ドライフラワーをインテリアに! お部屋も秋へとシフトチェンジしよう

ドライフラワーをインテリアに! お部屋も秋へとシフトチェンジしよう

お月見やハロウィンなど、秋は植物を身近に感じさせる行事が多い季節。今回は、ドライフラワーを使って、お部屋の中に秋を取り入れる方法を紹介します。ドライフラワーに向いている花や植物、ドライフラワーの作り方についてもまとめているので参考にしてください。


こんにちは、フラワーデザイナーでフォトスタイリストのはぎわらりえこです。

暑かった夏が過ぎ去り、涼しい秋風がうれしい季節ですね。ぜひインテリアも深まる秋へ、シフトチェンジしてみませんか?

今回も、手軽で簡単なインテリアディスプレイのアイディアをご紹介します。あわせて流行のドライフラワーの作り方と、今の時期にオススメしたい、ドライフラワーに向いている花材もご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

簡単! 秋インテリアへシフトチェンジ

ドライフラワー

photo Rieko Hagiwara

ドライフラワーインテリア

photo Rieko Hagiwara

【材料・用意するもの】
・お手持ちの額
・ポストカードや、ポスター類
・お好きなドライフラワー

【ディスプレイ方法】
作り方は、とっても簡単! お手持ちの額にそのまま、接着剤などでドライフラワーを貼りつけるだけ。

ガラスや、保護フィルムなどは外して、中にお好きなポストカード、包装紙など、そういった紙物と一緒に飾ってみましょう。貼るだけなのでとても簡単!

また額がない場合、ポスターなどに貼りつけても良いと思います。マスキングテープや、剥がせるタイプのシールなどを使えば、賃貸の壁紙でも安心ですね。

ちなみに私は、植物モチーフで同じコスモスのポストカードや、メッセージカードを一緒にディスプレイしてみました。

チョコレートコスモス ドライフラワー

photo Rieko Hagiwara

秋にオススメ! ドライフラワーに向いている花

ススキ パンパス

photo Rieko Hagiwara

ススキ、パンパスのドライフラワーは、十三夜にオススメ。

ススキは、英名で「japanese silver grass」、パンパスは「Pampas grass」です。どちらもgrassという単語がつくイネ科の花材です。稲穂にもよく似た雰囲気ですよね。

お月見に、ススキを飾る理由としては、所説ありますが、収穫を祝うことと魔除けの意味合いもあるそうです。

その他秋に花屋さんで手に入りやすい花材として、バラ、ユーカリなどもオススメです。

バラ ユーカリ 秋の花

photo Rieko Hagiwara

これら生花をドライフラワーにすると、こんな雰囲気に変化しますよ。

バラ ユーカリ ドライフラワー

photo Rieko Hagiwara

飾りながらドライフラワーへ加工! ディスプレイ法

もっとも簡単なドライフラワーの作り方は、ハンギング法(吊り下げ)です。一般的に吊るしながら乾燥させる方法のことを「ハンギング法」と呼びます。

余分な葉を取り除き、風通しの良い室内で直射日光にあてないようにし、下向きに吊るして乾燥させます。

ドライフラワー ハンギング法

photo Rieko Hagiwara

きれいなドライフラワーを作るポイントは、とにかく花が新鮮なうちに乾燥をはじめること。

「どうせドライにしてしまうのだから……」と、ぎりぎりまで花を楽しんでからでは、絶対にきれいなドライフラワーにはなりません。乾燥が進むにつれて花びらが散りやすくなったり、色もきれいな色が残らなかったりするのでご注意を! 飾ってもきれいな状態で、乾燥をはじめてみましょう。

その他にも自然乾燥でドライフラワー作る方法としては、水差し法、ワイヤリング法などがあります。

スワッグ 

photo Rieko Hagiwara

生花のうちにスワッグに仕立てて、そのまま飾りながらドライフラワーにしてしまうのも、ハンギング法のひとつかもしれませんね。

スワッグのつくりかたは、こちらでご紹介しています。

夏から秋まで! 見た目涼やかな長持ちグリーン3選と手軽なスワッグの作り方

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7018

夏は、暑いから花は飾らないという方も多いのではないでしょうか? 見た目爽やかな植物を選ぶことで、涼やかに心地よく過ごせるお部屋作りができますよ。今回は、夏の時期から使えるグリーンの取り入れ方についてお伝えします。

ドライフラワーを作りすぎてしまったら、先月ご紹介したこちらのボトルインテリアもオススメです。

【工作】夏休みの思い出をインテリアに! 親子でガラスボトル作り

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7146

子どもって本当にいろんなものを拾ってきますよね。石、貝がら、木の棒、葉っぱ、草花……。そんな子どもが拾ってきたものも、ひとつの瓶にまとめると立派なインテリアになりますよ。今回は、それらを使った簡単ディスプレイのいろいろをご紹介します。

ドライフラワーのインテリアボトル

photo Rieko Hagiwara

ドライフラワーは、乾燥させると茎や花が折れやすいので、そういった部分もボトルに入れてしまえば、無駄なくインテリアとして活用することができます。

まとめ

涼しい秋は、植物を楽しむのによい季節です。ドライフラワーもインテリアに落ち着きをもたらし、季節を楽しめる素材です。秋を楽しむボタニカルな簡単ディスプレイ。ぜひお部屋の模様替えをかねて楽しんでみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

フラワーデザイナー・フォトスタイリスト
埼玉県出身
・FTデザイン 代表
・専門学校 非常勤講師
・公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会1級フラワーデザイナー
 本部講師 資格試験審査員
・ローズコンシェルジュ
・日本フォトスタイリング協会1級フォトスタイリスト インストラクター

1999年より主宰校を開校。
20年間でのべ5000人の生徒に花の楽しみ方を提案し続けている。
その他Webマガジン等で暮らしの中で気軽に楽しめる身近なデイリーフラワーのアイディアを紹介。

Webサイト:https://ameblo.jp/flowerstalk2011/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。