洗濯機に入れすぎはNG?洗濯物を入れる量を今すぐチェック!

洗濯機に入れすぎはNG?洗濯物を入れる量を今すぐチェック!

子育て家庭で家族が多いと、ついつい洗濯物を洗濯機の中に大量に入れてしまいがちです。うちの洗濯機は大容量だから大丈夫と思って入れていても、もしかしたら大丈夫ではないのかもしれません。もう一度洗濯機に入れる洗濯物の量をチェックしておきましょう。


一度に洗濯できる量ってどのくらい?

洗濯機にはどのくらいの洗濯物の量を入れていいかは、意外とわからないものです。感覚的に使って、何となくの量で入れてしまいがちなのではないでしょうか。

洗濯機には決まりがある

まずは家庭にある洗濯機の用量を確認しておきましょう。市販の洗濯機では、コンパクトサイズで6kg、家庭用で9kg、大容量で10kg以上のものもあります。これらの規定は、洗濯物をどのくらいの量まで入れられるかの表示です。しかし、家庭で毎回6kg、9kgと衣類の重さを量るのは大変ですから、実際には重さはわからないのではないでしょうか。

洗濯のプロであるクリーニング店でも、衣類の重さをわざわざ量るところはないのです。そもそも洗濯物によってジーンズのように重いものもあれば、フリースのように軽い素材もあります。それらをわざわざ量るのは現実的ではありません。そのため、洗濯機に記載されている規定量は、あくまでも目安にしかなりません。

洗濯機で洗えない衣類とは?洗濯表示の見方やお手入れ方法を確認しよう

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/79

毎日洗濯をする主婦でも、一度は洗濯で失敗した経験があるでしょう。洗濯機には洗えるものと洗えないものがあるため注意が必要です。衣類にダメージを与えず、洗濯機を長く使うためにも、洗えるものをチェックすることをおすすめします。

衣類の量によって水位を調整

洗濯機に衣類を入れる量に合わせて、水量を調節しましょう。洗濯機に対し衣類が30~40%くらいの量であれば、水量を中程度に調節します。衣類が60~70%程度であれば、水量は一番量が多い状態に調節してください。

洗濯物の汚れが落ちるのは、洗濯機の水流を利用しているからです。ドラム式であれば、上から下に向かって洗濯物が落ちる力を利用し汚れを落としています。縦型洗濯機では洗濯槽で水流が発生し、衣類を揉み込むように汚れを落としているのです。これらの働きが正しくおきるには、衣類の量と水量が適切でなければなりません。

詰め込んでも7割程度

洗濯物の量は洗濯機の規定量で比較するのではなく、洗濯槽に入る量で決めるのがベストです。ついつい洗濯機には衣類を詰め込んでしまいがちですが、これでは水流が発生せず、洗濯機の機能を発揮していません。洗濯機が持つ機能を十分発揮させるには、7割程度までが限界です。

たくさんの衣類を入れて洗うと、手間がなく短時間で洗い終わります。しかし、それでは洗濯物が十分回らず、汚れが落ちていない可能性が高いのです。衣類の量を毎回量るのは大変ですから、洗濯槽に7割入れて、水量を一番多いものにすると失敗がなくなります。

【PR】メディアでも話題!宅配クリーニングリネットはこちら

洗濯物を入れすぎるとどうなるの?

洗濯機に洗濯物を入れ過ぎると、いろいろな問題が発生します。何となくいっぱいまで入れてしまいがちな方は、次の事に注意しましょう。

回らずに汚れが落ち切らない

洗濯物の量が多いと、洗濯物が回らず汚れが落ちません。ドラム式であれば、上から下に衣類が落ちにくくなり、叩きつけて汚れを落とす機能が働かないのです。ただ水で濡らして洗っているだけにすぎず、これでは汗や皮脂汚れが落ちません。縦型洗濯機でも水流が発生してはじめて、衣類に摩擦が生じます。

汚れがちゃんと落ちませんから、襟や袖口の黄ばみの原因にもなるでしょう。通常の洗濯で汚れが落ちなければ、結局別に手洗いやつけ置き漂白が必要となり、手間がかかってしまいます。洗濯の回数が2回に増えるのを避けるばかりに、衣類の汚れを残してしまっていたのです。

【時短家電】ドラム式洗濯機のオススメの選び方

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/240

働くママが取り入れたい時短家電アイテム・ドラム洗濯機。縦型と比較して、どのような点が時短になるのか、各メーカーのドラム式洗濯機にはどのような特徴があるのかを調査しました。また、購入する上で知っておきたいポイントも紹介しています。

臭いの原因にもなる

洗濯物の汚れが落ちていない状態では、雑菌が繁殖して生乾き臭の原因となります。パパの衣類を洗濯機でちゃんと洗ったのに、加齢臭が取れていないと感じるなら、皮脂が落ちていない証拠です。洗濯機に入れて濡れると洗ったような気持ちになっているだけで、実は衣類の汚れは落ちていません。タオルを部屋に干すと臭いが出やすい方も、洗濯機に入れる量を間違っている可能性があります。

洗濯槽のしつこいカビ汚れを落としたい!おすすめの掃除方法は?

