【工作】夏休みの思い出をインテリアに! 親子でガラスボトル作り

【工作】夏休みの思い出をインテリアに! 親子でガラスボトル作り

子どもって本当にいろんなものを拾ってきますよね。石、貝がら、木の棒、葉っぱ、草花……。そんな子どもが拾ってきたものも、ひとつの瓶にまとめると立派なインテリアになりますよ。今回は、それらを使った簡単ディスプレイのいろいろをご紹介します。


フラワーデザイナーでフォトスタイリストのはぎわらりえこです。

みなさん、夏休みのお出かけは、楽しかったでしょうか? 海へ、山へと今年もたくさんの思い出ができたことでしょう。

この夏休みにも一緒に採集してきたもの、お部屋のなかにゴロゴロしていませんか?

今日は、お子さんと工作感覚で一緒に作れる、手軽で簡単なディスプレイのDIYアイディアをご紹介します。

何気なく子どもが拾ってきたものも、ひとつの瓶にまとめると立派なインテリアになりますよ。

①貝殻の想い出インテリアボトル

【材料・用意するもの】
・ガラス瓶
・貝殻類

ほかに砂や紐などもあれば一緒に使ってみましょう。

材料 貝殻

photo RiekoHagiwara

【作り方・準備】

貝殻は、拾ってきたものの場合、水洗いして良く乾燥させてから使用しましょう。

ガラス瓶に、ガラスの外側からバランスを見ながら貝殻を敷きつめたり、並べていきます。

ガラス瓶の上部の方まで入れる必要はありません。瓶の中に空間があったほうがバランスよく見えますよ。入れづらい部分は、ピンセットで入れると良いですね。

貝殻のインテリアボトル

photo RiekoHagiwara

麻紐の飾り 貝殻インテリアボトル

photo RiekoHagiwara

ガラス瓶の周りに飾りとして紐などを巻きます。すると、紐がアクセントになってさらにかわいく仕上がります。(私は、麻紐を使用しています)

貝殻のインテリアボトル

photo RiekoHagiwara

②多肉植物にプラス! 貝殻&流木の想い出ボトル

多肉植物のインテリアボトル

photo RiekoHagiwara

その他、貝殻を使った他のデザインもご紹介します。

流木と貝殻を多肉の寄せ植えにあしらうデザインです。

こちらは、はじめガラス瓶の中に、水耕栽培用の用土(※ハイドロコーン)を入れます。

※ハイドロコーンは、粘土を高温で素焼きしたものです。本物の多肉植物を植え込む場合は、適宜水を与えますが、その場合、水を入れるとハイドロコーンから汚れが出て瓶の中の水が濁ることがあります。ハイドロコーンは、必ず使用する前に一度水洗いしてから使うようにしましょう。

本物の多肉植物を植えても良いですし、100円ショップなどでも手に入る、造花の多肉植物でもいいですね。

流木も、川や海で拾い上げてきたものは、水洗いしてよく乾燥させてから使用するようにしましょう。

③草花の想い出ボトル

ドライフラワーのインテリアボトル

photo RiekoHagiwara

草花を使ったデザインもご紹介します。こちらは、草花をドライフラワーにして使用した想い出ボトル。

草花は、逆さに吊るしてドライフラワーのように乾燥させて使ってみましょう。こちらも草花は、しっかり乾燥させてから使うのがポイント。

ドライフラワーを使うときのポイントは、それぞれの花の中できれいな部分を選択して使うことです。枯れすぎていたり、ポロポロと花が落ちたりするものは省きましょう。
                                             
横からビンの中の色合いを見ながら、層を作っていくようにします。裏側も見ながら、バランスを見て花を入れていきます。

ドライフラワーは、窮屈にならないように、詰め込みすぎないということも大切です。植物の色合いを見ながらきれいな層になるように、積み上げていく感覚で作ると良いでしょう。

④草花の想い出ボトル【応用編】

ドライフラワーのインテリアボトル

photo RiekoHagiwara

こちらは、別にドライフラワーをアレンジしたものを、少し大きめのガラス瓶に入れたデザインの想い出ボトルです。

生花用やドライフラワー用のスポンジを小さ目(瓶に入る大きさ)にカットし、ドライフラワーを挿してアレンジします。ドライフラワーは、スポンジから外れやすいので、接着剤などでしっかり固定してから瓶に入れると、花が抜けてしまったりする心配がなく扱いやすくなります。

今回の想い出ボトルDIYの共通の制作ポイントは、ガラス瓶の外側から、横側からも入れるアイテムを良く見て入れていくことです。

簡単にできるので、ぜひお子様と試してみてくださいね♪

まとめ

拾ってきた自然素材も立派なアートに変身です! 「夏の思い出」がガラスボトルを使ってインテリアの一部になりました。

簡単ディスプレイのDIY、ぜひ皆さんもお子さんとの想い出をガラス瓶に詰め込んで楽しんでみてくださいね。

貝殻のインテリアボトル

photo RiekoHagiwara

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

フラワーデザイナー・フォトスタイリスト
埼玉県出身
・FTデザイン 代表
・専門学校 非常勤講師
・公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会1級フラワーデザイナー
 本部講師 資格試験審査員
・ローズコンシェルジュ
・日本フォトスタイリング協会1級フォトスタイリスト インストラクター

