ラグ・マットをやめてみて起こった暮らしの変化【実例つき】

ラグ・マットをやめてみて起こった暮らしの変化【実例つき】

家の中にラグやマット・カーペットなどを敷いている場所はありますか? または、あえて敷いていない場所はありますか? ラグやマットを敷くメリットがある一方で、デメリットを感じていらっしゃる方もいるようです。ラグ「あり」の生活から「なし」にしてみて感じた、暮らしの変化についてまとめてみました。


こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

みなさんの家の中に、ラグやマットを敷いている場所はどれだけありますか?

ほぼ全ての部屋に敷いている、逆に一切敷いていない、部屋によって違う、など家の中でもそれぞれの状況がありますよね。

我が家でも、以前はリビングやキッチンなどには必ずラグやマットを敷いていましたが、一時的にラグやマットをなくしてみた結果、このままでも良いのではないか? と思えるメリットもあり、そのまま敷かなくなった場所があります。反対にやめてみたけれど、やっぱり必要だと感じた場所も。

敷く派、敷かない派、ときっぱり決めている訳でもなく、場所によって感覚的に敷く・敷かないを決めています。

今回はラグやマットを敷くかどうかを決めた経緯や、やめてみて感じた暮らしの変化についてまとめてみました。

ラグやマットを敷くメリット・敷かないメリット

ラグやマットを敷くメリットとして感じるのは

・床に傷がつかない
・小さな子どもが転んだ時の安全対策になる
・防音効果がある
・冬場に敷くと温かい
・インテリアとしても楽しめる
など、いろいろあります。

子どもがつかまり立ちから歩き始めのころは、とにかくよく転ぶし、たまにソファーなどから落ちてしまうことも……。頭を打っていないか心配することもよくありました。

そんな時は厚めのラグやジョイントマットを敷くことで安心材料となり、目は離せないものの、転んだ時のセーフティーネットに。

また、冬場は足元が寒いので、ラグがあるとやはり温かいですね。

一方でストレスに感じることもありました。

・掃除がしにくい
・埃が見えない分、余計気になる
・物をこぼすと片づけが大変
・ラグやマット自体の手入れが手間
などです。

例えばリビングにラグを敷くと、埃が目立たない分、余計に気になって、念入りに掃除機をかけたりラグをめくって下の床を掃除するのが手間に感じていました。

完全に見た目で選んでしまった毛の長いラグは冬場はいいのですが、夏になるとない方が涼しく、別の場所に保管するのですが、そうすると場所を取ってしまう……。オールシーズン使えるラグにすれば良かったと、モノ選びを後悔した経験も。

また、キッチンマットも必ず敷くものだと思い込んでずっと使っていましたが、こちらも定期的に洗って干してというお手入れが必要……。

ちょうどラグやマットを敷いていたのが子どもの乳幼児期。ハイハイ時期の赤ちゃんは小さな埃を見つける天才! そんなこともあり、必要以上に汚れや埃に敏感だったのかもしれません。

ラグ・マットをやめた場所・やめなかった場所

子どもも頭から転ぶことがなくなり、使用期間も長くなってきたので思い切ってラグとマットを敷くのをやめてみました。まずやめてみたのが、リビングのラグです。

やめてみて感じた、暮らしの変化もありました。確かに冬場は床が寒いですが、それよりも掃除のしやすさが自分の中で優先順位が高いんだなと分かりました。埃が目立つ分、掃除機をかける頻度も高くなりましたし、コードレス掃除機を使っていることで楽に掃除ができています。

家族もラグがあった時は、ソファーがあるのに床に座ることが多く、ソファーが何となく物やおもちゃ置き場になってしまいがちでしたが、ラグをなくしたことでソファーに座るようになりました。
結果、ソファーに物を散らかしても片づけてくれるようになったのは良かったなと感じています。

次にキッチンマットもやめてみました。

抵抗があるかな……と思っていましたが、実際マットなしにしてみると、こちらもお手入れの手間がなくなり快適になりました。水滴や油が飛んでしまうこともありますが、マットを洗う手間よりも、床を拭く方が私にとっては楽なのだと気づきました。

ただ、家中のマットをやめてしまった訳ではありません。

洗面室のお風呂マットと洗面台のマットは敷くことにしています。お風呂マットの代わりにバスタオルで代用するという方法も試してみましたが、私も家族も抵抗があり、結局バスマットに戻りました。

