オイルヒーターのメリット&デメリットを知って上手に利用しよう!

オイルヒーターのメリット&デメリットを知って上手に利用しよう!

電気によって加熱したオイルをパイプ内に循環させて放熱するオイルヒーター。空気を汚さず換気が必要ないことから人気の高い暖房器具の一つですが、使用する際には注意点もあります。今回はオイルヒーターの仕組みやメリット、デメリットについて解説。おすすめの使い方や電気代を節約するコツなどとあわせてご紹介します。


オイルヒーターとは?

Lazy dummy

オイルヒーターの仕組み

オイルヒーターとは、電気ヒーターを用いた暖房器具の一つ。難燃性のオイルを電気の力によって加熱して、その放射熱で空気を暖めます。電気そのものを暖房として使うのではなく、高温となったオイルを容器のなかで循環させて放熱するというのがオイルヒーターの仕組みです。表面には多くの放熱フィン(熱交換の効率を上げるためのもの)がついています。

オイルヒーターの特徴

オイルヒーターは送風することなく室内を暖めます。そのため、他の暖房器具では得られない快適さがあり、まるで日差しに当たっているときのようなポカポカした暖かさを感じることができるのが特徴です。

室内の空気をゆっくり暖めるため、気密性の高い空間で使用するのがおすすめ。逆に、通気性の高い古い木造住宅などでは暖房効率が低くなる傾向があります。

オイルヒーターのメリット&デメリット

Lazy dummy

オイルヒーターのメリット

オイルヒーターにはいくつかメリットがあります。

・高い静音性
・空気を汚さない
・メンテナンスの必要がない
・火傷しにくい

オイルヒーターには、ファンがないため運転音がとても静かというメリットがあります。そのため、寝室用の暖房器具としても人気があります。

空気を汚さないのもオイルヒーターの大きな魅力です。送風するための機構を持たないため、室内のホコリやゴミなどを吸い込むこともなければ、まき散らすこともありません。また、石油ストーブや石油ファンヒーターのようにオイルを燃焼させないため、空気を汚さないのもポイントです。室内に一酸化炭素や二酸化炭素が充満する心配がなく、こまめな換気は必要なく暖かい部屋をキープできます。このように、空気を出さずに部屋を暖められるので、空気が乾燥せず心地よい環境が作りやすいといえるでしょう。

オイルヒーターに内蔵されているオイルは完全に密閉されています。そのため、メンテナンスの必要がないといわれています。日頃のお手入れというと、表面に積もったホコリを掃除する程度。

火傷の心配が少ないのもオイルヒーターのメリットです。長時間触っていると低温火傷する場合がありますが、燃焼をともなわないため安全性は高め。

オイルヒーターのデメリット

オイルヒーターの注意点として、暖房効率の悪さが挙げられます。比較的低い温度で運転しているため、すぐに室内を暖めることができません。運転を開始してから室内が暖かくなったと感じるまで、だいたい20~30分ほどかかるのが一般的です。室内に冷気が入ると、室温が下がりやすいのも難点といえるでしょう。

さらに、電気代の高さもオイルヒーターのデメリット。一般に600W~1,200Wの電力を必要とします。しかも、室内を暖めるには時間がかかるため、おのずと消費電力は高くなる傾向があります。

オイルヒーターを上手に使うコツ

Lazy dummy

寝室に使う

オイルヒーターのメリットを生かすには、寝室で使用するのがよいでしょう。エアコンのように空気が乾燥して、寝ているあいだに喉が痛くなる心配もありませんし、送風が長時間当たって体調を崩すこともありません。

また、オイルヒーターならつけっぱなしにしていても布団などに引火する恐れが少ないです。石油ストーブなど火を使う暖房器具を睡眠中に使用していて、一酸化炭素中毒になるケースも少なくありません。空気を汚さずに、換気することなく朝まで快適に過ごせます。

冷気の入り口に設置する

Lazy dummy

オイルヒーターは設置する場所によっても暖房効率が大きく左右されます。おすすめな使い方は、窓やドアの周辺など冷気の入り口にオイルヒーターを置くこと。

冷気の入り口にオイルヒーターを置けば、室内に入ってきた冷たい空気を暖めてくれるので、室温が下がるのを防ぐことができるというわけです。

設定温度を調節する

電気代を節約するためには、設定温度を見直すことも大切です。オイルヒーターは放射熱を使うので、実際の体感温度が設定した温度よりも高くなる傾向があります。例えば、温度を23℃に設定した場合、体感温度はだいたい26℃ほどになるとのこと。

もしかしたら、無意識のうちに室内を必要以上に暖かくしてしまっているということもあるかもしれません。電気代を抑えるには、2度から3度ほどオイルヒーターの設定温度を低めにしてみましょう。

まとめ

なかなか暖かくならない、電気代が高いなどの注意点があるオイルヒーターですが、それ以上のメリットも多く持っている暖房器具です。寝室で使ったり、冷気の入り口で使ったりすれば、効率よく使いこなすことができそうですね。暖房器具を選ぶときの参考にしてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

夫と二人暮らしのフリーライター。ミニマムでもマキシマムでもない心地いいライフスタイルを目指し、時流にあった家事のあり方を研究中。

最新の投稿


【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

【漫画】強迫性障害を発症した夜『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.3

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』今回は、この病気を発症した夜のお話です。


【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠7週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠10週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠9週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。




コストコ 節約 買い物