紛失しやすい「ペアもの」収納問題を解決【靴下・箸・髪ゴム・手袋】

紛失しやすい「ペアもの」収納問題を解決【靴下・箸・髪ゴム・手袋】

出勤や登園準備で忙しい朝、子どもからの「靴下がない」コールや、片方しかない髪ゴムを前に「二つ結びがいい」というリクエストに困ったことはありませんか? ほんの数分のことですが、忙しい時は探す時間すらもったいない! ペアで1組のものの管理はどうしたらよいのでしょう? 今回はペアものの収納についてご紹介します。


悩み①:小さな靴下が見つからない!

こんにちは。ライフオーガナイザーの佐藤美香です。

片方が見つからなくて困るものというと、子どもの小さな靴下を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 小さいだけに、たくさんの洗濯の中に紛れ込んで、いつの間にか失くなっている……なんてことも。子どもの小さな靴下は、脱いだ時にペアを一緒にしておくといいですよ。

キャン★ドゥで購入した「くつ下洗い3兄弟」で三姉妹の靴下の紛失を防ぐ

写真は、キャン★ドゥで購入した「くつ下洗いの三兄弟」です。上についている輪を外すと、洗濯ばさみと同じ要領で靴下を挟むことができます。外した輪を戻すことで、挟んでいた靴下がしっかりと固定されます。干すときは、輪を挟んで干すことができますし、そのまま洗濯機に放り込んでも、ペアがばらばらになりません。「洗う」「干す」「収納」の工程まで、ずっとペアのまま管理することができます。わが家では、乾いた後も、収納場所にそのままの状態で放り込んでいます。また3色あるので、人別に分けて使えるので便利ですよ。

「くつ下洗いの三兄弟」については、こちらの記事でもご紹介しております。

干す手間、乾かす手間が省ける! 洗濯が時短できるアイテムと工夫

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/5533

洗濯物が乾きにくい季節になってきました……。「大量の洗濯物をどうやって干すか?」「乾いた洗濯物をすぐにしまうには?」など、毎日のことだけに、洗濯をもっと楽に済ませたいと考える方も多いのではないでしょうか? そんな悩みを解決するため、洗濯を楽にするアイデアをご紹介いたします。

履く頻度の高い靴下は、同じもので揃えて解決!

あらかじめ同じもので統一するのも方法の1つです。

例えば、スーツの下に履く靴下など、同じもので揃えるとグッと楽になります。微妙に違う長さ・色の靴下を見分けて、ペアにするのは地味に面倒な作業ですよね。探す手間を省くために、全て同じものを購入するようにしてみるのもオススメです。

Lazy dummy

友人宅では、長男はナイキ、次男はアディダスとメーカーで分けていたそう。兄弟(姉妹)で同じスポーツをしていると、どうしても似たものが多くなります。靴下についているマークで見分けるのは、分かりやすく、ラベリングの必要もないので楽ちんですね。

悩み②:紛失しやすいお箸の管理は?

お箸も、人別に分けるものと思われがちですが、家族みんな同じお箸に揃えると、ペアを合わせる面倒がなくなるだけでなく、食洗機に入れやすかったり、収納しやすかったりと何かと便利です。

家族全員の箸を揃えるとペアを合わせる問題解決だけでなく食洗機にいれる時も楽

思春期の子どもたちは、嫌がるかな? なんて心配しましたが、よく考えると外食する時と同じですよね。全く抵抗のない様子です。

悩み③:いざ使いたい時に見つからない髪ゴム

女の子も2~3歳ぐらいになると、髪型や髪ゴムのリクエストが増えてきます。かわいいリクエストには、できるだけ応えたいですね。けれども小さいものだけに、使いたい時にペアの髪ゴムが見つからないことも多いもの。よく外す場所に、あらかじめ置き場所を設けておくといいですよ。

髪ゴムは無くならないように、よく外す場所の近くに置き場所を作る

わが家では、お風呂に入る前に外すことが多いため、洗面所にある引出しに置き場所を作りました。人ごとにひとつの引出しを設けているので、自分の引出しの前につけたフックに髪ゴムをかけるようにしています。朝は身支度をする際に、フックから髪ゴムをとればいいので楽ちんです。フックは透明なので、使っていない時は見た目も気になりません。

悩み④:片方がない! が起こりやすい手袋の収納は?

