【100均】開き戸タイプの収納におすすめ! 扉裏のワイヤーネット収納

【100均】開き戸タイプの収納におすすめ! 扉裏のワイヤーネット収納

開き戸の収納に関して「もっとスペースを有効に使いたい!」「収納スペースが足りない!」そんなお悩みはありませんか? 今回おすすめするのは、場所に合わせてカスタマイズできて、使い方は無限大な、お値段以上のワイヤーネット収納。その便利さに、開き戸収納を見つけたら取り付けずにはいられなくなるかも!?


こんにちは。ライフオーガナイザーの前田梨絵です。

洗面化粧台の下や、キッチンのシンクやコンロの下、食器棚などによくある開き戸タイプの収納。引き出しタイプの収納に比べると、使うのが少し難しいようにも感じている人も多いようです。

そんな開き戸タイプ収納の扉裏に、我が家では100均のワイヤーネットを取り付けて活用してみると、使い勝手が格段とよくなりました。

今回は、そんなお値段以上のワイヤーネット収納をご紹介したいと思います。

使いやすくするには? 使うのを難しく感じる理由

開き戸タイプの収納が引き出しタイプの収納に比べると、多くの人が使いこなすのに難しいと感じますよね。なぜなのでしょうか? 理由を考えてみると、使いやすくするために自然と工夫していることがありました。

【開き戸収納が難しい理由①】
高さがあって、そのまま入れると上の方にデッドスペースができてしまう。

【使いやすくするための工夫】
棚板を入れたり、コの字ラックなどで高さをわけたりして使う。

【開き戸収納が難しい理由②】
手前のものを動かさないと、奥のものが取り出せない。

【使いやすくするための工夫】
ケースなどにまとめて、引き出すようにして奥のものを取り出す。

【開き戸収納が難しい理由③】
ケースにまとめると、奥のものは取り出しやすくなるものの、扉を開けてケースを引き出すという動作が必要になり、ワンアクションで取り出せない。

【使いやすくするための工夫】
扉裏にワイヤーネットを取り付けることで、扉を開ければすぐに取り出せる、ワンアクション収納をプラス!

そんな使いやすく収納力もアップするワイヤーネット収納ですが、我が家ではこんなところに設置しています。

ワイヤーネット収納①キッチンにある食器棚の扉裏で

【材料】
・26cm×51cmのワイヤーネット 1枚
・ワイヤーネット用カゴ 2つ

【かかった費用】
330円

毎朝お弁当と一緒に持って行くスティックコーヒーや、よく飲む紅茶のティーバッグなどを収納しています。ポイントは、ワンアクションで取り出せるように、箱の上部をカットしておくこと。
忙しい朝にも、ワンアクションで取り出せるのはとても便利で、多少ゴチャゴチャしていても扉を閉めてしまえば見えないのも助かります。ワイヤーネットにセットできるカゴは、さまざまな大きさや形のものが売られているので、使うものの大きさに合わせて、大きさや位置をカスタマイズできるので、使いやすいと感じています。

ちなみに、扉の位置も低く、子どもでも簡単に取り出せるので、我が家では息子が牛乳と紅茶のティーバッグを電子レンジで温めて、大好きなチャイを作ってくれることもありますよ。

ワイヤーネット収納②洗面化粧台下の扉裏で

【材料】
・33cm×33cmのワイヤーネット 1枚
・ワイヤーネット用カゴ 3つ

【かかった費用】
440円

洗面台を洗うメラミンスポンジや、子どもの靴洗いセット(ブラシ・ウタマロ石鹸)、おしゃれ着洗い洗剤などを収納しています。これくらい簡単に取り出せないと、洗面台が汚れていても「ま、いっか」と先延ばしになってしまいそうなので、やりたくない家事にこそオススメの収納法です(笑)。

洗面台を掃除するのに使ったメラミンスポンジやブラシは、軽く水を切ってワイヤーネットのカゴに戻します。通気性がよく、完全に乾いていなくてもしまえるのがポイントです。

