【SNSで話題】ずぼらさん必見! 家事が楽になる「アイラップ」の魅力とは?

【SNSで話題】ずぼらさん必見! 家事が楽になる「アイラップ」の魅力とは?

袋のラップ「アイラップ」。一見普通のポリ袋に見えるこちらの商品。使ってみたら使い勝手がよく、ずぼらさんには特にオススメしたい一品でした。今回はその使い心地についてレビューします。


こんにちは。マスターライフオーガナイザー®︎のはやさかひろみです。

皆さんはSNSでも話題の、「アイラップ」 というポリ袋をご存知でしょうか? 見た目は普通のビニール袋ですが、"袋のラップ"といううたい文句の通り、冷凍・熱湯ボイル・電子レンジもできる優れものなのです。

ずぼらな私は、アイラップを使いはじめてから料理の工程をひと手間もふた手間も減らすことができ、苦手な料理がとても楽になってきています。

そもそも、アイラップって?

アイラップ

アイラップ とは、岩谷マテリアル株式会社の人気商品。「袋のラップ」がうたい文句のマチつきポリ袋です。日本食品分析センターの検査に合格。食品衛生法上、安心して使うことができるのだとか。

防湿性に優れているので食品の新鮮さはそのまま、食品をみずみずしく保ちます。さらに、冷凍冷蔵庫や電子レンジ、熱湯ボイルにと便利に使えて大活躍のポリ袋なんです。

マチありの袋

ご覧のようにマチがあり大容量の袋ですが、岩谷マテリアル株式会社のHPを見てみると、小さいサイズなどもあるようです。

わが家ではキッチンの引き出しに入れて使っています。この三角形のパッケージのおかげか、取り出しやすくてとても使いやすいんです。

アイラップ、どんな風に使う?

冷凍・熱湯ボイル・電子レンジもできちゃうアイラップ。

・ボウル代わりに
・袋のまま湯煎調理
・袋のままレンチン
・冷蔵&冷凍保存に

など、SNS等ではさまざまな使い方が紹介されていますが、ここではずぼらな私の活用法をお見せします。

ブロッコリーはレンジでチンするだけ

Getty logo

ブロッコリーを調理するとき、以前は鍋やフライパンに湯を沸かして塩をひとつまみいれ、ブロッコリーを茹でるということをしていました。しかしこの方法、栄養分が流れてしまう……なんていう話も聞いたことがあります。

ところがアイラップを知った今は、洗ったブロッコリーをキッチンばさみでカットしてアイラップ の中へ。口は結ばずに軽く折り曲げてレンジでチン。

これだけでおいしいブロッコリーが食べられます。

ポテトサラダも簡単

Getty logo

私にとってポテトサラダは、作って食べるよりも買って食べることの多い料理でした。でもアイラップなら、皮をむいて大きめにカットしたじゃがいもを入れて口を結ばずに軽く折り曲げてレンジでチン。

柔らかくなったらアイラップの上から潰します(熱いので布巾などを使ってください)。つぶれたら塩胡椒マヨネーズ、お好みの具材を入れてモミモミ。簡単にポテトサラダができちゃいます!

まぜる、レンチン調理などにアイラップを使うと、アイラップだけでほとんどの工程が済み洗い物が出ないのが魅力です。

他にもハンバーグのたねを作ったり、卵サラダを作ったり、いろんな料理で活躍しています。

キャベツの塩昆布和え

キャベツの塩昆布和えもご覧の通り。カットしたキャベツ、塩昆布、ごま油を入れてモミモミ。そのまま冷蔵庫で少しおくとさらに味が染みておいしくなります。小さな子どもにモミモミのお手伝いをしてもらうのもいいですね!

子どももお手伝いしやすい

下味、小分けなどの冷凍保存にも

豚肉の下味

買ってきた豚肉をアイラップに小分けして、塩麹を入れて下味をつけて保存しておきます。下味がついているので、あとは焼くだけで一品でき上がり。疲れて帰宅したときなども、これがあればおかずの準備も楽ちんです。

このまま冷凍もOK

カットした野菜やキノコをアイラップに入れて、冷凍保存にも使っています。

ピザ用チーズをアイラップに入れて冷凍したりカットしたネギを入れて冷凍したりしても、不思議とあまり固まらず、パラパラになりやすいんです。だから使うときもラクチン!

ピザ用チーズも冷凍
カットした野菜の冷凍保存

使うときの注意点

アイラップ

アイラップを使うときは、注意書きをよく読んでから使用してください。湯煎の際は鍋肌に触れないように、電子レンジでの使用では耐熱皿を使うように書かれています。また、油分の多いもののレンジ調理は避けたほうがいいようです。

似たような食品用ポリ袋でも、アイラップのように使えるものとそうでないものがありますのでしっかり確認してくださいね。

まとめ

アイラップを使うようになってから、簡単に一品できて洗い物も少なくて済み、苦手な料理が楽になってきました。今では何箱かストックしていないと安心できないほど(笑)。災害時などには、ガスや電気が使えなくてもポリ袋調理ができるので役立ちます。

調理の他にも、中身のにおい漏れもしにくいので、においが気になるものを入れるのにも使っています。使用済みオムツ入れに使う方も多いようですよ。

一度ぜひ使ってみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

マスターライフオーガナイザー®

家事が苦手で面倒くさがり。小中学生男子2人の母。
片づけを学び実践したら、「ものが片づくだけでなく、心がラクになった」を自らが経験。
「家事や育児が忙しい女性に、少しでもラクになってもらいたい」と、
『ずぼラクお片づけ』と称した、ずぼらな人でも暮らしと心がラクになる片づけサポートや講演等を行っている。
ブログ:https://hiromi-hayasaka.jp/blog/

関連するキーワード


専門家 料理

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。