これからの季節、外出の際に手袋をする機会が増えますね。帰宅後、家に入ってから片づけようと思っていても、帰宅後はいろいろと忙しいもの。「後で」のつもりが、ついあちこちに置いてしまいます。玄関に、置き場所を作っておくのが安心です。

手袋は見つからなくなる前に、玄関に置き場所を作ろう

写真は、玄関の靴箱横のスペースにカゴを置いたもの。玄関の限られたスペースに置き場所を作るのは大変ですが、できれば余裕のあるスペースがオススメです。扉を開けて小さな引出しの中にしまうなど、アクションが多いと続かない原因になってしまいます。慌ただしい帰宅時に、無理なくできることを意識してみてください。アクションが少なく、簡単なほど、子どもが自分でできるようになるので、結果的には楽になりますよ♪

まとめ

ペアで使うものには、サイズやデザインなどが重要なものもあれば、統一することで楽になるものもあります。ご自身や家族のモチベーションや手間を考えながら、置き場所や管理の仕方を決めていけるといいですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー(R)/リユースオーガナイザー(R)/冷凍生活アドバイザーの佐藤美香です。
・三姉妹(JK.JC.末っ子は4歳)の子育て中
・勉強の出来る子より、生活力のある子
・週末一気に仕込み、平日冷凍テクで乗り切る
・片づけやすい仕組みをご提案
・小さな子でも出来る片づけ、お手伝い
・目指すは手間を省いてやってる風
ブログ:https://aika-katazuke.com/blog
Webサイト:https://aika-katazuke.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/ckh_mi3/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

外出中のマスクをはずすシーンで重宝する、たった5分でできるマスクケースの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

お客さまからお聞きするお悩みのひとつに、「家族がゴミをゴミ箱へ捨ててくれない問題」があります。それでも、ゴミ捨ては週に何度も発生する大事な家事のひとつ。ゴミ捨てに関わる当たり前を、今一度見直してみませんか? 今回は、我が家で取り入れている、ゴミ捨てをラクにこなすコツについてお伝えしたいと思います。


衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

最近全然着ていないけれど、またいつか着るかもしれない! そんな思いで、衣類整理が進まず悩んでしまう方も多いですよね。しかし、素直な気持ちとちょっとのコツで整理しやすくなります。


もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

お掃除をしようと思ったとき、掃除道具を取り出すのが面倒だったり、買ったはずのお掃除グッズが見当たらず意気消沈したりしたことはありませんか? お掃除を面倒にするのは、掃除道具の取り出しにくさ。最低限のお掃除グッズと取り出ししやすい収納方法で、サッと掃除道具が手に取れて、使用後も簡単にしまえる収納を作りましょう。


おうち時間を楽しもう♪ 親子で作って遊べる「室内向けゲーム」

おうち時間を楽しもう♪ 親子で作って遊べる「室内向けゲーム」

おうち時間を楽しく過ごすための、室内向け手作りゲームを紹介。小さい子どもでも楽しく一緒に作れるようなアイテムで、ちょっとアクティブに遊んでみませんか?


最新の投稿


【漫画】引っ越し直後の繁忙期をコロナ禍が直撃! 『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.4

【漫画】引っ越し直後の繁忙期をコロナ禍が直撃! 『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.4

2020年春、パパの転勤で大阪に引っ越したあいさんファミリー。ちょうどそのころ、コロナによる緊急事態宣言が。おうち仕事はどうなる?『いけいけどんどん! ワーママ奮闘記』で働くママたちの共感を集めたあいさんが、フリーランスデザイナーになり、主に在宅で働き出してからを描くコミックエッセイ、大好評連載中です。


「たすけて~」え、そこで助けをよぶのかい? わらっちゃう子供のポーズ3連発

「たすけて~」え、そこで助けをよぶのかい? わらっちゃう子供のポーズ3連発

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のネコマスさん。ネコマスさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


“ちゃんと”にとらわれない。目標は「楽しくやりがいのある管理職」 商社勤務 高畑恵さん #働くママの人生

“ちゃんと”にとらわれない。目標は「楽しくやりがいのある管理職」 商社勤務 高畑恵さん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして一息ついたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に一日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


【漫画】どんぐりお持ち帰り問題に、究極の解決法『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.4

【漫画】どんぐりお持ち帰り問題に、究極の解決法『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.4

秋冬になるとお持ち帰り率高まるのが……そう、どんぐり! 毎日増えていくどんぐりにモヤモヤしっぱなしのモチコさんでしたが……!? 子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】静かと思いきや…?うちの子「ティッシュ引き抜く職人」になります。

【漫画】静かと思いきや…?うちの子「ティッシュ引き抜く職人」になります。

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のharumamaさん。harumamaさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。




コストコ 買い物