ママのための悩み解決サイト


【医師監修】安定期って何週目からいつまで? 妊娠安定期の症状と過ごし方

【医師監修】安定期って何週目からいつまで? 妊娠安定期の症状と過ごし方

妊娠したら、「安定期までは無理をしないように。」「安定期に入ったら、周りに報告しよう。」「もうすぐ安定期くるから、頑張れ! 」などとよく耳にする安定期。 でも「安定期の意味や期間って?」「何ができて、何に気をつければいいの?」と疑問もたくさんあるはず。そこで今回はそんな疑問について、わかりやすくまとめました。


【医師監修】妊娠5ヶ月で性別判明?ママがやっておくべき4つの事

【医師監修】妊娠5ヶ月で性別判明?ママがやっておくべき4つの事

妊娠5ヶ月は、妊娠期間中で最も過ごしやすい「安定期」に入ります。性別が分かる頃なので、健診を楽しみにしているご夫婦も多いでしょう。この時期にお母さんに現れる症状や平均体重、お腹の大きさについてお話します。お腹の赤ちゃんの状態、しておきたいことなどもご紹介するので参考になれば幸いです。犬の日に行く安産祈願の情報も必読です


【医師監修】妊娠34週目で気をつけたい注意点は?  体の変化・必要なこと

【医師監修】妊娠34週目で気をつけたい注意点は? 体の変化・必要なこと

妊娠28週目からは「妊娠後期」と呼ばれています。今回は、妊娠34週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化のほか、必要なことや注意点をお伝えします。


【医師監修】妊娠線ができる本当の原因は? ケアを始める時期と方法

【医師監修】妊娠線ができる本当の原因は? ケアを始める時期と方法

約9割の妊婦さんができると言われている妊娠線。一度できると跡が消えにくくなってしまう妊娠線はとにかく予防が大切です。妊娠線ができる原因は個人差がありますが、予防することは可能です。多くの妊婦さんが悩むかゆみの原因や対処法も合わせてお伝えします。


【医師監修】妊婦ダイエットの8つの方法と太り過ぎの危険性

【医師監修】妊婦ダイエットの8つの方法と太り過ぎの危険性

妊婦が太り過ぎてはいけない理由はママにも赤ちゃんにも危険が及ぶため。こちらでは妊婦の太り過ぎによるその出産のリスクと、妊婦が行っても安全なダイエット方法をご紹介します。まずは太り過ぎの目安となるBMIでご自身の今をチェック。つい太り過ぎてしまう原因や、太り過ぎを回避するために出来る生活習慣のポイントもおさえましょう。


【医師監修】妊婦の体重管理に役立つ5つの食事方法と運動

【医師監修】妊婦の体重管理に役立つ5つの食事方法と運動

妊娠中、体重が増えすぎると焦ってしまいますよね。つわりが軽くなって食欲も増し、気づくと血圧や血糖に影響がでることも。体重管理はとても大切ですが、闇雲に減らすのも問題です。普通の減量ブログで紹介されているようなダイエットは避けましょう。今回は妊婦さんが適正体重を保つための食事&運動をご紹介します。


【医師監修】母乳っていつまであげていいの? 卒乳のタイミングとは

【医師監修】母乳っていつまであげていいの? 卒乳のタイミングとは

母乳育児をしていると、いつまで母乳をあげるべきか迷ってしまいます。卒乳の時期をいつにするか悩んでいるなら、適切な時期と母乳を与えるメリットを理解してみましょう。その子供にも適切な卒乳の時期がありますから、無理せずにマイペースに取り組んでみてください。


【医師監修】妊娠中の体重管理は重要! 体重増加推移の目安は?

【医師監修】妊娠中の体重管理は重要! 体重増加推移の目安は?

妊娠中には、理想とされる体重の増加推移があります。今回は妊婦さんの体重の管理方法をお伝えします。


【医師監修】妊娠初期の過ごし方とは?食事や生活上の4つの注意点

【医師監修】妊娠初期の過ごし方とは?食事や生活上の4つの注意点

女性にとって妊娠と出産は、人生の中でも一大イベントです。これからどのような生活が始まって、どんな風に過ごせば良いのか、初産の人にとっては不安が募るでしょう。妊娠中は、ゆったりとストレスなく、楽しく過ごせるのが一番です。経産婦さんにとっても、今一度復習の意味を込めて「妊娠初期の過ごし方と注意点」についてお話しします。


【医師監修】妊婦のお腹の張りと陣痛を見分ける5つのコツ

【医師監修】妊婦のお腹の張りと陣痛を見分ける5つのコツ

妊娠中期から臨月になるとほとんどの人が体験するお腹の張り。初めての妊娠だと「陣痛?」と焦ることも。どうして臨月になるとお腹が張ることが増えるのでしょうか? 原因や陣痛との違い、苦しいときの解消法などについてご紹介していきます。「便秘や下痢のせい?」、「陣痛じゃなく胎動?」など気になる疑問にも答えます。


