残ったシチューが大活躍! シチューの時短リメイクレシピ

残ったシチューが大活躍! シチューの時短リメイクレシピ

子どもにも大人にも人気のメニューといえば、シチューを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 心も体も温めてくれるシチュー。つい作りすぎてしまうので、たくさんの別料理に変身させて楽しんでいます。時短にも役立つおいしいシチューのアレンジレシピをまとめていますので、参考にしてくださいね。


【シチューの活用術①】薄く冷凍してそのまま調理

シチューを冷凍している方も多いかと思いますが、冷凍する時にはできるだけ薄くして、冷凍するのがおすすめです。温め直さずに、そのまま使うことができるので、アレンジの幅が広がります。

アレンジしやすくするために、シチューを平たくして冷凍

【アレンジ】ラザニア

シチューのアレンジ:ラザニア
Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私が、シチューを冷凍する時に使っているのは、セリアのしっかりパック400ml(2個セット)です。パックの中で、薄くシチューを伸ばしてラップで包みます。薄いので、1パックに2~3回分保存することができます。

冷凍した薄いシチューは、重ねる料理に使いやすいです。ラザニアの生地とホールトマトと冷凍シチューを交互に重ねて、オーブンで焼けば簡単にラザニアを作ることができます。

トマトクリームのような味になるので、いつもと違ったラザニアを楽しめますよ。

【アレンジ】お弁当のおかず

シチューのアレンジ:お弁当のおかず

薄く冷凍したシチューは、好きなサイズに折って使うこともできます。お弁当のおかずなど、少量だけ使いたい時にとっても便利。お弁当用カップの上にじゃがいもやブロッコリーなどの野菜を入れて、折ったシチューとチーズをのせて、トースターで焼けば立派なお弁当おかずになりますよ。

【シチューの活用術②】細く冷凍して、コロッケの具やオムレツに

アレンジしやすくするために、シチューを細長くして冷凍

広げたラップの上にシチューを入れ、細長くキャンディ包みにして冷凍しておくのもおすすめ。形を活かして、そのまま料理にすることができるので、とても便利です。

【アレンジ】コロッケ

シチューの冷凍といえば定番かもしれませんが、簡単にクリームコロッケが作れていいですよね。細長く冷凍したシチューに、そのまま小麦粉・卵・パン粉をつけたら揚げるだけです。

シチューのアレンジ:クリームコロッケ

写真は、シチューに少し水溶き片栗粉を入れてから冷凍したものです。片栗粉を入れておくと、崩れにくくなるので、お弁当にも入れやすくなります。

【アレンジ】オムレツ

オムレツの具にも便利です。フライパンに卵を入れたら、そのまま冷凍シチューを入れて卵で包むだけです。

シチューのアレンジ:オムレツ

ソースを作ってオムレツにかけるより、洗い物も楽な気がします。

【シチューの活用術③】そのまま活用、翌日の朝食やランチに

細かく冷凍するのが面倒なときは、そのまま翌日の食事準備の時短に活用してしまいましょう。

【アレンジ】キッシュ

残ったシチューに卵を混ぜます。ケーキの型などの耐熱容器に、食パン(耳のないもの)を並べ、卵と混ぜたシチューを入れたら、チーズをのせてオーブンで焼くだけで、キッシュができあがります。

シチューのアレンジ:キッシュ

シチューを温め直して食パンと一緒に出すのと、さほど中身は変わりませんが、手間をかけたように見えるので得した気分になります。

また、いろいろな野菜と相性がいいので、冷凍ほうれん草やブロッコリー、玉ねぎやピーマン、缶詰のコーンなど、冷蔵庫に中途半端に残った野菜があれば、一緒に入れてみるのはいかがでしょうか? 冷蔵庫もスッキリ、キッシュは豪華になって一石二鳥です。

【アレンジ】シチューパン

パンの中身をくりぬいてシチューを入れて、焼いて食べるのも美味しいです。

シチューのアレンジ:シチューパン

私は崩れにくいフランスパンを好みの長さに切って使っています。

まとめ

アレンジの方法が分かれば、一度の手間でたくさんの料理が作れるので、時間だけでなく気持ちにも余裕ができます。また、余ったものを続けて食べるよりも、食事を楽しむことにもつながります。

今回のアイデアで、日々の調理が少しでも楽になれば嬉しいです。

この記事のライター

ライフオーガナイザー(R)/リユースマスター(R)の佐藤美香です。中3、小6、2歳の娘がおります。子どもが自分で出来る・家族が分かりやすい収納をご提案しています。

