浴槽(バスタブ)掃除は毎日5分! きれいをキープする簡単テク

浴槽(バスタブ)掃除は毎日5分! きれいをキープする簡単テク

毎日使うお風呂のお掃除、皆さんはどうしていますか? 「できれば毎日したいけど、面倒くさくてつい2〜3日に一度になっている……」なんてことは、忙しい働く女性にとってはよくありがちですよね。今回はそんなお風呂掃除事情についてまとめてみました。


※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

お風呂掃除をするタイミングは?

Getty logo

頻度は?

お風呂、特に浴槽部分は皮脂汚れが付着しやすい場所。毎日行っていたお風呂掃除を「今日は忙しいから」と少しサボってやらなかったら、翌日いや〜なぬめりを湯船に浸かったとき感じたこと、ありませんか?

湯船など汚れやすい場所は、基本的に「毎日」お掃除をするのがベター。そのほかの床や壁、お風呂の椅子やシャンプー置き場などは、週に一回程度のお掃除でも大丈夫です。

いつするのがベスト?

お風呂掃除をお湯を入れる前に行うか、それとも入浴後に行うか、どのタイミングで行うかは結構家庭でも分かれると思います。汚れをオフする効果が高いのは、やはり入浴後!

入浴直後のお風呂場は温度も高く、汚れが落としやすい状態。一晩たってしまうと昨夜の皮脂汚れやせっけんカスがこびりついてしまっている可能性もあるので、汚れは新しいうちに、かつ取りやすい状態のときにオフするのが◎。

毎日5分でできる! 楽ちんお風呂掃除

Getty logo

基本的には毎日行ったほうがいい浴槽の掃除ですが、他の家事もあるため、手間がかかるものは極力避けたいのが主婦ゴコロ。けれどご安心ください! 基本的な浴槽掃除は5分もあればすぐ終わる簡単なものなので、他の家事の合間にサクッとできちゃいます。

揃えておきたい、基本的な道具

毎日のお風呂掃除に必要なのは「バスマジックリン」などの風呂用洗剤とブラシだけ。スポンジでもいいですが、腰の負担を軽減させるため、なるべくかがまずに浴槽を掃除できる程度の長さがあるブラシのほうが、疲れた体には優しいです(笑)。

バスマジックリン 浴室洗剤 泡立ちスプレー 防カビプラス 本体 380ml

¥ 608

(2018/4/23 時点)

掃除用品システム・バス用スポンジ

¥ 390

(2018/4/23 時点)

掃除方法

入浴後、お湯を抜いた浴槽に風呂用洗剤をスプレーします。30秒ほど放置したらブラシで全体を磨き、シャワーで流せばお掃除は完了。浴室暖房乾燥機がある場合は「乾燥」運転を行い、浴室の水分を飛ばしておくと◎。浴室暖房乾燥機がない場合は、体を拭いた後のバスタオルで浴槽を拭くだけでも違ってきますよ。

また、浴槽ともう一つ、汚れが溜まりやすいのが排水溝。特にロングヘアの方の場合、髪の毛が溜まりやすいんですよね……。ここを放置しておくと排水溝が詰まって水の流れが悪くなってしまうので、2〜3日に一度は詰まった髪の毛などを取り去るようにしましょう。

頑固な汚れの掃除は代行サービスを頼るのもあり!

Getty logo

正直、仕事や家事育児がハードで、浴槽を洗うのもままならない、お風呂の床や壁の掃除なんてする暇さえない……! なんてハードワーカーママは、いっそのこと外部の家事代行・お掃除サービスに頼ってしまうのも手。基本的なお風呂場の掃除から、一人では手が届きにくくやりづらかったお風呂場の高い壁・天井部分の掃除もお任せできますよ。

ダスキンの浴室クリーニング

長年蓄積された水垢・湯垢から触れるのにためらう頑固なぬめりや黒カビまで、頑固な汚れをまるっとプロがお掃除します。熟練スタッフが汚れの状態・性質を見極め、しっかりクリーニング。「カビ防止コート」や「除菌クリーニング」など、クリーニングした状態を長く保つためのオプションサービスも人気。

【PR】ダスキンの「浴室クリーニング」はこちら

おそうじ本舗の浴室クリーニング

浴槽から床や壁、ドア部分に自分では手が届かない天井まで、お風呂場の気になるところをまるっとお任せ。厳しい研修を受けた専門スタッフが汚れの性質を見極め、最適なお掃除方法できれいにしてくれます。意外と見落としがちですが、同じくカビの温床となりやすい浴室暖房乾燥機の中のお掃除も依頼できますよ!

