【洗濯の裏技】血液のシミをキレイに落とすコツは?

【洗濯の裏技】血液のシミをキレイに落とすコツは?

料理をしているときに指先を傷つけたり、子どもが転んでケガをしたりして、血液のシミが衣類に付着してしまうことがあります。血液は洗濯しても取れにくい汚れの代表格。けれども、諦めるのはまだ早いです。今回は血液のシミをキレイに落とす裏技を特集。応急処置の方法や注意点などについてご紹介します。


血液のシミをキレイに落とすコツ

Lazy dummy

すぐに水洗いする

血液のシミは、できるだけ早く水洗いすることが大切。なぜなら、血液に含まれるたんぱく質は、時間が経過するにしたがって酸化して、だんだん落としにくくなってしまうのです。逆のいい方をすれば、早く対処することができれば、血液のシミを落とすことができます。

ただし、衣類のなかには水洗いできない素材もあります。まずは洗濯表示を確認して、洗濯桶のマーク、もしくは桶にはられた水に手を入れているマークが付いてるかどうかをチェックしてください。両方ないしはどちらかが付いていれば、水洗いしてOKです。

Lazy dummy

こちらの洗濯桶のマークは、水温30℃を限度に、洗濯機で洗えるという意味。

水洗いするときの注意点

汚れの種類によっては、洗濯する際のお湯の温度が高いほうが洗浄効果が高くなり、落ちやすい場合があります。ところが、血液によるシミの場合は例外。シミを衣類の繊維に沈着させてしまう恐れがあります。よかれと思ってお湯を使うと、かえって逆効果になってしまうので注意が必要です。

血液の汚れを水洗いする際は、30度に満たないぬるま湯もしくは水を使うようにしてください。血液に含まれるたんぱく質は、高い温度のお湯に触れると凝固してしまう性質があります。

外出先ではすぐに応急処置をする

Lazy dummy

外出している場合など、すぐに水洗いできないときは、以下の手順で応急処置を行ってください。

1.乾燥したタオルもしくはティッシュペーパーを使って血液の水分を吸収させます。
2.その後、水で湿らせたタオルやハンカチを用意し、血液のシミが付着した箇所を軽くトントンとたたき洗いします。

タオルやハンカチに血液の汚れが移ったのを確認したら、たたく場所をかえて同じようにたたき洗いを続けてください。血液が付着しなくなるまで繰り返します。

たたき洗いする際は、シミの外側から内側にかけて行ってください。内側から始めると、最終的に輪ジミとなる恐れがあります。

水では取れない血液のシミを落とす裏技

Lazy dummy

中性洗剤×歯ブラシ

水洗いしただけでは、血液のシミを落とすことができなかった場合は、次の手順でのシミ抜きをお試しください。

1.血液のシミに中性洗剤を直接塗布してください。
2.そのうえで、歯ブラシを使って軽くたたき洗いします。
3.水でしっかりすすいでください。
4.洗濯機に入れていつもと同じように洗います。

汚れがひどい場合は、中性洗剤をシミに直接塗布したあと、しばらくつけおきしてください。水に溶けやすい液状の洗剤を使うのがおすすめです。

やはり、お湯ではなく水かぬるま湯を使ってください。

漂白剤につけ置き

Lazy dummy

それでも取ることができないしつこい血液のシミの場合は、酸素系の液体漂白剤を使って落とすのがおすすめです(塩素系や還元系の漂白剤はおすすめしません)。とくに応急処置が遅れてしまったときなど、シミが付着してから時間が経過している場合は、中性洗剤を使っても取り除けない可能性があります。

漂白剤を使ったシミ抜きの手順は、以下の通りです。

1.たたき洗いやもみ洗いをして、できるだけシミを落としておきます。
2.血液汚れに漂白剤をなじませます。
3.しばらくつけおきしたあと、しっかり水ですすいでください。
4.洗濯機に入れていつもと同じように洗います。

漂白剤を使う際の注意点

使用されている素材次第では、漂白剤が原因で色落ちする可能性もあります。必ず前もって洗濯表示を確認し、使用可能かどうかをチェックしておきましょう。

白抜きの三角マークがある場合は、塩素系・酸素系いずれの漂白剤を使用してもOKです。三角マークのなかに斜めのラインが2本入っている場合は、酸素系漂白剤を使用することができますが、塩素系漂白剤は使用できないことを意味しています。

注意したいのは、白抜きの三角マークに「×」印が付いている場合です。これは漂白処理ができないことを意味しています。

こちらの三角に×印がついているマークは、漂白できないという意味。

なお、漂白可となっている衣類でも、まれに色落ちしてしまう場合があります。漂白剤を使用する前に、必ず目立たない箇所を使ってテストしておくのがおすすめです。

まとめ

落とせないと思いがちな血液のシミですが、正しく対応すれば、高い確率でキレイに落とすことができます。大切なのは、汚れが付いてからすぐに処理すること。その場で、汚れをしっかり落とせない場合でも、応急処置でシミを沈着させないようにしましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

関連するキーワード


洗濯

関連する投稿


アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

家事の中でもアイロンがけが大の苦手な筆者……。そんな筆者が出会った、アイロンをかけたくなってしまう素敵なアイロン台! 今回はそんなおすすめアイテムをご紹介します。


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

家事の中でも面倒な「洗濯」。ですが、洗濯物を2つに分ける収納にしただけで、夫は洗濯が問題なくできるようになり、洗濯家事自体が時短になりました。家事シェアの手始めにもおすすめです。


限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

家族が増え子どもが成長し、洗濯や衣類収納の方法を適宜見直しています。衣類は、子どもの成長に伴いサイズが大きく、行動範囲が増えることで枚数が増えました。限られたスペースの中で、干す・収納するだけではなく、出し入れが楽で時短できる方法を考えます。お値段以上のニトリ商品は、強い味方。いくつか使ってみた感想をご紹介いたします。


【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

夫婦ふたりとも、見えないとストックしてある日用品類のことを忘れてしまうタイプ。そんな私たちの日用品の基本スペースは玄関です。幅26cm×高さ180cm×奥行き29cmの細長いスペースに収納しています。今回は、玄関の細長いスペースに消耗品を収納するメリットをご紹介します。


最新の投稿


「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

「全集中…うんちの呼吸!」ママ「あんなに真剣な顔、久しぶりに見ました。」

Instagramで子育て漫画を発信されるふくこさん。ふくこさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

【漫画】姑との同居も20年! 遠慮のない関係がノーストレスの秘訣『姑とヨメのツッコミ上等!』Vol.4

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「素敵!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。でも、ここまでくるには、実はいろいろあったそうで……。「嫁と姑」、その複雑怪奇(?)な関係をお届けします♪


【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

【漫画】成立しちゃってる!? 1歳児との会話「ご飯はなにがいい?」→「コチュジャン」

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。


【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。




専門家 コストコ 買い物 洗濯 掃除