祖父母に預ける場合もありましたが、連れていけた場合、「あら、かわいいわね~」式に、お客さんとのコミュニケーション手段になったことはいうまでもないでしょう)。

武士も大工仕事や子育てまで担当

ただし、お城で仕事する武士の場合はそういうわけにはいきません。
しかし彼らの場合でも、夫たちはお昼過ぎには家に戻ってきました。その後は大工仕事などの力業や、屋敷の庭で野菜を育てたりして家事に協力、のみならず子供の学問がうまく進んでいるかを監督したりして子育てまで手伝っていたのです(ごく一部の高位の武士たちは除く、ですが)。

そもそも江戸時代にたくさん書かれた教育本の著者の大半は、男性です。中には本業が忙しいので徹夜して書かれたという作品も。たとえば、ある男性画家が、寺子屋に預けた我が子のうけた教育について思うところを記した『実語教童子教註(じつごきょう どうじきょうちゅう)』をご紹介しましょう。

興味深いのは、この本の「寺子屋で息子が覚えて帰ってきた内容にどうやら誤りがあるらしい……と自ら色々調べ始める」という一節です。寺子屋で足りていない部分はクレームをつけるより自分で学び直し、子供に教えようとする態度は立派ですね。

このように夫も妻と同じ目線で子育ての悩み、いろいろ工夫し、これは他の人にも役立つに違いない!と思った情報を書きとめ、広めようとしていたのです。

基本的に身分に関係なく、江戸時代の子育てでは「父親は威厳のある中にときどき優しさが感じられるくらいがちょうどいい、女親は優しい中にときどき威厳が感じられるのがいい」などといわれていました。そしてさまざまな史料に出てくるのは、父母ともに大声で子供をヒステリックに叱ったり、手を上げたりするのはもってのほかという考えです。

静かな叱り方こそ、効果的

静かな叱り方こそ、逆に効果的なこともありました。
明治時代になってからですが、旧・長岡藩家老の家庭に生まれた杉本鉞子(すぎもとえつこ)の自伝的エッセイ『武士の娘』という書物には、女性のお師匠様から彼女が叱られ、猛省するシーンが出てきます。2時間にもおよぶ、漢籍(漢文で書かれた中国の書籍)の講義中、正座のまま微動だにしない師匠の前で、一瞬にせよ体を動かしてしまうという「事件」を鉞子は起こしてしまいました。

今でいうなら単にそれだけの話です。
しかし師匠は「かすかな驚きの表情」を浮かべ、「そんな気持ちでは勉強はできません。お部屋に引き取って考えられた方がよいと存じます」と静かに、しかし毅然と言いはなちました。
叱るといってもそれだけです。しかしそれゆえ鉞子は「師の期待を裏切ってしまった!」と猛反省することになりました。

江戸時代の静かな叱り方は、逆に「親や目上の人の愛や期待を裏切ること」は本当に辛いものだ……と子供に伝えることができる手段だったのでしょうね。

(C)竹内摩耶
この記事の専門家
歴史エッセイスト・作家 堀江宏樹
1977年生まれ、大阪府出身。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。大学在学中からフリーランスライターとして文筆活動を開始。『仰天! 歴史のウラ雑学 後宮の世界』(竹書房)で作家デビュー。性別を超えた独特の論調で、幅広いファン層をもつ。2016年秋発売の『恐い世界史』(三笠書房)が現在ヒット中。好評近著に『乙女の真田丸』(主婦と生活社)、『三大遊郭』(幻冬舎)。最近の文庫化に『愛と夜の日史スキャンダル』『乙女の日本史 文学編』など。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

転勤族の夫と結婚し、2人の子供をアウェイな土地で育てる専業主婦だったよいこさんですが、働きたい!と就職活動をスタート。一時は書類審査で全滅して絶望したりもしましたが、なんとか採用をゲット! 家事スキルの低い夫も教育して、 次なる戦いは……そう、保活! 子をもつ主婦の就活のリアルを描きます。


【漫画】子どもの寝起き、悪いのは平日限定という不思議『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.8

【漫画】子どもの寝起き、悪いのは平日限定という不思議『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.8

子どものかわいい寝顔は天使のよう♪ なーんて、平日の朝には言っていられませんよね! ところが週末は……子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 姉・イチコちゃん、弟・二太郎くんの2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】強迫性障害の父が怖くてイヤだった……過去の記憶『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.8

【漫画】強迫性障害の父が怖くてイヤだった……過去の記憶『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.8

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。父もまた強迫性障害で、それが嫌だったのに……。


【漫画】強迫性障害だった父に子どもの頃思っていたこと『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.7

【漫画】強迫性障害だった父に子どもの頃思っていたこと『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.7

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。親になって思い出す、父もまた、強迫性障害でした……。


最新の投稿


【ソレナンデ商会】お風呂場で赤ちゃんがやってしまうアレにママ困惑!

【ソレナンデ商会】お風呂場で赤ちゃんがやってしまうアレにママ困惑!

Instagramで子育て漫画を発信されるharumamaさん。harumamaさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【○×形式で考える】ほめ方、どっちが正解?『不機嫌な妻 無関心な夫』Vol.3

【○×形式で考える】ほめ方、どっちが正解?『不機嫌な妻 無関心な夫』Vol.3

「夫・妻にイライラする」「家事・育児は自分ばかり」と感じている人、必見! 50万部超えの人気シリーズ、『察しない男 説明しない女』『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』(ともにディスカヴァー)の著者である五百田達成さんの最新書籍から、夫婦のコミュニケーション不全を解決するヒントを、短期集中連載でご紹介します!


【ギャップがすごかった…】子育て前と後をインタビュー形式で振り返ってみた

【ギャップがすごかった…】子育て前と後をインタビュー形式で振り返ってみた

Instagramで子育て漫画を発信されるharumamaさん。harumamaさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


降ろしたくなくなっちゃう…1歳児を抱っこしたら、頬ずりされて胸キュン

降ろしたくなくなっちゃう…1歳児を抱っこしたら、頬ずりされて胸キュン

Instagramで子育て漫画を発信されるたっきーさん。たっきーさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【愛おしい…】寝る前に語り掛けてくれる息子のここだけの話

【愛おしい…】寝る前に語り掛けてくれる息子のここだけの話

Instagramで子育て漫画を発信されるはちやさん。はちやさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。