【医師監修】死産する確率は? 妊娠後の胎児が死産(誕生死)する原因と兆候

【医師監修】死産する確率は? 妊娠後の胎児が死産(誕生死)する原因と兆候

死産という過酷な現実は、小さな命が宿ったその時から誰にでも起こり得る事実です。助かる命が増える一方で、未だに自らの不摂生が原因となって死産や誕生死などが引き起こされる場合も。死産する確率と、妊娠後に胎児が死産する原因や兆候についてまとめました。赤ちゃんの健やかな成長を願うからこそ、その存在から目をそらしてはいけません。


【医師監修】放っておくと危険!? 生理不順を改善する方法3つ&食べ物5つ

【医師監修】放っておくと危険!? 生理不順を改善する方法3つ&食べ物5つ

女性の心と身体の健康を示すバロメーターでもある「生理」。そんな生理が乱れてしまうのが「生理不順」です。生理不順は放っておくと、身体に危険信号が……。女性の身体は実はとてもデリケート! 心と身体のバランスをしっかり保って、笑顔で毎日を過ごしたいですよね。生理不順改善に効果のある食べ物を、是非食事に取り入れてみて下さい。


【医師監修】妊娠中に動悸が起きやすいのはなぜ?原因と対策

【医師監修】妊娠中に動悸が起きやすいのはなぜ?原因と対策

妊娠中は、体調変化が起こりやすいもの。胸がドキドキしたり、息切れ、中にはたちくらみなどの症状に悩まされる方もいることでしょう。妊娠中、お腹の赤ちゃんは大丈夫なのか心配ですよね。このような症状にはいくつかの原因があり、対策もあります。今回は、そんな妊娠中の動悸と原因、対策についてみていくことにしましょう。


【医師監修】妊婦の鉄分補給に役立つ6つの栄養素とは?

【医師監修】妊婦の鉄分補給に役立つ6つの栄養素とは?

妊娠すると、どんどん変わっていく自分の身体。大きくなっていくお腹を眺める幸福感と反対に、変わっていく身体へ不安や戸惑を感じますよね。今回ご紹介する「貧血」もそのひとつ。女性にとっては慣れた悩みのように思えますが、妊娠するとその症状はより悪化してしまいます。たかが貧血……と侮らずに、しっかり対策をしていきましょう!


【医師監修】妊婦が食べても大丈夫? 妊娠中にあさりや貝類を食べるときの注意点

【医師監修】妊婦が食べても大丈夫? 妊娠中にあさりや貝類を食べるときの注意点

妊娠すると、日々の食事にも気を遣わなければならなくなりますよね。たとえば生ものは、感染症や食中毒を引き起こす恐れがあるので、妊娠中は控えるように推奨されています。でも一番大切なのは、正しい知識をつけ、できるだけストレスなく食事を楽しむことです。今回は、あさりや貝類を食べるメリットや注意点をご紹介します。


【医師監修】妊娠後期のおりものは色やにおいが変わる? 変化や特徴まとめ

【医師監修】妊娠後期のおりものは色やにおいが変わる? 変化や特徴まとめ

おなかも大きくなり、出産が近づく臨月間近の妊娠後期。このころになると、おりものの変化に悩む妊婦さんも増えてきます。おりものは、体の変化をみるバロメーターでもあります。日頃から気をつけるようにしましょう。もし、おりものの状態に不安であれば、診察を受け、必要であればおりも検査なども受けるようにしましょう。


【医師監修】排卵障害の主な原因・症状・検査方法は? 治療で治る?

【医師監修】排卵障害の主な原因・症状・検査方法は? 治療で治る?

排卵が正常に起こっていない「排卵障害」は、女性の不妊原因の約30%を占めると言われています。ここでは、排卵障害の原因やその症状、治療法などをご紹介します。


【医師監修】プロゲステロン(黄体ホルモン)数値が低い原因と、正常値に増やす方法

【医師監修】プロゲステロン(黄体ホルモン)数値が低い原因と、正常値に増やす方法

妊娠を望む女性ならば誰もが黄体ホルモン(プロゲステロン)という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。黄体ホルモンは妊娠には必要不可欠なもの。しかしながらその値が足りない場合は、補う必要があります。今日はその方法についてお話しします。


【医師監修】妊娠中はどんな飲み物がいいの? 飲んではいけないものはある?

【医師監修】妊娠中はどんな飲み物がいいの? 飲んではいけないものはある?

妊娠中は、しっかりと水分補給をすることが大切です。でも、お母さんが口にしたものが、赤ちゃんに影響することを考えると、何を飲めば良いのか、と悩んでしまう人もいるかもしれません。そこでここでは、妊娠中に気をつけるべき飲み物と、オススメの飲み物をご紹介していきます。


【医師監修】いつから? 会社を産休する時の必要書類一覧と手続き、流れ

【医師監修】いつから? 会社を産休する時の必要書類一覧と手続き、流れ

妊娠すると、働いている女性にとっては体調の変化などで、周りの人に申し訳ないと思ってしまう状況も増えますよね。その会社で産後も働きたい場合は、事前の産休の申請手続きも必要になります。書類の不備や洩れなどのないスムーズな申請を行うためにも、押さえておきたいことをご紹介していきます。