暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

暮らしが変わる! リフォームアイデア6選

見ているだけでワクワクが広がる、お家のリフォーム。リフォーム事例はそれこそネットやSNSをサーチすればたくさん見つかりますが、もし実際リフォームをするなら、見た目だけでなく、暮らしが便利になったり生活が豊かになるようにしたいですよね。今回は暮らしがアップデートされる、リフォームアイデアをいくつかご紹介します。


キッチンを快適にするリフォームアイデア

Lazy dummy

リフォームと聞くと、テレビや雑誌で見かける大胆なチェンジをイメージする方が多いかと思いますが、キッチンをリフォームするだけでも、生活の利便性がぐっと変わります。毎日使う分、不便を感じるとストレスに直結しやすいキッチンのリフォームアイデアから、まずはご紹介していきます。

キッチン設備をグレードアップする

Lazy dummy

「レンジフードの掃除がしにくいし、手間がかかる」「洗い物が苦手なので、できれば機械に頼りたい」「ガスコンロは絶対3口以上!」とこだわたいポイントが多いキッチン。

キッチン設備のリフォームで、人気なのがレンジフードや食洗機の取り付け、ガスコンロなどのアップデートです。システムキッチンの設備交換だけであれば、リフォームの中でも比較的安い値段で行うことができます。

設備によっては単品での購入が難しいものも。レイアウト変更や床材交換も含まれるとお値段も割高になってくるので、全体の予算を踏まえ、検討しながら進めるのがベターです。

キッチン収納を増やすリフォーム

キッチンの収納が少なくて困っている、調理家電の置き場所がない……なんて頭を抱えているママも少なくないはず。我が家でも、ついブレンダーやミキサー、ホットサンドメーカーにエソスプレッソマシーンと調理家電をコレクションしてしまい、ごちゃっとした印象になってしまっています。

キッチンの使い勝手は、収納の容量や位置によって左右されるといっても過言ではありません! キッチン本体、吊り戸棚、床下収納など、それぞれの収納は容量を変更したり、使いやすいよう仕様を変更したりすることも可能です。

しかし、むやみやたらと収納を増やしたり、オプションを追加してしまうと、持っている調理器具・家電と比較して逆に余らせてしまい、かえって使いにくくなってしまった、ということも。手持ちのものをどこに置くか、使用頻度も合わせてプランニングするのが失敗しないコツです。

家事をラクにするリフォームアイデア

Lazy dummy

物干し場を増設

家族が増えると、同時にどんどん増えていくのが洗濯物。まだハンガーやピンチハンガーで干せるものはいいとして、場所を取るバスタオルは干す場所にも困り、仕方なしにハンガーに引っ掛けて乾かすことも多いです(笑)。それに、シーツや布団も加われば、もう物干し竿の完全なキャパオーバー!

そんなママさんのストレスを解放してくれる、物干し場の増設リフォームも人気のリフォームアイデアです。外に増設するのはもちろんのこと、室内に突っ張り式でポールをつけたり、一軒家の場合は物干し場も兼ねたサンルームタイプにアップグレードしたりと、住まいの状況やニーズに合わせて行えます。

収納棚を増設

物干し場同様、家族が増えると困るのが収納スペース。備え付けの収納棚やクローゼットではとても対応しきれない! という場合は収納棚をリフォームで作ってしまうのも手です。形状にもよりますが、壁の厚みを利用して埋め込みタイプの収納を作るという方法も。壁を利用すれば、新たに収納棚を置くことによって、部屋が狭くなってしまうというデメリットを回避することができます。

暮らしが楽しくなるリフォームアイデア

Lazy dummy

遊べる壁を作る

小さなお子さんがいるご家庭におすすめなのが、壁に工夫を施すリフォームアイデア! 例えばボルダリングができるように壁をリフォームしたり、一部を黒板にしてお絵描きスペースにしたり。スペースに余裕があれば、ハンモックやブランコをつくるのも楽しそうですね。

家の中に遊べるスペースがあれば、雨の日が続いてなかなか外遊びができないときでも、子どものストレスを溜めずに遊ばせてあげることができるかも!?

バルコニー・デッキをリフォーム

Lazy dummy

庭にウッドデッキとバルコニーを設置し、天気のいい日はそこでバーベキューをしたり、ビニールプールを出して子どもたちみんなで遊んだり……。そんな暮らしに憧れて、バルコニーを新設するリフォームもあります。

そんなウッドデッキのリフォームですが、使う木材(天然木にするのか加工木にするのか)形状、設置場所によっても大きく費用は異なってくるようです。外に設置するモノなので、耐久性があり、メンテナンスも楽なものがいいですね!

まとめ

自分の理想の住まい・暮らしを叶えるリフォームはイメージを構想しているだけでも楽しいもの。どんな暮らしにしたいか、今困っていること、新しくあったら便利なことをもとに考えてみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

関連するキーワード


リフォーム

関連する投稿


結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

結露防止にインナーサッシの設置が効果的? 選び方と相場をチェック

窓が結露してしまうと、カビが繁殖する原因になるといわれています。結露を発生させないようにするためには、インナーサッシを取り入れて断熱効果を高めるのがおすすめです。今回はインナーサッシを取り上げ、構造や効果について解説。選び方や導入するのにかかる価格相場、利用可能な補助金制度などについてもご紹介します。


リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

リフォームの成功は業者選びにあり! 失敗しない業者の選び方

お家に暮らす一人一人の笑顔を思い浮かべながら、どんなスタイルが一番理想的か心めぐらせ、カタチを作っていくお家のリフォーム。たくさんお金もかかることですから、絶対失敗したくないですよね。リフォームの命運を分けるのは、なんといっても業者選び! 今回は失敗しない業者選びのコツと、押さえておくべきポイントについてご紹介します。


オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

オール電化リフォームをする前に知っておくべき3つのこと

家を建てる時、悩むことのひとつが、ガスにするか、オール電化にするかということ。「オール電化にすると光熱費が高くなる?」という意見もある一方で、その反対の口コミも見かけるし、どちらを選択すればいいのかわからず、混乱してしまいますよね。今回は、そんなオール電化リフォームについて詳しくご紹介します。


L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型キッチンにリフォームするメリットは? 費用・工期・注意点

L型のキッチンへリフォームを考えている人に、業者に依頼する前にチェックしておきたいポイントをまとめました。L型にすることへのメリット・デメリット、工事する上での注意点など、リフォームを考える上で知っておきたいことを紹介。自分にとって快適な暮らしを手に入れることができるのか、考えながらチェックしてみてください。


リフォームDIYの基礎知識と注意点! 人気のリノベ用壁紙・床素材は?

リフォームDIYの基礎知識と注意点! 人気のリノベ用壁紙・床素材は?

リフォームと聞くと、今までは専門業者に依頼するイメージがありましたが、最近ではセルフでリフォームをしている方もテレビや雑誌などでよく見かけるようになりましたよね。とはいっても難しいイメージがあるセルフリフォーム、実際難易度はどれぐらいなんでしょうか? 今回はそんなセルフリフォームの基本についてご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!


【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。