ママのための悩み解決サイト
ママ友はいらないけど…トラブルにならない為の付き合い方を知っておこう!

ママ友はいらないけど…トラブルにならない為の付き合い方を知っておこう!

ママ友が必要かどうかは、賛否両論のようです。子どもが幼稚園なのか保育園なのかによってもママ友の環境は変わってくるため、それぞれの環境でどのようにママ友を作るべきか考えてみましょう。ママ友の間柄に疲れたら、きっぱり止めてしまう対処法も併せて紹介します。


ママ友はいる?いらない?あなたはどっち派?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

初めての子どもでママ友を作ったことがないと、ママ友の存在自体がわかりません。実際に作った人のなかには、ママ友はいらないと思ってしまう方もいるようです。

ママ友の始まり

ママ友を作るきっかけはたくさんあります。妊婦検診やマタニティスクールで知り合ったママ友や、出産した病院で同室になったママ友のように、子どもが赤ちゃんの時にママ友ができるケースもあるようです。

赤ちゃんの時は同じ世代のママがいなかった、出産した病院が個室だったためママ友ができなかった、という人でも産後にママ友を作るきっかけは多数あります。

近くの公園に行ったら子どもの友達関係でママ友ができる場合や、保育園や幼稚園が同じというきっかけもあります。幼稚園では通園バスの乗り場所が同じだと、毎日顔を合わせるため自然と親しくなるケースが多いようです。

ママ友は子供の為にも必要!いる派

幼稚園に子どもが通っていれば、何かと親も幼稚園での活動があるため、ママ友がいると安心という方もいるようです。

子どもが保育園に通っている場合、それぞれの親は送り迎え時に顔を合わす程度で、お互い仕事で忙しいこともあり、それほど深い付き合いは無いかもしれません。しかし、休日はお友達と会って遊んだりすることもあるので、ママ友がいた方が良いと思う方もいます。

ママ友はうざい!いらない派

過去にママ友との付き合いで「うざい」と感じてしまい、それ以来ママ友はいらないと割り切る人もいます。

子どもがいると何かとママ友とのグループで行動しがちで、ランチの費用もばかにならず、ぐずる子どもを連れての外食やお出かけに嫌気を感じる人もいるのです。

ママ友がいなくても一時期困るだけであって、一生続くわけではないという考え方もあるのですね。

実際にあるママ友事情とトラブル話

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ママ友が集まるとなぜかいじめやトラブルが絶えない、そんな話もよく聞きます。女性が数人集まると、どうしても他とは違う人はターゲットにされやすいのです。

ママ友のランチがめんどくさい

ママ友を作り、特定のグループに所属していることは、安心感が得られることです。しかし、何度もランチが開かれて、ママ間とのトラブルを目にしてしまうと、ママ友ランチがめんどくさいと感じてしまう人もいます。

ママ友ランチに行けば、他のママ友の愚痴や家族の悪口ばかりで嫌気がさしてしまう人や、知り合ってまだ少しなのに家庭のことまで深く聞かれてしまうのが嫌だと感じる人などさまざまです。

上手く付き合った方が良いことはわかっていても、女性が集まれば愚痴やトラブルも目にしてしまうことは覚悟する必要があるでしょう。

ママ友との格差問題

ドラマなどで見かけるママ友との派閥争いや格差は、実際にありえます。子どもを有名私立幼稚園に通わせるつもりなら、夫の年収による格差がみられることもあるかもしれません。

そのようなママ友の間の派閥争いは、子どもを育てるうえで必要な付き合いと割り切ることが大切です。主役は子どもであって親ではありません。近所や職場の人とも付き合い方を変えることが必要なように、ママ友との付き合い方もそれなりのルールが必要です。

ママ友の嫉妬やいじめ

女性同士が数人集まるとどうしてもグループができてしまいます。そんななかでは、女子高生のようなべったりとした付き合いとなってしまい、狭い範囲でしか見ることができなくなってしまうのです。

園でボスと呼べるママ友のお誘いを断ったことで、1人だけ仲間はずれされてしまう可能性もあるでしょう。会っても挨拶もされなくなり、お茶会やランチにも誘われず、1人だけぽつんと浮いた存在になるのはとても辛いことです。

女性同士が集まれば、ママ友同時の嫉妬やいじめも少なくないため、どのような付き合い方をすべきかは考える必要があるでしょう。

ママ友と上手な付き合い方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ママ友との関係性に悩んでいる方は少なくないのですが、誰だって上手く付き合いたいと思うはずです。トラブルを避けて大人の対応ができるママ友との関係性を心がけてみましょう。

保育園・幼稚園のママ友との付き合い方

保育園のママ友とは、朝や夕方に顔を合わす程度です。子供のお迎え時に見かけたら、笑顔で挨拶をするようにしましょう。誰でも挨拶をされて嫌な人はいませんし、仕事を持っているママは細かい部分にまで気を使っている余裕がないため、それだけで上手な関係が築けます。

幼稚園ママとの付き合いは、朝に笑顔で挨拶をするところからはじめましょう。もし挨拶も無視されてしまうような場合は、さらっと挨拶してその場を離れましょう。幼稚園はバスを利用せず送り迎えする対処法もあります。気が合わないママとは無理にお付き合いせず、ママ友がいなくても今だけと割り切ってしまうことも大切です。

