洗濯機に入れすぎはNG?洗濯物を入れる量を今すぐチェック!

洗濯機に入れすぎはNG?洗濯物を入れる量を今すぐチェック!

子育て家庭で家族が多いと、ついつい洗濯物を洗濯機の中に大量に入れてしまいがちです。うちの洗濯機は大容量だから大丈夫と思って入れていても、もしかしたら大丈夫ではないのかもしれません。もう一度洗濯機に入れる洗濯物の量をチェックしておきましょう。


一度に洗濯できる量ってどのくらい?

Getty logo

洗濯機にはどのくらいの洗濯物の量を入れていいかは、意外とわからないものです。感覚的に使って、何となくの量で入れてしまいがちなのではないでしょうか。

洗濯機には決まりがある

まずは家庭にある洗濯機の用量を確認しておきましょう。市販の洗濯機では、コンパクトサイズで6kg、家庭用で9kg、大容量で10kg以上のものもあります。これらの規定は、洗濯物をどのくらいの量まで入れられるかの表示です。しかし、家庭で毎回6kg、9kgと衣類の重さを量るのは大変ですから、実際には重さはわからないのではないでしょうか。

洗濯のプロであるクリーニング店でも、衣類の重さをわざわざ量るところはないのです。そもそも洗濯物によってジーンズのように重いものもあれば、フリースのように軽い素材もあります。それらをわざわざ量るのは現実的ではありません。そのため、洗濯機に記載されている規定量は、あくまでも目安にしかなりません。

洗濯機で洗えない衣類とは?洗濯表示の見方やお手入れ方法を確認しよう

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/79

毎日洗濯をする主婦でも、一度は洗濯で失敗した経験があるでしょう。洗濯機には洗えるものと洗えないものがあるため注意が必要です。衣類にダメージを与えず、洗濯機を長く使うためにも、洗えるものをチェックすることをおすすめします。

衣類の量によって水位を調整

洗濯機に衣類を入れる量に合わせて、水量を調節しましょう。洗濯機に対し衣類が30~40%くらいの量であれば、水量を中程度に調節します。衣類が60~70%程度であれば、水量は一番量が多い状態に調節してください。

洗濯物の汚れが落ちるのは、洗濯機の水流を利用しているからです。ドラム式であれば、上から下に向かって洗濯物が落ちる力を利用し汚れを落としています。縦型洗濯機では洗濯槽で水流が発生し、衣類を揉み込むように汚れを落としているのです。これらの働きが正しくおきるには、衣類の量と水量が適切でなければなりません。

詰め込んでも7割程度

洗濯物の量は洗濯機の規定量で比較するのではなく、洗濯槽に入る量で決めるのがベストです。ついつい洗濯機には衣類を詰め込んでしまいがちですが、これでは水流が発生せず、洗濯機の機能を発揮していません。洗濯機が持つ機能を十分発揮させるには、7割程度までが限界です。

たくさんの衣類を入れて洗うと、手間がなく短時間で洗い終わります。しかし、それでは洗濯物が十分回らず、汚れが落ちていない可能性が高いのです。衣類の量を毎回量るのは大変ですから、洗濯槽に7割入れて、水量を一番多いものにすると失敗がなくなります。

【PR】メディアでも話題!宅配クリーニングリネットはこちら

洗濯物を入れすぎるとどうなるの?

Getty logo

洗濯機に洗濯物を入れ過ぎると、いろいろな問題が発生します。何となくいっぱいまで入れてしまいがちな方は、次の事に注意しましょう。

回らずに汚れが落ち切らない

洗濯物の量が多いと、洗濯物が回らず汚れが落ちません。ドラム式であれば、上から下に衣類が落ちにくくなり、叩きつけて汚れを落とす機能が働かないのです。ただ水で濡らして洗っているだけにすぎず、これでは汗や皮脂汚れが落ちません。縦型洗濯機でも水流が発生してはじめて、衣類に摩擦が生じます。

汚れがちゃんと落ちませんから、襟や袖口の黄ばみの原因にもなるでしょう。通常の洗濯で汚れが落ちなければ、結局別に手洗いやつけ置き漂白が必要となり、手間がかかってしまいます。洗濯の回数が2回に増えるのを避けるばかりに、衣類の汚れを残してしまっていたのです。

【時短家電】ドラム式洗濯機のオススメの選び方

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/240

働くママが取り入れたい時短家電アイテム・ドラム洗濯機。縦型と比較して、どのような点が時短になるのか、各メーカーのドラム式洗濯機にはどのような特徴があるのかを調査しました。また、購入する上で知っておきたいポイントも紹介しています。

臭いの原因にもなる

洗濯物の汚れが落ちていない状態では、雑菌が繁殖して生乾き臭の原因となります。パパの衣類を洗濯機でちゃんと洗ったのに、加齢臭が取れていないと感じるなら、皮脂が落ちていない証拠です。洗濯機に入れて濡れると洗ったような気持ちになっているだけで、実は衣類の汚れは落ちていません。タオルを部屋に干すと臭いが出やすい方も、洗濯機に入れる量を間違っている可能性があります。

洗濯槽のしつこいカビ汚れを落としたい!おすすめの掃除方法は?

https://woman.mynavi.jp/kurasso/articles/81

洗濯槽の内部にもカビが生えてしまうと聞いたことがある方も多いでしょう。実はこれは本当のことで、定期的に掃除をしなければカビが生えてしまうのです。子どもがいる家庭では、カビによるアレルギーも気になりますから、洗濯槽の洗い方をチェックしておきましょう。