ちなみに、ワイヤーネットは、100均のミニフックを上下2つほど貼り付けて、そこに引っ掛けるようにして取り付けています。とても便利な扉裏のワイヤーネット収納、開き戸タイプの収納を見つけたら、取り付けずにはいられなくなるかもしれませんよ。

まとめ

気軽に取り付けられて、入れたい物に合わせてカスタマイズできるとても便利なワイヤーネット収納。多少ごちゃごちゃしていても、扉裏なら目につかず、そのうえ扉を開けるとワンアクションで取り出せるのでおすすめですよ。
ぜひ試してみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

兵庫県猪名川町のライフオーガナイザー
内装業を営む夫と小学生の息子の3人暮らし。

関連するキーワード


専門家 100均 収納

関連する投稿


空前のアウトドアブーム! 100均アイテムで目指せ「おしゃれキャンプ」

空前のアウトドアブーム! 100均アイテムで目指せ「おしゃれキャンプ」

コロナ禍でいろいろと制限のある中、今ブームに火がついているのはキャンプやBBQなどのアウトドア! しかし、本格的にアウトドアグッズを揃えるのはお金がかかりますよね……。そこで今回は、100均アイテムで揃えるキャンプグッズや、持っていると便利なお役立ちグッズなどをご紹介したいと思います。


100均アイテムを使った階段下収納で、出し入れしやすくスッキリ整理できました!

100均アイテムを使った階段下収納で、出し入れしやすくスッキリ整理できました!

物で溢れてパンパンになりがちな「階段下収納」。階段下スペースのため、お宅によってはいびつな構造になっていますし、なかなか上手に活用できないという悩みもあるのではないでしょうか。今回は我が家の実例を交えながら、階段下の収納アイディアと、オススメ100均グッズをいくつかご紹介したいと思います。


ごちゃつくコード収納がスッキリ! わが家のシンプルな仕組み

ごちゃつくコード収納がスッキリ! わが家のシンプルな仕組み

暮らしのインフラとも言えるスマホやタブレットやPC。これらをWi-Fiで便利に使うのにはルーター類とたくさんのコードが必要。しかし黒いコードが床の上に散らばっているだけで、見た目も片付いていないように見えてしまうし、ホコリが溜まってもよろしくありませんよね。今回はわが家が取り入れている、シンプルな方法をお伝えします。


ゴミ袋の整頓にセリア「キッチン消耗品ケース」が使える理由

ゴミ袋の整頓にセリア「キッチン消耗品ケース」が使える理由

レジ袋の有料化に伴い、ゴミ袋の購入が増えたご家庭は多いと思います。毎日のように使うゴミ袋、使いやすくきれいに収納管理するために一役買ってくれるケースをセリアで見つけましたので、ご紹介したいと思います。


母子手帳や診察カードをスッキリ整理! 100均アイテムで作る受診セット

母子手帳や診察カードをスッキリ整理! 100均アイテムで作る受診セット

子どもの病院受診って大変ですよね。窓口では診察券やら保険証やらを提出、具合の悪さでグズグズする我が子をあやしながらの受診に支払い……診察券やらお財布、処方箋に薬と、帰るころには大荷物! あっちを開けて、こっちを出してと大変です。今回はママ必見!100均アイテムでできる「子どもの受診セット」をご紹介します。


最新の投稿


【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。


#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

知らない土地でワンオペ育児。孤独に押しつぶされそうになる心を支えてくれるのは、同じ悩みをもつママ友だった‼ 何度も親子で遊ぶほど仲良くなったママ友だけど…本当に信じて大丈夫? ちなきちさん『その人って本当に、ママ友ですか?』(KADOKAWA)の一部から、驚愕せずにはいられないママ友事情をお届けします。


【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

Instagramで子育て漫画を発信されるゆきにゃ氏さん。ゆきにゃ氏さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

赤ちゃんの顔に、いつのまにか引っかき傷ができていてビックリ! なんて経験のあるママは多いのではないでしょうか。赤ちゃんは、顔や体を引っかいてしまうことがよくあります。そこで今回は、引っかき傷の原因や対処法についてまとめました。




コストコ 買い物 専門家 100均 ダイソー