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/81

洗濯槽の内部にもカビが生えてしまうと聞いたことがある方も多いでしょう。実はこれは本当のことで、定期的に掃除をしなければカビが生えてしまうのです。子どもがいる家庭では、カビによるアレルギーも気になりますから、洗濯槽の洗い方をチェックしておきましょう。

故障の原因に繋がる

規定量より多く衣類を詰め込んでしまうと、洗濯機の故障に繋がる可能性があります。縦型洗濯機は下の部分が回るようにつくられており、洗濯物が多すぎるとここに負担が掛かるのです。結局「洗濯機が回らなくなってしまった」「洗濯機から水漏れがするようになった」など故障の原因となるため注意しましょう。

洗濯機は決して安い買い物ではありませんから、少しでも長く使い続けるために、正しい洗濯物の量を心がけてください。普段は1回で洗っていたものが2回に増えて手間な場合は、思い切って大容量の洗濯機を新調するのもいいかもしれません。

まとめ

洗濯機に洗濯物を入れ過ぎてしまう方は、意外と多いのではないでしょうか。洗えているような気がしても、実際には汚れが落ちておらず、洗濯機にも負担をかけていた可能性があります。汚れが落ちなければ衣類を傷め手間が増えるだけなので、正しい量を見直してみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

この記事のライター

関連するキーワード


洗濯

関連する投稿


室内干しで洗濯物を速乾させるアイディア7つ! もう梅雨は怖くない!!

室内干しで洗濯物を速乾させるアイディア7つ! もう梅雨は怖くない!!

部屋干しをしていて、洗濯物の乾きが悪さに悩まされた経験はありませんか? 洗濯物がなかなか乾かないと、着る服がなくなったり、生乾きの臭いに悩まされたり、部屋が洗濯物だらけになってしまったりと、困りごとが増えますよね。そこで今回は家にあるものですぐにできる、洗濯物を早く乾かす裏技を7つご紹介したいと思います。


【布マスクの洗濯】毎日の手洗いがグッとラクになるちょっとした工夫

【布マスクの洗濯】毎日の手洗いがグッとラクになるちょっとした工夫

外出時には欠かせない存在となったマスク。人出の多そうな場所へ行くときは機能性の高い使い捨てマスク、ちょっとしたお出かけの際はつけ心地のよい布製マスクと、シーンによって手洗いして使いまわすようになりました。今回は、布製マスクを毎日できるだけ面倒なく手洗いできるようにしている、わが家の工夫をお伝えします。


お洗濯が一気に楽になる!「きちんとたたまない」家事ラク収納法

お洗濯が一気に楽になる!「きちんとたたまない」家事ラク収納法

洗濯物はたたんで収納する……少し前までは当たり前のことでしたが、最近では「たたまない収納法」が注目されてきています。私自身も、数年前から少しずつ洗濯の仕方や収納法を改善していったところ、いまでは洗濯物の処理がだいぶ楽になりました。今回は私が実践している「きちんとたたまない収納法」をご紹介します。


カーテン洗濯は夏が最適! カーテンの縮まない洗い方のポイント

カーテン洗濯は夏が最適! カーテンの縮まない洗い方のポイント

重い腰をあげないとなかなか洗濯できない大物、それはカーテン。さわやかな気候で、花粉もあまり飛んでいない時期にこそ、カーテンのお洗濯はおすすめです。初夏~夏にかけて家中のカーテンをバンバン洗って、すっきりサッパリしませんか?


アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

アイロン嫌いの方にもおすすめ! 気分が上がるスタイリッシュなアイロン台

家事の中でもアイロンがけが大の苦手な筆者……。そんな筆者が出会った、アイロンをかけたくなってしまう素敵なアイロン台! 今回はそんなおすすめアイテムをご紹介します。


最新の投稿


【ゲシュタルト崩壊した】油性マジックでネコになった娘「お母さん、ネコ知らないの?」

【ゲシュタルト崩壊した】油性マジックでネコになった娘「お母さん、ネコ知らないの?」

Instagramで子育て漫画を発信されるへー子さん。へー子さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

【子どもの防犯クイズ】家に帰るときはどの道を通ると安全?『いやです、だめです、いきません』Vol.1

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。


#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

#10【漫画】恐怖のママ友がアポなし訪問。あなたの目的は一体なんなの……?『その人って本当に、ママ友ですか?』

知らない土地でワンオペ育児。孤独に押しつぶされそうになる心を支えてくれるのは、同じ悩みをもつママ友だった‼ 何度も親子で遊ぶほど仲良くなったママ友だけど…本当に信じて大丈夫? ちなきちさん『その人って本当に、ママ友ですか?』(KADOKAWA)の一部から、驚愕せずにはいられないママ友事情をお届けします。


【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

【漫画】夫婦のズレ解消! 夫の雑な育児にイライラしなくなった、その考え方に納得『ワーキング母ちゃん日記』Vol.36

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。毎週火曜日更新で、大好評連載中です。


オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

オムツ替えでバックブリッジ!? 寝てるはずなのに……無意識な優しさ(涙)

Instagramで子育て漫画を発信されるゆきにゃ氏さん。ゆきにゃ氏さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。