夏から秋まで! 見た目涼やかな長持ちグリーン3選と手軽なスワッグの作り方

夏から秋まで! 見た目涼やかな長持ちグリーン3選と手軽なスワッグの作り方

夏は、暑いから花は飾らないという方も多いのではないでしょうか? 見た目爽やかな植物を選ぶことで、涼やかに心地よく過ごせるお部屋作りができますよ。今回は、夏の時期から使えるグリーンの取り入れ方についてお伝えします。


こんにちは、フラワーデザイナーでフォトスタイリストのはぎわらりえこです。

インテリアにグリーンを取り入れると、暑い時期も爽やかに過ごせます。

夏の時期から私がよく使うのが、枝物(えだもの)。

枝物とは、花屋さんが扱う切り花の種類のひとつで、その種類は、枝物、葉物、花物と3つに大きく分類されています。

今回は、暑い時期や夏から秋へと変化する時期のインテリアにオススメの、長持ちする枝物をご紹介します。

インテリアに! オススメの枝物3選

ドウダンツツジ

ドウダンツツジ

photo Rieko Hagiwara

いちばんオススメの枝物は、ドウダンツツジです。

ドウダンツツジは、ツツジ科ドウダンツツジ属の植物。原産地は日本で、庭木として親しまれている植物です。

青々とした小さ目の葉が軽やかな印象です。

私は毎年3カ月くらい、このドウダンツツジを飾って楽しんでいます。花瓶に挿している間も新芽が出てくるので、植物の成長も楽しめるんです。

そして、このドウダンツツジはとても長持ちする植物! 環境にもよりますが、夏の始まりから秋まで楽しめます。涼しくなってくるとだんだん葉が紅く色づく、そんな葉色の変化も楽しめますよ。

リョウブ

リョウブ

photo Rieko Hagiwara

リョウブは、リョウブ科リョウブ属の植物です。

こちらも原産地は日本です。こんな風に枝の先に白い穂のような花を付けます。小さな白い花と若草色の葉が、清涼感をもたらします。

リョウブ

photo Rieko Hagiwara

ユーカリ

3つめは、ユーカリです。

ユーカリなら知ってる、という方も多いかもしれません。アロマでもおなじみですよね!

ユーカリは、フトモモ科ユーカリ属の植物で、とてもたくさん種類がある枝物です。ユーカリの種類は、なんと500種類もあるそう! 一口にユーカリと言っても500種類のその葉の色、大きさ、形などは、さまざまです。

年々その品種は増える傾向がありますが、今の所切り花市場で流通しているものは、そのうちわずか10数種程度とさほど多くないので、意外に種類が多い植物だということを知らない方も多いかもしれません。

ユーカリの原産地は、オーストラリア。日本で流通しているものも輸入ものが多いです。

主に日本で流通している品種には、こんな品種があります。銀世界・マルバユーカリ・グニユーカリ・ギンマルバユーカリ・バルブラ、ポポラス・テトラゴナ・グロブルスなどです。

ユーカリバルブラ

バルブラ
photo Rieko Hagiwara

ユーカリ

マルバユーカリ
photo Rieko Hagiwara

そして、下の画像の2種類は、実が付いている品種です。

ユーカリポポラスは 明るいシルバーグリーンで小さな粒状の実がたくさんついています。ユーカリグロブルスは グレー色、触るとカチカチで硬い実が特徴です。

実、と表現していますが、正しくはつぼみが乾燥から身を守るためにガクでおおわれた状態なんだとか。

ユーカリも長持ちするので、暑い季節にはオススメのグリーンです。アロマでも有名なユーカリは、フレッシュな枝物のユーカリもほのかな良い香りがします。

そして、ユーカリはドライフラワーになるので、スワッグ(※)にして飾り変えることも可能な枝物です。

※広い意味で花を束ねて作る花飾りのこと

ユーカリポポラス

ポポラス
photo Rieko Hagiwara

ユーカリグロブルス

グロブルス
photo Rieko Hagiwara

枝物を飾るときの枝の切り方のコツ

斜めにカットして、さらに逆からも斜めに切ります。最後に切り込みをいれるといいでしょう。

この切り方で枝をカットしたら、切り花延命剤を入れた水に活ければ、枝が長持ちします。こういった硬い枝をカットする場合、できれば写真のような枝物専用の切り花はさみを使っていただくと、切りやすくてオススメです。

枝の切り方

photo Rieko Hagiwara

花びんに対する枝物の長さはどのくらい?

ニトリ フラワーベースタンクMサイズ

photo Rieko Hagiwara

こちらは、高さが30cmある器です。

この花びんにバランス良くさせる枝物の長さは、花びんの高さの2倍の60cm程度です。

ニトリ フラワーベース タンク(30cm)

¥ 999

(2019/8/9 時点)

ちなみに、こちらの商品は、ニトリのフラワーベースタンク Mサイズ。

背の高い花びんですが、安定感があるので枝物を飾るときにはオススメですよ。

ユーカリスワッグの作り方

スワッグとは、広い意味で花を束ねて作る花飾りのひとつ。ユーカリはドライフラワーとしても飾れる枝物です。

最後に、ユーカリで手軽に作れるスワッグの作り方もご紹介します。

スワッグの作り方

photo Rieko Hagiwara

【STEP1】
一番長いユーカリから作りはじめます。○印の1点で茎を交差させるようにお好きな本数を重ねます。

【STEP2】
ユーカリ以外の花も一緒に入れても可愛らしくなります。ステップ2、3の画像のように、白系の小花などを入れて作るのも、スワッグの印象が明るくなるのでオススメですよ。

【STEP3】
最後に1で重ねた部分を、しっかりとしたヒモなどできつめに縛ります。ドライフラワーになると茎が乾燥で細くなるので、抜け落ちないようにしっかりと縛りましょう。

ユーカリスワッグ

photo Rieko Hagiwara

まとめ

季節の移り変わりとともに、花の飾り方や飾る花そのものを変えてインテリアに取り入れると、便利にインテリアアイテムとして使えます。

まだまだ暑い日が続きます。気持ち良く部屋で過ごせるように、見た目も涼やかに季節にあわせたグリーンのある暮らしを楽しんでみてくださいね♪

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

フラワーデザイナー・フォトスタイリスト
埼玉県出身
・FTデザイン 代表
・専門学校 非常勤講師
・公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会1級フラワーデザイナー
 本部講師 資格試験審査員
・ローズコンシェルジュ
・日本フォトスタイリング協会1級フォトスタイリスト インストラクター

1999年より主宰校を開校。
20年間でのべ5000人の生徒に花の楽しみ方を提案し続けている。
その他Webマガジン等で暮らしの中で気軽に楽しめる身近なデイリーフラワーのアイディアを紹介。

Webサイト:https://ameblo.jp/flowerstalk2011/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。