プロが指南する、クローゼットの“迷う服”を整理する3つのコツ

プロが指南する、クローゼットの“迷う服”を整理する3つのコツ

「クローゼットに着ていない洋服があふれている」「いつか着ようと思うと捨てられない……」と洋服の整理に迷うことはありませんか? 今回は、迷う服を整理するときの3つのコツをご紹介します。


こんにちは、ライフオーガナイザー®・クローゼットオーガナイザー®の原田ひろみです。

洋服は着ていなくても、きれいな状態だったら手放せなかったりすることも多いですよね。いつか着るかもしれないと思ってクローゼットにため込んでしまうこと、ありませんか?

以前の私は、きれいな状態の洋服はいつまでたっても手放せず、気づいたらクローゼットに洋服がパンパン! という経験をたくさんしてきました。

そこで今では、3つの方法で洋服を整理するようにしています。

1.手放せない服をなんでも部屋着にしない

Getty logo

洋服を整理していて、「外に着るのは恥ずかしいけど、家の中なら……」となんでも部屋着に残していませんか?

例えば、ぴったりして小さめの流行の過ぎたTシャツ、外で着るには抵抗がある柄物Tシャツなど。

外で着られない服を部屋着にしようと残していたら、いつまで経っても洋服は減りません。

私も同じ経験があるのですが、それは右から左に移動しただけ。「整理する」にはならないんですよね。

ライフスタイルによって部屋着の必要量は変わると思いますが、毎日洗濯しても私の場合、シーズンごとに5着もあれば十分足ります。けれども、引き出しケース3つ分など、大量の部屋着を持っている方って意外と多いのです。

「手放せない服=部屋着」という考えはやめて、部屋着も選び取ることをオススメします。例えば、突然の来客でもそのまま着て出られるものや、着ていて落ち着く服などだけにしましょう。

部屋着も「なんとなく残す」より「ご自身が着たいと思う服・着ていて落ち着く服」を選ぶことで、クローゼットはより快適になりますよ。

2.要注意! 「痩せたら着よう」と残している服

Getty logo

体形が変わって、今まで着ていたものが着られなくなるという経験を、みなさん一度はしたことがあるのではないでしょうか。そういった服は「痩せたら着よう!」と思って、残していませんか?

私も以前、たくさん残していましたが、そういった服を着たのは数着だけでした。結局、着なくなるんですよね(苦笑)。

着られなくなった洋服も、ご自身に合わせてルールづくりをすることをオススメします。

私の場合、着られなくなった洋服は、1年間だけ保管すると決めています。

残しておく洋服は、いま着ている服とは分けて、100均の不織布のケースに入れて引き出しの一番奥に保管。約1年後、もう一度着てみて、やっぱり着られないときは潔く手放します。

それ以上残しておいても洋服の流行が変わったりするので、結局着ないことがほとんど。無理して着たとしても、着心地がよくないと一日を気持ちよく過ごせませんからね。

“今の自分を素敵に見せてくれるものを選ぶ”方が気分も上がります。

クローゼットに眠る処分前の洋服

3.時代遅れの服or今似合う服、どっちを選ぶ?

Getty logo

「思わず買ってしまったけど、あまり好みじゃなかった」とか、他と合わせる服がなくていつのまにか着なくなった……なんて服がクローゼットに埋もれていませんか?

着ていない服でも「まだ2~3回しか着ていないからきれいだし、もったいない!」と思うと、洋服を整理していて悩みますよね。

私も何度も悩んできましたが、迷う洋服は実際に着てみたり、家族や友人の客観的な意見をもらいながら整理をするようにしています。

ハンガーにかかっている状態だと、その服を着ていた頃の良いイメージを思い出したりしませんか? でも、実際に着てみることで「思っていたのと違う……」とギャップに気づけることがあります。

流行遅れと感じたり、年齢と共に似合わないテイストだと気づいたり……。

ちなみに以前、どうしても手放せなくて悩んでいたワイドパンツを実際に着てみました。ちょうどワイドパンツが再流行したので、「はけるかも!」と思ったのですが、やはり数年経ったワイドパンツは、今のラインとは違うんですよね。家族や友人に見てもらうと「古臭いっ!」って言われてしまいました(苦笑)。

今まで迷って手放せなかった服も、その言葉であっさり手放す決心がつきました。客観的な意見により、洋服整理の判断がしやすくなります。

また、衝動買いをして後悔することが多い方や、洋服を手放すのが苦手な方ほど、洋服を買う前に次の2つのことを意識してみてください。

①洋服の買い方を整理する

洋服を買うときに意識したいこと

つい衝動買いをしてしまう場合は、アイテムだけで購入を判断せず、トータルのイメージを意識してみてください。どうしてもアイテムだけで判断して買ってしまうと、手持ちの服と合わせることを忘れてしまうことがあります。

