"やめない方がラク"もある!? キッチンで「やめた家事・やめない家事」

"やめない方がラク"もある!? キッチンで「やめた家事・やめない家事」

毎日の家事は大変! なかでもキッチンの家事はいろいろありますよね。少しでもやらない家事・なくてもいいものを見つけたい……。今回は私が実際試してみて、やめてよかった家事、やめない方がラクだった家事を、理由とともにご紹介します。


Getty logo

こんにちは。鎌倉のライフオーガナイザー®むかいはらゆかです。

忙しいママにとって、毎日の家事は少しでも減らしたいところ。特にキッチンではやることが多く、材料を洗って切るところから生ごみの処理まで多岐に渡るので、そのなかの1つでも減らせたらラクになりますよね。またキッチンにはグッズがたくさんあり、グッズを減らすことも家事の負担軽減につながります。

私も日々の家事のなかで、キッチンで"やらなくてすむこと""減らせそうなもの"を探し、実践しています。その結果、やらなくて大丈夫だったこと=「やめた家事」と、私にとって必要だったもの・こと=「やめない家事」がありましたので、今回ご紹介します。

これはやらなくても大丈夫だった! 「やめた家事」

やめた家事は、次の3つです。
・野菜の皮むき
・ミカンの皮を干す
・お米の研ぎ汁の再利用

1つずつ理由を説明します。

野菜の皮むき

ニンジンをたわしで洗っているところ

まっさきにやめたのが「野菜の皮むき」です。にんじん・大根・新じゃがなど、皮をむかなくても食べられそうなものは、むかずにタワシでよく洗ってそのまま切っています。時短にもなり、生ごみが減り、栄養価もちょっぴり高くなるのでいいことづくめです。家族も気にせず食べてくれるので、ほとんど皮むきをしなくなりました。

ミカンの皮を干す

ザルにみかんの皮を干しているところ

ミカンの皮を干すとゴミに出すとき軽くなり、量も減ります。干した皮を入浴剤として使うこともできます。"エコで丁寧な暮らし”のイメージがあり、一時期玄関に干していました。

ですが、干した皮が玄関を通るたびに見えているのが、見栄え的にちょっとイヤ……。またいちいち玄関に持っていったり、カラカラに乾燥したらガーゼに包んでお風呂に入れたり、浴室から濡れた皮をキッチンに運んで捨てたり、という行程も手間で、今ではほとんどやっていません。

お米の研ぎ汁再利用

お米のとぎ汁をプランターの植物にかけているところ

お米の研ぎ汁には栄養分が含まれていて、植物の水やりに使うといいそうです。どこかでそれを知ってから、節約にも節水にもなってエコ! と思って1年くらいやっていました。

ですが、
・お米を研ぐ時間と植物の水やりの時間が合わない
・研ぎ汁を洗いおけに入れて持っていくのが大変
・研ぎ汁をペットボトルにとっておくと見た目が悪くにおいも気になる
などの理由から、やめました。

いくらエコで節約できるとしても、快適に手間なくできることでないと続かない、と実感しました。

スッキリするけれど必要なので「やめない家事」

やめた家事がある一方で、やめられなかったこともあります。次のキッチングッズ3つは手放すことができず、そのお手入れは必然的に「やめない家事」ということになりました。

・洗いおけ
・三角コーナー
・キッチンマット

それらの手入れは必要なので、なるべく洗いやすく使いやすいグッズを選びました。やめない理由と使っているグッズをご紹介します。

洗いおけを洗う

シンクの中のステンレスの洗い桶にお皿を入れるところ

「洗いおけ」は、キッチンをスッキリ片づけたいとき、また家事の負担を減らしたいときにまっさきに不要と思われるグッズのひとつです。洗いおけがなければ洗いおけを洗う手間が減るし、見ためにスッキリしますよね。

私も何度も「洗いおけなし」にチャレンジしてみました。ですが、私にとってはやっぱり必要!

お餅のついたお皿を水につけて汚れをゆるめたり、大きな白菜を洗ったりするときには、代用のボウルでは小さく、洗いおけの大きさと形が重宝するのです。またボウルの場合は出し入れが必要になりますが、その点洗いおけはシンクに置きっぱなしにできるので、実はラク。

プラスチック製の洗いおけは、汚れが落ちにくくステンレスのシンクのなかで目立つので、洗いやすくシンクになじむステンレス製を愛用しています。

ステンレス洗い桶 D型(WLF Dガタ)

¥ 828

(2020/1/23 時点)

生ゴミを入れる"三角コーナー"を洗う

キッチンの角の丸い蓋付きゴミ箱にたまごの殻を入れるところ

「三角コーナー」もキッチンからなくしたいものの筆頭ですよね。なければ、においに気を使うこともなく、見ためもスッキリしてお掃除もしやすくなります。

私も「三角コーナーなし」を何度かやってみましたが、そのたびに「三角コーナーは必要」という結論に。わが家ではキッチンの生ゴミは朝晩の食事の用意のときだけでなく、家にいてお茶やコーヒーを飲んでも発生します。そのたびに、ゴミ袋を用意して生ゴミを捨てるのはちょっとめんどうでした。私としては、キッチンの片隅にあって1日そこに生ゴミを入れて、夜1回ゴミをまとめて捨てる方がラクだと気づきました。

三角コーナーをやめない代わりに、フタ付きで置いていてもサマになるものを探して使っています。

イデアコ フタ付きゴミ箱 チューブラー フラット20 ホワイト2.2L 「ワンプッシュで開閉」

¥ 2,200

(2020/1/23 時点)

キッチンマットのお手入れ

透明なキッチンマットのあるキッチン

キッチンマットも、減らしたいけれど減らせなかったもののひとつ。なくしてしまうと床への油はねや水はねが気になり、その掃除が大変なので、私はあるほうがいいです。

洗う手間がかかるので、透明のビニールタイプのキッチンマットにしたら、お手入れが楽になり、見ためもスッキリ! キッチンマットはなくせなかったけれど、「キッチンマットの洗濯」という家事はなくせました。

キッチンマット クリア PVC

¥2,880

(2020/1/23 時点)

まとめ

以上、わが家のキッチンにおいて「やめた家事」と「やめない家事」をご紹介しました。

やめることでラクになるものもありますが、やめないほうが実はラクだということもありました。何でもかんでも「やめることがいい」というのではなく、それが自分にとって必要であればやめない、不要なことや負担になることはやめる、その基準を自分で持つことが大切だと思います。

あなたの心地よい暮らし作りの参考になればうれしいです。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®/一級建築士/インテリアコーディネーター

[片づけサポートnecco home]として、コンサルティング・ご自宅片づけサポート・少人数での片づけレッスンなどを行っています。

「忙しい子育てママこそ”片づく仕組みづくり”が大事。片づけはささっと終わらせて自分や家族との時間を楽しんでほしい」という思いで活動しています。

ブログでは片づけのヒントや、鎌倉でネコ4匹と子育てに奮闘する日々を綴っています。
ブログ:https://ameblo.jp/ikura-to-ume/

関連するキーワード


専門家 キッチン

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。