Webサイト:https://aika-katazuke.com/

関連するキーワード


専門家 料理

関連する投稿


春の最強コラボ! アスパラガスの桜エビパン粉焼き【二十四節気の時短レシピ】

春の最強コラボ! アスパラガスの桜エビパン粉焼き【二十四節気の時短レシピ】

3月21日より、暦の上では「春分」になりました。昼と夜の時間がほぼ等しくなり、本格的に春がスタートする時期になりますね。今回は、春分の頃に食べるといい時短料理ということで、アスパラガスの桜エビパン粉焼きのレシピをお届けします。


自分で片づけられる! 無理をしないランドセル収納のつくり方

自分で片づけられる! 無理をしないランドセル収納のつくり方

春は新入学や進級に合わせてお子さんのスペースを整えたい時期。でもどんな収納方法でどこに置いたら使いやすいのか、迷うこともありますよね。そこで今回は、ランドセル収納づくりのヒントをお伝えします。


普通の雑巾より圧倒的に使いやすい! 100均のオススメ拭き掃除グッズ

普通の雑巾より圧倒的に使いやすい! 100均のオススメ拭き掃除グッズ

100円ショップでは、拭き掃除に役立つ便利なお掃除グッズがたくさん売られていますよね。中には洗剤不要でキレイになるものもあり、使い分ければ、普通の雑巾よりも素早くキレイに仕上がります。どの道具をどんな時、どんな場所に使うのが効果的なのか、日々の暮らしに役立つお掃除グッズをご紹介します。


新生活応援! 狭い部屋を少しでも広く見せる6つの方法

新生活応援! 狭い部屋を少しでも広く見せる6つの方法

広い部屋や素敵なインテリアを見て「いいな」とは思いつつも、自分の部屋は狭いからしょうがない……なんて、あきらめていませんか? 引っ越さない限り部屋は広くはなりませんが、それでも広く見せる方法はあります。快適な空間を作るために、部屋を広く見せる方法を6つご紹介します。


我が家で取り外してラクになった備え付け品5選

我が家で取り外してラクになった備え付け品5選

備え付けられているお家のあれこれ。備え付けられているものだから、と無理に使おうとしていませんか? ラクに家事をしたいのに、それらに合わせて掃除や収納を頑張るのでは本末転倒。もしかしたら、今ある備え付け品は取り外すことができるかもしれません。我が家で取り外した備え付け品と、その効果をご紹介します。


最新の投稿


ダイソンの掃除機はどうして人気? 3タイプの特徴と目的別の選び方

ダイソンの掃除機はどうして人気? 3タイプの特徴と目的別の選び方

吸引力が変わらないというキャッチコピーに魅かれた人も多い、ダイソンの掃除機。今回は、人気の理由に迫ります。また、ダイソンにはいくつかの種類があることをご存知ですか? それぞれの掃除機について説明すると共に、ダイソンの掃除機の選び方についても紹介していきます。


タイルの目地にロウを塗るだけ! お風呂場のカビを予防する裏技

タイルの目地にロウを塗るだけ! お風呂場のカビを予防する裏技

湿気が多いお風呂場は、ちょっと油断するとカビが発生してしまいやすい場所です。とくにタイルの目地は皮脂や水分が流れずにたまりやすいため、繁殖した雑菌がカビとなってしまうことがよくあります。そこで今回は、お風呂場のカビ対策を特集。あるものを塗るだけでカビの発生を予防する裏技をご紹介します。


コストコの買い物では店内マップを確認すべき? 効率よく回るコツ

コストコの買い物では店内マップを確認すべき? 効率よく回るコツ

コストコは、とても人気がある会員制のスーパーなので、とても混雑していることがよくあります。でも、コストコの店内マップを確認して、混雑を避け効率よくお買い物をすることができれば、ストレスがなく、買い物を楽しめますよね! この記事では、効率よく回る方法について紹介していきたいと思います。


新生活応援! 狭い部屋を少しでも広く見せる6つの方法

新生活応援! 狭い部屋を少しでも広く見せる6つの方法

広い部屋や素敵なインテリアを見て「いいな」とは思いつつも、自分の部屋は狭いからしょうがない……なんて、あきらめていませんか? 引っ越さない限り部屋は広くはなりませんが、それでも広く見せる方法はあります。快適な空間を作るために、部屋を広く見せる方法を6つご紹介します。


未就学児の登園準備、どう始めたらいい? 最初の3ステップ

未就学児の登園準備、どう始めたらいい? 最初の3ステップ

収納法から時間管理まで、入園前に知っておくと楽になる最初の3ステップをご紹介します。年少から年長の3年間を振り返って、大事だったポイントを合わせてご紹介するので、ぜひ一緒に読みながら進んでみてください! 未就学児のお子さんがいるご家庭は要チェックです。


ふとんリネット