【PR】おそうじ本舗 「浴室クリーニング」はこちら

ベアーズの浴室クリーニング

こびりついた水垢や鏡の湯垢、壁にびっしりついた黒カビなど目につきやすい汚れはちろん、意外と見落としがちなシャワーヘッド部分やドアの細い隙間など、見落としがちな箇所もしっかりお掃除してくれます。

【PR】ベアーズ 「浴室(バスルーム)のクリーニング」はこちら

まとめ

Getty logo

いかがでしたか? 毎日5分程度でできるお掃除法なら、忙しい日常の中でも時間を作れそうですよね。ピカピカになった心地いいお風呂での入浴タイムは、1日の体の疲れを取ってくれます。ぜひ試してみてくださいね!

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

この記事のライター

関連するキーワード


掃除 風呂

関連する投稿


おしゃれとエコが両立! 生活感を払拭できる「コップハンディモップ」

おしゃれとエコが両立! 生活感を払拭できる「コップハンディモップ」

さまざまな場所のホコリを取るのに便利な「ハンディモップ」。ご自宅で使っている方も多いのではないでしょうか? 今回はおしゃれとエコを両立させてくれる「コップ ハンディモップ」のオススメポイントをご紹介します!


ニトリで見つけた! 壁・水アカ・サビの汚れを落とすお掃除消しゴム3兄弟

ニトリで見つけた! 壁・水アカ・サビの汚れを落とすお掃除消しゴム3兄弟

家の中の削りたい三大汚れは「壁の黒ずみ汚れ」「水アカ汚れ」「サビ汚れ」ではないでしょうか。そんな家の汚れも消しゴムを使って簡単に消せたらいいのに……。そんな願いをかなえるアイテムをニトリで発見しましたので、ご紹介したいと思います。


お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

お風呂のカビを予防! おすすめのお風呂グッズ6選

ちょっと油断すると、すぐにお風呂はカビが発生してしまいがち。お風呂のカビやヌメリはお掃除も大変ですよね。実は、こまめなお掃除とちょっとした収納のテクニックでお風呂のカビやヌメリは大幅に減らせます!


入れるだけでピカピカ! 簡単にできる電気ポットの掃除方法

入れるだけでピカピカ! 簡単にできる電気ポットの掃除方法

便利なキッチン家電の中でも手軽に使えて、持っているという方も非常に多い電気ポット。しかしながら、そのお手入れ方法を知らないという方は意外と多いんです。今回はそんな電気ポットの簡単お手入れ方法をご紹介したいと思います。


掃除でも大活躍! ウタマロ石けんの使い方と簡単ウタマロクリームの作り方

掃除でも大活躍! ウタマロ石けんの使い方と簡単ウタマロクリームの作り方

主婦の方々を中心に大人気のウタマロ石けん。わが家でも頑固な汚れを落とすのに大活躍しています。どちらかというと洗濯に使うイメージが強いウタマロ石けんですが、今回はお掃除でも大活躍する定番の使い方と、おすすめのウタマロクリームの作り方をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

かさばる診察券や医療証もスッキリ! 100均グッズを使った収納術

病院に行くときに持参することの多い医療証や診察券。みなさんはどのように収納されていますか? 今回は、いざ使うときにさっと取り出せる100均グッズを、実際に使ってみた感想とともにレポートしてみたいと思います。


シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

シャキシャキ感がおいしい! 水菜のおすすめの食べ方とレシピ

寒い冬から春にかけて旬を迎える水菜。そのままサラダにしたり、鍋に入れたりもできる便利野菜です。シャキシャキした食感と瑞々しさが特徴の水菜の、いろいろな食べ方やレシピを紹介します。


【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

【医師監修】新生児のミルクの飲みすぎにはどう対処する?欲しがり続ける原因と上手な対応

新生児のうちは、十分にミルクを飲ませたはずなのに、あげてみたらどんどん飲んでしまうことがあります。ミルクの飲みすぎではないかと気になったり、何度も泣いてほしがっているように見えたらどうすればいいか、紹介します。


【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

【医師監修】つたい歩きはいつから?早すぎるとO脚になるって本当?

つたい歩きをなかなか始めなかったり、逆に早くからつたい歩きを始める姿を見て、心配するお母さんお父さんもいることと思います。今回はつたい歩きを始める一般的な時期や、O脚との関係などについてお話します。


【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

【医師監修】低出生体重児はどうしてなるの?原因と発達・発育の特徴、育児の注意点とQ&A

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれても、体が小さめだと気になることが多いかもしれませんね。特に低出生体重児の場合は、育て方や今後の成長などに不安を感じることもあると思います。そこで今回は、「低出生体重児」とはどのようなものか、その原因や成長のしかた、育てるうえで気を付けたいことなどについて説明します。