ママ友にランチや飲み会に誘われたら

家庭の都合で行けない場合や、自分が気乗りしない場合もあります。そんな場合は「習い事なので」「今日はお出かけなので」などさりげなく断りましょう。毎回断っていると誘われなくなる可能性もあるため、毎回断るのは避けた方が良いでしょう。

ママ友に疲れると感じたら

ママ友との付き合いに疲れたら、あえて距離をおきましょう。ママ友との付き合いは一時だけで、一生続くわけではありません。本当に気の合うママ友ができるまでは、いらないと割り切ることも必要です。

まとめ

現代のママたちはママ友との付き合い方に悩んでいる方が少なくありません。本当は止めたいと思いながらも、子どものためと割り切って付き合っている方も多いようです。

ママ友を作るか作らないかは人それぞれの考え方で、重荷になったらきっぱり付き合いを止めてしまうのもひとつの方法なのです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


幼稚園のママ友、適度な付き合い方は? 大変だと感じること6選

幼稚園のママ友、適度な付き合い方は? 大変だと感じること6選

子ども同士の付き合いで、ママ友とも付き合いが必要になるときはありますよね。ママ友社会は独特なルールが存在し、いろいろと付き合いも大変? 今回はそんな気になるママ友事情についてまとめてみました。


本当は行きたくないママ友ランチ…参加した時の注意点や上手な断り方

本当は行きたくないママ友ランチ…参加した時の注意点や上手な断り方

ママ友ができると気になるのが「ママ友ランチ」です。テレビドラマなどでもママ友がランチをしている姿が登場することがあるため、気になる方も多いのではないでしょうか。ママ友を作るのは構わなくてもランチ会への参加は時間もお金もかかるため、どのくらいの頻度なのか知りたいところです。今回は、ママ友ランチの実態を紹介します。


ママ友募集!サイトで気楽な探し方。メリットデメリットは?

ママ友募集!サイトで気楽な探し方。メリットデメリットは?

子どもができると周りで気になるのが、ママ友の存在でしょう。周りでママ友をさりげなく作っている人の姿を見てしまうと、どうやって作っているか気になるものです。本当はママ友を作りたいのにどうやって探したらよいのかわからないママに、最適な方法を紹介します。


夫がブラックリストに載ってる!?  家族への影響は?ローンは組める?

夫がブラックリストに載ってる!? 家族への影響は?ローンは組める?

夫がブラックリストに載っていることを知った時、あなたならどうしますか?ブラックリストに載ってしまうと、生活にどのような影響が出るのでしょうか。載ってしまった記録は消せるのかなど、ブラックリストに関する基礎知識をまとめました。


これってアリなの? よそのママがしていたビックリ言動

これってアリなの? よそのママがしていたビックリ言動

ママになってから、自分の子どもと同じ歳くらいの子を連れたママの行動が気になる時はありませんか? 他のママの育児方法を参考に…と思っていたら「そりゃないよ!」と思わずドン引きしてしまった経験があるかを質問してみました。 


最新の投稿


子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供の練習用ピアノの選び方。ピアノの種類とそれぞれの特徴は?

子供にピアノを習わせたい時、まず欠かせないのが自宅で練習するためのピアノ選び。アップライトピアノか電子ピアノ、どちらが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回、この2種類のピアノの特徴も含め、子供の練習用のピアノの選び方についてご紹介します。


子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

成長にともない、「自転車に乗れるようになりたい」と思い始める子供も多いはず。そんなモチベーションが高い時こそ、自転車が上達しやすい絶好のチャンスです。ぜひ、自転車の練習の準備をしてみましょう。今回は、自転車の練習方法や上達するためのポイントについてご紹介します。


幼児も楽しく覚える!とっておきの時計の教え方とは?

幼児も楽しく覚える!とっておきの時計の教え方とは?

子どもが時計を読めるようになると、「〇時になったらごはんの時間」「〇時〇分までにお片付けしよう」などの声掛けができるため、生活にメリハリが付き、子どもも自分の行動の予定を立てられるようになります。時計の読み方を教えたいけれど、教え方が分からないという方のヒントをご紹介します。


折り紙は幼児期から始めよう。メリットや教え方、おすすめの本など

折り紙は幼児期から始めよう。メリットや教え方、おすすめの本など

雨の日でも楽しめる折り紙は、親子で楽しめる知育遊びとして人気があります。折り紙は幼児期の子どもにとってどのようなメリットがあるのでしょうか?幼児期からスタートしたい折り紙ですが、教え方が分からないという方も多いものです。幼児への折り紙の教え方や折り紙の取り入れ方をご紹介します。


食事のあいさつはいつから教える?赤ちゃん・子供の食事のしつけについて

食事のあいさつはいつから教える?赤ちゃん・子供の食事のしつけについて

食事のあいさつや合掌など、食事のしつけはいつから始めればよいのでしょう。気になっているママも多いかと思います。赤ちゃんや子供のうちから身につけさせたい食事のしつけポイントや、年齢別の進め方、成功しやすい教え方などをご紹介します。