【実例】専門家が教える! シューズボックスの簡単掃除ポイント

【実例】専門家が教える! シューズボックスの簡単掃除ポイント

玄関はその家の顔であり、お客様に第一印象を与える大事な場所。ですが、掃除するタイミングをつい見逃してしまうのがシューズボックス。しかし実は、半年に一度程のお手入れで、ラクにキレイが保てるんです。今回は、玄関を快適な空間にするために、シューズボックスを掃除する方法についてお伝えします。


こんにちは、広島市のライフオーガナイザー®️木原ことのです。

玄関の整理整頓に、シューズボックスは欠かせないスペース。しかし靴を収める時に、毎回靴の裏の汚れを払うのはなかなかハードルが高いもの。

靴に付いたホコリや砂が落ちると、シューズボックス内にその都度汚れが溜まります。それに一日履いた靴を、すぐにシューズボックスに収めてしまうと、隙間のないシューズボックスであれば、湿度が上昇してしまいますよね。そうすると臭いが出てしまったり、カビが発生する原因にもなりかねません。

シューズボックスを半年に1回程のペースでお手入れしておくことで、快適な玄関を保つことができます。

そこで今回は、身近なところで揃うアイテムを使った、シューズボックスの掃除方法をご紹介します。

まずは全ての靴を出す

靴箱掃除

まずは全ての靴をシューズボックスから出しましょう。

出した靴は、場所がなければ廊下に新聞紙を広げて、場所を作りましょう。この時お天気が良ければ、直接日の当たらない風通しのいい場所で靴を陰干しすることをオススメします。陰干しすることで、靴に含まれた湿気を飛ばすことができますよ。

それだけで、カビ対策に。

掃除の順番のポイントは3つ!

靴箱掃除

まずは、掃除機やホウキで砂やホコリなどの汚れを取り除きます。その後はじめて、使い捨てペーパーにアルコールをスプレーして拭き取ります。

水ではなく、アルコールで拭くことで除菌の作用があります。棚板の上だけではなく、棚板の裏側や側面、扉まで拭きます。

拭き終わったら、靴箱の扉を開けた状態でしっかり乾燥させましょう。この時、窓や扉も開けて外気も通しておくのが理想的。水分が残っている状態で靴を戻してしまうと、カビが生える原因を作ってしまうからです。

靴箱掃除

換気している間にすること

靴箱掃除

この機会に、靴の底の汚れをブラッシングして落としておきます。

そしてしっかり乾いたら、出した靴を戻します。靴を収めるポイントは、靴と靴の間にゆとりを作ること。湿気を溜めないために、空気の通り道を作っておきます。

さて、お手入れの最中に、夫が履いていなかった靴を処分すると決心したようです。改めて手にとってみることで、気持ちの変化もあるようです。

キレイをキープするための2つのヒント

靴箱掃除

【履いた靴をすぐに収めないこと】
脱いだばかりの靴や雨の日に履いた靴をすぐに収めてしまうと、シューズボックス内に湿気が溜まり、カビが発生する原因にもなります。

一度履いた靴は玄関で半日程度乾かしてからシューズボックスに収めます。乾かすことで、靴に付いた汚れも落ちやすくなりますよ。

【晴れた日は換気すること】
晴れた日には靴箱の扉を開けて換気することで空気の入れ替えができますし、清潔な状態を保つことができます。

オススメの消臭・除湿対策!

靴箱掃除

わが家では、全ての靴に竹炭を入れています。竹炭は木炭よりも気孔の数が多く、調湿・脱臭作用に優れた効果を発揮します。これをオーガンジーの袋に入れて使います。

シューズボックス内に竹炭を置くことによって、シューズボックスを靴の乾燥室としています。しっかり消臭・除湿された靴は長く履くことができますよ。

竹炭は、ネットで購入しましたよ。

まとめ

靴箱掃除

一見、面倒そうな靴箱の掃除ですが、身近なアイテムで意外と簡単に行うことができます。玄関は家の顔であり、シューズボックスも玄関の一部。お客さまに中を開けて見せることはなくても、清潔感のあるシューズボックスだと、チラッと見えても堂々としていられます。

玄関は、家族が毎日使う場所、そしてお客様を迎え入れる大事なスペース。キレイな玄関を保つためにも、まずは靴箱の掃除から始めてみてはいかがでしょうか。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®

犬と心地よい生活を送るためのライフオーガナイザー®として60平米未満のマンションで夫と犬2匹と暮らしています。
お片づけサポートではお客様の立場にたって最適なサービスを提供することをモットーにお好みのインテリアが叶うご提案も行っております。
Webサイト:https://kiharaspace.com

関連するキーワード


専門家 掃除

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。