洗面台のマットも小さめにして、共に洗濯機で洗うようにしています。サイズが小さいので、まだ乾きやすいかなと感じています。

リビングのラグはやめたのですが、子どもの通園準備スペースで使っているカラーボックスの下には小さなラグを敷いています。

ソファーなどには脚部分にフェルトを貼っていますが、カラーボックスはそれが無理だったため、ラグで対応しています。床に傷がつくのを防ぐ効果があります。

また、床に傷がつくことを防止するのと同時に、見た目を整える意味も。リビングの床にカラーボックスを置くだけだと、なんとなく違和感があったのですが、一枚ラグを下に敷くことで他の家具とのバランスが取れて見た目が整いました。こちらも薄いラグなので、洗面所のマットと一緒に洗濯機で洗っています。

洗面室のマットにも言えることですが、ラグやマットを敷くと決めた場所は、お気に入りの物を選んで、できるだけストレスなくお手入れができるようにしています。

まとめ

ラグを敷く・敷かないも人によってこだわりや優先順位は違います。どちらの方が良い・悪い、正解・間違いということではありません。

ラグやマットのモノ選びから、敷くか敷かないかまで、自分や家族、家の状況に合わせて選んでいければいいですね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

大阪在住のライフオーガナイザ―®/メンタルオーガナイザー®

・個人宅での整理収納作業や片づけセミナーを通して
 家の仕組みを整える片づけサポート。
・思考や感情を整えて自分らしく暮らす為の心の片づけサポート。
空間と心の両面から暮らしを整えるお手伝いをしています。

お一人おひとりの「ちょうど良い暮らし」に合った片づけ方をご提案します。

HP:https://imalifeorganize.com/

関連するキーワード


専門家

関連する投稿


【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

【5分で完成】新しいマナーに! クリアファイルでつくる簡単マスクケースの作り方

外出中のマスクをはずすシーンで重宝する、たった5分でできるマスクケースの作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪


スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

スッキリ保つ! 専門家が教える、リビングクローゼット収納を活用するコツ

リビングクローゼットを上手に活用できていますか? 最近はリビングにクローゼットがあるお宅が増えてきました。家族で一緒に使うリビングはモノが集まり、管理が難しい場所。スッキリと維持するためのリビングクローゼットの収納術をご紹介します。


面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

面倒なゴミの回収……家族の協力を得て"イライラ"を解消するコツとは?

お客さまからお聞きするお悩みのひとつに、「家族がゴミをゴミ箱へ捨ててくれない問題」があります。それでも、ゴミ捨ては週に何度も発生する大事な家事のひとつ。ゴミ捨てに関わる当たり前を、今一度見直してみませんか? 今回は、我が家で取り入れている、ゴミ捨てをラクにこなすコツについてお伝えしたいと思います。


衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

衣替えの時期だからこそ見直したい! 苦手でもトライしやすい衣類整理

最近全然着ていないけれど、またいつか着るかもしれない! そんな思いで、衣類整理が進まず悩んでしまう方も多いですよね。しかし、素直な気持ちとちょっとのコツで整理しやすくなります。


もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

もっと早く見直せばよかった! 掃除がぐっとラクになる「お掃除グッズ収納」

お掃除をしようと思ったとき、掃除道具を取り出すのが面倒だったり、買ったはずのお掃除グッズが見当たらず意気消沈したりしたことはありませんか? お掃除を面倒にするのは、掃除道具の取り出しにくさ。最低限のお掃除グッズと取り出ししやすい収納方法で、サッと掃除道具が手に取れて、使用後も簡単にしまえる収納を作りましょう。


最新の投稿


【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。


#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

知らない土地でワンオペ育児。孤独に押しつぶされそうになる心を支えてくれるのは、同じ悩みをもつママ友だった‼ 何度も親子で遊ぶほど仲良くなったママ友だけど…本当に信じて大丈夫? ちなきちさん『その人って本当に、ママ友ですか?』(KADOKAWA)の一部から、驚愕せずにはいられないママ友事情をお届けします。


【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

Instagramで子育て漫画を発信されるゆきにゃ氏さん。ゆきにゃ氏さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

赤ちゃんの顔に、いつのまにか引っかき傷ができていてビックリ! なんて経験のあるママは多いのではないでしょうか。赤ちゃんは、顔や体を引っかいてしまうことがよくあります。そこで今回は、引っかき傷の原因や対処法についてまとめました。