すると「合わせる服がない!」「テイストがちぐはぐ」「ワンパターンな組み合わせばかりで着まわせない」ってことになってしまいます。

洋服を購入するときは、トータルでイメージすることも意識してください。さらに、その服と手持ちの服で3パターンのコーディネートが考えられると着まわすことができますよ。

②ネットで服を購入するときはいったん保留にする

Getty logo

今ではネットで簡単に洋服が購入できます。安くなっているからと言って、実際に試着せずに購入すると、実際に思っていたものと違うということがよくあります。

衝動買いのクセがある方ほど、クリック一つで購入できるネットショッピングは意識しないと洋服がすぐに増えてしまいます。

私もその一人ですが、一度買おうかと思って購入カートにいれても、いったん保留にします。

時間を置いて冷静になったら、「どうしても欲しいものではなかった」「送料を無料にするために必要ないものまで買おうとしていた……」なんてことに気づくときもありました。

お店で購入するときも同じですが、いったん冷静になってから購入することを意識するだけで、無駄な買い物をぐっと減らすことができます。

購入しても手放すことが苦手な方ほど、意識することを忘れずに。

まとめ

着ていない服を溜め込むより、あなたを素敵に見せてくれる服や着ていて安心する服を、取り出しやすく戻しやすい状態にしてあげることで、クローゼット空間もより快適になります。

持っている洋服の整理も大切ですが、洋服の買い方も整理しておくことが大切です。

洋服を手放すことが苦手な方こそ、買う時に「トータルのコーディネートを意識した?」「今の生活に合った服?」「手持ちの服と合わせられる?」「着ていく場所がイメージできる服?」などを考えてみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

ライフオーガナイザー®/クローゼットオーガナイザー®

兵庫県宝塚市在住。
■個人向けの洋服整理を中心としたご自宅お片付けサービス
■クローゼットなどの片づけセミナー
■スカーフ・ストールのアレンジレッスン開催など

幼稚園の保護者様、パナソニック大阪センター「くらしの大学」、大阪高島屋にて片づけにお悩みの方に向けて、のべ200名の方へ講師として片づけセミナーを開催。

特に、
・「何から始めたらいいかわからない」
・「すぐにリバウンドしてしまう」
・「片づける時間がない」
と一人では”できない”と悩まれている方に寄り添い、”一人一人に合わせたラクに片づく仕組みづくり”を提案しています。

日々、仕事や子育てに忙しく過ごしている女性たちの片付けの負担を減らし、やりたいことや趣味の時間に使ったり、楽しんでもらいたいと願い、サポートを行っています。

「簡単で誰でもマネがしやすい」といわれる収納術で、webメディアの収納コンテストなどで多数の金賞・銀賞を受賞(計7回)。

ホームぺージ:https://lifestylingroom.com/
ブログ:https://lifestylingroom.com/blog/

関連するキーワード


専門家 クローゼット

関連する投稿


エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

エコなふきん「セルロースクロス」でキッチン家事を快適に!

キッチンで毎日使うふきんや台ふき。拭きやすさや、お手入れのしやすさなど、使い勝手が良いと感じるポイントはさまざまですよね。今回初めて「セルロースクロス」というものを使ってみました。使用感やメリット・デメリットなどをまとめてみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

掃除が捗る癒しの香り! 二度拭きいらずのクリーナー&ウォッシュクロスレポ

苦手な家事にはモチベーションが上がる道具選びをするのもひとつの手ですよね。そこで苦手な掃除の相棒に選んだアイテムが、爽やかな香りと二度拭き不要のクリーナー。また子どももお手伝いが簡単になるアイテムがあるとお手伝いが楽しくなってきます♪ 今回はお掃除が捗るクリーナーとウォッシュクロスをご紹介しますね。


【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

【おすすめ100均アイテム】専門家が教える、ウォールポケット活用術

最近は100円ショップでもデザイン性の高いウォールポケットを見かけます。壁や扉を有効活用でき、便利でおしゃれなウォールポケット。しかし便利なアイテムである半面、うまく管理できないまま、ぐちゃぐちゃになってしまうという悩みのタネになることも……。そこで今回は、失敗しない100均ウォールポケット活用法をご紹介します。


長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

長い春休みはお家でどう過ごす? 3姉妹いる我が家の実例を紹介

いつもより長い期間となった春休み。通常の休みのような段取りもつけられず、子どもをみながらの在宅ワークに突入された方もいらっしゃいますよね。わが子はかわいいものの、そろそろみなさんお疲れがでているのでは? 家族と過ごす長いおうち時間、有効に使いたいといろいろ試してみましたので、我が家の事例をご紹介したいと思います。


親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

親子ですぐできる! 長い春休み、おうちで気分よく過ごすためのアイディア

休校など、イレギュラーな状態が続く2020年の春。不安な気持ちを抱きながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。親子時間が多いこの時期、おうちのなかで少しでも気持ちよく過ごすためのアイディアをご紹介したいと思います。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。