故障の原因に繋がる

規定量より多く衣類を詰め込んでしまうと、洗濯機の故障に繋がる可能性があります。縦型洗濯機は下の部分が回るようにつくられており、洗濯物が多すぎるとここに負担が掛かるのです。結局「洗濯機が回らなくなってしまった」「洗濯機から水漏れがするようになった」など故障の原因となるため注意しましょう。

洗濯機は決して安い買い物ではありませんから、少しでも長く使い続けるために、正しい洗濯物の量を心がけてください。普段は1回で洗っていたものが2回に増えて手間な場合は、思い切って大容量の洗濯機を新調するのもいいかもしれません。

まとめ

洗濯機に洗濯物を入れ過ぎてしまう方は、意外と多いのではないでしょうか。洗えているような気がしても、実際には汚れが落ちておらず、洗濯機にも負担をかけていた可能性があります。汚れが落ちなければ衣類を傷め手間が増えるだけなので、正しい量を見直してみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

この記事のライター

関連するキーワード


洗濯

関連する投稿


狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

狭い洗面所でも大丈夫! 省スペースに収まるオシャレなランドリーバッグとは

「洗濯かごを置くスペースがない……」そんな悩みを抱えていましたが、狭い洗面所でも使い勝手が良く、コンパクトに収納できるランドリーバッグのおかげで毎日の洗濯が楽しくできるようになりました。今回は、そんな見た目もおしゃれな優秀アイテムについてご紹介します。


これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

これで夫に洗濯物を任せても安心! 家事シェア成功の「収納」のコツって?

家事の中でも面倒な「洗濯」。ですが、洗濯物を2つに分ける収納にしただけで、夫は洗濯が問題なくできるようになり、洗濯家事自体が時短になりました。家事シェアの手始めにもおすすめです。


限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

限られたスペースの中で干す・収納! 楽で時短できるニトリの洗濯ハンガー

家族が増え子どもが成長し、洗濯や衣類収納の方法を適宜見直しています。衣類は、子どもの成長に伴いサイズが大きく、行動範囲が増えることで枚数が増えました。限られたスペースの中で、干す・収納するだけではなく、出し入れが楽で時短できる方法を考えます。お値段以上のニトリ商品は、強い味方。いくつか使ってみた感想をご紹介いたします。


【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

【実例】消耗品(洗剤・日用品)を靴箱に収納するメリットとは

夫婦ふたりとも、見えないとストックしてある日用品類のことを忘れてしまうタイプ。そんな私たちの日用品の基本スペースは玄関です。幅26cm×高さ180cm×奥行き29cmの細長いスペースに収納しています。今回は、玄関の細長いスペースに消耗品を収納するメリットをご紹介します。


【実例】5人家族の洗濯! 大量の洗濯物を浴室干しでも楽にする仕組みとは

【実例】5人家族の洗濯! 大量の洗濯物を浴室干しでも楽にする仕組みとは

春の時期、花粉症の方は、洗濯物を外に干すのが難しいですよね。浴室(部屋)干しというと、生乾きのにおいなどマイナスイメージを持つ方も少なくない……。けれども、浴室に干すことで、楽になることも多いです。いくつかの例をご紹介いたします。


最新の投稿


【歯科医師監修】子供にむし歯が! その原因と治療、予防について

【歯科医師監修】子供にむし歯が! その原因と治療、予防について

赤ちゃんの口の中にかわいい歯が見えてきたり、子供の歯が生えそろってきたりするのは、親にとって嬉しいわが子の成長です。でも、歯が生えると心配になるのが、むし歯ではないでしょうか。今回は、むし歯の原因と治療、そしてむし歯にしないための予防法などを詳しく解説します。


【医師監修】妊娠と着床の関係。そのしくみと流れ、影響を与えるものは?

【医師監修】妊娠と着床の関係。そのしくみと流れ、影響を与えるものは?

妊娠の過程で起こるという「着床」。着床には、どんな意味があるのでしょうか。ここでは、妊娠と着床の関係、妊娠のしくみと流れに加え、妊娠、着床に影響を与えるものについても紹介します。


【医師監修】受精卵の着床と妊娠の関係。妊娠するまでに起こること

【医師監修】受精卵の着床と妊娠の関係。妊娠するまでに起こること

卵子と精子が出会ってできる「受精卵」。これが「着床」するとはどういうことなのでしょうか。また、妊娠とはどういった関係があるのでしょうか。ここでは受精卵の着床とは何のことで、いつ起こるのか、どんな意味があるのかについて解説します。


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠は女性の心身に劇的な変化をもたらすものなので、特に妊娠を望んでいる時などはちょっとした変化もそれが妊娠の兆候かどうか、気になるかもしれません。 この記事では、一般的に受精卵が子宮に着床(ちゃくしょう)した時、おりものが変化するのか、また「着床出血」と呼ばれる症状や、妊娠の兆候などについてご紹介します。


【医師監修】妊娠中の運動はどの程度がベスト?妊婦にオススメの4つの方法

【医師監修】妊娠中の運動はどの程度がベスト?妊婦にオススメの4つの方法

筋トレブームの中、老若男女問わず人気のスクワットなどの運動は妊娠中も行っていいのでしょうか? 出産に備えて体力づくりを考えている妊婦さんに知っておいてほしい運動に関する情報をまとめました。