1999年より主宰校を開校。
20年間でのべ5000人の生徒に花の楽しみ方を提案し続けている。
その他Webマガジン等で暮らしの中で気軽に楽しめる身近なデイリーフラワーのアイディアを紹介。

Webサイト:https://ameblo.jp/flowerstalk2011/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


掃除も楽チンに! 繰り返し貼ってはがせる「ポンプボトルホルダー」

掃除も楽チンに! 繰り返し貼ってはがせる「ポンプボトルホルダー」

バスルームや洗面台、キッチンなどの水回りで大活躍のポンプタイプのボトル。みなさんはどのように設置して使っていますか? 「こんなアイテムあったらいいな」というソープボトルホルダーを先日見つけたので、ご紹介したいと思います。


オーブンも電子レンジも蒸し料理も! 便利な調理アイテム「WECK」

オーブンも電子レンジも蒸し料理も! 便利な調理アイテム「WECK」

苺のマークで人気の「WECK」はガラスの密閉保存容器として有名ですが、実は調理容器としても優秀です。使用方法を守れば、冷蔵だけでなく、電子レンジやオーブンで加熱したり、蒸し料理だって作れたりします。今回は贈り物にもピッタリなギフトボックスに入っているMOLD 140mlの使い方やレシピを中心にご紹介します。


リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

本来であれば、落ち着いて過ごすためのリビング。でもなんだか落ち着かない。その理由は、環境が整っていないのが原因です。今回の記事では、すでにお家にあるグッズを使ってお手軽に環境を変え、リビングテーブルまわりをスッキリ整える方法をお伝えします。自宅でホッとおちついて過ごすことができるようになりますよ。


増えていく子供服はどうすればいい? 5つの断捨離ルールと収納方法

増えていく子供服はどうすればいい? 5つの断捨離ルールと収納方法

「成長が早いから」「汚すから」とたくさん必要になる子供服。ママが購入したものだけでなく、ママ友や親せきからのおさがりの洋服、祖父母からのプレゼントなどで気づけば、子供服が物置部屋からあふれるほどに! 子供服の片づけに困っているなら、子供服の断捨離ルールをつくってみませんか?


メインからスイーツまで! 時短&節約のポイントがいっぱいな「ポリ袋レシピ」

メインからスイーツまで! 時短&節約のポイントがいっぱいな「ポリ袋レシピ」

話題のポリ袋調理は、洗い物や手間を省ける便利な家事テク! 手軽にできる工夫や効率化によって、時短や節約につながります。加熱できるポリ袋を使えば、調理の幅も広がって、メインのおかずやスイーツ作りにも大活躍! お子さんがお手伝いできる工程も多いので、一緒にクッキングもしやすいですよ♪


最新の投稿


定位置はここ! 「どこにある?」と探さないで済むリモコン収納

定位置はここ! 「どこにある?」と探さないで済むリモコン収納

テレビやクーラー、その他の電気機器など、何かと数も種類も多いリモコン達。みなさんはどんなふうに収納していますか? 今回は、よくどこかへ行ってしまいがちなリモコン類を、ひとまとめにできる便利なアイテムについてご紹介したいと思います。


【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

妊娠初期には出血が起こることが少なくありません。出血といっても、おりものに色が付く程度のものから、腹痛を伴い大量に出るものまでさまざまです。今回はその中から、ピンクのおりものが出た場合の原因と対処法を紹介します。


メインからスイーツまで! 時短&節約のポイントがいっぱいな「ポリ袋レシピ」

メインからスイーツまで! 時短&節約のポイントがいっぱいな「ポリ袋レシピ」

話題のポリ袋調理は、洗い物や手間を省ける便利な家事テク! 手軽にできる工夫や効率化によって、時短や節約につながります。加熱できるポリ袋を使えば、調理の幅も広がって、メインのおかずやスイーツ作りにも大活躍! お子さんがお手伝いできる工程も多いので、一緒にクッキングもしやすいですよ♪


手づくり苦手な主婦が挑戦! STAY HOME期間に作る簡単おやつ

手づくり苦手な主婦が挑戦! STAY HOME期間に作る簡単おやつ

新型コロナウイルスの流行により、うちで過ごす時間が増えました。これを機におやつ作りに挑戦。面倒な手順はなし! 簡単な手作りおやつ生活はじめてみませんか。


リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

リビングの居心地が悪い!? おうち時間が増えた今、見直したい3つのこと

本来であれば、落ち着いて過ごすためのリビング。でもなんだか落ち着かない。その理由は、環境が整っていないのが原因です。今回の記事では、すでにお家にあるグッズを使ってお手軽に環境を変え、リビングテーブルまわりをスッキリ整える方法をお伝えします。自宅でホッとおちついて過ごすことができるようになりますよ。